「コナンザバーバリアン」のネタバレあらすじ結末

コナン・ザ・バーバリアンの紹介:2011年公開のアメリカ映画。肉親を殺されたバーバリアン、コナンの復讐の旅を描いている。ロバート・E・ハワードの小説「英雄コナン」が原作。マーカス・ニスペルが監督を務め、ジェイソン・モモア主演で贈る作品。レイチェル・ニコルズ、ボブ・サップらも出演。

この映画を無料で観る

予告動画

コナンザバーバリアンの主な出演者

コナン(ジェイソン・モモア)、タマラ(レイチェル・ニコルズ)、カラー・ジム(スティーヴン・ラング)、マリーク(ローズ・マッゴーワン)、ウカファ(ボブ・サップ)、コリン(ロン・パールマン)、子供時代のコナン(レオ・ハワード)、ルシウス(スティーヴン・オドネル)、アータス(ノンソー・アノジー)、イラ・シャン(サイード・タグマウイ)、レモ(ミルトン・ウェルシュ)、ファサール大祭司(ラード・ラウィ)

コナンザバーバリアンのネタバレあらすじ

【起】- コナンザバーバリアンのあらすじ1

海がアトランティスを飲み込んで、アーリア人勃興までの間、世界には多くの輝く王国が人知れず広がっていました。
暗黒帝国アケロンでは、復活の魔法を研究する魔術師がいました。王たちの骨で仮面を作って、その娘たちの純血で力を宿らせました。
仮面は地獄から精霊どもを召喚して、人には持つことが出来ない力をもたらしました。アケロンは世界を支配し、唯一バーバリアンが立ち向かいます。
仮面が砕かれて、アケロンは倒れます。その破片は各部族が保管し、もしも仮面が蘇れば、世界は闇に覆われて秩序はなくなるでしょう。
破片を預かった部族は、世界に散って隠します。しかし、預言者はいつか仮面を復活させる男が現れ、世界を支配するだろうと言いました。
暗く野蛮なハイボリア人の時代。戦いの星の下、ある子供が生まれます。
女戦士フィオラは戦争の真っ只中で産気づきます。夫が見守る中、彼女は死ぬ前に子供を見たいと願います。
子供を取り出され、フィオラは息子をコナンと名付け、生涯に幕を閉じます。夫は空高くコナンを抱きかかえ、どこまでも響き渡る叫び声をあげて、息子の誕生を讃えます。
キンメリアの集落。少年へと成長したコナンは、集落の中を走り回りながら、父の会合へと急ぎます。
父は若者たちを集め、口の中に卵を入れて、割らずに帰ってくれば戦士と戦わせようと約束します。遅れてやってきたコナンにも卵を入れます。
若者たちは雪山を競い合いながら目的地へと走ります。次々と卵を割って脱落する者がいる中、野蛮な民が彼らを囲います。
危険を感じ、戻る若者たちとは裏腹に、コナンは一人奴らの元へ向かいます。投げられた武器によって、転ばさられたコナンの周りには敵がひしめき合います。
素手のコナンは、奴らの斧やナイフを奪って足に刺し、蹴り飛ばします。また、木や地面に顔面をぶつけ、最後には斧で止めを刺します。
奴らの首を切り取り、全身血だらけで帰ってきたコナンの姿に、集落の人間だけでなく、父もが固まります。
我が家で剣技を練習するコナンに、父は剣を鍛えると言います。火と鉄を流し込み、コナンが使う剣が作られます。
炎と氷どちらが鍛えるのに必要か父は問いかけ、コナンは答えます。真意は如何にと二人の訓練が始まります。
炎の心に巻かれるコナンに、まだまだと父が払い除けます。それでも闘争心を失わない息子に、父は足下の氷を剣で割って転ばします。 この映画を無料で観る

