「エンドオブキングダム」のネタバレあらすじ結末

エンド・オブ・キングダムの紹介:2016年公開のアメリカ映画。ジェラルド・バトラーが最強のシークレットサービスを演じたアクション『エンド・オブ・ホワイトハウス』の続編。イギリスの首相の葬儀のためにロンドンを訪れた各国首脳がテロに遭遇し、アメリカ大統領を守るために戦うシークレットサービスの活躍が描かれる。大統領役のアーロン・エッカートらが前作に引き続き出演する。

予告動画

エンドオブキングダムの主な出演者

マイク・バニング特別捜査官(ジェラルド・バトラー)、ベンジャミン・アッシャー大統領(アーロン・エッカート)、アラン・トランブル副大統領(モーガン・フリーマン)、リン・ジェイコブス長官(アンジェラ・バセット)、エドワード・グレッグ将軍(ロバート・フォスター)、DC・メイソン次席補佐官(ジャッキー・アール・ヘイリー)、ルース・マクミラン国防長官(メリッサ・レオ)、レイ・モンロー国家安全保障局副長官(ショーン・オブライアン)、リア・バニング(ラダ・ミッチェル)、ジャクリーン・マーシャルMI6捜査官(シャーロット・ライリー)、ジョン・ランカスターMI5長官(パトリック・ケネディ)、ケビン・ハザード総監(コリン・サーモン)、レイトン・クラークソン後任首相(ガイ・ウィリアムズ)、アーミル・バルカウィ(アロン・モニ・アブトゥブール)、カムラン・バルカウィ(ワリード・ズエイター)、スルタン(マハディ・ザハビ)、ラザ(アデル・バンシェリフ)、デイヴィスSAS隊長(ブライアン・ラーキン)

エンドオブキングダムのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①イギリス首相が急逝し、国葬のため世界各国の首相がイギリスへ集まった。シークレットサービスのマイクはアメリカ大統領と共にイギリスへ行くが、ロンドン市内で次々にテロが勃発し各国の首相が殺される。 ②黒幕は武器商人・バルカウィで、2年前にドローン攻撃されたことへの復讐であった。マイクはアメリカ大統領を守りとおし、バルカウィはドローンで殺された。

【起】- エンドオブキングダムのあらすじ1

パキスタン・パンジャブ地方、ラホールの北80km。
フィリピンのホテル爆破で死者146人、負傷者231人の犠牲者を出したのは、このところ台頭している武器商人アーミル・バルカウィの仕業でした。バルカウィは世界各地でテロを行なっています。
それを突き止めたアメリカ合衆国は、バルカウィに制裁を加えることにしました。
アメリカ・ネバダ州クリープランド空軍基地にイギリス・MI6(イギリス秘密情報部)の許可がおり、ドローンによる空爆攻撃が行なわれます。
パンジャブ地方ではその日、バルカウィの親族が集まっていました。バルカウィの娘が結婚式を挙げるため、長男・カムランと次男・ラザも同席しています。
バルカウィとその息子・カムランとラザは生き残りましたが、空爆によって娘が死亡しました。バルカウィはイギリスとアメリカへ復讐を誓います…。
…2年後。
北朝鮮のホワイトハウス襲撃から2年が経過していました。その際に活躍した(『エンド・オブ・ホワイトハウス』参照)マイク・バニングは、以前のようにベンジャミン・アッシャー大統領の特別警護の、シークレット・サービスの仕事に復帰していました。
マイクの妻・リアは臨月で、出産予定日が2週間後に迫っています。シークレットサービスの黒人女性リン・ジェイコブス長官に名付け親になってもらうようマイクは頼んでいましたが、なかなかOKをもらえません。
マイクはアッシャー大統領と日課のジョギングをしながら、生まれてくる子どもの話をしました。アッシャー大統領はマイクの子どもの誕生を喜んで待っていますが、マイクは内心、複雑な思いです。
もうすぐ一児の父になるマークは、特別捜査官を辞めようと考えて、辞職願の文面を家で考えていたからです。辞めるかどうかはまだ決めておらず、辞職願を書く筆が止まっています。
その頃、ホワイトハウスにイギリスのジェームズ・ウィルソン首相が他界した知らせが入ります。首相が亡くなると国葬になるため、アメリカをはじめ各国の代表がイギリスにつどいます。
アッシャー大統領はイギリスへ渡り、マイクとリンも同行しました。アメリカはアラン・トランブル副大統領が留守を守ります。

【承】- エンドオブキングダムのあらすじ2

イギリスに各国の代表が集まり始めました。ドイツのアグネス首相、カナダのロバート首相、日本のナクシマ総理大臣、イタリアのアントニオ首相、フランスのジャック首相などが集まります。
各国の首相が集まることで、ロンドンの警視庁はその日の早朝から厳重な警戒態勢を敷いていました。
午後3時。
聖ポール大聖堂にいたカナダの首相夫妻の車が爆破されたのを皮切りに、各国の首相たちが狙われ始めます。
なんと警官隊や近衛兵の中に刺客が紛れこんでおり、各地で一斉にテロが行なわれたのです。日本の首相はタワー・ブリッジ橋を渡っている最中に爆破に巻き込まれて、川に車ごと落ちました。
聖ポール大聖堂にいた市民たちも犠牲になります。ほかにもバッキンガム宮殿、ビッグ・ベン、テムズ川のタワー・ブリッジなどが次々に爆破されます。
アメリカも攻撃を受けましたが、咄嗟にリンとマイクがアッシャー大統領を庇い、呼び出したヘリに乗り込んで災難を逃れました。
イエメン共和国・サナア。
サナアにはテロを命令したバルカウィがいました。バルカウィは息子たちをイギリスへ派遣し、テロを実行させたのです。
カムランは続いてロンドン市内を停電させました。ロンドン市内は大混乱に陥ります。
マイクやアッシャー大統領たちが乗ったヘリは狙撃され、芝生の上に落ちますが、大統領はなんとか無事でした。しかしリンがヘリの破片に胸を貫かれ、亡くなります。
バイク部隊が生死の確認にやってきたため、マイクはアッシャー大統領を連れて逃げました。
その頃、バルカウィはアメリカ大統領だけが生き延びたことを知ります。
バルカウィはインターネット上で動画を公開し、今回のテロの犯行声明を発表しました。それと同時にホワイトハウスに連絡をし、アメリカ大統領の引き渡しを要求します。
トランブル副大統領は、武器商人・バルカウィの傘下にあるダミーの会社のロンドン支社を洗いだすよう指示しました。そこがアジトになっている可能性が大だからです。

