「あずみ2(Death or Love)」のネタバレあらすじ結末

あずみ2(Death or Love)の紹介:2005年公開の日本映画。小山ゆう・原作の同名コミックスを、人気アイドル、上戸彩の主演で映画化した第2弾。徳川幕府最強の女剣士あずみが、死んだ初恋の仲間と瓜二つの青年と出会い、自らの宿命に葛藤する姿を描く。

この映画を無料で観る

あずみ2(Death or Love)の主な出演者

あずみ(上戸彩)、ながら(石垣佑磨)、こずえ(栗山千明)、銀角&なち(小栗旬)、井上勘兵衛(北村一輝)、金角(遠藤憲一)、服部半蔵(宍戸開)、土蜘蛛(坂口拓)、六波(謙吾)、三郎太(増本庄一郎)、雉丸(伊藤俊)、喜平太(武智健二)、慎太郎(渕野俊太)、侍Z(野村祐人)、千代(前田愛)、よね(根岸季衣)、真田幸村(永澤俊矢)、南光坊天海(神山繁)、空如(高島礼子)、真田昌幸(平幹二朗)

あずみ2(Death or Love)のネタバレあらすじ

【起】- あずみ2(Death or Love)のあらすじ1

江戸時代の初期の日本。徳川家康が征夷大将軍に就いた直後の話。
母を亡くし孤児だったあずみは、侍・小幡月斎(おばた げっさい)に拾われて引き取られ、幼い頃から刺客としての修行を積みました。
月斎は剣の達人で、あずみのような孤児を多く育てながら、一方で剣はじめあらゆる知識を植え付けます。
時代は徳川の世とはなったものの、まだまだ不安分子がうごめいている時代なので、旧豊臣派の有力な大名を暗殺することになりました。
月斎の下で育った少数精鋭の暗殺集団は、「浅野長政」「加藤清正」「真田昌幸」暗殺の命令を受けます。
暗殺集団はみな簡易的な和装で、短パンみたいな恰好です。当時の忍びの者の服装でした。あずみは旅芸人のやえからもらった、南蛮風の黒いコートを着用しています。
浅野長政は倒せたものの、あずみたちは加藤清正との戦いで苦戦し、生き残りは「あずみ」と「ながら」の2人だけです。
あずみとながらは、いよいよ最後の暗殺対象・真田昌幸を仕留めるために動き始めました…(『あずみ』参照)。
…あずみとながらは、井上勘兵衛が放った刺客に追われていました。勘兵衛は加藤清正の側近の男で、目の前で清正が殺されるのを手をこまねいて見ていました。清正の復讐のため、あずみを狙っているのです。
大勢の敵に囲まれたあずみとながらは、絶壁から飛び降りました。
敵からは逃れられたあずみとながらですが、ながらは負傷していました。あずみとながらは山寺に逃げ込み、ながらの傷の手当てをあずみはしました。
そのまま夜を明かしたあずみは、翌日、ながらを寝かせたまま、食料調達のために村にある「めしや」の店へ行きます。そこで焼きおにぎりを食べ物を分けてもらったあずみは、店にならず者が侵入するのに出くわしました。
「金角」が率いるならず者たちは、店に入ると客に金の無心を始めます。「やる金などない」と言った侍をあっさりと倒したならず者たちに、客は恐れをなして、次々に金を出しました。
金角はあずみを見て「綺麗な姉ちゃんだ」と気に入りますが、あずみは「そこを通してくれ」と言います。 この映画を無料で観る

【承】- あずみ2(Death or Love)のあらすじ2

店に「銀角」が入ってきました。そしてあずみを見るなり、突然「仲間にならないか」と声をかけます。あずみはそれに対して答えず、少額の金を渡して立ち去りました。
…ちなみに斬られた店の客は、本当はならず者たちの一味で、お芝居でした。
金角は銀角に、なぜあずみを追わなかったのかと問います。銀角は、「あの女(あずみ)は強い、下手すりゃ斬られる」と答えました。
金角と銀角のコンビと出会ったあずみは、動揺を隠せずにいました。というのも、銀角は幼い頃から心を通わせていたのに、斬らざるを得なかった幼馴染みの「なち」にそっくりだったからです。
寺に戻ったあずみは何者かの気配を感じて、迎撃態勢で寺に入りました。刃を交えた後、相手が自分の育ての親・小幡月斎にいつも命を下していた南光坊天海からの使いだと知ります。
天海に呼び出されたあずみとながらは、天海と会いました。
浅野長政と加藤清正を討ち取ったあずみらを褒めた天海は、「しかし真田は、お前らには討てん」と言います。
真田昌幸は警戒を強めており、怪しい忍びの者たちと通じていました。それを突破するには、場合によっては兵を挙げる必要もある…そう天海は言います。
しかしあずみは納得しませんでした。月斎に鍛えられた自分たちの使命は、真田昌幸を討つことにあるわけだから、「もとより生きて帰ることなど望んではいない」とあずみは断言します。
天海は、真田昌幸を狙うことを許可しました。天海の手下・こずえが協力を言い出します。
さてその真田昌幸は、井上勘兵衛から警告を受け取りますが、逆に「なぜ清正を守れなかった」と勘兵衛を責めました。勘兵衛とて好き好んで大将を討たれたわけではないので、口惜しがります。
真田昌幸は家康に命ぜられて、10年もの間、幽閉蟄居(隠居)の身でした。その間に空如(くうにょ)という女性に入れ上げ、昌幸は骨抜きにされています。
この空如は上野甲賀忍者を率いる忍びの者でした。つまり、真田昌幸は甲賀衆の忍者に守られているのです。大勢の忍者が城をかためています。

