「コードネームUNCLEアンクル」のネタバレあらすじ結末

コードネームU.N.C.L.E.の紹介:2015年製作のアメリカ&イギリス合作映画。『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が、1960年代に人気を博したテレビシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を映画化したスパイ・サスペンス。CIAとKGBの敏腕エージェントが手を組み、世界の破滅を企む謎の国際犯罪組織に戦いを挑む姿を描く。

予告動画

コードネームUNCLEアンクルの主な出演者

ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)、イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)、ギャビー・テラー〔ガブリエラ〕(アリシア・ヴィキャンデル)、ヴィクトリア・ヴィンチグエラ(エリザベス・デビッキ)、サンダース(ジャレッド・ハリス)、アレキサンダー・ウェーバリー(ヒュー・グラント)、アレグザンダー・ヴィンチグエラ(ルカ・カルヴァーニ)、ルディ(シルヴェスター・グロート)、ウド・テラー(クリスチャン・ベルケル)、オレグ(ミシャ・クズネツォフ)、映写技師(デヴィッド・ベッカム)

コードネームUNCLEアンクルのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①東西冷戦下1963年、CIAスパイのソロとKGBスパイのイリヤが東西の壁を越えてチームを組むことに。イタリアのヴィンチグエラに拉致された博士と研究データの奪回が任務。博士の娘・ギャビーと共に2人はヴィンチグエラに潜入。 ②ギャビーはイギリスMI6のスパイだった。核弾頭を作った博士は射殺されたが任務は遂行。活躍を買われソロ、イリヤ、ギャビーはギャビーの上司・ウェーバリーとチームU.N.C.L.E.を組み活動を続けることに。

【起】- コードネームUNCLEアンクルのあらすじ1

(オープニング。第二次世界大戦後から東西ドイツの分裂、ソ連が核兵器を開発し、アメリカとソ連が冷戦に突入。ベルリンの壁が建設される歴史映像が流れる)
第二次世界大戦後、武器を使っての戦争はなくなりました。
しかし今度は、資本主義や自由主義の国・アメリカと、社会主義や共産主義のソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)が対立します。
2つの大国の争いは、武器を用いて行なうものではないので「冷戦」と呼ばれるようになります。
戦後直後から、両国はどう線引きするかで揉めており、ドイツは東ベルリンと西ベルリンというふうに、二分されました。両国の間には高い壁が築かれます。比喩ではなく、本当の意味での壁が張りめぐらされるのです。
両国を行き来する者は、検閲所で厳しい検査を受けねばなりませんでした。
それはアメリカに続きソ連も核兵器を作るようになってから、より厳しいものとなります。両陣営の均衡を保つためです。
この映画は、そんな、まだ冷戦下における時代の話です…。

…1963年、ドイツ国境検閲所。
アメリカCIA(中央情報局)諜報員の男性ナポレオン・ソロは、検閲所で荷物をひとつひとつ確認されました。その後、東ベルリンへ潜入します。
検閲後、ソロはすぐにスパイ仲間から新聞を受け取ると、東ベルリンで自動車の整備士をしている若い女性ギャビー・テラーに接近しました。壁を抜けさせてやろうと、話を持ちかけます。
貧しくて規制の多い東ベルリンでは、西ベルリンへ亡命したがる者がたくさんおり、この話は魅力的です。壁ができたことで、一族や家族が別れてしまうこともままありました。
ギャビーもその例外ではなく、ルディ伯父は西ベルリンに住んでいます。

なぜそんな話を持ちかけるのかと露骨に警戒するギャビーに、ソロは事情を説明しました。
ギャビーの父ウド・テラー博士は、ナチス・ドイツ時代にロケット科学者でした。戦後はアメリカに渡り、アメリカの核兵器の開発に尽力し、そのためにアメリカでは厚遇されています。
ところがそのウド・テラー博士が2年前、忽然と姿を消しました。
以後ずっと行方不明だったのですが、つい先週、ローマでその姿が目撃されたのです。
どうやらルディ伯父が博士の事情を知っているそうなので、姪であるギャビーに「協力」してもらいたい…というのが、CIAの提案でした。
協力してもらう代わりに、逃亡を幇助するというのです。