【承】- コナンザバーバリアンのあらすじ2

ある日、コナンは山の中で一人剣技を磨いていました。大勢の馬に乗った戦士が現れ、キンメリア人の集落に襲いかかります。コナンは仲間を救うため、集落に戻ります。
守りを固め、迎え撃つキンメリア人でしたが、悪しき戦士カラー・ジム率いる部隊に殺されていきます。女たちは捕らえられ、戦士たちは大量の矢による攻撃で命を落としていきます。
コナンの父はカラー・ジムに捕らえられ、キンメリアの教会とも言える鍛冶場で拷問を受けることになります。少し動けば、上から溶解炉が降ってきます。
見つからないように潜入したコナンは、カラー・ジムの配下、ルシウスに斬りかかって鼻を切り落とします。カラー・ジムにも刃を向けますが、ヒラリと避けられてしまいます。
コナンは捕まり、カラー・ジムは娘のマリークを呼び出します。仮面の破片を残り一つまで集めていて、その最後の破片をマリークの力で探し出してもらいます。
コナンの父が隠しておいた破片は見つかり、仮面が完成し、後は乙女の純血のみとなります。鍛冶場に取り残されたコナンは、父を救うために溶解炉が落ちないように努力します。
しかし、集落には火が放たれていて、父は助かるのが無理だと告げ、自ら溶解炉を浴びて死にます。火傷を負った手を見ながら、コナンは外に出ます。仲間の死体が散乱する中、一本の剣を手に取り、空高くあげて復讐を誓います。
それからコナンは辺境をさ迷い、殺し盗みを繰り返して生き延びます。ヴェナリウムの砦を襲って、海賊と暗い海を泳ぎます。彼の故郷を破壊しつくしますが、カラー・ジムを見つけることはできませんでした。
シンガラン奴隷居住区。コナンは仲間たちと共に奴隷を解放するために戦います。大岩を転がし、混乱が起こる中、コナンは剣技で兵士たちをひれ伏していきます。
主人のいなくなった奴隷たちに、食料や武器がないことから雇ってくれと言われます。コナン一行はメサンティアへと向かいます。
酒場で騒ぎまわっていると、コナンは見覚えのあるルシウスを見つけます。ルシウスに追われているイラを見つけ、一緒に牢獄に入らないかと交渉します。
カラーの部下をぶっ飛ばしたコナンはワザと捕まります。牢獄には息をするのもやっとな囚人、食いさしの食料に群がる囚人など悲惨な状況です。
コナンはじっと耐え、隊長はどこにいるかと衛兵に聞きます。イラの拷問の最中で、次はおまえの番だよと笑いながら話してきます。
手枷をつけられているにも関わらず、コナンは衛兵を殴り、投げ飛ばし殺していきます。衛兵の顔だけをそぎ取り、部屋の小窓に顔だけ見せます。
ああ、おまえかと思って、衛兵が扉を開けると、コナンが入ってきて殺されます。次々と衛兵を刺殺したコナンは、イラがされてた拷問をルシウスに行います。
無い鼻の中に指を入れて、ぐりぐり回すとルシウスは悲鳴をあげます。おまえは誰だと聞いてくるので、コナンは鼻を削ぎ落とした者だと答えます。
カラー・ジムの居場所を聞くと、禁断の森にいると聞かされます。禁断の森は、死体と屍肉食らいばかりの危険な場所でした。
霧に隠れながらカラーの軍団は進軍していて、目的はシャイプール修道院にいる純血の乙女です。
森は広いけれど、奴らはコル・カルバの砦に戻る時、シャイプール峡谷を通ります。情報を教えたからとルシウスは命乞いをしてきます。コナンは彼の口に、囚人たちの鍵を入れて水を飲ませます。
足を切って歩けなくし、囚人たちの前に置いていきます。そして彼らに手枷の鍵が、こいつの腹の中にあることを教えます。一人の囚人にナイフを渡します。
殺さないと約束したのにと叫ぶルシウスに、コナンは俺は殺さないよと答えて先へ急ぎます。イラは去っていくコナンに、錠前職人であるからとアルガロンで呼んでくれと言います。

