「エクソダス神と王」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

エクソダス:神と王の紹介:2014年制作のアメリカ映画。リドリー・スコット監督。兄弟のように育てられたモーゼとエジプト王ラムセスが、運命に翻弄されるさまを描く。「エクソダス」とは旧約聖書の一節「出エジプト記」の意味。

予告動画

エクソダス神と王の主な出演者

モーゼ(クリスチャン・ベール)、ラムセス(ジョエル・エドガートン)、セティ(ジョン・タトゥーロ)、ヨシュア(アーロン・ポール)、ヘゲップ総督(ベン・メンデルソーン)、ツィポラ(マリア・バルベルデ)、トゥーヤ(シガニー・ウィーバー)、ヌン(ベン・キングズレー)

エクソダス神と王のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①古代エジプト王国ではヘブライ人が奴隷として働いていた。モーゼは自分がヘブライ人の子と知って、兄弟同然に育った王の息子・ラムセスに追放される。 ②砂漠を歩きたどり着いた土地で結婚し子どもをもうけたモーゼは、ヘブライ人がエジプトで虐待されているのを知りエジプトへ戻る。 ③ヘブライ人を束ねたモーゼは神と意思疎通をした。エジプトには十の災いが起きる。ラムトスから追放されたヘブライ人は割れた海を通って逃げ、故郷の地へと向かった。

【起】- エクソダス神と王のあらすじ1

〝紀元前1300年。
400年もの間、ヘブライ人はエジプトで奴隷として扱われた。
エジプトの栄光である彫像や街を建設した。
彼らは祖国の地を忘れなかった。彼らの神のことも。
神も彼らを忘れはしなかった。〟
…古代エジプトでは、エジプト王のファラオが絶対的な権力で国を治めており、数多くのヘブライ人が奴隷として働いていました。
ある時、ファラオはヘブライ人の赤ん坊を殺せと命じます。預言で「ヘブライ人を自由にする(解放する)者が出現した」とされたからです。
言われたとおりにヘブライ人は赤ん坊を殺しましたが、ひとりの赤ん坊が川に流されました。それを拾ったエジプトの王女・ミリアムが、モーゼと名付け自分の「弟」と偽って育てます。
ミリアムはエジプト王・ファラオの息子・ラムセスの子守として雇われました。ミリアムは弟・モーゼを連れてラムセスの子守をしたので、ラムセスとモーゼは兄弟同然に育てられます。
ミリアムと母は黙っていましたので、モーゼはミリアムを実の姉と思っていました。
成長して青年となったラムセスとモーゼは、ヒッタイト帝国軍1万6000人とカデシュ付近で戦うことになります。預言では「戦で指導者が現れ、救った者が民を導く」と出ました。
戦に出かける前に、ラムセスにはモーゼと記した剣を、モーゼにはラムセスと記した剣をファラオが渡します。これひとつ取っても、ファラオはモーゼを信頼しわが子同然に扱っていました。
戦では窮地に陥ったラムセスをモーゼが救います。戦いに勝利した2人は帰還しましたが、占いをあまり信じないモーゼに対し、ラムセスは自分がモーゼに助けられたことを気にしていました。「救った者」=「モーゼ」で、モーゼがやがて指導者になると考えたのです。
モーゼは神を信じませんでしたが、ラムセスは神を信じて預言も重く捉えます。モーゼが気にするなと言っても駄目でした。
ファラオはそんな息子を見て、モーゼに対し「お前は息子よりもすぐれているが、自分の座を継ぐのはラムセスだ」と言います。モーゼはエジプトを継ぐ気は一切ありません。
ピトムの地で奴隷が騒動を起こしたので、総督に会いに行けとファラオはラムトスに言いました。将来に統治するのだから政治にも関心を持てと示唆します。
モーゼがピトムの地に行きました。そこでヌンという初老の男に会ったモーゼは「あなたは将軍の子ではなく、ヘブライ人の奴隷の子だ」と告げられます。その後、モーゼが出生した当時の預言でヘブライ人の男の赤子を殺せという命令が出たことや、モーゼの母が川に流したことなどを言いました。ピトムの提督がこれを盗み聞きします。