話をしている最中で、ソロは自分のカバンの中に、KGB(ソ連国家保安委員会)の盗聴器が仕込まれているのに気付きました。検閲をした若者イリヤ・クリヤキンが怪しいと思いつつ、ソロは瞬時に「会話をやめるよりも、急いで退散する方が得策だ」と考え、話をし終えると共にギャビーが整備していた車で逃走を開始します。
イリヤはすでに整備工場まで迫っていました。ギャビーが運転する車の横につけると、イリヤはギャビーを凝視します。
カーチェイス…というよりも、2台の車は並走しました。イリヤは車が壊されてもトランクにしがみつき、素手で引き留めようとします。トランクの蓋が取れてしまっても、食らいつこうとしました。
東ベルリンの警察に追われながらも、イリヤはずっと追跡します(イリヤもKGBでスパイなので、地元警察はイリヤの正体を知らない)。
車がビルの間に挟まったので、ソロは両ベルリンの間にはだかる壁を、ビル間にロープを渡してフックをひっかけ、移動します。西側にはジョーンズ諜報員が待機しており、逃亡の手助けをしました。
イリヤもマフラーをひっかけて移動しましたが、先に着いたソロがロープを外したので、イリヤは落下します。

…さて、ここでしばし説明を。
ナポレオン・ソロは普通のスパイとは異なります。
18歳で陸軍に入隊して、第二次世界大戦時にはヨーロッパ戦線に送られました。
ドイツ敗戦後は占領軍として現地に駐屯したのですが、この時に美術品や骨とう品を盗んで売る犯罪に手を染めます。スリの腕前は一流です。
独学で数ヶ国語をマスターしたという、いわば天才犯罪者でした。逮捕されたのも、たまたまです。
逮捕後、CIAがソロの才能に目をつけ、ただ服役させているのはもったいないと思い、スパイに仕立て上げたのでした。結果、ソロはCIAで一番有能なスパイになりました。
もう1人の男、イリヤ・クリヤキンについても。
イリヤの父はスターリンの友人で、イリヤは本来特権に恵まれた高官のはず、でした。
ところが父が党の金を横領したために、一族は失脚します。
父はシベリアに流され、母は男たちの慰み者となり、イリヤは10歳か11歳で労働収容所行きになりました。
一時は精神を病んだものの、逆境を克服したイリヤは最年少でKGBに入り、3年で一番の腕ききになりました。
ソロはアメリカ側(西側)CIAのスパイで、イリヤはソ連側(東側)KGBのスパイです…。

【承】- コードネームUNCLEアンクルのあらすじ2

西ベルリンに渡ったソロは、上司のエイドリアンに明朝9時に会おうと言われました。
翌朝ソロが落ち合うと、エイドリアンはトイレに移動します。エイドリアンが小用を足している脇にソロが立っていると、個室に連れ込まれました。昨日のイリヤがまだおり、執念でソロに食らいつきます。
2人を制止したエイドリアンは、今回の任務はソロとイリヤが組んで活動することを告げました。敵同士の西側と東側が手を組むなど本来はありえないので、ソロは耳を疑います。

今回の任務は、特殊な例でした。
テラー博士の伯父・ルディは、イタリアにあるヴィンチグエラという海運会社の幹部です。
ヴィンチグエラは表向きは海運と航空宇宙業の会社ですが、ナチスの残党が集まる国際犯罪組織でした。創立者のセルジオはムッソリーニの友人で、大戦末期に金塊を南米に運んで隠し、戦後にその金で会社を興しました。
今は息子のアレグザンダーとその妻・ヴィクトリアが、その会社を継いでいます。
博士はその会社でどうやら、核弾頭を作らされているようなのです。もしそれが本当ならば、東西の核の均衡が崩れるどころか、第3の勢力が誕生し世界中が脅威にさらされることになります。
今回の任務はソロとイリヤが組み、ヴィンチグエラの組織に潜入して博士と研究データを奪回することでした。研究データはディスク(見た目はフィルムに似ている)に入っています。

