「ウインドトーカーズ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ウインドトーカーズの紹介:2002年公開のアメリカ映画。『フェイス/オフ』のジョン・ウー監督&ニコラス・ケイジ主演のコンビが放つ、壮絶な戦争ドラマ。太平洋戦争の激戦地・サイパン島を舞台に、非情な極秘任務の陰で育まれた男たちの友情を描きだす。

予告動画

ウインドトーカーズの主な出演者

ジョー・エンダース(ニコラス・ケイジ)、ベン・ヤージ(アダム・ビーチ)、オックス・ヘンダーソン(クリスチャン・スレーター)、チャーリー・ホワイトホース(ロジャー・ウィリー)、イェルムスタッド(ピーター・ストーメア)、チック(ノア・エメリッヒ)、リタ(フランセス・オコナー)

ウインドトーカーズのネタバレあらすじ

【起】- ウインドトーカーズのあらすじ1

1943年。第二次世界大戦は激化していました。
南太平洋にあるソロモン諸島で、上官が亡くなったため、ジョー伍長は代わりに小隊を指揮することになります。
日本兵との戦いで引き際を迷ったジョーは、若い兵士たちが撤退しようと提案するにもかかわらず迷い続けました。結果、兵士たちは全滅し、ジョーだけが生き残ります。
生き残ったものの左耳に重傷を負ったジョーは、ハワイの海軍病院で治療を受けながら、失意の底にいました。
ジョーの脳裏によみがえるのは、瀕死の兵士がジョーをなじる言葉です。ジョーは日本兵への憎しみを深めました。

【承】- ウインドトーカーズのあらすじ2

一時は平衡感覚も怪しかったジョーは、治療の甲斐あって復活します。しかし左耳の聴覚は失いました。
なんとしても戦いの前線に復帰して日本兵に復讐したいジョーは、従軍看護婦・リタに聴覚テストでカンニングの協力をしてもらい、軍の試験に合格して復帰します。
復帰したジョーは海軍の第2偵察隊に配属され、イェルムスタッド隊長やオックスと出会いました。
ジョーたちに与えられた任務は、新たに作った暗号の死守です。前の暗号は日本兵に解読され、ソロモン諸島での惨敗につながりました。
新たな暗号は「風(ウインド)」を崇める「ナバホ族の暗号兵(コードトーカー)」が作ります。

【転】- ウインドトーカーズのあらすじ3

暗号兵はナバホ族のヤージとホワイトホースの2人で、ジョーはヤージと組みました。
1944年6月、第2偵察隊はサイパン島に上陸すると、日本兵と激しい戦いを繰り広げます。
ヤージにとってジョーは謎の存在でした。ナバホ族を差別しないものの心を許さないジョーが、戦地では別人のように激しく戦うのです。当初ヤージは戸惑います。
しかし死線を共にするうち、ジョーとヤージにも友情めいた感情が芽生え始めました。
その折、進軍先の日本人居住地で奇襲に遭遇したアメリカ海軍は、ホワイトホースを捕虜にとられそうになります。暗号兵を捕虜にとられるのは避けねばなりません。

【結】- ウインドトーカーズのあらすじ4

ホワイトホースを庇って戦死したオックスに対し、ジョーは秘密保守のためホワイトホースを手榴弾で殺害しました。
信頼しかけていたジョーの所業をうらんだヤージは、自暴自棄になって戦闘に参加します。
ある日、やみくもに突進するヤージを追ってジョーたちも敵陣に乗り込み、絶体絶命のピンチに追い込まれました。
殺せと頼むヤージに「もう誰も死なせない」と言ったジョーは、敵軍の無線機を奪い軍に爆撃要請を出します。
ジョーはヤージをかばって胸を撃たれ、息絶えました。
故郷に戻ったヤージは、ジョーのペンダントを高く掲げてしのび、幼い息子に「ジョーは友人だ」と話しました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ウインドトーカーズ」の商品はこちら