【転】- コナンザバーバリアンのあらすじ3

シャイプール修道院。進軍してきたカラーの軍団により、修道院の兵士たちは次々と殺されます。院長は純血の乙女、タマラを馬車で逃がします。ヒルカニアの僧を頼るように言っておきます。
自ら決着をつけるべきだとコナンは一人、シャイプール峡谷へとやってきます。一台の馬車と護衛を見つけ、カラーだと思い飛び乗ります。
蓋を開けてみればタマラが一人いるだけではありませんか。誰だと聞いても、彼女は答えずナイフで襲ってきます。
するとカラーの軍団が現れ、タマラの護衛は次々とやられていきます。見覚えのある顔に、コナンは剣一つで馬に飛び乗って奴らを殺します。
馬車を捨て、馬に股がって逃げるタマラでしたが、落馬させられます。コナンは馬を停め、追手を次々と殺していきます。
最後に残ったカラーの配下・レモに、キンメリア人であることを明かし、逃げても地獄まで追ってやると脅します。レモは逃げていきます。
シャイプール修道院では、マリークが純血の乙女が誰か確かめていました。不味い血の女性を殺していき、ここにはいないことが分かります。
院長が連れてこられ、カラーは過去の話しを始めます。オフィルの森の事件で、当時ハイボリア中の国が純血の女を追い回しました。
カラーの妻マリーヴァは、無実で火あぶりにされました。院長はその責任は誰にもないと言い、マリーヴァが魔術で世界を支配しようとしたことを訴えます。
また、仮面の力でマリーヴァを復活させようとするカラーにズバリ言ってやります。怒ったカラーは、院長を地面に叩きつけて殺します。
コナンとタマラは、レモを追いかけて気絶させます。ここでカラーを待つというコナンと、ヒルカニアに行くというタマラで意見が分かれます。
タマラを拘束したコナンは、言うことを聞かないので、タマラの口を塞ぎます。彼女の服を切り取った布を口に入れておきます。
翌朝、レモが目を覚まし、金と交換にタマラを交換しようと言ってきます。カラーがここには来ないで、シャイプール峡谷にいることを告げてきます。
コナンは拘束したタマラを後ろに乗せ、レモの手をロープで縛って馬で引きます。レモの言うとおり、カラーと軍団がいたので、コナンは投石機にレモを乗せます。
かなり遠くの崖からレモを飛ばして、カラーが寝ている船に落とします。驚いて目を覚ましたカラーは、レモの死体の口にある布に書いてある文字をマリークに読ませます。シャイプール前哨基地に正午に一人で来るように書いてありました。
タマラを柱に縛り、念のためナイフを持たせておきます。コナンが待ち受けていると、カラーが一人やってきて金を持ってきます。
金が望みではなく、カラーの首が望みだと伝えると、マリークが出てきます。魔術で砂の化身を召喚し、コナンが戦いますが、沸いて出て来る化身に手傷を負わされていきます。
タマラの目の前にも化身が現れ、彼女はナイフで拘束を解いて戦います。砂の化身が片付くと、カラーがコナンに何者だと聞いてきます。
目の前で父親を殺された者だと名乗り、カラーはキンメリア人であることに気づきます。二人の剣と剣が火花を散らし、次第にコナンが優勢となっていきます。
マリークは薬を塗ったナイフを投げ、コナンの体に傷を負わせます。それからコナンは力がでなくなり、カラーに押され始めます。
タマラは松明を火薬のほうに投げ入れます。爆発によって、カラーたちが怯んだ隙に海に飛び込みます。コナンの仲間が船で助けに来てくれていました。