相棒を組めと言われたものの、ソロとイリヤの出会いは最悪ですし、互いの勢力のNO.1というプライドもあって、何かと2人は競います。
ソロは彫刻専門の古美術商としてヴィンチグエラ家の収集品を見に行き、アレグザンダーの妻・ヴィクトリアに接近して情報を得る役目をします。
イリヤはギャビーの婚約者という設定で、ルディ伯父に会いに行くということに決まりました。
ソロはナンパな感じの手癖の悪い男で、イリヤは真面目なカタブツです。
亡命させたギャビーの服装ひとつでも対立しますが、ギャビーが黙らせました。

イタリア・ローマ。
イリヤはウェーバリーという名のソ連の建築家として、婚約者のギャビーを連れてホテルにチェックインします。
同じホテルにソロも、古美術商ジャック・デブニーとしてチェックインしました。
ローマ観光に出かけるイリヤとギャビーのあとを、男2人がついていきます。ただの強盗なのかスパイなのか分からないので、ソロは「素直に金品を渡しておけ」とアドバイスしました。もし後者だった場合、一介の建築家が強すぎるとルディ伯父に怪しまれるからです。
男たちはイリヤを脅し、金を要求しました。さらに時計もねだられ、イリヤは渡したものの屈辱ではらわたが煮えくりかえります。父の形見の時計だからです(時計覚えておいて!)。
ソロはホテルのルームサービスを頼み、持ってきた女性を誘いました。その時、ソロは自分にKGBの盗聴器が仕込まれているのに気付き、すべて探します。
イリヤの部屋を訪れて盗聴器を返しますが、イリヤもソロが仕掛けた盗聴器をすべて回収しており、返しました。おあいこです。

翌日。
ヴィンチグエラ社の記念パーティーが開かれ、ソロ、イリヤとギャビーが出かけます。
ギャビーはルディ伯父に会い、イリヤを紹介しました。イリヤは黒海にリゾートをつくるソ連の建築家で、ローマで古い建築を勉強する予定で、その留学に東ベルリンのギャビーを同行したことになっています。
(東ベルリンでは、結婚という理由ならば国を出ても許される)
ルディ伯父はイリヤを試すためか、しきりと挑発的な言葉を吐きました。
むかっ腹を立てたイリヤは、その場では平静を装いますが、トイレで席を立った折に洗面所をわがもの顔で占拠するイタリア青年3人をボコります。
ソロはヴィクトリアとパーティーで会い、スリの技術でアピールしました。ヴィクトリアに印象を残します。
ギャビーは整備士の経験を生かし、レース場にいたアレグザンダーに車のメンテのアドバイスをしました。

【転】- コードネームUNCLEアンクルのあらすじ3

夜。
レース場の倉庫に侵入しようとフェンスに穴を開けようとしているイリヤの横に、ソロも並びます。イリヤとソロはフェンスの穴開けを競いますが、勝利したのはイリヤでした。
倉庫の地下には研究所(ラボ)がありました。
警備の男がつけている時計が盗まれたものに似ていたので、イリヤが背後に回ってザ・キスという特殊拳法で、立ったまま失神させます。時計は別物でした。
研究所の電気がつきます。奥にはスイス製の大きな金庫がありました。ソロがすぐに解錠して、証拠のウラン濃縮圧縮用機械を見つけます。
ソロは金庫に警報がついていないと言いますが、ついていました。アレグザンダーが追加でつけたようです。
警報が鳴り始めて警備員が殺到したので、ソロとイリヤは窓から降りてボートで逃走しました。イリヤが操縦します。
急旋回の時、ソロがボートから落ちてしまいました。しかしソロは陸にあがるとトラックを盗み、カーラジオをかけると助手席に乗せてあったサンドイッチを食べます。
背後ではイリヤの乗るボートと警備の船舶が追いかけっこをしています。
(注:余談だがこの時流れるカーラジオの曲は、お笑いタレント・ヒロシがネタをする時に流す曲『Che Vuole Questa Musica Stasera』。ヒロシの存在を知っている日本人なら、ちょっと笑えるシーン)
やがてイリヤの乗ったボートは炎上し、沈没しました。それを見たソロは重い腰を上げ、イリヤのボートの横につけた船舶に車ごとダイブして沈めると、車に乗ったまま前照灯でイリヤを探して救出します。

