「るろうに剣心 京都大火編」のネタバレあらすじ結末

るろうに剣心 京都大火編の紹介:2014年公開の日本映画。2012年に公開された『るろうに剣心』の続編にあたるシリーズ2作目で、第3作『るろうに剣心 伝説の最期編』と連続公開された。

予告動画

るろうに剣心 京都大火編の主な出演者

緋村剣心(佐藤健)、神谷薫(武井咲)、四乃森青紫(伊勢谷友介)、相楽左之助(青木崇高)、高荷恵(蒼井優)、瀬田宗次郎(神木隆之介)、巻町操(土屋太鳳)、翁〔柏崎念至〕(田中泯)、大久保利通(宮沢和史)、斎藤一(江口洋介)、志々雄真実(藤原竜也)、謎の男〔比古清十郎〕(福山雅治)

るろうに剣心 京都大火編のネタバレあらすじ

【起】- るろうに剣心 京都大火編のあらすじ1

かつて〝人斬り抜刀斎〟と呼ばれた最強の剣士・緋村剣心は、人斬りをやめ流浪人(るろうに)となりました。持ち歩くのは逆刃刀(さかばとう)という刃と峰が逆向きの刀で、斬っても人は殺せません。
剣心はある事情で知り合った(『るろうに剣心』参照)東京・浅草にある、神谷薫の道場の居候をしています。
ある日剣心は大久保内務卿に呼び出され、剣心と面識がある〝影の人斬り〟・志々雄真実の討伐を命ぜられました。志々雄は新政府に裏切られ全身を焼かれましたが、生きていたのです。
全身を包帯で巻いた志々雄は同志を集めて京都で一大兵力を形成し、維新政府の転覆を狙っていました。
1週間後の5月14日、大久保が暗殺されます。

【承】- るろうに剣心 京都大火編のあらすじ2

剣心は京都へ向かいました。薫と喧嘩屋・左之助も剣心を追います。
東海道・小田原で剣心は旅代がなくなり剣を盗もうとした女性・操と出会いました。
旅の途中で志々雄の手先・宗次郎と剣を交えた剣心は、逆刃刀を折られます。宗次郎はそのまま去りました。
その頃京都では、志々雄が自分の忠実で強い部下、通称〝十本刀〟を招集します。集結し次第、国盗りを始める予定です。
京都に着いた剣心は、操の実家である旅館〝葵屋〟へ身を寄せました。その宿の主・翁は、かつては幕府の御庭番(スパイ)をしており、剣心の正体を知っていました。
操は仲間の蒼紫を慕いますが、碧紫は死んだ仲間に〝最強〟の称号を得るため、剣心を狙います。

【転】- るろうに剣心 京都大火編のあらすじ3

剣心は翁に、逆刃刀の作者・新井赤空の消息を尋ねました。
赤空は故人となっていました。剣心は赤空の息子・青空を訪ねて新しい刀を作る依頼をしますが、青空は生活用品しか扱っていません。
そこへ〝十本刀〟の1人・刀狩りの張が現れ、青空の赤ん坊を連れ去りました。剣心は赤ん坊を奪回すべく戦います。その姿を見て青空は、亡き父が最後に残した逆刃刀・真打を託し、剣心は戦いに勝ちました。剣心と薫たちも合流します。
張は警察に引き渡されて志々雄の目的「明晩11:59の京都大火」を供述し、剣心は青空から逆刃刀をもらいます。
京都大火を聞いた斎藤は、志々雄が新撰組・池田屋事件を真似ていることを指摘しました。

【結】- るろうに剣心 京都大火編のあらすじ4

京都全域が厳戒態勢の中、時間通りに志々雄一派は動きます。炎に包まれた山車を率いた一団が京都中を巡り、警察鉄砲隊と戦いました。
同じ頃、蒼紫とそれを止める翁が戦い翁は敗れます。剣心は志々雄の影武者たちに囲まれますが、左之助が合流し倒しました。志々雄一派より警察側が優勢です。
京都を燃やすのが真の目的ではなく第1段階と知った斎藤と剣心は、真の目的が東京征服だと気づきました。
剣心の目の前で薫が宗次郎に連れ去られます。追って着いた先は巨大な船でした。剣心は志々雄と対峙しますが、薫を船から落とされ、助けるために自らも身を海中に投じます。
翌朝、流れ着いた剣心を助ける謎の男の姿がありました…(つづく)。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「るろうに剣心 京都大火編」の商品はこちら