「あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEの紹介:港署の破天荒なあぶないコンビ、タカとユージが今度は国際的テロリストと対決。前作のリターンズから2年後も公開された劇場版5作目となります。お決まりのタカのハーレー手放しショットガンやユージの疾走シーンはもちろん、アクションもアドリブも更にスケールアップし登場した昭和の香りを残すエンターテイメント作品です。

あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEの主な出演者

鷹山敏樹(舘ひろし)、大下勇次(柴田恭平)、真山薫(浅野温子)、町田透(中村トオル)、松村優子(木の実ナナ)、深町新三(小林稔侍)、伊達章一郎(加藤雅也)、下村恵美(本庄まなみ)、津山徹(マイク真木)

あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEのネタバレあらすじ

【起】- あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEのあらすじ1

国際指名手配の凶悪犯である城島との激闘を制し見事逮捕したタカとユージ。
城島は重症を負い警察病院に収容されていましたが脱走してしまい2人は城島の行方を捜します。
城島が出入りしている店の情報を掴み乗り込む2人ですがあと一歩というところで取り逃してしまいます。
その事が原因で深町課長は警察本部に呼び出され、本部長から2人を辞めさせるように言われてしまいます。
2人を辞めさせたくない深町課長はタカとユージをしばらくの間全ての捜査から外す事に決めました。
しばらくじっとしているようにと松村課長にもきつく言われた2人は行きつけのポールスターというバーへ行きゆっくりとコーヒータイムを楽しみます。
するとそこへ城島から押収した武器を運んでいる警察車両が襲撃されていると情報が入り2人は現場へ急行しました。
現場へ到着すると城島達が警察車両を奪おうとしています。
2人はカーチェイスで追い詰め1人は射殺しますが肝心の城島は武器を奪い逃走してしまいました。

【承】- あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEのあらすじ2

署へ戻り調べると2人が銃撃戦を繰り広げた奴らはFBIから手配されている元傭兵である事が分かります。
その中にポールスターに来ていた客の伊達という名前を見つけタカはマスターの津山へ話を聞きに行きました。
津山の話によると伊達は津山の部下として傭兵をしており、その後国際的テロリストNETの一員となり日本でテロを起こす為来日したとの事です。
その時NETのメンバーがポールスターに現れタカは殺されそうになりますが津山の助けによりなんとかその場から脱走し逃走します。
しかし津山は胸部を撃たれ殺されてしまいます。
タカが単独捜査をした上に姿を消してしまった為、もうかばいようがないと深町課長はユージにクビを宣告し拳銃と手帳を取り上げました。
タカはNETから逃げる為ホテルに身を隠していましたが城島に居場所を突き止められ銃撃戦になります。
ユージも合流し城島を追い詰めますが城島は車ごと自爆してしまいます。
伊達が自分達の秘密を知る者を消そうとしていると察知した2人は現場に駆け付けた捜査課メンバーの車を奪い、伊達の秘密を知ってしまったポールスターのウエイトレス恵美のマンションへ急ぎました。
しかし恵美は既に拉致された後で、2人が恵美の部屋を調べているとそこにロケットランチャーが撃ち込まれます。
2人は風呂場へ逃げ込み助かりましたが、死んだ事にしておいたほうが都合が良いと考え靴を現場に残しその場を去りました。

【転】- あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEのあらすじ3

その頃伊達は最終目標である「熱い嵐作戦」を実行に移します。
横浜港沖にある巨大タンカーをジャックし横浜市に100億円を要求してきます。
もしタンカーがそのまま横浜に突っ込めば多数の死傷者が出てしまう為、横浜市と神奈川県警は要求に応じる事を決めました。
100億円の受け渡しは港署が引き受ける事になり現金を車に積み込み取引現場へ向かおうとしたその時、タカとユージが現れ100億円を車ごと強奪してしまいます。
死んだと思っていた2人に現金を奪われた伊達達は焦り「熱い嵐作戦」を一時中断しタカとユージに取引を持ちかけました。
タカとユージは拉致した恵美の解放を条件に90億円伊達に渡すと約束しますが、取引現場へ行くと恵美の姿はなくNETとの銃撃戦になります。
タカとユージは銃撃戦を制し、敗れた伊達は腹部に傷を負いヘリでタンカーへと逃走しました。

【結】- あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIEのあらすじ4

タカとユージはダイビングスーツを身にまとい泳いでタンカーへ潜入します。
伊達のところまで辿り着きますが彼はもう瀕死の状態でした。
組織からも見放された伊達はタンカー内に恵美を拘束し、赤外線センサー付きの爆弾を仕掛けタンカーを横浜市に向けて全速力で進め拳銃自殺を図ります。
タカとユージは爆弾解除に成功し恵美を救出しますが、タンカーは横浜市のすぐ側まで来ており慌てて全速後進をかけても中々止まりません。
陸地すれすれまで来たところで2人はタンカーから別の船に飛び乗り、タンカーを押し戻そうとします。
ギリギリのところでようやく船は後進を始め事なきを得ました。
全てが終わりボートに爆弾を積み陸地を目指す2人ですが突然爆弾の時限装置が再稼動してしまいます。
一度処理を経験したタカは、どうせなら2秒前に止めてやると言いだしますが、解除しても時限装置は止まらず爆弾は爆発してしまいます。
海に飛び散ったボートの木片の上にタカとユージのサングラスが無造作に置かれていますが2人の姿はどこにもありません。
そしてそのままサングラスは海の底へと沈んでいき物語は幕を閉じます。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「あぶない刑事フォーエヴァーTHE MOVIE」の商品はこちら