研究所が襲われた一報を聞き、アレグザンダーが妻・ヴィクトリアに話し、ヴィクトリアは怪しんでいるソロのホテルに電話をかけました。
電話に出ないので、ヴィクトリアはソロのところへ乗り込みます。
ギャビーの方にはルディ伯父が電話をかけてきて、明日の昼間に2人でランチをしたいと言いました。電話を切った後、ギャビーは同じホテルの304号室に電話をし「エサに食い付いた」と知らせます。
(注:ソロは807号室なので、304号室に電話をかけるギャビーも相当怪しい。映画後半で新事実が発覚する)
ソロとイリヤはホテルに戻りましたが、フロントにヴィクトリアを見つけて裏口から入り、ソロは風呂に入っていたふうに装いました。そのままヴィクトリアとベッドインします。
イリヤはギャビーの部屋に戻りますが、ソロが上手くヴィクトリアを騙せたか気になって、新たに仕込んだ盗聴器を聞きました。助けは不要と察します。
婚約者設定のイリヤとギャビーは、互いに少し意識し始めました。

翌日。
ルディ伯父とのランチに出かけるギャビーに、ソロとイリヤは追跡装置を仕掛けます。
伯父と会い、ヴィンチグエラ海軍に行ったギャビーは、アレグザンダーに直接、父のことを質問しました。アレグザンダーは暗に認めます。
そのギャビーが裏切り、イリヤがKGB、ソロがCIAの手先だとアレグザンダー夫妻にばれました。追跡装置で尾行してそばの茂みにいたイリヤは、ほのかに思いを寄せていたギャビーが裏切ったことを知り、ショックを受けます。

ソロはヴィクトリアに薬物を盛られ、拷問に遭います。
世界大戦でも拷問を生きがいにしていた男性が、ソロを電気椅子に乗せて電気ビリビリの刑にかけました。
イリヤがやって来てソロを救出する(ソロの靴に追跡装置を仕掛けていた)と、ギャビーの裏切りを報告し、逆に男性を拷問にかけます。
電力が不安定で通電していないのですが、男性は拷問にかけられたくなくてしゃべります。
もうテラー博士は核弾頭を完成させており、明朝8時にナチスに引き渡すと言いました。
男性は証言台にも立つと言って助けを乞います。
今後どうやって島へ行くかとソロとイリヤが話し合っている間に、通電が再開し、男性は電気椅子ごと燃えてしまいました。振り返ってそれを見た2人は、電気の故障が直ったと言います。

【結】- コードネームUNCLEアンクルのあらすじ4

ソロとイリヤのところへパーティーで出会った男性アレキサンダー・ウェーバリーが現れると、協力を申し出ます。その代わり、ある頼みごとをしたいと言います。
ウェーバリーは同じホテルにもチェックインしていました。
実はウェーバリーは英国のMI6(秘密情報部)のスパイでした。そしてなんとギャビーも、MI6のスパイだったのです。ウェーバリーが先にギャビーに接触し、英国に協力を要請していました。ギャビーの父は元からおらず、ギャビーは偽者です。
本作戦はもともと、英国が先手を打って動いていたのです。アメリカとソ連が動いたのはその後だったので、ソロもイリヤもギャビーが博士の娘だと思い込んでいました。
ウェーバリーは島へ行くヘリを出す代わりに、自分の部下・ギャビーを救出してくれと頼みます。
(ホテルの304号室でギャビーからの報告を受けていたのは、ウェーバリーだった)

その頃、ギャビーはアレグザンダーに連れられて、ヴィンチグエラの持つ島へ渡り、テラー博士と父娘の再会をしていました。博士も作戦を聞かされています。
博士は核弾頭の最終調整と言ってレンズをすり替えますが、ヴィクトリアに見抜かれました。
完成後、博士はヴィクトリアに射殺され、ギャビーは手錠をつけたまま、アレグザンダーの運転する車で連行されます。
ヘリで島へ潜入したソロとイリヤは、博士の死体を見つけました。
ギャビーが乗った車を見つけ、ソロは車で、イリヤはバイクで追跡します。
イリヤは先回りして車をパンクさせ、横転する車から出て来たアレグザンダーをナイフで倒しました。ソロはデータを見つけ、回収します。
後方部隊が核弾頭を奪取しますが、偽物でした。既にヴィクトリアが、別の船で持ち出していました。