【転】- エンドオブキングダムのあらすじ3

今回のテロが時間をかけて準備されたと思ったマイクは、内通者がいる可能性を考えて、確実に信用できる相手に頼ろうとします。
アッシャー大統領を連れてチャリングクロス駅に入ると、一見すると警官の格好をしているものの、警官以上の武器装備をしている相手を捕まえて武器を奪いました。
午後6時。
亡くなったイギリスのウィルソン首相の死因が他殺と判明しました。麻酔に毒が入っており、首相を診た医者も死体で発見されます。
ロンドンの警視庁は市街から警官隊を引き上げさせました。これにより、残った者がテロリストだと分かり、それを軍隊で叩くという作戦を立てます。
マイクはアッシャー大統領を、信頼できるMI6の女性諜報員ジャクリーン・マーシャルの隠れ家に連れて行きました。途中、衛星画像でトランブル副大統領に、それを知らせる暗号を送ります。
衛星画像を見たトランブル副大統領は、アッシャー大統領の生存を確認し、ほっとしました。
ジャクリーン宅へ行ったマイクは、今回のテロの黒幕がバルカウィだと知らされます。ジャクリーンは、テロリストがCCTVシステム(監視カメラ)に侵入していることを指摘し、内部にバルカウィに通じる者がいると考えました。
それを裏付けるかのように、ジャクリーン宅へすぐ刺客が送られます。
午後7時半。
マイクは大統領に運転を任せて、ジャクリーン宅から逃げ出しました。
銃撃は避けましたが、左横からぶつかってきたトラックに接触され、大統領が連れ去られます。
彼らの狙いは、公開処刑です。インターネット上でアメリカ大統領を処刑して、それを流すのが目的でした。
その頃アメリカでは、バルカウィ傘下の子会社で、1つだけ通信パターンが異なるものを見つけ出し、そこがアジトだと見抜きます。
MI6の命令によりSAS(イギリス特殊空挺部隊)が出動しました。

【結】- エンドオブキングダムのあらすじ4

SASのデイヴィス隊長と合流したマイクは、アジトへ侵入しました。3階建ての建物の2階に、バルカウィの息子たちがいると見当をつけます。
午後7時50分。
マイクは建物に停電を起こしました。停電するとインターネットで公開処刑の様子を送信できないので、処刑までの時間を遅らせることができます。
自家発電に切り替えるまでの間に、マイクは建物に侵入しました。
午後8時になると共に、カムランとアッシャー大統領がカメラに映しだされました。その様子は動画配信されています。
カムランは大統領の首にマチェーテ(戦闘用の巨大ナイフ)を当て、公開処刑の様子を実況中継しようとしました。そこへマイクが乱入し、銃撃戦が開始されます。カメラは倒れ、見えなくなりました。
マイクは大統領をかばって救い出しました。
その直後、SASによってガス管が爆破され、SASが突入します。マイクと大統領はエレベーターの空間に隠れて無事に救出されました。
ホワイトハウスでは、大統領生存の一報に沸き立ちます。
マイクはバルカウィの残党の手がかりになる無線を、SASのデイヴィス隊長に渡しました。
裏切り者はMI5(イギリス保安局)のジョン・ランカスター長官だったことが判明します。CCTVシステムにログが残っており、ばればれでした。
ランカスター長官は、ジャクリーンに暗殺されます。
ところで、バルカウィの息子たちはアジト爆破で死にましたが、バルカウィ自体はまだ生きています。
トランブル副大統領はバルカウィに電話をかけました。「この戦争は終わらない」と告げるバルカウィに対し、再びドローン攻撃を仕掛けます。
今回はバルカウィのいる建物をきちんと把握して攻撃したため、バルカウィは死にました。
…2週間後。
イギリスはクラークソン氏が後任として首相に就任します。
マイクと妻・リアの間には娘が生まれていました。シークレットサービスの尊敬する女性上司の名をもらい、リンと名付けました。
引退を考えていたマイクでしたが、イギリスのクラークソン首相のテレビ演説を見て、退職願を削除しました。

みんなの感想

ライターの感想

アクション満載。しかも迫力満点。無駄がない。
ストーリー上は、多少やむをえないのかもしれないが…(アメリカ映画なので仕方ないよね)イギリスの警察と軍隊が使えない…(笑)。
一斉にテロが勃発するシーンがド派手なんだが、これひとつとっても、客観的にみれば「こんなにたくさんのテロリストが潜入できるわけがない」と思ってしまう。
そういう意味ではリアリティに欠けるが、アクションとしては非常に優れていると思う。

映画の感想を投稿する

映画「エンドオブキングダム」の商品はこちら