【承】- エクソダス神と王のあらすじ2

やがてファラオが死に、息子のラムセスが王位を継承しました。ピトムの提督はラムセスに密告し、ラムセスはモーゼがヘブライ人と知ります。
モーゼの姉・ミリアムを呼んで話を聞いたラムセスですが、ミリアムは実の弟だと答えました。しかしモーゼには、後でヘブライ人の印である腕輪を見せて、川で拾ったことを説明します。
モーゼは追放処分となりました。
ファラオから貰った剣だけを携え、馬で東に砂漠を移動していたモーゼに、暗殺の追っ手がかかります。ちょうど砂漠で馬が死んだ折に命を狙われたモーゼは、2人の暗殺者を剣で串刺しにした後、2頭の馬を手に入れました。
さらに東へ移動したモーゼは、ある集落を見つけて住みつきます。そこで出会った娘・ツィポラと恋に落ちたモーゼは、結婚式を挙げて羊飼いになりました。
…9年後。
モーゼと妻・ツィポラには男児・ゲルショムが生まれ、順調に成長していました。集落では近くの山を『神の山』と崇めて登るなと言われていましたが、モーゼは神の存在を信じません。
ある雨の日、神の山で羊を集めていて土砂崩れに遭遇して泥に埋まったモーゼは、青い焔と少年を見ました。その風景は現実的ではなく、さすがのモーゼも少年が神だと気づきます。
神は少年の姿をしたままで、モーゼに「戦うためには将軍が必要だ。同胞の身に何が起きているのか見に行け」と言いました。
右脚を骨折しながらも帰宅したモーゼは、傷をいやした後、ヘブライ人のところへ旅に出ると言います。妻・ツィポラはモーゼがそのまま帰って来ないのかと心配し、自分たちは捨てられるのだと感じていました。
「あなたを引き止めるためなら信仰をも捨てる」とツィポラは言いますが、モーゼは必ず帰って来ると約束して出発します。
長く旅をしてピトムの地に着いたモーゼは、面識のあるヨシュアを頼り、自分の本当の兄アロンと会いました。
ある夜、ラムセスは寝つけずに馬小屋に行き、エジプトに戻ったモーゼに剣を喉元に突きつけられます。
2人の刺客はラムセスの母・トゥーヤの仕業だとラムセスは言います。
モーゼは奴隷たちの待遇が悪化していることを指摘して「もしエジプト人として扱わないのなら、自由の身にしろ」と言いますが、ラムセスは拒否しただけでなく、奴隷たちのことを獣扱いする発言をしました。
モーゼは奴隷を獣呼ばわりしたラムセスに怒りを覚え、ラムセスもモーゼを排除すべく、みせしめでヘブライ人の家族を処刑して「モーゼを引き渡さないと明後日また殺す」と広場で言います。

【転】- エクソダス神と王のあらすじ3

モーゼはヘブライ人に戦おうと呼びかけて、戦の準備を始めました。それまで奴隷だったので戦い方を知らないヘブライ人に、モーゼは戦い方を指導します。さらに食料供給ルートを絶つことによってエジプトを追いつめる戦法も考えました。
野営地に火を仕掛け、出て来た兵たちを殺したり、船にも火のついた矢を射かけて攻撃します。しかしエジプト人は数が多いので、消耗戦には時間がかかります。
そんなモーゼの元に、再び神が少年の姿をして現れました。「今のうちは、お前は見ていろ」と言った神は、エジプトに10の災いをもたらします。
①ワニが川に大量に出現し、エジプト人たちを殺す(だけでなくワニ同士も共食いしている) → 川が血に染まる
②川が血に染まったことで魚が大量死、川に死骸が一面に浮かび田畑に入る → カエルが大量発生
③そのカエルが死ぬ、ウジが湧いて虫が湧く、水も汚れているから何もできない → ブヨが大量発生
④③と同じ、虫が湧いた → アブも大量に発生
⑤ブヨやウジやアブなども更に死ぬ、死骸でエジプトは汚染されるが、水は汚いまま → 疫病が発生
⑥疫病で死なないまでも、衛生状態が悪いので伝染する → 皮膚病、顔が腫れる
…ラムセスも、その妻・ネフェルタリも皮膚病を患いました。モーゼは肩部分に「これらの災いは神の仕業」とヘブライ語で書いた馬を派遣します。ラムセスの奴隷への扱いはひどくなりました。
最初はこの災いに感動していたモーゼでしたが、すぐ「これは誰に対しての罰なのか」と考えるようになります。その被害は人間だけでなく家畜にもおよび、エジプトでは牛や馬が続々と倒れました。
嵐がエジプトを襲います。
⑦雷と共に巨大な暗雲がたちこめる → 巨大な雹(ひょう)が降る
もうたくさんだとモーゼは嘆きますが、神の手はゆるみません。
⑧イナゴが襲来( → 作物が失われる)
飢えにあえいだエジプトの民が穀物倉を襲いますが、兵隊に殺されます。
見かねたモーゼはラムセスを訪れますが、ラムセスは「俺が神なのだ」と言い放ち、モーゼの助言を聞く耳を持ちませんでした。
本物の神と「エジプトの神だ」と言うラムセスの間に挟まれ、モーゼは苦しみます。少年の姿をした神は「ファラオは自分たちこそが神と思っている。ラムセスの軍があるかぎり手をゆるめない」と言いました。
そして本当の災いを起こすことを、神はモーゼにほのめかしました。モーゼはラムセスのところへ行き「息子を守れ、今夜は息子を守るんだぞ」と助言しますが、この言葉すらもラムセスは脅迫(暗殺するぞ)だと受け取り、まだ赤ん坊の息子を護衛します。

