「アジョシ」のネタバレあらすじ結末

アジョシの紹介:2010年制作の韓国映画。ある出来事で心に傷を負った元特殊部隊員の男が、唯一心を許していた少女を救うために犯罪組織との戦いに挑むストーリー。ウォンビン初単独主演作品。「アジョシ」とは「おじさん」という意味。

予告動画

アジョシの主な出演者

チャ・テシク(ウォンビン)、ソミ・ヒョジョン(キム・セロン)、マン・ソク〔兄〕(キム・ヒウォン)、ジョン・ソク〔弟〕(キム・ソンオ)、キム・チゴン(キム・テフン)、オ社長(ソン・ヨンチャン)、ラム・ロワン(タナヨン・ウォンタラクン)

アジョシのネタバレあらすじ

【起】- アジョシのあらすじ1

テシクは街の古いビルで質屋を営む孤独な男性です。テシクに接するのは隣の部屋の少女・ソミだけでした。ソミはテシクを「アジョシ(おじさん)」と呼び慕います。
ソミの母・パクはクラブダンサーをする麻薬中毒者で家は貧しく、ソミは時々盗み(万引き)を働きました。
ある日テシクは、通行人の鞄を盗み警察に引き渡されるソミと出くわします。ソミはテシクを父親だと指差しますが、テシクは立ち去りました。ソミに「それでも私はおじさんを嫌いにならない」と言われ、テシクは絶句します。
ある日テシクが店に戻ると見知らぬ男たちがビルを包囲しています。ソミの母・パクが犯罪組織からかすめとった麻薬を隠した鞄を質屋に入れたのです。

【承】- アジョシのあらすじ2

テシクは指示通り鞄を渡し、麻薬を見つけた男たちはソミとパクを拉致して去っていきました。テシクはソミを救おうと走って車を追いかけますが、追いつけません。
犯罪組織のボス・ソク兄弟はテシクに携帯電話を残し、ソミたちを人質にしてテシクに麻薬を運ばせ、さらにその取引現場を通報して取引相手のオ社長もろとも警察に突き出しました。
テシクが使った車には内臓を抜かれたパクの遺体が入っていました。ソク兄弟は麻薬密売のほかに、臓器売買も手がけていたのです。
逮捕されたテシクを警察が調べても、前科や麻薬歴がないばかりか、1998年から2006年までの行動記録がロックされていました。民間人ではありえません。

【転】- アジョシのあらすじ3

実はテシクは暗殺を任務とする国の情報特殊部隊の元要員でした。しかし最後の作戦で妻とお腹の子どもを殺され、テシク自身も重傷を負う事件がありました。
テシクは最愛の妻子を失って以来、これ以上愛する者を失いたくないと、敢えて孤独な生き方を選びました。しかしテシクは少女・ソミに父性にも似た愛情を抱くようになっていました。
テシクは警察官7人を倒して脱走し、僅かな手がかりをもとにソク兄弟の居場所を探ります。
ソミは複数の少女と同じ部屋に監禁されました。その一人・ミジンが家に帰れることになり、ソミはミジンにネイルアートをします。
ミジンを連れ出したラムの額の傷にソミは絆創膏を貼ってあげ、ラムは戸惑います。

【結】- アジョシのあらすじ4

テシクはソク兄弟のアジトで、オ社長とネイルアートを施した少女の臓器を抜かれた遺体を発見しました。テシクはソク兄弟の弟・ジョンを拷問します。
兄・マンに電話したテシクはソミを連れてくるよう指示し、ジョンのいる部屋を爆破しました。
マンは医師・ラムに命じソミの眼球を摘出させ、テシクに見せます。タイヤを撃たれ走行できないものの防弾ガラスの車中のマンは安心しますが、テシクは同じ場所を何度も撃ってガラスに穴を開けマンを殺します。
ソミを助けられなかったテシクは自殺しようとしますが、その時ソミが声をかけました。医師・ラムが自らの眼球をえぐって、ソミを助けたのです。
テシクはソミを強く抱きしめました。

みんなの感想

  • 匿名さんの感想

    医師・ラムと書いているが、医師はラムではない。ラムは序盤から登場している、雇われ用心棒みたいな男。
    医師が自分で眼球をえぐったのでなく、ラムが見張りとしてついていて、医師の眼球をえぐって持っていったというはず。
    ラムは序盤でテシクに恐怖し、本当に強いやつだと感じた。その後、組織の本性を知っていくうちに裏切るチャンスと、テシクとの対決を望んだ。

映画の感想を投稿する

映画「アジョシ」の商品はこちら