「イレイザー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

イレイザーの紹介:1996年公開のアメリカ映画。重大事件にかかわる証人を保護する証人保護プログラムを実行する、凄腕のエージェントをアーノルド・シュワルツェネッガーが演じる。

この映画を無料で観る

予告動画

イレイザーの主な出演者

ジョン・クルーガー(アーノルド・シュワルツェネッガー)、ロバート・ドゥゲラン(ジェームズ・カーン)、リー・カレン(ヴァネッサ・ウィリアムズ)、アーサー・ベラー(ジェームズ・コバーン)、ジョニー・キャステレオーネ(ロバート・パストレリ)

イレイザーのネタバレあらすじ

【起】- イレイザーのあらすじ1

ジョン・クルーガー連邦保安官は、重大な事件に関わる証人を保護する証人保護プログラムを実行する、凄腕のエージェントです。クルーガーは通称「イレイザー(〝消去〟する者)」と呼ばれていました。
全米屈指の防衛兵器会社・サイレックス社に勤務する女性・リーの保護を、クルーガーは命ぜられます。
リーは最新鋭の兵器〝EM銃(電磁砲)〟にまつわる陰謀を知って、その証拠物件の入ったディスクを盗み出してFBIに渡しました。
しかしリーはヘラルド紙の記者である友人女性・アイザックに渡すつもりで、もう1枚ひそかにディスクにコピーしていました。
クルーガーはリーの保護を開始しますが、敵の襲撃があまりに早く驚きます。 この映画を無料で観る

【承】- イレイザーのあらすじ2

また同じ頃、証人保護プログラム下に置かれた証人たちが、次々に殺される事件が発生しました。どうやら組織内部に裏切り者がいるようです。
クルーガーは、恩師・ドゥゲランと行動を共にし、湿地帯にある隠れ家に保護している証人の救出に向かいました。
そこで敵は倒したものの、証人は殺されてしまいます。実は助けたふりをして、ドゥゲランが証人を殺していました。裏切り者はドゥゲランです。
ドゥゲランは帰路のジェット機の中で、さりげなくリーの隠れ家をクルーガーに訊いたあと、クルーガーを殺そうとしました。
クルーガーはそれを察してリーに合図を送り、睡眠薬をのまされながらも脱出します。

【転】- イレイザーのあらすじ3

いざという時にリーとクルーガーは動物園で落ち合う約束をしていました。そこへドゥゲランが追ってきて銃撃戦となります。
リーを保護して逃走したクルーガーこそが裏切り者だと、ドゥゲランはベラー局長に言いました。
クルーガーはリーを連れ、以前助けた詐欺師・ジョニーの協力を仰いでサイレックス社に潜入します。
サイレックス社のコンピュータを使用してリーがコピーしたディスクを見ると、サイレックス社と国防省の次官が組み、ロシアン・マフィアのテロリストにEM銃を大量密売する陰謀が明らかになりました。しかも荷物の積み込みは今夜です。
この陰謀が実現されると、世界の軍事バランスが狂ってしまいます。

【結】- イレイザーのあらすじ4

クルーガーはジョニーの従兄弟の港湾マフィアの協力を仰ぎ、港で行われている武器の積み込みを邪魔し、敵と銃撃戦を繰り広げました。
ベラー局長を呼んだクルーガーは、内通者がドゥゲランだと教えます。テロリストを倒したクルーガーはドゥゲランを確保しました。
しかし裁判が始まるとドゥゲランや国防省次官たちは無罪を主張します。有力な証拠はなく、情勢は彼らにとって有利でした。しかもクルーガーとリーが乗る車が爆破されます。
クルーガーとリーは計画を先読みしており、車中からマンホールに入り無事でした。
クルーガーはドゥゲランたちの乗った車を踏切で停止させ、貨物列車と衝突させて〝消去〟しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「イレイザー」の商品はこちら