「お姉チャンバラTHEMOVIE」のネタバレあらすじ結末

お姉チャンバラ THE MOVIEの紹介:2008年公開の日本映画。屍霊によって混沌とした世界を舞台に、美女とゾンビたちとのバトルを描いたホラー・アクション。タムソフトが製作した同名の人気ゲームが原案で、乙黒えり主演で贈る作品。

お姉チャンバラTHEMOVIEの主な出演者

彩(乙黒えり)、咲(中村知世)、勝春(脇知弘)、レイコ(橋本愛実)、朧(渡辺哲)、麻美(倉内沙莉)、杉田(諏訪太郎)

お姉チャンバラTHEMOVIEのネタバレあらすじ

【起】- お姉チャンバラTHEMOVIEのあらすじ1

西暦20XX年、D3コーポレーションは人体蘇生に成功します。時を同じくし、各地で謎の屍霊事件が起きます。
屍霊によって人々は襲われていきます。住むところや食べる物を奪われ、血を分けた兄弟さえも互いに殺し合っていきます。
人間たちが溜まり場にしている場所へ、一体のゾンビが歩いてきます。銃の効かない屍霊で、人間たちは次々と死んでいきます。その様子に屍霊は微笑みます。
そこへ彩というマントを着たお姉ちゃんがやってきます。彼女は刀を抜いて、素早い動きで、次々と屍霊を切り刻んで倒していきます。
回転斬りに、ジャンプしての一刀両断など、屍霊はたまったものではありません。刀に白い光りがまとわりながらの回転斬りの威力は凄まじいものです。
ついに、ボス格の屍霊と一騎打ちになります。彩はマントを取り、激しい刀のぶつかりあいが繰り広げられます。
彩には連れがいました。戦闘能力は高くない勝春という男です。隠れていた勝春は屍霊に見つかります。
そこへバイクに乗って、ヘルメットを被った謎の女性が助太刀に現れます。彼女はレイコという名前で、銃を武器に残っている屍霊を倒していきます。
彩とレイコが戦い始めます。彩はレイコの銃弾を避けながら、突き進んでいきます。刀で銃弾をも弾き飛ばします。
まあまあと、勝春が生きてる者同士で争うのはよくないと止めに来ます。彩は妹の咲を探していました。レイコは彼女の居場所を知っていると言います。

【承】- お姉チャンバラTHEMOVIEのあらすじ2

レイコが追っているのは、このような世界にした現況でもある研究者、杉田でした。杉田のところに咲はいると、レイコは言います。
杉田は人体蘇生を成功させ、今もなお研究を行っていました。必要なのは強靭な肉体を持つ純血種です。
彩は暗殺家の血を引いていて、ニコリと笑うことさえありません。咲が父をぶち殺し、それは酷い状況だったのです。彩は復讐のためだけに先へと向かっているのです。
勝春は麻美という妹を奴らにさらわれて、助けるために旅をしています。さらわれた時に彩と出会いました。レイコは娘を奴らに殺され、生存者を救いたいと考えています。
3人が休憩していると、二人の男女が現れます。彼らはこの先には行かないほうが良いと注意していきます。
その男女が愛し合ってると、屍霊が現れて、彼らもまた屍霊へと変わります。勝春が用を足していると、屍霊がやってきて、レイコが助けてくれます。
彩とレイコは、小さな女の子を見つけます。彼女はマリアという名前で、レイコは娘が身につけていたアクセサリーをあげます。
杉田は捕らえていた麻美に注射をしていました。そして勝春の前に、屍霊となった麻美が現れます。ハンマーをぶんぶん投げながら襲ってきます。
一方、マリアは咲に捕まります。レイコは人質となった彼女を救おうとします。
彩はピンチの勝春の助太刀に入ります。麻美を倒そうとすると、勝春が妹だと説明します。
彩はそれから麻美に押され始めます。勝春は悩んだ末に、自らの小太刀で麻美を殺します。助けてやれなくてごめんと、謝罪する勝春でした。
銃声が聞こえて、彩はレイコの元へと急ぎます。彩を見た咲は、マリアを斬りつけます。彩と咲は戦闘になります。しかし、咲は逃げていきます。

