「アウトレイジビヨンド」のネタバレあらすじ結末

アウトレイジ ビヨンドの紹介:2012年公開の日本映画。北野武の監督作品「アウトレイジ」の続編かつ完結編にあたる。金と権力の為にはどんな手段もいとわない悪人たちを描いたバイオレンス作。キャッチコピーは「全員悪人 完結。」、「一番悪い奴は誰だ?」。R15+指定。

この映画を無料で観る

予告動画

アウトレイジビヨンドの主な出演者

大友(ビートたけし)、木村(中野英雄)、西野(西田敏行)、片岡刑事(小日向文世)、石原(加瀬亮)、嶋(桐谷健太)、小野(新井浩文)、繁田(松重豊)、舟木(田中哲司)、白山(名高達男)、五味(光石研)、富田(中尾彬)、中田(塩見三省)、布施(神山繁)、加藤(三浦友和)

アウトレイジビヨンドのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①山王会内部の抗争から5年後。加藤会長と石原は勢力を拡大し、政界にまで手を伸ばしていた。これを快く思わない警察上層部は介入を試み、片岡が奔走する。片岡は古参の富田に関西の花菱会への接近を試みさせるが、花菱会と山王会は通じており失敗、富田は殺される。 ②片岡は次に、木村と大友に手を組ませて加藤や石原と対立させるよう考える。消極的な大友は計算外だったが、木村の子分の嶋&小野が殺されたことで大友も立ち上がり、非公式に花菱会の援助を受け大友と木村は山王会を追いつめる。 ③石原は殺害され、加藤は引退(その後殺される)、山王会は力を落とした。片岡はさらに山王会と花菱会を対立させるため木村を殺害するが、大友が見抜いて片岡に銃弾を撃ち込んだ。

【起】- アウトレイジビヨンドのあらすじ1

山王会は関東一円を牛耳る巨大暴力団組織のトップです。以前は関内が会長を務めていましたが代替わりがあり、当時若頭(2番目)だった加藤が山王会を継いでいました。
そのもめ事(『アウトレイジ』参照)から5年後…。

(先に簡単に説明)
☆山王会…関東一円を率いる暴力団のトップの組織。会長は加藤、若頭は石原。石原は元大友組で、裏切って山王会入りした過去あり。舟木という幹部は先代・関内の時代からの古参(古株)。
☆花菱会…関西一円を率いる暴力団のトップの組織。会長は布施、若頭は西野。実は水面下では山王会と通じており、共和路線を築いている。
☆木村一派…出所した木村が率いているが、組ではない。木村が、元村瀬組の息子たち・嶋と小野を子分にしている。後に大友がちらっと加勢。
・警察関係…片岡刑事は出世したが健在。後釜の山本が殺されたことで再び山王会に出入りする。

出世した片岡刑事の後釜として、山王会担当となった山本刑事の遺体があがりました。山本は国交省の小清水大臣の愛人のホステスと一緒に、車で沈められていました。
山王会は加藤が会長になってから、ますます勢力を強めています。その力は強大なものとなり、現在では政界にまで手を伸ばしていました。
山本刑事は山王会から金をせびってばかりで、山王会に殺されたのです。山本の行動は目に余るものがあり、最近では公安が内偵していたほどでした。
山王会があまりにも力を蓄え過ぎたことで、警察の上層部が動き始めます。出世した片岡刑事が担当し、力を削ぐことにしました。片岡刑事には相棒の繁田がつきます。
片岡刑事は山王会に接近すると、山本刑事が死んだのは「マル暴(組織犯罪対策部)の刑事がヤクザの女を寝盗って殺されたという筋書きにする」と図り、加藤に誰か下っ端の者を出頭させろと言いました。それで恩をひとつ売ります。
加藤を訪れた片岡刑事は、かつては大友の手下だった石原が若頭までのぼりつめているのを確認しました。
先代の会長・関内のボディガードだった舟木が、幹部に出世しているのもチェックし、裏があると嗅ぎつけます。関内の死亡時に傍にいなかったとはいえ、ボディガードがなぜ関内の死後に出世するのか…それを考えると、加藤が会長になった筋書きが奇妙だと考えたのでした。
出頭してきた男に殺害方法を教えて口裏合わせをする片岡を、相棒の繁田は苦々しげな顔で見ます。しかし、山王会とある程度対等に渡り合って行くには、便宜を図る必要がありました。
加藤と若頭・石原は、たとえば売春でも外務省と組んで国際的、合法的に稼いでいこうと考えています。古参の幹部連中は、そんな気風が気に食わずにいました。同時に、舟木の出世を怪しんでもいます。
片岡刑事は古参の幹部・富田に接近し、関西最大の勢力である・花菱会と手を組んで、加藤を滅ぼせとそそのかします。 この映画を無料で観る