【結】- コナンザバーバリアンのあらすじ4

航海中、皆が寝静まっていると、カラーの配下ウカファと兵士が乗り込んできます。気づいたコナンと仲間たちは起き上がります。
連れて行かれそうなタマラをコナンが助け出し、ウカファを二人で倒します。また、コナンのロープでしなりを利かせた蹴りにより、兵士は海へと落ちていきます。タマラの剣も冴え、兵士たちを刺殺していきます。コナンと仲間たちは、勝利の雄叫びをあげます。
コナンは仲間にタマラを送ってやるように頼み、一人上陸して戦いに行きます。地図を忘れていると助言され、タマラはコナンを追いかけます。明朝に船は出航すると告げられます。
自分たちの運命を話し合う二人はキスをします。結ばれて一晩を過ごし、翌朝タマラは外に出ます。マリークと一行が現れ、コナンの名を叫びますが、連れて行かれてしまいます。
マリークはタマラの血を確かめ、アケロンの直系であることに確信を持ちます。円状の岩にタマラを拘束し、儀式をするドクロの洞窟へと連れていきます。
コナンは盗賊の町、アルガロンにやってきます。イラに恩を返してもらうため、協力を求めます。
カラーの根城にやってきて、水の中を通って潜入します。水の中には大蛇の怪物が棲んでいて、イラを助け出して浮上します。
浮上した先にはカラーの配下がいて、大勢の人々が捕まっていました。襲われるコナンは剣で応戦し、女々しいイラは檻に自ら入って身を守ります。
檻を落とされて、大蛇の餌食になりそうになり、コナンに助けを求めます。コナンはカラーの配下と大量の大蛇との戦闘で精一杯です。
カラーの配下を次々と大蛇の餌食とさせ、イラを救い出すことに成功します。二人はタマラがドクロの洞窟に連れて行かれるのを目撃します。錠前はこの先ないことから、コナンはイラに別れを告げます。
カラーはタマラの胸の皮膚を剣で少し切り、仮面に血を流します。仮面は生きているかのように、ウネウネと動き始め、カラーは仮面を被ります。
マリーヴァの名を叫ぶと、洞窟が崩れ始めます。コナンはカラーの配下を殺し、服を盗んで潜入していました。
カラーに襲いかかり、タマラの鎖を剣で壊します。崩れた拍子に、タマラは円状の岩ごと穴に落ちていき、コナンが追いかけます。
残りの鎖を剣で壊し、タマラに安全な場所に飛び移らせます。追ってきたカラーと、コナンは足場の悪い場所で一騎打ちとなります。
コナンは、カラーの剣を奪います。その剣はコナンの父が作りし剣で、コナンは二刀流となります。カラーは自身が使う一刀を二刀へと変え、合計四刀による二人の戦いが始まります。
崩壊が続く洞窟で、コナンとカラーは道のある場所へと投げ出されます。ダメージを負った両者はしばらく動きを止め、その間にマリークはタマラを追いかけます。
タマラが殺されそうになった時、コナンがマリークの腕を切断し、下階へと突き落とします。マリークは突起した棒に胸が刺さって絶命します。
娘の死んだ姿を見たカラーは、怒りから大声で叫びます。立ち止まってしまったタマラは、橋が崩れて落ちます。
鎖を掴んだお陰で、タマラは遥か下まで落ちずに済みます。コナンは鎖を引っ張り上げて彼女を救おうとします。
そこへカラーが現れ、マリーヴァにタマラを下へ引きずりこもうとさせます。コナンがいくら引き上げても、タマラを橋の上に救いあげることができません。
カラーは、父の時と同じ状況だと言ってきます。コナンは父の剣を突き刺し、カラー側の橋を破壊します。
カラーが下へと落ちていったことで、マリーヴァの呪縛から解き放たれ、タマラを救いあげることに成功します。コナンはタマラを故郷に送り、いずれまた会うことを約束します。崩壊したドクロの洞窟に行き、コナンは父の剣を高々と上げて叫びます。

みんなの感想

ライターの感想

この映画には様々な武器が登場します。剣、刀、棍棒、弓、投げる武器など豊富なラインナップです。特に注目する武器としては、カラーが使う二刀になったりと変幻自在な刀です。
また、これら武器を使った技にも注目して欲しいです。コナンが繰り出す回転しながらの技は格好良く、演舞もとても美しいです。
武器だけでなく、魔術も登場します。マリークが繰り出す魔術は、砂の化身を召喚します。根城では大蛇が出たりとファンタジー要素もある映画です。
メイクも本格的で、セットも大掛かりになっています。前哨基地で、セットが大掛かりに崩れる場面は迫力満点です。
マーカス・ニスペルが監督をしていることもあり、ホラー要素を取り入れたグロテスクな描写があります。グシャッという音と共に、痛みが伝わってきて顔が歪みます。大人向けの作品として楽しめます。

映画の感想を投稿する

映画「コナンザバーバリアン」の商品はこちら