「キックオーバー」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

キック・オーバーの紹介:2012年公開。大金を強奪した男が、無法地帯の刑務所に収容されて脱獄を図る姿を描いた作品。主演は「マッドマックス」のメル・ギブソン。彼は脚本・制作にも参加。マフィアから大金を強奪したドライバーと呼ばれる男が、メキシコ国境に向かって逃亡を図る。しかしメキシコに入って逮捕されてしまい、大金は汚職警官に奪われる。収監された刑務所は世界的に悪名高い。果たして彼は大金を取り戻して脱獄できるのだろうか。

予告動画

キックオーバーの主な出演者

ドライバー(メル・ギブソン)、ハビ(ダニエル・ヒメネス・カチョ)、キッド(ケビン・ヘルナンデス)、キッドの母(ロレス・ヘレディア)、フランク(ピーター・ストーメア)

キックオーバーのネタバレあらすじ

【起】- キックオーバーのあらすじ1

ピエロの姿をしたドライバーと呼ばれる男がマフィアから大金を強奪します。逃亡を図るとパトカーに追われます。
相棒の男は撃たれていて間もなく死亡します。メキシコ国境を走り抜け、ジャンプして入り込みます。
しかし、メキシコ警察も国境側から追いつめていてドライバーは捕まります。収容されたのは世界でも悪名高い刑務所です。
大金は汚職警官の二人に奪われてしまいます。刑務所ではハビと名乗る男が取り仕切っていて、銃や麻薬が流行っています。また、金さえあれば住居を持つこともできます。
ドライバーは早速、靴をよこせと脅されます。その男がトイレに行った隙に、得意の盗みの業を使って金を盗みます。
そして銃も盗んでトイレの上に隠します。彼が身に着けていたロレックスの時計も奪います。
囚人の務めとして、ドライバーはゴミを分ける仕事をさせられます。昼ご飯前に男達と看護師がやってきて、血液を採血されてしまいます。
ここでの地位を高めるためにドライバーは周囲を観察します。取り仕切ってるハビとその兄、彼の従弟を発見します。

【承】- キックオーバーのあらすじ2

ドライバーは麻薬を取引している場所に、ガソリンを少しずつ道に撒いて行きます。火をつけて周囲が混乱します。その隙に大金を奪います。
知らぬふりをしていると、キッドという子供がタバコを要求してきます。彼はドライバーの悪事を見ていたのです。ハビ達や刑務所についての情報をキッドから聞き出します。
タバコがバレてしまって母に怒られるキッドでした。ドライバーについて調べる捜査官が現れます。指紋などデータが何もない事から、捜査官は調べ上げると宣戦布告してきます。
その後、ドライバーはハビの従弟が不動産業をしている事に気づきます。そしてベッドだけの住居を紹介してもらいます。
夜になって、キッドの母がハビの仕事をしているのを見かけます。優雅に過ごせる囚人達の存在に気づきます。
ある日、キッドが子供達に苛められていました。キッドは特別待遇されていてハビ達が助けます。
悔しいキッドはハビを殺そうと尖った物で襲い掛かろうとします。しかし、それでは殺せないとドライバーが止めます。
キッドの父親はハビに殺されていました。ハビの肝臓はキッドの父親のものだったのです。次に移植されるのはキッドでした。

【転】- キックオーバーのあらすじ3

どうやらハビに適合する肝臓は珍しくてキッドだけなのです。ドライバーが採血されたのは、適合するか調べていたのです。
元狙撃手のドライバーはキッドと協力してハビ達の会話を盗み聞きます。その頃、大金を奪われたマフィアのボス、フランクの手下がドライバーの車を調べていました。
捜査官と鉢合わせになります。捜査官は金を見返りに、フランクの手下にドライバーの居所や警官について教えます。
汚職警官の二人がドライバーに面会を求めてきます。どうやら逮捕時にいた警官達が拷問されて殺されたのです。
ドライバーは汚職警官に逃げるように勧めます。そしてキッドと協力して、ロレックスの時計を餌に作戦を決行します。
時計を盗まれた男はハビの従弟とつるんでいました。キッドが持っている時計を餌に二人を引き離します。その隙にぶつかったフリをして、ドライバーがハビの従弟から金を奪います。
ゴミ箱で拾ったというキッドは、時計を奪われてこづかれます。ドライバーから分け前をもらって喜びます。
ハビの兄から金を要求されたハビの従弟は追いつめられます。ドライバーが金を盗んだことに気づいて襲いに行きます。
キッドとキッドの母にハビの従弟は暴力を振るい始めます。ハビの兄が助けに行きますが、ハビの従弟はハビの兄さえもボコボコにします。
ドライバーはロレックスの男を、トイレに隠していた銃で殺します。そしてハビの従弟も射殺して、ハビの兄やキッド達を救います。

【結】- キックオーバーのあらすじ4

ハビは従弟を殺されて激怒しますが、キッド達や兄を救ってくれたので解放します。ドライバーが情報を知っていて、データも存在しない事から何者なのか怪しみます。
ドライバーは全て知った捜査官から脅されます。ハビの兄に汚職警官の大金の情報を教えます。
フランクの手下達は汚職警官を拷問して、足りない分の大金の場所を吐かせていました。そこにハビの手下が現れて、フランクの手下を殺します。フランクはハビの仕業だと映像を通して知ります。
フランクの手下や捜査官が買収した警官が、ドライバーとキッド達を狙って激しい銃撃戦が起こります。ハビの兄やキッド達はドライバーの功績で助かります。
ハビはドライバーを殺そうとします。しかし、ドライバーがフランクを殺すことを提案したので任せます。
ドライバーは大手企業社長のカウフマンを利用して、両者に成りすましながらフランクを会議へと電話で呼び出します。
そしてハビの手下の監視を狙撃して射殺します。会議に現れたフランクを手榴弾で爆死へと導きます。捜査官は縛りあげて放置します。
刑務所の閉鎖が決まって、2000人の兵士が手入れにやってきます。ハビは急いで移植手術を行います。
キッドの母はキッドを隠すと拷問されます。キッドは自らの肝臓を刺して倒れます。肝臓は無事で手術が開始されます。
戻ってきたドライバーが刑務所に潜入してキッド達を助けます。キッドを病院に搬送させるため、医師に成りすまして脱出します。その時に大金も持って帰ります。
ドライバーは、押収された車の中に残りの金を隠していて取り出します。ドライバーとキッド達が南国で幸せに暮らす映像が流れてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、ノンストップで進むテンポの良いストーリー展開が特徴で面白いです。最後まで飽きることなく、引き込まれて行きます。
主演のメル・ギブソンが演じているドライバーの頭脳や戦闘能力が高くて、場面場面で楽しませてくれます。
また、刑務所の無法地帯さが恐ろしくてリアリティを感じさせてくれます。メキシコでは通常の風景なのかもと思うと、恐怖だけでなく世界の広さを教えてくれます。
ストーリーがしっかりしていて楽しめた映画です。ちょいちょいグロいシーンもありますが、お勧めする作品の一つです。

映画の感想を投稿する

映画「キックオーバー」の商品はこちら