「エージェントウルトラ」のネタバレあらすじ結末

エージェント・ウルトラの紹介:2016年1月公開のアメリカ映画。向精神薬によって一般市民をスパイに改造しようとする、CIAが実際に行っていたマインドコントロール・プログラムを題材にしたアクション・コメディ。ジェシー・アイゼンバーグがある日突然、エリート・スパイとして覚醒する田舎のコンビニバイト青年に、クリステン・スチュワートがその恋人役を演じる。

この映画を無料で観る

予告動画

エージェントウルトラの主な出演者

マイク・ハウエル(ジェシー・アイゼンバーグ)、フィービー・ラーソン(クリステン・スチュワート)、エイドリアン・イェーツ(トファー・グレイス)、ヴィクトリア・ラセター(コニー・ブリットン)、ラファ(ウォルトン・ゴギンズ)、ローズ(ジョン・レグイザモ)、クルーガー(ビル・プルマン)、ピーティー・ダグラス(トニー・ヘイル)、ワッツ保安官(スチュアート・グリアー)、オーティス(マイケル・パパジョン)、クレイン(モニーク・ガンダートン)、ビードル(ナッシュ・エドガートン)

エージェントウルトラのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①さえないコンビニ店員・マイクは、恋人・フィービーにプロポーズしようか悩んでいた。ダメ男の自分は立派なフィービーに似つかわしくないのでは…マイクの悩みなのだ。ある日謎の初老女性が接触した後、マイクは自分でもびっくりするくらいナイスな殺し屋になっていた。 ②実はマイクはCIAのスーパー・エージェントの実験台だったのだが、実験自体が中止に追い込まれたため、記憶を消されていたのだった。ドジなのは記憶を消されて新たに植え付けられた設定だから。 ③フィービーの愛が本物だと知ったマイクはプロポーズし、後日、マイクとフィービーはコンビを組んでCIAのスパイとして働いた。

【起】- エージェントウルトラのあらすじ1

手錠をはめられたマイクは、留置所で貧乏ゆすりをしていました。調査官が向かい側に座り、マジックミラーで別の上司・クルーガーも監視しています。
マイクがこんな場所に座る羽目になったのは、思い起こせば…ちりとり、スプーン、カップヌードル、クマ、フライパン、炎、サル、プロポーズ…何から始まった?
そう自問するマイクの事の発端は、3日前に遡ります。
…3日前。アメリカ、ウェストバージニア州リマン。
マイク・ハウエルはリマンの田舎でコンビニ店員をする、さえない青年です。
赤毛の恋人の女性フィービー・セルバーグと同棲していますが、マイクはフィービーを自分にはもったいないと思っています。
それでも長く交際しているフィービーにプロポーズしたいと思ったマイクは、指輪を購入し、旅行先のハワイ・オアフ島でプロポーズするつもりでした。
2人で旅行の支度をしますが、マイクは飛行機に乗れませんでした。怖いのです。トイレにこもったマイクは搭乗予定の便に乗れず、フィービーと共に車で帰宅しました。
なぜか分からないのですが、昔からマイクは町を出ようとすると、パニック発作を起こしてしまうのです。チキンな自分を反省しつつ帰宅したマイクは、フィービーにあきれられただろうと考えます。
帰宅してご機嫌取りにオムレツを作っていたマイクですが、レコードをかけてうっとりしながら指輪を見て「このタイミングでプロポーズもいいかも」と考えていると、オムレツを焦がしてしまいました。
オムレツが焦げているのに気づいたフィービーがフライパンで火傷をし、またもやマイクは自己嫌悪に陥ります。
コンビニに出勤したマイクは、丁寧に店内を掃除して商品を補充した後、レジで客を待つ仕事の合間に、『サルのアポロの冒険』のマンガを描いていました。これはマイクが考えた話で、アドベンチャーものです。
その日は深夜勤務なので、客が殆ど来ずに、マイクはゆっくりマンガを描きました。
…CIA(アメリカ中央情報局)本部、バージニア州ラングレー。
マイク自身は全く知らないことですが、実はマイクは監視衛星で常に監視されていました。
というのも、トップ・シークレットですが、CIAでは過去に通称〝ワイズマン〟というスーパー・エージェントを作る計画を立てていたのです。
CIAでは軽犯罪で3回目に逮捕された若者を対象に、実験台になるチャンスを与えました。マイクもそのひとりです。
マイクは成功しましたが、実験台になった者全員が精神を病み、計画は中止に追い込まれました。
マイクはじめ全員の記憶を消し、新たな人生をCIAは提供したのです。マイクに与えられた新設定は「ドジなヤク中毒」というものでした。
記憶を消されたのでマイクは全く知りません。
計画を遂行した初老女性ヴィクトリア・ラセターは降格し、ヴィクトリアの助手だった男性ピーティー・ダグラスも担当から外れました。
代わりにCIAで力をつけたのはエイドリアン・イェーツという男性でした。イェーツはCIAの過去の汚点である〝ワイズマン〟を始末しようと、マイクの元に暗殺者、通称〝タフガイ〟を送りこみます。