【承】- アウトレイジビヨンドのあらすじ2

富田は関西へ行き、花菱会の若頭・西野と会いました。ところが花菱会と山王会は裏では通じていました。
警戒した花菱会会長・布施が加藤に密告し、富田は加藤に呼び出された後、側近と一緒に舟木に射殺されました。
間を取り持った片岡も、立場があやうくなります。加藤に呼び出された片岡刑事は「何をしようとした」と詰め寄られ「何かあったら山本みたいに沈めるぞ」と言われました。
片岡刑事は加藤の右腕の石原に、大友が生きていることを告げます。石原は大友の部下だったので血相を変え、死んだのではなかったのかと聞きますが、「噂でしょ」と、当の噂を流した本人・片岡はしらばっくれました。
石原は、大友が生きていると知って戦々恐々とします。
大友は10年の刑期を言い渡されていましたが、片岡のはからいで仮出所にこぎつけました。片岡は大友に会い、木村をどう思っているか打診します。
かつて獄中で大友は木村に腹を刺されましたが、「村瀬を死に追いやったのは自分だから、村瀬の子分の木村に刺されてもやむをえない」と思っていました。
木村は一足先に刑期を終えて、現在はバッティングセンターを経営するカタギ(一般人)になっています。同じ村瀬組だった時の子分の息子たち・嶋と小野を引き取って、バッティングセンターで働かせていました。島と小野は木村を親分と慕っています。
片岡は木村に会い、「大友は恨んでいない。会わないか」と告げました。木村も今となっては、獄中で大友を刺したことを悔いています。
木村と大友を和解させて、次なる作戦の手駒にしようと片岡は考えました。
ところが大友はやくざに戻る気はなく、出所すると韓国系フィクサー(事件のもみ消しや調停を図る人物)のチャン・テソン(張)会長の元へ身を寄せます。戦後の闇市でのしあがったチャンと、上野育ちの大友は昔からの知り合いでした。
片岡は大友を尾行すると、電話をかけて会う約束を取りつけます。その場に木村を連れてきて、和解に成功しました。
片岡は「こうなったのも元は山王会のせい」と2人を焚きつけます。木村は山王会と戦う決意をしますが、大友は消極的でした。片岡は木村に「面識のある花菱会の中田に盃をもらえ」「花菱会の会長は本当は山王会を嫌っているから、潰したいのが本音だ」と言います。
裏で片岡刑事は、石原の経営するファンド会社に銃弾を撃ち込みました。石原は大友がやったのだと思い込みます。
木村は、嶋と小野を大友の護衛に回しました。山王会の若頭・石原が、出所した大友の命を狙うのではないかと考えたからです。
大友は2人を帰そうとしますが、直後エレベーター内で腹を撃たれました。大友が逆襲したので暗殺者は止めをさせず、嶋と小野は負傷した大友を見つけます。
嶋と小野に発見された大友は大事に至ることはありませんでしたが、仕留めずに戻って来た暗殺者は、石原に当たり散らされます。今まで石原は冷静沈着でしたが、大友が生きていたことで余裕を失いました。

【転】- アウトレイジビヨンドのあらすじ3

嶋と小野は怒って山王会に殴りこみに行きますが、捕まって袋叩きに遭った後、遺体は黒いビニール袋をかぶせられクズ鉄工場に捨てられます。
大友はヤクザの世界に戻るつもりはなかったのですが、木村の復讐心が強いのと、自分を助けた嶋と小野が殺されたことで、花菱会の盃を受けて抗争を仕掛けることにしました。チャンに言うと「気をつけろ、木村にも気をつけろと伝えてくれ」という言葉が返ってきます。
花菱会に出向いた大友は、木村と面識のある中田と会います。ところが交渉で優位に立つために中田が態度を硬化させ、大友に喧嘩を売りました。中田と大友が一触即発になり、木村は自分で自分の指を噛みちぎって場をおさめます。
花菱会の盃を正式には貰わないものの、非公式で援助を得る形になった木村は、大友と兄弟盃を交わしました。
大友と木村の2人で山王会を落とせるのではないかと考えた花菱会は、顔の割れていない何人かを出して協力させます。
木村と大友は舟木を拉致し、脅します。舟木は屈しませんでしたが、大友が舟木の子分を電気ドリルで殺害したのを見て、ある証言をしました。
その証言とは、山王会の関内の死の詳細です。関内の死の直前、舟木は加藤から場を外すよう言われていましたが、気になってひそかに残り、加藤が関内を殺害してその罪を小沢に着せたのを見ていました(この殺害の一部始終は『アウトレイジ』で描かれている)。
新体制の山王会で幹部に取り立てられたのは、加藤の弱みを握っていたからでした。
自供した舟木の言葉は電子レコーダーに録音され、花菱会の手に渡ります。
花菱会の布施会長は加藤にレコーダーを聞かせ「この録音は、若頭の石原が送って来た」と言いました(大ウソ)。石原は以前に大友を裏切った過去があるので、加藤は石原が裏切ったと思い、さらには富田を花菱会に送ったのも裏で石原が操っていたのかもと考えて、疑心暗鬼に陥ります。
山王会と花菱会が揉め始めたのを見て、片岡刑事は喜びます。暴力団同士が揉めて自滅していけば、自分の手を汚すことなく会の力を削ぐことができ、結果、自分の手柄にできるからです。
木村と大友が和解しているのを知らない石原は、大勢のボディガードを連れて木村に会いに行きます。木村が大友に恨みを持っている筈と思っていたので、上手くいけば手を組めるかもしれないと考えたわけですが、あっという間にボディガードは全滅させられ、石原は連行されます。
後ろ手に縛られて大友に会った石原は、恐れのために失禁します。
脅されて裏切った、何でもするから許してくれと命乞いする石原に、大友は「野球やろうか」と言い、石原を椅子にくくりつけバッティングセンターのピッチングマシンの前に放置しました。
顔面に速い球を何度も受けた石原は、頭部打撲で死にます。

