映画ネタバレあらすじを2,453件掲載中です

ローンサバイバー

ローン・サバイバーの紹介:2013年公開。アメリカの特殊部隊ネイビーシールズがレッドウィング作戦中に起きた事件を実話に基づいて描いた作品。アカデミー賞2部門にノミネートなど様々な賞で受賞とノミネートをした。2005年、アフガニスタンの武装集団タリバンの指導者を暗殺する作戦が決行される。ラトレルなど4名が偵察に出るが、途中で民間人と接触してしまう。殺害せずに解放すると、知らせを受けた200名のタリバン兵士が4名の偵察部隊に襲いかかる。

ネタバレを読む
最高の人生の見つけ方

最高の人生の見つけ方の紹介:これまで接点のなかった男性二人が病気を機に出会う。余命僅かという共通点を抱え、二人がやり残していたことを叶えるための冒険に出るアドベンティックなハートフルストーリー。監督は『スタンド・バイ・ミー』のロブ・ライナー。原題は劇中にも登場する『The Bucket List』(“棺おけリスト”)。アメリカでは2007年のクリスマスに公開された。

ネタバレを読む
ダンスレボリューション

ダンス・レボリューションの紹介:2003年公開。ジェシカ・アルバ主演でダンサー達の青春を描いた作品。青少年センターで子供達にダンスを教えるハニー。いつかはプロデビューを夢見ていた。ある日、大物監督のマイケルから振付師として指名される。大物ミュージシャンの振付を担当して高額な報酬を受け取っていくハニーだったが、自分が本当は何がしたいのか考える。居場所の無い子供達を助けるため、ハニーはダンススタジオを作ることを計画する。

ネタバレを読む
バトルロワイアル

バトル・ロワイアルの紹介:近未来の某国。国が壊れ暴走する子供たちを恐れた大人は毎年全国の中学3年生のクラスから1クラスを選び、最後の1人になるまで殺し合いをさせるという新世紀教育改革法、通称「BR法」を制定する。BR法に選ばれた七原秋也たち3年B組の42名は生き残りをかけて壮絶な戦いをくり広げる。高見広春の同名小説の映画化作品。2000年公開。(R15指定)監督:深作欣二、脚本:深作健太。第24回日本アカデミー賞の優秀作品賞や優秀監督賞など9部門を受賞。R-15指定により中学生の鑑賞ができなった事に関して、監督は「中学生に観てほしくて作った作品なのに」と遺憾の意を表明した。翌年にシーンの追加やCG処理を行った「バトル・ロワイアル特別篇」が公開された。

ネタバレを読む
デモンズ 2

デモンズ2の紹介:前作で解き放たれた後一旦は封印されたデモンズが再び甦り、今度はテレビの画面から出て来て人間を襲う。1986年イタリア。(日本未公開)製作総指揮、脚本:ダリオ・アルジェント、監督:ランベルト・バーヴァ。デモンズシリーズは日本では6まで出ているが、3以降は日本の配給会社が無関係の映画に勝手に命名したもので、デモンズの正統な続編は本作だけである。ダリオ・アルジェントとダリア・ニコロディの娘アーシア・アルジェントの映画デビュー作。また、前作でデモンズ化したはずのボビー・ローデスが全く別人の役で出ている。(ただし役柄は前作と同じで、最期も前作と同様悲惨である)

ネタバレを読む
デモンズ

デモンズの紹介:映画館に閉じ込められた観客たちが“悪魔憑き”デモンズに襲われ、増殖するデモンズは外の世界へと浸潤してゆく。1985年イタリア。製作総指揮、原案、脚本:ダリオ・アルジェント、監督:ランベルト・バーヴァ、音楽:クラウディオ・シモネッティ(元ゴブリン)。ダリオ・アルジェントは観客を新たなる恐怖のどん底に突き落とすため、劇中の映画館で観客が観ているホラー映画と映画館内で起こる惨劇が同時進行して、それを現実の映画館で観客が観るという斬新な方法論を編み出した。(公開時は配給会社がこの三次元構造を“キュービック・ショック”と名付けて宣伝した)デモンズとはゾンビの亜型とされているが、従来のスローな動きのゾンビと違って全力疾走で人間を襲い、噛み傷はもちろんひっかき傷を受けたり、理性を失うだけでもデモンズに変身してしまう。監督のランベルト・バーヴァと監督仲間のミケーレ・ソアビがカメオ出演している。