【承】- エージェントウルトラのあらすじ2

匿名の電話(後に正体が明らかに)でイェーツのたくらみを知ったヴィクトリアは、マイクを殺さないようイェーツに直訴します。
しかしイェーツは計画の実行を告げ「君は手出しできない」と言い放ちました。
それでもマイクを殺したくないヴィクトリアは、直接マイクに会いに行こうと思います。
その日、マイクは出勤間際に男友達のローズに会い、花火を大量に購入しました。プロポーズの演出のためです。
出勤したマイクがコンビニでいつものように仕事をしていると、初老女性のサングラスをかけたヴィクトリアが店内に入って来て、買い物をする振りをしながら、マイクに話しかけました。
「戦車は進む。マンデルブロ集合が動く。コーラスは破られ、ボールを受け止める」
ヴィクトリアは大真面目な顔で言ったのですが、マイクからすると「はて、なんのこっちゃ」な言葉です。ヴィクトリアは何度か「マンデルブロ集合が動く」と呟いた後、「ごめんね、努力したのよ」と言って立ち去りました。
おかしなおばさんが来たなあ程度でスルーしたマイクですが、休憩時間にカップヌードルを作ってふと外を見ると、自分の車に悪さをしている男2人を見つけます。
ヌードルとスプーンを持って(スプーンで食べるつもりだったのか!?)外に出たマイクが男2人に声をかけると、2人組はナイフと銃を出してマイクを襲おうとしました。
その瞬間、マイクは『覚醒』しました(ヴィクトリアが話した言葉は、マイクを覚醒させるための合言葉だった)。ナイフを持つ男の顔に熱湯入りのヌードルをかけると、銃を持つ男の首にスプーンを突きたててすばやく銃を奪い、銃で2人を射殺します。
反射的にやってのけたマイクは、自分でもびっくりです。動転したマイクはフィービーに電話をし、フィービーが駆け付けて驚きます。マイクは「スプーンで刺したら死んだ」と訴えました。
その頃CIAのイェーツにはすぐ結果が知らされました。凶器がスプーンと知ったイェーツは、マイクの覚醒を知ります。
マイクとフィービーのところへ保安官の車がやってきて、2人は拘留されました。イェーツは保安官事務所に2人の刺客・クレインとラファを派遣することにします。
フィービーはマイクに、コンビニにやってきた初老の女性がなんと喋ったか質問し、マイクは「確か…マンデルブロ集合が動く。コーラスは破られる」と答えますが、自分でも驚きでした。94分前の記憶がちゃんと残っていることに(マイクは物忘れが激しいらしい)。
今までドジを踏んで何度か保安官の世話になったマイクですが、根は凶悪ではないことを知るワッツ保安官は何かの間違いだろうと思い「殺してないと言え」と言います。
しかしマイクに事情聴取をしている間に保安官事務所が停電になったと思うと、無線やネット、電話も不通になり、2人の人物が事務所を襲いました。
女のクレインがマシンガンを連射して保安官室を急襲し、男のラファがマイクに襲いかかりました。マイクはかけられた手錠でラファの前歯を折り、逃げ出します。

【転】- エージェントウルトラのあらすじ3

建物を出たところでクレインがマイクに手榴弾を投げますが、マイクはすかさず投げ返しました。保安官事務所は爆破されます。
ヴィクトリアはイェーツに電話して、マイクが覚醒したと知りました。元助手のダグラスにもマイクの覚醒を知らせ、武器の調達が必要だと言います。
ローズの家に逃げたマイクはフィービーと揉めます。フィービーは家に帰ろうと言いましたが、コンビニ前に停めたマイクの車が爆発したので、2人は歩いてローズの家まで行きました。
歩いて移動する道中、マイクはフィービーに「アナフィラキシーショックかも」と言います。通った学校など過去のことが思い出せないからです。また、自分は実はサイボーグで、殺人空手プログラムなどがインストールされているのかも、と思っていました。
同じ頃、イェーツは通称〝タフガイ〟という人間凶器の軍隊を連れ、車で移動していました。
ローズの家に行くと、ローズはニュースを見て怯えています。なんでも、ウィルスに感染したサルが逃げたそうで、そのウィルスはアンドロメダ病原体と同じようなスーパーチフス菌だそうです。
マイクはローズに手錠を外してもらいます。
ローズの店には黒人男性(肥満)ビッグ・ハロルドと黒人男性(スリム)クレイジンが遊びに来ていました。クレイジンとマイクはネットゲームで知り合いで、意気投合します。
テレビニュースに、保菌者として初老女性・ヴィクトリアとマイクが指名手配されました。
感染を恐れたローズですが、それでもマイクとフィービーを地下室に匿ってくれます。
イェーツはローズの家にニュートンとラファとバーボンの3人の刺客を送り、さらにライオフロキシンを使用すると決めました。今度は失敗しないよう万全を期します。
ローズの家が急襲され、ローズらは倒されます。何が起きたのか探るためにフィービーが1階にあがり、ライオフロキシンが散布され始めたのを知って、ガスマスクをつけて地下室に戻り、ガスを吸ったマイクを連れて脱出しました。
ガスで朦朧としたマイクは過去のCIAの作戦を少し思い出します。
「ライオフロキシンは感覚が麻痺するガスで、寝たら死ぬ」と言って必死で起こそうとするフィービーに、起きたマイクは「なぜガスの名を知っているのか」と詰め寄りました。
フィービーは5年前に任命されたマイクの担当者で、CIAの局員でした。元々はマイクを監視する役目で恋人を演じていましたが、本当にマイクのことを好きになったので、CIAを辞めていまでもマイクの傍にいると言いました。
今までダメでドジな自分に、なぜよくできた女性・フィービーがついているのかと思っていましたから、マイクは仕事だと知って納得します。フィービーは必死でそれを否定しました。
マイクとフィービーが車中で揉めていると、別の車に追突され、車は橋から転落します。ラファがフィービーを生け捕りにすると、車にガソリンを撒いて火をつけました。
マイクは間一髪のところで、ヴィクトリアに助けられました。 この映画を無料で観る

