「アレックスライダー」のネタバレあらすじ結末

アレックス・ライダーの紹介:両親を交通事故で亡くした中学生のアレックスは、叔父のイアンと家政婦のジャックと暮らしていた。しかし、突然イアンが不慮の事故死を遂げる。疑問を抱いたアレックスは叔父がスパイだったことを知る。叔父のかたきとジャックの生活のためにアレックスはスパイになることを決意する。アレックスのスパイとしての経緯、成長、覚醒を描いた作品。

予告動画

アレックスライダーの主な出演者

アレックス・ライダー(アレックス・ペティファー)、イアン・ライダー(ユアン・マクレガー)、ジャック(アリシア・シルヴァーストーン)、セイル(ミッキー・ローク)、ブラント(ビル・ナイ)、ジョーンズ夫人(ソフィー・オコネドー)、グレゴヴィッチ(ダミアン・ルイス)

アレックスライダーのネタバレあらすじ

【起】- アレックスライダーのあらすじ1

アレックスは叔父のイアンと週末過ごす約束をしていました。楽しみにしながら学校から帰り、ジャックと待っていると警察が家にやって来ます。それはイアンが帰らぬ人となった知らせでした。
葬儀には銃を持った物騒な連中が周りを警備していました。その中にはイアンの働いていた銀行の上司であるブラントとジョーンズ夫人の姿がありました。アレックスは二人から後ほど話しがあることを聞きます。
アレックスとジャックが自宅に帰ると、怪しい二人組の男がイアンの車を持って行こうとします。アレックスはマウンテンバイクで逃げる彼らを追いかけます。彼らは目的地の車屋につくと、イアンの車の解体をお願いします。
アレックスがこっそりと忍び寄ると、警備の犬が吠えてきて車の中に避難します。そのまま解体されそうになりますが、何とか脱出します。しかし、アレックスの存在がバレてしまい、数人の男達に囲まれてしまいます。

【承】- アレックスライダーのあらすじ2

ロープを使った攻撃で男達を撃退したアレックスは、車屋で見つけた一人の男が駅に行くことを聞いていました。
男を探すために駅に向かうと、葬式に参加していた一人の男を見つけます。彼を追いかけると構内にある証明写真の中に入っていきます。なんとここはスパイ活動をしている人達のアジトだったのです。
アジトに入ったアレックスにブラントとジョーンズ夫人がイアンについて真実を話します。そして彼の跡を継いでスパイになるように説得してきます。拒否するアレックスでしたが、敵を討つためとジャックの永住権をとるためにスパイになる事を決意します。
実はイアンがアレックスの趣味をうまく利用して、スパイとして重要な格闘技や山登りなどを訓練していたのでした。そのため、基礎能力がかなり高くなっていました。
それだけでは心もとないこともあり、アレックスはK部隊と呼ばれる大人達が訓練している場所へと行きます。2日ともたないほどきついと言われましたが、彼は最終日まで見事に耐えぬいて、しかも仲間達を窮地から救うまでになります。

【転】- アレックスライダーのあらすじ3

訓練から帰ってくるとブラント達から任務の指令が下ります。それはイアンが途中で失敗してしまった任務の続きでした。
実業家のセイルはストームブレイカーというコンピューターを学校に提供しようとしていました。しかし、本当の目的はウィルスをストームブレイカーに入れて大量虐殺を行うことでした。
セイルは子供の頃いじめにあっていたので復讐をしたかったのです。そしてその大量虐殺のスイッチを旧友である首相に押させたかったのです。首相には臭いといじめられたことがあったのです。この事実はアレックスが潜入して1度捕まってから分かることになります。
パソコンオタクとして表彰された子供にストームブレイカーを体験させて、イメージアップを図りたいセイル達でした。ブラント達はその子供をアレックスに変えて潜入させます。
アレックスは様々なスパイグッズを駆使しながらスパイ活動を行ってウィルスを発見しますが、最終的に捕まってしまいます。毒クラゲの水槽に入れられて絶体絶命のピンチに陥りますが、スパイグッズの溶かすグリスを使って脱出を果たします。
追手達をふりきって、ヘリに乗ることに成功します。催眠術の効果のあるスパイグッズを使って、パイロットにロンドンへ向かうように命令します。

【結】- アレックスライダーのあらすじ4

ロンドンの会場ではストームブレイカーの祝勝会が開かれていました。子供達は届いたばかりのストームブレイカーを楽しみに見ながら、学校で会場の様子を見ていました。
何も知らない首相はセイルと挨拶を交わして、ストームブレイカーの起動のスイッチを押すカウントダウンを始めます。スイッチが押される直前にアレックスが会場にパラシュートでダイブしてきます。そしてK部隊にいた友人から銃を借りてスイッチを破壊します。
セイルは会場を後にしますが、諦めていませんでした。手動でスイッチが押せるビルへと向かいます。それに気づいたアレックスはジャックと車で追いかけます。
渋滞に巻き込まれてしまって立ち往生していると、ガールフレンドのサビーナが乗馬しているのを発見します。サビーナと一緒に馬でセイルを追いかけて、ビル内の手動スイッチのケーブルを引っこ抜きます。
セイルに銃で脅されて屋上まで後退していくアレックスでした。地上に落とされそうになりますが、ケーブルを掴んで必死にこらえます。
サビーナが助けに行きますが、彼女も落ちそうになってアレックスが手でキャッチします。二人共限界がきたその時に、イアンを殺してウィルスの警備をしていたグレゴヴィッチが助けてくれます。
セイルは地上に落ちて倒しますが、グレゴヴィッチを許すことはできないアレックスでした。最後に平和になった学校で、アレックスとサビーナはスパイについて話してエンディングとなります。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「アレックスライダー」の商品はこちら