「アドレナリン」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

アドレナリンの紹介:2006年公開。アドレナリンを出し続けなければ死ぬ毒を盛られた主人公が、様々な方法でアドレナリンを出しながら復讐を行う姿を描いた作品。アドレナリンシリーズの一作目。監督は「ゴーストライダー2」のマーク・ネヴェルダインとブライアン・テイラー。主演は「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイサムと「バタフライ・エフェクト」のエイミー・スマート。

予告動画

アドレナリンの主な出演者

シェブ・チェリオス(ジェイソン・ステイサム)、ドン・キム(キーオニー・ヤング)、イヴ(エイミー・スマート)、ケイロ(エフレン・ラミレッツ)、ドク・マイルス(ドワイト・ヨーカム)、リッキー・ヴェローナ(ホセ・パブロ・カンティーロ)、アレックス・ヴェローナ(ジェイ・エクスカーラ)、カリート(カルロス・サンス)

アドレナリンのネタバレあらすじ

【起】- アドレナリンのあらすじ1

殺し屋のチェリオスは、目を覚ますと意識が朦朧としていました。一枚のDVDを発見して再生します。
映っていたのはヴァローナで、気絶したチェリオスに猛毒を注射していました。怒ったチェリオスはテレビごとぶっ壊します。
毒を盛られた原因は、この間の仕事で香港マフィアのドン・キムを殺したことが原因のようです。しかし、本当は殺さずに逃がしたチェリオスでした。恋人のイヴのためにも、足を洗おうとしたのです。
1時間で死んでしまうと聞かされて、ヴェローナを探しに行きます。知り合いの医者のドクに留守電を入れ、仲間のケイロにヴェローナの居場所を突き止めるように頼みます。
チェリオスは、ヴェローナの仲間と思われる黒人の店に乗り込みます。どうやら彼とは関係が無い様子です。代わりにコカインを売ってもらって、吸うことにします。
コカインが効かなくて、ドクから折り返しの電話が来ます。死ぬ時間を遅らせるには、アドレナリンを出し続けるべきだとアドバイスされます。また、病院に行って、エピネフリンを注射するように指示されます。

【承】- アドレナリンのあらすじ2

チェリオスは車で暴走して警察に追われます。タクシーに乗り換えて、スーパーに強盗に入ります。栄養ドリンクなど興奮させるものを手に入れて飲んでいきます。
ボスのカリートに助けを求めます。しかし、カリートとヴェローナは手を組んでいました。
ケイロからの情報で、ヴェローナの弟のアレックスの居場所が分かります。チェリオスは店に乗り込んで、ぶっ殺します。
アレックスの携帯からヴェローナに電話すると、ヴェローナは激怒します。
病院に乗り込んだチェリオスは、エピネフリンを薬剤師に頼みます。近くにいた人から、鼻スプレーに入ってるとアドバイスされます。大量に持っていって吸うことにします。
薬剤師に警察を呼ばれてしまって、医者を人質にしてエピネフリンを手に入れます。ついでに電気ショックを与えてもらいます。
大量にエピネフリンを注射したチェリオスは、極度の興奮状態に陥ります。それでも寿命を延ばすためには仕方ありません。
白バイを襲ってバイクをいただきます。バイクの上で立って気持ちよくなっていると、客のいる店に突っ込みます。
意識を取り戻したチェリオスは、ジャージに着替えてイヴの家に向かいます。そこで意識を保つために、トースターに手を突っ込みます。

【転】- アドレナリンのあらすじ3

ヴェローナの手下がイヴを襲いにやってきます。イヴに分からないように追い払います。
チャイナタウンの店で、殺し屋だったことを話します。彼女は信じようとはしませんでした。
アドレナリンが減ってきて、生きるためにチェリオスは人前でエッチをしようとします。嫌がるイヴでしたが、興奮してノリノリになります。
多くの人の前でエッチしていると、チェリオスに電話が入ります。ケイロからの電話で、ヴェローナがキムのシャツ工場にいることを突き止めたのです。
エッチを途中止めにして、タクシーで向かうことにします。運転手からハイになれる怪しいドリンクをもらって飲みます。
シャツ工場に潜入すると、ケイロが殺されていました。追いかけてきたイヴが登場すると、ヴェローナの手下達と戦闘になります。
イヴは殺し屋であることと、毒を盛られていることを信じます。チェリオスは足を撃たれて、逃げる途中に金具店で釘を足に打ち込みます。
すると、ドクが飛行機で到着した知らせが入ります。治療してもらいますが、少しの延命ができるだけで結果は死を待つだけとなります。

【結】- アドレナリンのあらすじ4

チェリオスが望むのはただ一つです。ヴェローナに連絡して、解毒剤を交渉の種にしてホテルで会うことにします。
部屋に向かう途中で、チェリオスは幻覚を見ます。母や今まであった人物達の声が聞こえてきます。
カリートや手下達が待ち受けていて、チェリオスは銃を取り上げられます。再度、毒を注射されそうになります。
そこに助けに現れたのは、ドン・キムと手下達でした。カリート一味とドン・キム達との戦闘が開始されます。
SWATやマスコミが駆け付けます。屋上にヘリが現れて、カリートが乗り込もうとします。それを止めようとしたチェリオスの背後から、ヴェローナが再度毒を注射してきます。
ヴェローナはカリートを殺して助かろうとします。意識を取り戻したチェリオスが、ヴェローナとヘリに乗り込んで格闘戦になります。
両者はもつれながら、空高く上がったヘリから落下します。チェリオスは、ヴェローナの首を絞めて殺します。
目標を達成したチェリオスが、車の上に落下して意識不明となってエンディングです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、バイオレンスな描写と時間との戦いを面白く描いています。手が吹っ飛んだりと描写もえぐい部分があって、大人向けとなっています。
動きを止めるとアドレナリンが無くなっていき、死んでしまうかもしれない恐怖感を見る側に与えてくれます。
ジェイソン・ステイサムの生きるために暴走する姿を、迫力満点の展開で描いていて楽しめます。
セクシーな描写が多いのも今作の魅力だと思います。綺麗な女性達のセクシーシーンが所々にあって、男性諸君には嬉しい映像です。
女性の方は、ジェイソン・ステイサムのお尻がチラチラ見えたりするので、楽しめるのではないかと思います。
面白かった場面は、ジェイソン・ステイサムが鼻スプレーを吸引しまくる場面です。他にも、随所に遊び心満点の笑える場面があるので楽しめます。
最後まで見終わって、続編が見たくなる作品だと思いました。あのエンディングで、続きがあるのかと思うだけでワクワクしてきます。アクション映画として、大人が楽しめる素晴らしい作品だと思いました。

映画の感想を投稿する

映画「アドレナリン」の商品はこちら