【結】- エージェントウルトラのあらすじ4

ヴィクトリアはマイクがスーパー・エージェントの実験台になったことや、精神を病んだため実験が中止になって、記憶を消されて新たな人生を与えられたことなどを説明します。
そしてフィービーはマイクを愛したためにCIAを捨ててマイクの傍にいることを決めた…そう言いました。フィービーの言ったことが本当だと知ったマイクは、フィービー奪還に燃えます。
その頃フィービーはイェーツのところへ連れて行かれ、CIAを辞めたことを責められていました。イェーツはマイクがまだ生きていることを知り、ミサイル搭載のドローン(無人機)を派遣してリマンの町ごと爆破する作戦を決めます。
命令されたダグラスは指示通りにドローンを飛ばしますが、本当に実行すべきか悩みました。
マイクはヴィクトリアを連れて家に戻りますが、そこにも殺し屋が現れます。クマのぬいぐるみ越しにヴィクトリアは殺し屋を撃ち、マイクは台所で、フライパンを上に投げて弾を反射させて敵・オーティスを撃ちます。
自宅に電話がありマイクが取ると、電話の主はイェーツでした。イェーツはフィービーを引き渡すから休戦協定をしよう、『マックス』に来いと言います。もちろん嘘です。
ホームセンターの『マックス』に行ったマイクは、花火で攻撃しながら車で突入しました。イェーツらは店の中に入り、マイクもそれを追って店内放送でフィービーに愛の告白をします。
銃を持つ相手に、ホームセンターにある売り物を武器にして戦ったマイクは、イェーツとラファ以外の者を倒しました。イェーツはフィービーと殴り合いになりますが、ヴィクトリアが背後から首を絞め加勢に回ります。
マイクはラファと戦いますが「俺も改造された。マイクが羨ましい」と言ったラファに、マイクは戦闘意欲を失いました。フィービーが来て、帰ろうとマイクに言います。
店外は狙撃部隊に囲まれていました。部隊に囲まれる中でマイクは指輪を出してフィービーに渡します。笑い合った2人は部隊に結婚の報告をしますが、発射式のスタンガンで撃たれて気絶しました。
ヴィクトリアとイェーツは上層部のクルーガーに呼び出されました。そこでヴィクトリアは、自分に密告したのは他ならぬクルーガーだったと知ります。
マイクが覚醒してしまったのは仕方のないことなので、あとは低予算でマイクを活用できるプログラムのメリットを、イェーツがクルーガーに訴えました。
ヴィクトリアも17人の〝タフガイ〟をマイクがたった1人で倒したことを主張し、マイクの有能ぶりをアピールします。
クルーガーはマジックミラー越しに留置所にいるマイクを見て(これがオープニング映像)、ある決断をしました。
…半年後。フィリピン・マニラ。
マイクとフィービーはヴィクトリアの指揮の下、潜入捜査にかかっていました。マイクがおとりになり、わざと捕まります。
敵であるダ・ウェイ・ラオに拷問されたマイクは「自分が中国語を喋れるとは思わなかった」と言って、その場にあるもので反撃を開始しました。武器なしで潜入し、相手先を壊滅させるスパイとして活躍しているようです。
(エンドロール)マイクが描いたサルのアポロのイラスト。

みんなの感想

ライターの感想

コメディなのかアクションなのか悩む一品。アクションコメディか(笑)。
覚醒した後もなにかと「ゆる~い」主人公。これがいちばん笑った。頼りにならないし…。いえ、戦闘力は抜群なんだけど、自分の気持ちがついていけてなさそう。
笑いだけに走っているわけじゃなくて、アクションはちゃんとしてます。
予告にあるかな。スプーンで倒した後、自分でもうろたえてしまっているマイクのシーン。
こんな感じのアクションが最後のホームセンターのところでも展開されてます。
続編は作らないのかな。作ってほしいな。

映画の感想を投稿する

映画「エージェントウルトラ」の商品はこちら