「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」のネタバレあらすじ結末

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の紹介:「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」から19年後に制作されたシリーズ第4作。1957年、インディは神秘的なパワーを持つとされるクリスタル・スカルをめぐってソ連(現ロシア)軍との攻防をくり広げる。2008年、米国。監督:スティーヴン・スピルバーグ、製作総指揮:ジョージ・ルーカス。第1作「レイダース 失われたアーク」から27年ぶりにマリオン(カレン・アレン)が登場する。第29回ゴールデン・ラズベリー賞の最低リメイク及び続編賞を受賞。現在第5作を制作中で、2019年に公開を予定している。主役はハリソン・フォードが続行。

この映画を無料で観る

予告動画

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国の主な出演者

インディアナ[インディ]・ジョーンズ[ヘンリー・ジョーンズJr](ハリソン・フォード)、マリオン・レイヴンウッド(カレン・アレン)、マット・ウィリアムズ(シャイア・ラブーフ)、イリーナ・スパルコ(ケイト・ブランシェット)、ジョージ・マクヘイル[マック](レイ・ウィンストン)、ハロルド・オックスリー教授[オックス](ジョン・ハート)、スタンフォース学部長(ジム・ブロードベント)、アントニン・ドフチェンコ(イゴール・ジジキン)、ロス将軍(アラン・デイル)

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のネタバレあらすじ

【起】- インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のあらすじ1

1957年、ネバダ州米軍施設“エリア51”が米軍に偽装したソ連軍に襲撃されます。
ソ連軍を率いるKGBのイリーナ・スパルコ大佐は車のトランクから拉致したインディと相棒のマックを引き出し、機密倉庫の中に保管されている10年前ロズウェルで発見された謎のミイラを捜すよう命じます。
インディはミイラの発する強い磁気を利用して見つけ出しますが、マックの裏切りに遭います。
なんとか逃げ出したインディが砂漠の中の町に辿り着くと、そこは軍が核実験のために作った無人の町で実験開始のカウントダウン放送が始まり、ギリギリで鉛製の冷蔵庫に入って助かります。
しかしFBIからマックの共犯で共産主義者だと疑われたインディは、FBIが大学の理事会へかけた圧力のため教授職を無期限休職になります。
父のヘンリー・ジョーンズ博士も前学部長のマーカス・ブロディも数年前に亡くなり、祖国に失望したインディは外国に行く決心をして列車に乗りこみます。 この映画を無料で観る

【承】- インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のあらすじ2

列車のインディにバイクに乗った青年マットが声をかけます。
マットの育ての親のオックスはインディの旧友で、半年前オックスは神秘のパワーを持つクリスタル・スカルをペルーで発見したと連絡してきた後に消息を絶ちました。
クリスタル・スカルは7千年前にアマゾン川流域に存在したと言われる黄金の都アケトー(エルドラド)から16世紀に盗まれ、これを再び元の神殿に戻した者がスカルのパワーを手にするという伝説があります。
マットの母はオックスを心配してペルーに捜しに行き、オックスと共にソ連軍に捕まりました。隙を見て逃げ出した母はマットに電話をかけ、インディに助けを求めるよう頼んだのです。
KGBの追跡を振り切り、オックスの手紙を解読したインディたちはペルーのナスカへ向かいます。
ナスカでオックスの残した手がかりをたどったインディは16世紀のスペイン探検家の墓でクリスタル・スカルを見つけますが、ソ連軍に捕まってしまいます。

【転】- インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のあらすじ3

アマゾン川流域に駐屯するソ連軍のキャンプに連れて行かれたインディはオックスに引き会わされますが、スカルを見つめすぎたオックスは気が触れていました。
超能力を研究する科学者でもあるスパルコ大佐は、インディにもスカルと対峙させて情報を引き出そうとします。
そこにマットの母親が連れて来られますが、それはマリオン・レイヴンウッドでした。インディとマリオンは「レイダース」で再会した後に婚約したのですが、結婚式の1週間前にケンカ別れしてしまったのです。
オックスからアケトーへの道を聞き出した一行はそこへ向かい、途中でインディはマリオンからマットが自分の息子だと知らされます。
軍用車を奪ったインディはジャングルでのカーチェイスの末にオックスとスカルを取り返し、マックも自分はCIAの二重スパイだと明かして一緒に逃げます。
滝から3回落ちたインディたちの前に、アケトーへの入り口が姿を現しました。

【結】- インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国のあらすじ4

インディ、マリオン、マット、オックス、マックは滝の中のアケトーへの道を進みます。
壁画に描かれた神は、スカルと同じく前後が異様に長い頭の形をしていました。
神殿の扉の仕掛けを開いたインディは、その奥で椅子に座った13体のクリスタルの骸骨が円形に並んでいるのを見ます。中央の1体には頭蓋骨がありません。
その時、スパルコたちが現れマックがインディに銃を向けます。マックはやはり裏切者だったのです。
スパルコがスカルを元に戻して「お前たちの知恵の全てを見たい」と願うと、神殿が崩れ出して空中に巨大なUFOが現れます。
ソ連兵はUFOに吸い込まれ、宇宙人の知識を吸収しようとしたスパルコはその膨大な情報量に耐えきれずに目から火を吹いて燃えつき、マックも財宝に気を取られ逃げ遅れて死にます。
インディたちは無事脱出してオックスも正気に戻り、UFOが飛び去るとアケトーは跡形もなく消えました。
インディは副学部長として大学に復帰し、教会でマリオンと結婚式を挙げました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」の商品はこちら

「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」と同じカテゴリの映画