過去数時間のうちに港を出た船はたくさんあり、その中から絞り込むのは困難を極めます。
ヴィンチグエラの創立者・セルジオが大戦末期に金塊を南米に運んだこと、ヴィクトリアを訪問した時に見た写真の背後に船が映っていたことをソロが思い出し、出航船リストから『ディアデマ号』と目星をつけました。
ソロは船舶無線でヴィクトリアを挑発し、ヴィクトリアも挑発に乗って応答します。
その無線信号をロックし、英国が迎撃ミサイルを撃っていました。ミサイルは船に命中し、核弾頭は船ごと海に沈みます。

任務は完了と思われました。命令のために裏切ったと、ギャビーはイリヤに謝ります。
任務が終わったので偽の婚約指輪(追跡装置つき)をギャビーは返そうとしますが、イリヤは「君が持っていろ。いつでも追跡できる」と言います。
互いに思いを寄せるようになったギャビーとイリヤはキスしようとしますが、ホテルの客室係が入ってきたのでやめました(その前にも2度ほどチャンスがあったのだが、いずれも他者に邪魔されている)。
イリヤにKGBから連絡が入り、ソロが持っているディスクを奪い取れという任務が舞いこみます。
しかし任務を通じ、イリヤにとって今ではソロはよき好敵手になっていました。

イリヤがソロのところへ行って打診すると、ソロ側にも同じ任務(KGBに取られずディスクを持ち帰れという任務)が入っています。
ソロが思い出した風に、時計をイリヤに渡しました。
ローマで強盗に遭った時に盗まれた、イリヤの父の形見の時計を、その直後にソロが倒して取り戻してくれていたのです。
ディスクの中身は、核兵器を簡単に作れる方法を記したものでした。
アメリカとソ連、どちらに持ち帰っても「世界にとって」いい結果をもたらさないと判断したソロとイリヤは、灰皿の上で燃やします。ディスクは消失し、両国とも手に入れられなくなりました。
別れの乾杯をするソロとイリヤのところへ、ウェーバリーがやってきます。

ウェーバリーが持ち込んだ話は、「チームを続ける」というものでした。
英国MI6のアレキサンダー・ウェーバリーが陣頭指揮を取り、アメリカCIAのソロ、KGBのイリヤ、MI6のギャビーが諜報員として活動するというものです。
次の仕事ももう決まっていました。作戦のため、すぐさまイスタンブールに飛ばねばなりません。
別れがたかったソロとイリヤは、互いに顔を見合わせました。これからも一緒にトリオで活動できそうです…。

最後に。
新たにできあがったチームのコードネーム名が「U.N.C.L.E.」と知らされました。
『United Network Command Law Enforcement(法執行のための連合網司令部)』の略です。
冷戦下の世界で、彼らは今後も活躍していくことでしょう。
(注:続編の製作が決定している)

みんなの感想

ライターの感想

文句なしに面白かった! ただのスパイ映画ではなく、コミカルにスタイリッシュに描いたところは『キングスマン』をほうふつとさせる。
『キングスマン』ワールドがお好きなかたは、この作品も気に入るのではないか。
チャラいソロと真面目なイリヤという、正反対の2人の男が一緒に組んで仕事をせねばならない。
なにかと張り合う2人だが、徐々にチームメイトとしての友情も育んでいく…という、文字にすると陳腐なストーリーなんだが、それだけじゃない。
コミカルに丁寧に描かれた作品。
続編が今から楽しみ。
  • 匿名さんの感想

    ソロがイリヤの時計取り戻したのは、ラスト近くだっと思うのだが。
    また、ギャビーと博士が実の親子ではない、という情報はどこから出てきたのだろう? 劇中で「父はいない」というセリフが”事実”なのだろうか。しかし、実の父だろうとそう呼べるような時間をすごしたことはない、という意味にもとれる。
    ソロを拷問してた人物もまるでそこが初登場のような書かれ方で、内容解説としては今一つ。

    ともあれ、非情に痛快で気楽に見られる娯楽作品なのは間違いない。変に重くシリアスになることはなく、常に軽快で、音楽ともども小気味よい。
    最初は噛み合わなかった二人が次第に認め合っていくバディものが好物なら、まず楽しめるだろう。

映画の感想を投稿する

映画「コードネームUNCLEアンクル」の商品はこちら