「アサシン暗殺者」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

アサシン 暗・殺・者の紹介:1993年公開。死刑囚の少女が政府の工作員となる姿を描いた作品。フランス映画「ニキータ」のハリウッドリメイク版。監督は「ハード・ウェイ」のジョン・バダム。音楽は「ライオン・キング」のハンス・ジマー。主演は「ルームメイト」のブリジット・フォンダ。脇を固めるのは「奇跡の人」の大女優アン・バンクロフトや「レザボア・ドッグス」のハーヴェイ・カイテルら。

この映画を無料で観る

予告動画

アサシン暗殺者の主な出演者

マギー(ブリジット・フォンダ)、ボブ(ガブリエル・バーン)、J・P(ダーモット・マローニー)、アマンダ(アン・バンクロフト)、ビクター(ハーヴェイ・カイテル)、カウフマン(ミゲル・フェラー)、ファハド・バフティヤール(リチャード・ロマナス)、アンジェラ(オリヴィア・ダボ)、薬局の店主(ジェフリー・ルイス)、ビッグ・スタン(マイケル・ラパポート)、ウェイター(ジョン・バダム)

アサシン暗殺者のネタバレあらすじ

【起】- アサシン暗殺者のあらすじ1

マギーは、友人らと麻薬が欲しくて、薬局を襲います。店主に気づかれて警察を呼ばれます。
警察との銃撃戦の末、マギー以外は射殺されます。マギーが銃を持って隠れていると、警官が寄ってきたので撃ち殺します。
マギーは死刑となり、椅子に縛り付けられて薬を注射されます。目を覚ますとベッドの上でした。
目の前にいるのは、政府の組織で働くボブです。彼から死亡したことになっていると聞かされます。
生きていたいなら、工作員として働くように提案されます。マギーが考えたいと言うので、ボブは一時間待つことにします。
ボブが改めて訪ねると、マギーの姿がありません。隠れていたマギーに一撃くらわされて、銃を奪われてしまいます。
マギーは銃を持ちながら、ボブを人質にして逃げようとします。しかし、護衛に照準を合わせられて、マギーは銃を置くことにします。ボブはマギーの足に一発鉛玉を撃ち込みます。
マギーは、好きなニーナ・シモンの音楽など欲しいもののリストと引き換えに、訓練を受けることを承知します。 この映画を無料で観る

【承】- アサシン暗殺者のあらすじ2

それから訓練の日々が続いて、ボブは成績優秀なマギーを褒めます。もうじき誕生日ということもあって、マギーは外出許可を求めます。
しかし、ボブは駄目だと言います。反抗したマギーは、訓練を真面目にしなくなります。ボブは、上司のカウフマンから半年でものにならなければ、マギーを殺すと言われてしまいます。
マギーにバースデーケーキをプレゼントしたボブは、真面目にしなければ殺されることを話します。それからマギーは真面目に訓練を始めます。
そして卒業することができて、ボブから現金や新たな名前の「クローディア」を言い渡されます。コードネームは「ニーナ」です。
旅行好きなセールスマンとしてマギーは、新たな街へとやってきます。ここに住むためにアパートを探します。
丁度、空き部屋を案内するJ.Pが看板を出していました。彼に案内されながら、マギーは景色がいいこともあって、その部屋に住むことを決めます。
食料を買いにスーパーに行ったマギーは、どれを買ったら良いか分かりません。お客が買ってるのを真似して、品物を選びます。
そこでJ.Pと再び出会って、一緒に食事をすることにします。盛り上がって、マギーとJ.Pは結ばれます。
それからは、一緒に部屋を改築したりと幸せな日々が続きます。そんな時、一本の電話が入ります。任務の開始です。

【転】- アサシン暗殺者のあらすじ3

任務内容は、従業員の振りをしてホテルの部屋にルームサービスの食事を届けることでした。直ぐに終わって、あっけないものでした。しかし、帰ろうとすると部屋が爆発します。
ボブがやってきて、マギーにJ.Pのことを聞きます。詳しく知らなければならないと、ボブは夕食に招待するように言ってきます。
J.Pは、マギーが友人や家族を連れてこないことから不思議に思っていました。彼女は過去の話しもしません。
叔父と名乗ったボブがきて、J.Pは喜びます。しかし、ボブの年齢を聞いて怪しみます。ボブは、マギーの過去の話しを作ってJ.Pに語ります。
そして、ボブは二人に謝肉祭の旅行チケットを2枚プレゼントします。二人は喜んで向かいます。
そしてホテルに帰りますが、マギーに一本の電話が入ります。次の任務の開始となります。
ホテルの窓から、外に停車している車に乗ってくる女性を撃ち殺します。その間、J.Pはマギーにプロポーズしていました。マギーは何も答えず、泣き崩れていました。
マギーはボブに激怒します。この仕事から足を洗いたいと話しますが、ボブは無理だと言います。
次の任務として、アラブに核の情報を売ってる男の資料を渡されます。しかし、彼女はゴミ箱に捨ててしまいます。
家に帰ると、裏口からボブがやってきて資料を渡してきます。任務が成功すれば、足を洗えるよう力を貸すと言ってくれます。

【結】- アサシン暗殺者のあらすじ4

マギーは、標的の愛人に化けるため、ビデオで身振り素振りをチェックします。そして、美容師になりすまして、標的の愛人に同僚と近づきます。
飲み物で眠らせようとしますが、失敗してしまいます。殺そうとしたところをボディーガードに見つかって銃撃戦となります。
同僚は腕を撃たれて、ミスを犯した事を報告します。掃除人のヴィクターがやってきて、死体を始末していきます。同僚はヴィクターに殺され、マギーは任務を続行します。
標的の屋敷へ潜入して、コンピューターのデータをディスクに収めます。コンピューターを破壊して、標的を始末しようとしますが、マギーはできませんでした。
すると標的が反抗してきて、マギーは彼をぶん殴ります。ヴィクターの車に乗って逃走します。
しかし、カウフマンは任務が終わり次第、マギーを始末するようにヴィクターに言っていました。ボブが助けに向かいます。
車内で、マギーとヴィクターは戦い始めます。車と共にヴィクターは崖から落ちていきます。
マギーは、J.Pにディスクとボブへの手紙を渡して出て行きます。駆け付けたボブに、J.Pはディスクを渡して、手紙を破り捨てたことを話します。
マギーが歩いて行く姿を見ながら、ボブはマギーがヴィクターと共に死んだことを報告してエンディングです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画では、最後にマギーが出て行って、ボブがJ.Pと話す場面があります。ボブがマギーを愛してることを告白して、J.Pが寂しくなるなと答える場面が切なくて印象的です。
また、その後にボブがマギーを発見しながらも、彼女を追いかけずに死んだことを報告する場面があります。このハードボイルドで優しいボブの行動が目に焼き付きます。
これらの場面など、音楽を担当したハンス・ジマーが良い働きをしていると思います。あらゆる面から、場を盛り上げていく選曲がたまりません。
今作では、マギー役のブリジット・フォンダ、ボブ役のガブリエル・バーンが良い演技をしています。更に脇を固める出演者達の演技が冴えわたります。
大女優として名高いアン・バンクロフトもそうですが、ヴィクター役のハーヴェイ・カイテルの威圧感が凄まじかったです。まさに掃除人と言わんばかりの演技に恐怖を感じます。
最後まで見終わって、とても面白かったのでオリジナル版も見てみたいと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「アサシン暗殺者」の商品はこちら