「エレクトラ」のネタバレあらすじ結末

エレクトラ(2005年)の紹介:2005年公開のアメリカ映画。アメリカン・コミック「チアデビル」のキャラクター、エレクトラを主役で描いた作品。エレクトラを演じるのは、2003年の映画「チアデビル」でも演じたジェニファー・ガーナー。ロウ・ボウマン監督がメガホンをとり、ストーン役で出演したボブ・サップはハリウッド映画デビューを飾った。

予告動画

エレクトラの主な出演者

エレクトラ(ジェニファー・ガーナー)、マーク・ミラー(ゴラン・ヴィシュニック)、アビー・ミラー(キルステン・プラウト)、スティック(テレンス・スタンプ)、ロシ(ケイリー=ヒロユキ・タガワ)、キリギ(ウィル・ユン・リー)、ストーン(ボブ・サップ)、タトゥー(クリス・アッカーマン)、タイフォイド(ナターシャ・マルテ)、メイズミ(ヒロ・カナガワ)

エレクトラのネタバレあらすじ

【起】- エレクトラのあらすじ1

古より、善の戦士と悪の戦士たちは戦いを繰り広げていました。悪の戦士は最も邪悪な忍術を使い、自らの集団を「ザ・ハンド」と呼んでいます。
善の戦士は「キマグレ」の道に従いました。達人は未来を予知し、死者をも蘇生することもできます。
魂をなくした伝説の戦士がいました。彼女は両戦士陣営の宝であり、最終兵器でした。
今日も依頼をこなした暗殺者エレクトラは、エージェントのマッケーブから金を受け取ります。マッケーブは新たな依頼を持ってきていました。休みをとるつもりのエレクトラでしたが、自分を名指ししていることから、依頼を受けることにします。
2日前に現地に入るように言われて、エレクトラは島にやってきます。そして家に侵入してきた女の子・アビーと出会います。彼女は島なら出入りが自由だと主張し、何も盗んでないと言います。しかし、エレクトラはネックレスを盗んでいることに気づいていました。
アビーはエレクトラが一瞬で背後に回ったことに驚いて尊敬します。警察を呼ばれると父から怒られるので、止めて欲しいとエレクトラに頼みます。
エレクトラはネックレスに血がついていた幼い頃を思い出します。ハッと目が覚めて、睡眠薬を手にとります。
エレクトラはマッケーブに標的の名前を教えるようにと連絡します。そこへアビーの父親・マークが娘を知らないかと訪ねてきます。彼はアビーと口論をしていました。
エレクトラは家に侵入したことを話しますが、何も盗んでいないと話します。マークは握手をしようとしますが、エレクトラは応じませんでした。
アビーがエレクトラの元にやってきて、クリスマスの夕食に誘いに来ます。エレクトラは拒否しますが、アビーはまた侵入すると脅してきます。

【承】- エレクトラのあらすじ2

マークとアビーと夕食を食べた後、エレクトラは家に戻ります。翌朝、マッケーブから連絡がきて、標的がマークとアビーだと分かります。
2人を抹殺するために、エレクトラは離れた場所からボーガンで狙います。しかし、2人を殺すことはできず、マッケーブには背景の情報がないからだと理由を説明します。
エレクトラは船に乗り込む怪しい男たちの姿に気づきます。夜遅く、彼らはマークとアビーの家を取り囲みます。
気づいたエレクトラは、彼らを始末していき、話しを聞こうと脅します。しかし、自害をしてしまい、砂のように塵となっていきます。
善の戦士の達人・スティックによって、エレクトラは蘇生をされました。武術の指導を頼みますが、断られてしまいました。
エレクトラは、ザ・ハンドに狙われる2人をスティックの元に連れていきます。見に覚えのないというマークでしたが、2年前に奴らによって妻を殺されたことを打ち明けます。
エレクトラはこの件から降りることにします。ザ・ハンドのキリギが忍術を使い、壁に描かれた鳥が出てきて、3人を見つけます。
エレクトラは、名前を変えて遠くに逃げるようにと、マークとアビーに指示します。キリギの忍術に気づいて、エレクトラは2人を連れて車で逃げます。
マッケーブのところに避難して、マークはアビーに正体をまだ明かさないようにと伝えます。しかし、アビーはエレクトラが唯一の友達だと信用していました。
エレクトラとアビーは「キマグレ」に従って瞑想をします。アビーがおちゃらけてきて、エレクトラが脅かします。2人は楽しそうに笑います。