【結】- アウトレイジビヨンドのあらすじ4

これで残るは加藤のみです。大友は木村に「加藤は俺がやる」と言いました。
古参の幹部全員に、舟木の供述内容が入ったCDが送られました。古参は「先代を殺したインチキ会長」呼ばわりし、加藤は怒って「弓引く(親を裏切る)奴は破門だ」と言いますが、全員が立ち去ります(全員が謀反を起こした)。
部下が次々に殺され、加藤は力を失いました。ここまでいくと、実質的に加藤は潰されたも同然です。
大友は木村に手柄をすべて譲り、去ります。ゆきがかり上であって、本来大友はやくざの世界に戻るつもりはありませんでした。
木村は花菱会の盃を受けて、組を作るつもりです。
花菱会の布施会長立ち会いの下、山王会と木村組の手打ち(和解)が決まりました。加藤は引退し、白山が跡目を継ぎます(誰が継ごうが花菱会も警察にとっても同じ)。
花菱会の若頭・西野は、木村に「大友と破門しろ」と求めました(大友と木村は兄弟盃を交わしている)。
花菱会は木村を捨て駒と思っており、山王会サイドはこれ以上手を出す必要はありません。これでは花菱会が力をつけただけではないかと警察上層部に言われた片岡刑事は、「山王会が木村に手を出すのを、花菱会は待っているのだ(まだ抗争は終わっていない)」と説明します。
カタギ(一般人)になった加藤にチャンと大友が近寄り、パチンコ店で腹を刺して殺しました。警察は木村組を捜索し、片岡は木村に警察のメンツのため何か提出してくれと言います。片岡はずっと自身の味方だと思っている木村は、言う通りにしました。
「大友さんの使いが来ています」というメモを受け取った木村は、片岡に焚きつけられた加藤の元部下に射殺されます。
木村の葬儀が執り行われます。ガサ入れ(捜査)の直後に木村が殺されたことを怪しむ相棒・繁田ですが、片岡刑事は「花菱が、大友がやったようにみせかけたんだろう」としらばくれます。
片岡のあまりにひどいやり口に、繁田は愛想を尽かしてその場を立ち去ります。
葬儀会場に現れた大友に会うと、片岡刑事はボディチェックをした後「持ってきますか」と銃を渡しました。銃を受け取った大友は、片岡を撃ちました。
(今作品は片岡刑事が暗躍している。最初に古参の富田に謀反を持ちかけ、それが失敗に終わると木村と大友を使おうと考える。2人を引き合わせて和解させた。
しかし大友が消極的だったので失敗したかにみえた作戦だが、嶋と小野が殺されたことで大友も立ちあがる。石原が死に加藤が会長を退いて、山王会は大幅に勢力を衰退させた。警察にとっては嬉しいこと。
欲を出した片岡は、木村を殺すことで今度は山王会と花菱会に大々的な抗争を仕向けた。葬儀会場で大友に銃を渡したのは、復讐させるため。
ところが大友にすべて看破され、片岡は「自分だけ手を汚さずに、やくざ同士を焚きつけるなんて、なめんなよバカヤロウ」みたいな感じで撃たれた。
片岡が死亡したかどうかは不明)

みんなの感想

ライターの感想

前作で、好き勝手やってた悪人たちが、ひどい目にあってスカッとしました。
特に最後、いろいろと引っ掻き回していた刑事が、打たれるところがスカッとします。ですが、代わりにまた新たに好き勝手やる悪人も出てきたため、できれば3作目でその連中が、ひどい目にあうところも見てみたいです。
北野映画だからどんな内容でも出たいという俳優も多いらしく、豪華俳優陣が揃っており、そういった面子のあまりやり慣れていないヤクザ役も面白かったです。

ライターの感想

『アウトレイジ』より5年後を描いた今作品。前作は「グロいシーンてんこもり」だったが、今作品は色彩を変えて「腹の探り合い」「裏での陰謀」に重きを置いている。
ぱっと見は判りにくいのだが、今回圧倒的に悪いのは片岡。あちこちに不安の種を仕込み、吹聴し、翻弄させる役割を担う。
大友が片岡を撃つシーンで唐突に終わった感があるかもしれないが、非常に美しいラストだと思う。これ以上語ることはない。
ここで止めることで、無駄を取り除いた簡潔的な作品に仕上がっている。
片岡は撃たれる前に「えっ」と小さく呟く。撃たれるとは思ってもみなかった反応、これもすばらしい。

映画の感想を投稿する

映画「アウトレイジビヨンド」の商品はこちら