【転】- お姉チャンバラTHEMOVIEのあらすじ3

苦しむマリアを台に乗せます。勝春は薬を探しに行きますが、ナースの屍霊に襲われます。
彩はいづれマリアが屍霊になると、斬り殺そうとします。しかし、レイコはどうしても嫌でした。
屍霊が大量に押し寄せてきます。レイコはマリアを置いていけないと残ることにします。勝春と彩はナースの屍霊を倒しながら逃げていきます。
レイコは気絶したマリアを見た後、押し寄せてきた屍霊を撃ちまくります。そして屍霊と化したマリアを殺します。
彩と勝春は杉田の根城へと到着します。杉田は彩を探し続けていたと言い、大量の屍霊を放ちます。
彩は次々と屍霊を斬り殺していきます。勝春はその間に、ドアを見つけて杉田の部屋へと向かいます。杉田の首をしめますが、抵抗されてしまいます。
小太刀で斬りつけようとすると逆に肩に刺されます。そこへ屍霊が現れて、杉田の目を潰していきます。勝春は屍霊もろとも、杉田を刺殺します。
彩は刀だけでなく、蹴りも使って屍霊どもを吹き飛ばしていきます。それでも屍霊の数はまだまだいます。そこへレイコが現れて助太刀してくれます。
レイコは腕を刺されて、大量の屍霊に囲まれます。そして倒れていきます。
彩は懇親の力で屍霊を吹き飛ばします。刀に白い光りがまとわり、竜巻を発生させて屍霊を倒します。レイコは自らに銃を向けて死にます。
屍霊がいなくなりましたが、咲が彩の前に現れます。二人の一騎打ちが始まります。

【結】- お姉チャンバラTHEMOVIEのあらすじ4

彩はなぜ父を殺したのか、咲に問い詰めます。咲はただ強くなりたかっただけと語ります。
彩は咲の技で吹き飛ばされます。そして、杉田に言われて、咲が父を殺める姿を思い出します。彩は立ち上がります。
彩は後継者として認められていて、咲は孤独を感じていました。そこへ杉田が利用しに現れます。杉田が父に、強くなったとこをみてもらいなさいと言って、咲は父に止めをさしました。
彩は咲にやられそうになり、勝春やレイコのことを思い出します。そして赤い光りを全身にまとい、咲を吹き飛ばします。
彩の移動速度はさらに上がり、咲は彼女に追いつけません。彩がジャンプ斬りを放ち、咲の隙をついて胸を刺します。
これで倒したと思いますが、咲の目が赤く輝き出します。そして青い光りが咲から出てきます。
赤い光りを刀にまとう彩と、青い光りを刀にまとう咲との対決が始まります。二人は高速で動きながら斬り合います。
お互いに肩を斬りつけた後、衝撃波を繰り出します。そしてジャンプしあって斬り合います。
彩の刀の先には、咲の血がついていました。咲は倒れ、強くなれば孤独から解放されると思ったと理由を話します。
彩は咲とレイコの墓を作り、勝春が明るくゾンビ退治にでも行きますかと提案します。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は何と言ってもアクションシーンです。刀や銃など、瞬間的な迫力をかなり高めている演出が素晴らしいです。
移動速度や剣技のスピード感もかなりあって、他では拝めない見事な演出になっています。特に彩と咲との最後の戦いは、移動速度の早さと技のぶつかり合いが凄いです。
アクションシーンだけでなく、登場人物の感情も上手く描いている映画です。娘を失ったレイコや、妹を救いたい勝春、孤独だった咲など、ドラマ性もきっちり表現されています。
ホラー要素として、ナースや麻美などのゾンビメイクも手が込んでいます。襲ってくる様子に恐怖します。
マントを抜いだ後の彩のコスチュームなど、セクシーさもあって、おじさんには嬉しい限りになっています。よく出来た面白い映画なのでお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「お姉チャンバラTHEMOVIE」の商品はこちら