【結】- エクソダス神と王のあらすじ4

ヘブライ人の集落に戻ったモーゼは、皆に「子羊を殺して血を扉に塗れ」と言い、人々はその通りにしました。
その夜、エジプトに闇が到来し、さらに悲劇がエジプトを襲いました。
⑨闇が襲ってくる(本当に黒い影が忍び寄って来る) → ろうそくの炎やたいまつの火まで消える
⑩気づくと闇と共に、家々の一家の「長子」が亡くなる → いずれも突然死
赤ん坊を見張っていたラムセスは、ふと気づくと幼子が息をしていないのに気づいて号泣しました。妻・ネフェルタリはラムセスの泣き声でわが子の死を知ります。
翌日、ラムセスはモーゼらヘブライ人に対し、「これ(子どもを皆殺しにする非道な者)がお前らの神か」と狂信者扱いしますが、モーゼは「ヘブライ人の子は誰も死ななかった」と告げました。
ショックを受けたラムセスは、ヘブライ人に対して故郷の地・カナンへ帰れと言います。追放処分ですが、奴隷のヘブライ人にとっては解放宣言も同じです。
ヘブライ人たちは、南へ下って紅海へ移動し始めました。その数40万人にもおよびます。
移動するモーゼに、早馬で知らせが入りました。ラムセスが追っ手をかけたのです。兵隊は4000人で、戦車(といっても見た目は馬車)1000台でした。
モーゼは戦車が通りにくい山道を選び、紅海を目指します。
しかし紅海を渡るすべはありません。万策尽きたと思ったモーゼは剣を海に放り投げますが、この剣が海の底に刺さり、水が引き始めます。気づいたモーゼは、ヘブライ人に「海を渡る準備をしろ」と言いました。
ヘブライ人が歩いて渡り終えようとした時、ラムセス率いる軍隊がやってきます。ラムセス軍は海に進みますが、ヘブライ人たちが渡り終えた後の海は波が戻ってきて、軍隊は波にのまれました。ラムセスも、立ち向かうモーゼも水に呑まれます。
モーゼは助かりました。反対側の岸でラムトスも助かっていましたが、ラムトス軍は全滅しており、絶叫します。
海を渡ったモーゼは、妻・ツィポラと息子・ゲルショムを迎えに行きました。すっかり成長したゲルショムと抱擁を交わしたモーゼは、ツィポラにまだ信仰を捨ててないか確認し「もっと信仰が必要になるだろう」と言います。
その夜、宴を開くヘブライ人を見ながら、モーゼは十の戒めを石に刻みます。それを見た神は「指導者は迷うが、石は揺らがない」と言いました。
…何年も後、すっかり老人と化したモーゼが、石に刻んだ十戒と共にカナンへ移動していました。それを見た神は、笑って人波にまぎれました。

みんなの感想

ライターの感想

とにかく海が割れたり天災が起きたりと、その描写はすばらしい。映像も美しい。
宗教を信じる人口が少ない日本からすると、やや受け入れにくいところもあろうと思う。
モーゼといわれたら聖なる人物というイメージだが、ここでクリスチャン・ベール演じるモーゼは悩み怒り落胆し…非常に人間性あふれる描かれ方をしている。
「十戒」ということばは知っていても、中身は知らない諸氏が多かろう。「十の災い」についても同じく。
歴史が好きな方なら、楽しんで見られると思う。

映画の感想を投稿する

映画「エクソダス神と王」の商品はこちら