映画ネタバレあらすじを3,497件掲載中です

BUNKER バンカー/地底要塞の紹介:2016年製作のスペインのSFアクション。冷戦下、旧ソ連が開発した極秘兵器“プロジェクト12”を得るために、アメリカ軍需企業に雇われた傭兵部隊が放棄された地下研究所に潜入する。

ネタバレを読む

ギャング・オブ・ニューヨークの紹介:2002年製作のアメリカ映画。監督はマーティン・スコセッシ、主演はレオナルド・ディカプリオ。敵役を務めたダニエル・デイ=ルイスは、本作で主演男優賞にノミネートされた。日本公開は2002年。

ネタバレを読む

ビッチ・スラップ 危険な天使たちの紹介:2010年公開のアメリカ映画。3人の美女と裏社会の大物の手下達との、ダイヤを巡る血と汗とエロスにまみれた壮絶な戦いを描いた作品。出演は「マニアック」のアメリカ・オリーヴォ、「アンドロメダ」のケヴィン・ソルボ、「キル・ビル」のスタント・ウーマンとして有名なゾーイ・ベルなど。

ネタバレを読む

CHLOE/クロエの紹介:2009年公開。夫の不倫を疑った妻が、若い女性に夫を誘惑するように依頼して起こる出来事を描いた作品。監督は「スウィート ヒアアフター」のアトム・エゴヤン。制作には「ベートーベン」のアイヴァン・ライトマンが参加。製作総指揮は「マイレージ、マイライフ」のジェイソン・ライトマン。音楽は「リトル・ミス・サンシャイン」のマイケル・ダナ。豪華な出演陣は「マンマ・ミーア!」のアマンダ・サイフリッド、「96時間」のリーアン・ニムソン、「シェルター」のジュリアン・ムーアなど。

ネタバレを読む

テンダー・マーシーの紹介:カントリーシンガーとして成功したが落ちぶれて哀愁漂う男。彼の音楽と人生の再起を描いたヒューマンドラマ。
1983年ゴールデングローブ賞主演男優賞、84年米アカデミー賞主演男優賞・脚本賞のほか多数の賞を獲得・ノミネートしながら、日本では未公開の作品。オーストラリア出身のブルース・ベレスフォード監督がアメリカに進出した一本目の作品。

ネタバレを読む

神のゆらぎの紹介:2014年製作のカナダのヒューマンドラマ。カナダを舞台に、生と死をテーマに男女の群像劇が繰り広げられる。「Mommy/マミー」でカンヌ国際映画祭審査員特別賞を受賞した新進気鋭の映画監督グザヴィエ・ドランが、宗教上の戒律から白血病治療を拒む青年を熱演している。

ネタバレを読む

ギフトの紹介:アメリカの片田舎で暮らす子持ちの未亡人アニーは、運命や悩み事を見る霊能者としても頼られる存在だったが、その能力で行方不明の資産家の娘の遺体を発見した事により事件に巻き込まれていく、2000年米制作のサスペンス・スリラー。監督は「死霊のはらわた」「スパイダーマン」シリーズで知られるサム・ライミ。脚本は「ファミリー/再会のとき」のビリー・ボブ・ソーントンとトム・エッパーソン。主演は「エリザベス」のケイト・ブランシェット。

ネタバレを読む

リンジー・ローハンの妊娠宣言!? ハリウッド式OLウォーズの紹介:2009年制作のアメリカ映画。解雇されるわけにはいかないOLが、妊娠していると会社に嘘を言って起こる騒動を描いた作品。製作総指揮には「エクスペンダブルズ」シリーズのアヴィ・ラーナーが参加。出演は「ミーン・ガールズ」のリンジー・ローハンや「レモネード・ハウス」のブリジット・メンドラーなど。

ネタバレを読む

アドレナリン:ハイ・ボルテージの紹介:2009年公開のアメリカ映画。アドレナリンシリーズの2作目。人工心臓を取り付けられた男が、心臓を取り戻しに立ち向かう姿を描いた作品。監督は前作同様、マーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。出演も前作と同じく、「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムや「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマートなど。

ネタバレを読む

コロンビアーナの紹介:2011年公開。美しき暗殺者、カトレアの復讐の物語を描いた作品。主演は「アバター」のゾーイ・サルダナ。監督は「96時間/レクイエム」のオリヴィエ・メガトン。脚本は「レオン」のリュック・ベッソンと「ベスト・キッド」シリーズのロバート・マーク・ケイメン。「ブロウ」のジョルディ・モリャや「エイリアス」のマイケル・ヴァルタンも出演した映画。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。