【転】- あずみ2(Death or Love)のあらすじ3

天海が言った「場合によっては兵を挙げねばならない」というのは、甲賀衆が最強の忍者たちだったからでした。
街道を歩いていた金角らの一行は、ふもとで大々的に「真田の味方になれ」と村人たちに募集をかけているところを目撃します。
真田の兵は、六文銭(ろくもんせん)という、銭を六つ(三つの銭が上下二段に)並べた家紋でした。金で大っぴらに買収して兵を募る真田衆を見た金角は、金目当てで真田兵に入りました。
金で雇われた兵隊たちが戦ったのは、あずみ、ながら、こずえの3人です。戦う相手があずみと知った金角と銀角は「気が変わった」と言って、あずみらの側につきました。
数は圧倒的に真田の方が多いのですが、手練れのあずみたちにかなうわけもなく、軍勢は大敗を喫しました。
あずみたちは、金角と銀角のアジトに案内してもらいます。ながらも銀角を見て驚いていました。それくらい、銀角はなちにそっくりでした。
金角や銀角と行動を共にするうちに、あずみは銀角になちの面影を重ねて、徐々に思いを寄せていきます。また銀角の方でも、あずみに惹かれていきました。
こずえから「あずみは恋をしている」と言われたながらは、「真田へのかたき討ちをあきらめさせて、銀角と生涯を共にさせるのがあずみにとって幸福なのではないか」と考えます。
そしてある日、ながらは真田への復讐をあきらめた振りを装い、あずみと決別する芝居をしました。これによってあずみも、復讐をあきらめたらよいと思ったのです。
ながらはあずみの前を立ち去り、こずえはながらを追っていきました。あずみは銀角らの元に残されます。
しかし「ながらとあずみを決別させる」というのは、こずえの策略でした。こずえは本当は真田衆の空如らの一派だったのです。
ひとりになったながらは、小太刀でこずえに殺されました。
残されたあずみは、まだ復讐を忘れていませんでした。
天海が、服部半蔵が率いる上野甲賀衆に襲われます。
あずみに味方して金角や銀角らの仲間も手助けします。しかし相手方も、全身を黒い毛皮で覆って小太刀を使う土蜘蛛や、飛刀というブーメランのような刀を武器にする六波という敵がおり、苦戦しました。金角が命を落とします。

【結】- あずみ2(Death or Love)のあらすじ4

戦いの中、こずえがひとりで天海のところへ戻りました。「ながらとはぐれた」と言ったこずえは、道案内を買って出ます。
しかしそれは開けた場所に天海らをおびき寄せる罠でした。
「ながらを殺した」と告白したこずえを、あずみはあっという間に倒します。
最後の仲間であるながらの死にショックを受けたあずみは、ひとりで真田昌幸を討つ宣言をしました。
空如にこずえは死んだと告げたあずみは、土蜘蛛と戦います。竹林でワイヤーのようなものを扱う土蜘蛛と戦ったあずみは、右ふとももを負傷して毒でしびれました。
銀角が助太刀に入り、毒でしびれたあずみをかばって背中を刺されます。銀角に攻撃された空如も、逃げ帰りました。
目覚めたあずみは、銀角の背中に刺さった二股の刀を見て、銀角が自分をかばって死んだと知ります。
「なんなんだこれは」「目の前の奴が、みんな死んでいく」と嘆いたあずみは、復讐に燃えました。
真田昌幸側も、空如が辿り着いたものの亡くなったのを見て、怒りを隠せませんでした。
あずみが単身で、真田陣営に赴きます。昌幸の横には、勘兵衛の姿もあります。また天海も姿を現しました。
あずみは昌幸の兵に立ち向かいました。「お前のような若い娘が刺客とはなにゆえだ」と聞かれたあずみは「いくさをなくすためだ」と答えます。
昌幸はあずみと一対一の勝負を決めました。周りにそれを宣言します。
長い槍であずみと戦った昌幸は、あずみにまっぷたつにされました(右半身と左半身のまっぷたつ状態)。
「清正様のかたき」と向かおうとする勘兵衛を、昌幸の息子・幸村が制止します。
「命を捨てても守らねばならぬのは、武士の約束(昌幸はあずみと一対一の勝負を挑んで負けた。ここで勘兵衛が手出しすると、昌幸の約束を破ることになるという意味)」と幸村は告げ、勘兵衛も刀をおさめます。
「これでいくさはなくなるのか」とあずみは天海に問い、天海は「使命は終わった」と答えました。
去ろうとするあずみに、勘兵衛が「どこへ行こうというのだ」と問いますが、あずみは答えないまま去りました。

みんなの感想

ライターの感想

『あずみ』もストーリー的に突っ込みどころが多かったのだが、今作品はさらにパワーアップ。
娯楽性はアップしているが、突っ込みどころもそれだけ多くなっている。
そもそも上戸彩を引き立たせるための映画なのか。
チャンバラシーンがとにかく多い作品だが、絶対に上戸彩演じるあずみは、汚れない(笑)。
ここまで徹底してくれると、むしろ愉快。どんだけ大変な思いしてても、次のシーンではあずみは身だしなみがばっちし。
ちなみに…他の男衆は、汚れてます。埃だらけです。だからなおさら、違和感が増すんだよね。
今作品をもって、たぶん『あずみ』シリーズは終わりなのであろう。
上戸彩を引き立たせる意味においては成功している映画だが、ナンセンス色は濃い。
メリットといえば…上戸彩と栗山千秋のふとももが拝めマス。

映画の感想を投稿する

映画「あずみ2(Death or Love)」の商品はこちら