映画ネタバレあらすじを4,382件掲載中です

エリア52の紹介:2011年製作のオーストラリア映画。地下深くにある極秘施設で、謎の女性と遭遇した特殊部隊が、狂気と混乱の中で戦いを繰り広げる姿を描いている。米軍基地「パインギャップ」にあるとされている「エリア52」をモチーフにしたSFアクション。

ネタバレを読む

サマー・ヴェンデッタの紹介:2016年製作のフィンランド映画。世界を震撼させた「ボドム湖殺人事件」を元に描くシチュエーションホラー。1960年夏、フィンランドのボドム湖で起きた未解決の殺人事件。イーダたち4人はその謎を解明すべく事件現場を訪れ、当時と同じシチュエーションの再現を試みるが…。

ネタバレを読む

ウルフ・アット・ザ・ドアの紹介:2016年製作のアメリカ映画。『アナベル 死霊館の人形』のジョン・R・レオネッティ監督によるサスペンススリラー。とある瀟洒な家に集まり、パーティーを楽しんでいた男女4人。そこへ殺意を持った侵入者たちが忍び寄り…。

ネタバレを読む

ソフィー・マルソーの 刑事物語の紹介:1984年製作のフランス映画。尋問した女性と刑事との危険な恋を描いている。ヴェネチア国際映画祭では銀獅子賞・男優賞を受賞した作品。モーリス・ピアラが監督を務め、ソフィー・マルソーとジェラール・ドパルデュー共演で贈るサスペンスドラマ。

ネタバレを読む

42 ~世界を変えた男~の紹介:黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの人種差別との戦いを描いた2013年製作のアメリカのスポーツ伝記映画。ブライアン・ヘルゲランド監督、チャドウィック・ボーズマン、ハリソン・フォード主演。野球を題材とした映画ではハリウッドで当時過去最高のオープニング成績を記録した。

ネタバレを読む

ワイアット・アープの紹介:1994年製作のアメリカ映画で、西部開拓時代に活躍した保安官ワイアット・アープの姿を描く伝記映画。ローレンス・カスダン監督、ケビン・コスナー主演。その年の最低映画を決めるゴールデン・ラズベリー賞で最低リメイク賞、最低主演男優賞を受賞した。一方で、撮影技術や脚本は高い評価を受けており、脚本に関しては米国ウエスタン作家連盟より最優秀ドラマ脚本賞を授与されている。

ネタバレを読む

アフターピルの紹介:2011年製作のアメリカ映画。一夜限りの関係のつもりが、避妊しなかったことが気になり、相手の女性を追いかけるハメになった男性の姿を描いている。主演はノア・ビーン。彼の浮気相手役にはレイチェル・ボストン、同棲相手役はアンナ・クラムスキーが務めた作品。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ17の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2005年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第17作。事故や自殺が相次ぐ湖に現われた不気味な女「湖の底から」、ふざける観光客に呆れ「振り返る地蔵」、自殺を遂げた同級生の寂しげな姿「仲間に入れて」など9本を紹介する。構成・演出・撮影・編集は「お姉チャンバラ」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む

わたしは生きていけるの紹介:2013年公開のイギリス映画。核爆発によって、第3時世界大戦が起こったイギリスを舞台に、愛する人との再会を目指す少女のサバイバルを描いている。メグ・ローゾフの小説が原作。オスカー受賞の鬼才監督、ケヴィン・マクドナルドがメガホンをとり、若き天才女優シアーシャ・ローナン主演で贈る作品。

ネタバレを読む

フェーズ6の紹介:2009年公開のアメリカ映画。感染すれば必ず死が訪れるウィルスが蔓延する中、生き残った4人の若者がサバイバルを繰り広げる姿を描いている。パンデミックによる恐怖だけでなく、生き残った人間の本性も映し出している作品。クリス・パイン主演で贈るパニック・スリラー。

ネタバレを読む

ほんとにあった!呪いのビデオ16の紹介:一般から投稿された不可思議な映像を紹介、検証するドキュメンタリー風のオリジナルビデオで、2005年にリリースされた「ほんとにあった!呪いのビデオ」シリーズ第16作。風光明媚な岬に飛び込む人影「卒業旅行」、差出人不明のビデオに録画されたある男の死「死の予告」、格安物件で映り込んだ不気味な人影「引っ越し先に…」など8本を紹介する。構成・演出・撮影・編集は「お姉チャンバラ」「アイズ」の福田陽平。ナレーションは中村義洋。

ネタバレを読む
hmhmロゴ

hmhm[ふむふむ]は映画のネタバレあらすじ結末のまとめサイトです。映画の結末が気になるけど観る時間がない、忙しい人の為にストーリーをラストまで解説しています。要点だけをわかりやすくまとめているので、すぐに映画の内容を知ることができます。映画をまだ観ていない方は、映画の結末まであらすじが掲載されているのでご注意ください。