ネタバレを読む
フローズン・グラウンド

フローズン・グラウンドの紹介:2013年公開。実際に起きた猟奇殺人事件を基に描いたスリラー映画。1983年のアラスカで女性の変死体が見つかる。担当した警察官はニコラス・ケイジ演じるジャック。近くの町ではレイプをされて殺される前に逃げてきたシンディが保護される。娼婦であるシンディの供述は警察に信じてもらえなかった。変死体の捜査をしていたジャックはシンディの事件を知って捜査に乗り出す。

ネタバレを読む
男と女の不都合な真実

男と女の不都合な真実の紹介:2009年公開。キャサリン・ハイグルとジェラルド・バドラー共演のラブコメディ作品。面白おかしく男と女の本音と真実を描いている。テレビプロデューサーのアビーは求める理想が高くて恋愛ができないでいた。仕事で視聴率がとれないでいると、アビーが嫌いなタレントのマイクを上司が雇ってしまう。偶然にも理想の男性である医者のコリンに出会ったアビーに、マイクが仲良く仕事をするために助言を始める。

ネタバレを読む
バッドブロマンス

バッド・ブロマンスの紹介:2015年製作のアメリカ映画。高校の同窓会で20年ぶりに再会したら…おじさんがオジサンに恋をした!?  同窓会を開こうと計画した中年男ダンが、同窓会にハリウッドスターの同級生を呼ぼうとLAに乗り込むと、そこにはボーイズラブならぬ『オジサンサブ』が待っていた…抱腹絶倒のコメディ。

ネタバレを読む
映画聲の形

映画 聲の形の紹介:2016年公開のアニメーション作品で、制作は京都アニメーション。『けいおん』『たまこラブストーリー』に続く、山田尚子監督・吉田玲子脚本コンビの作品である。
原作は2013年から『週刊少年マガジン』で連載された、大今良時の『聲の形』。聴覚障害者のヒロインと、彼女をいじめたことがきっかけで自分もいじめの被害に遭った主人公の関係を描き、コミックスの累計が200万部を越えるヒット作となった。2015年には『このマンガがすごい!』で1位、『マンガ大賞2015』で3位に選ばれ、第19回手塚治虫文化賞新生賞を受賞している。

ネタバレを読む
アップタウンガールズ

アップタウン・ガールズの紹介:2003年公開。一文無しになった元セレブのお嬢様と、大人びた8歳の子供との友情と感動を描いた作品。偉大なロックスターの娘モリーは、両親の遺産で贅沢な生活をしていた。しかし、会計士のボブに1億ドルを持ち逃げされて一文無しに。友人のヒューイに紹介してもらった仕事は子守だった。最初はいがみ合うモリーとレイだったが、次第に打ち解けていく。

ネタバレを読む
ジャッジドレッド

ジャッジ・ドレッド(2012年)の紹介:2012年公開。秩序の番人ドレッドが正義を取り戻すために戦う様を描いた作品。1995年にイギリスのコミックを映画化した作品を再映画化した。核戦争によって荒廃した世界。メガシティーに暮らす人々のために秩序を守る執行人(ジャッジ)達がいた。英雄的存在のドレッドは新人のアンダーソンの最終試験をすることに。法を犯すママをリーダーとする組織にドレッドとアンダーソンが立ち向かう。

ネタバレを読む
必殺!THEHISSATSU

必殺! THE HISSATSUの紹介:1970年から80年代にかけて大ヒットした「必殺シリーズ」の映画化作品第一作目。「必殺仕事人IV」の仕事人たちに加えて、人気歌舞伎俳優の片岡孝夫(十五代目 片岡仁左衛門)が人形遣いの仕事人として登場。ドラマに引き続き主人公をいびる姑役を好演した菅井きんは、本作で第8回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞を獲得した。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。