【転】- エレクトラのあらすじ3

マークは縁側でエレクトラと二人きりになります。エレクトラが島に行った理由を話そうとすると、マークは気づいていたと語ります。2人は唇を交わします。
エレクトラが眠っていると、マッケーブが怪しい鷹に気づいて、窓を銃撃します。未来を予知したエレクトラは、キリギたちが迫っていることに気づきます。マッケーブは地下から果樹園に逃げるように伝え、自らは迎え撃つことにします。
キリギはマッケーブの目から、エレクトラたちが森の中に逃げたことを知ります。そしてマッケーブを始末して向かいます。
マークとアビーが隠れている中、エレクトラはキリギの仲間のストーンと戦闘になります。ストーンはエレクトラの武器のサイを折るほどの肉体をもちます。
エレクトラが木の上に逃げ込むと、ストーンは木を投げつけます。そのまま倒れていく木に乗ったエレクトラは、アビーたちを見つけたストーンに木をぶつけて倒します。
キリギの仲間のタトゥーは、体から狼を召喚して放っていました。マークとアビーに狼が襲いかかります。また、ナイフを持つメイズミも襲い掛かってきます。アビーは自らのチェーンに光りを帯びさせて倒します。
その様子を見て、エレクトラはなぜなのと驚きます。アビーが両戦士陣営の欲する「宝」だったのです。
驚いている隙に、背後からタイフォイドが近づいて、エレクトラにキスをします。エレクトラは生気を失って倒れます。
キリギも現れて、アビーがチェーンで攻撃しますが、彼には通用しませんでした。そこにスティックと善の戦士が現れて、キリギたちは退散します。

【結】- エレクトラのあらすじ4

エレクトラはしばらく休むことで復活します。アビーは5歳の頃から神童と呼ばれていて、ザ・ハンドの触手から逃れるため、マークが隠していました。
エレクトラに殺しを依頼したのはスティックでした。エレクトラが親近感を持つと考えたのです。
エレクトラは離れた場所にいるキリギに、誰にも邪魔されずに決着をつけようと提案します。そちらが負ければ、アビーを自由にすることを要求します。
キリギと戦いますが、エレクトラはやられそうになります。そこへアビーが助けにきますが、キリギには歯が立ちませんでした。エレクトラとアビーが逃げ出すと、タトゥーが蛇を召喚してきます。
蛇に捕まったアビーでしたが、エレクトラがタトゥー本体を殺して解除されます。アビーは蛇の群れから脱しますが、タイフォイドに息を吹きかけられて倒れます。
再びエレクトラは、キリギと一対一の対決となります。キリギに押されて止めを刺されそうになった時、エレクトラは隙をついてサイを腹に刺してやります。キリギは井戸の中に落ちながら、塵となっていきます。
エレクトラが念じると、タイフォイドの居場所を見つけ、サイを投げつけます。タイフォイドはサイが刺さって塵となります。
アビーを見つけたエレクトラは、生き返ってと蘇生を試みます。成功して、アビーは起き上がります。
マークはエレクトラにお礼を言います。アビーはこれで普通の生活に戻ることができます。それはエレクトラも同じです。
また会えるかとアビーに聞かれて、エレクトラはいつか会えると答えます。自分のようにはならないでと、エレクトラが外から呟きます。そんな彼女をスティックは励まします。エレクトラとスティックはお互いにお辞儀をします。エレクトラは旅立ちます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は海外の作品ですが、日本の要素が取り入れられているのが特徴的です。アクションシーンでは、鳥や狼を召喚したり、手裏剣を投げたりなど、忍術が取り入れられています。忍者好きな方にはたまらない作品であり、手裏剣も登場します。その他の武器ではサイやボーガンも登場します。
台詞には日本語が使われている場面もあり、日本語が書かれた衣装を着ている登場人物もいます。
今作の戦いは、森の中や家の中など様々な場所で展開され、背景が多く変わるのが印象的でした。忍術を取り入れた海外のアクション映画を見たい時にお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「エレクトラ」の商品はこちら