「ザガンマン」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ザ・ガンマンの紹介:2015年製作のアメリカ・スペイン・イギリス・フランス合作のアクションスリラー。フランスの小説家ジャン=パトリック・マンシェットの「眠りなき狙撃者」が原作で、ショーン・ペンが主人公の元特殊部隊の兵士を演じている。

予告動画

ザガンマンの主な出演者

ジム・テリア(ショーン・ペン)、スタンリー(レイ・ウィンストン)、コックス(マーク・ライランス)、アニー(ジャスミン・トリンカ)、フェリックス(ハビエル・バルデム)

ザガンマンのネタバレあらすじ

【起】- ザガンマンのあらすじ1

2006年、コンゴ民主共和国。民間の軍事会社で働くジムは現地のNGO護衛の任務を表向きの仕事としていましたが、裏では別の顔を持っていました。豊富な鉱山資源に恵まれたコンゴに目をつけた鉱山会社の依頼で、ジムと仲間たちは反政府軍に武器を供給する仕事にも手を染めていたのです。現地のNGOで医療スタッフとして働く恋人のアニーに、ジムはその事実を打ち明けられずにいました。

そんなある日、ジムたちは鉱山会社からコンゴの鉱物資源相の暗殺を依頼されます。鉱物資源相は鉱山会社に批判的な姿勢を貫いており、鉱山会社にとって邪魔者となっていたのです。この暗殺作戦を知るのは、ジムと同僚のフェリックスら少数の特殊部隊の仲間のみ。ジムはこの作戦で狙撃手に任命され、暗殺が終わり次第速やかに国外退去しなければならない身となってしまいました。ジムはフェリックスにアニーの面倒を見るよう頼み込みます。そして、暗殺は成功に終わり、ジムはアニーに別れを告げることもなく単身コンゴから離れていくのでした。

その8年後、50代後半に差し掛かったジムはコンゴの人道支援に携わっていました。ジムはこれまでの償いのために、コンゴの人々のために安全な水を供給したいと考えていました。ところが、村落でジムが井戸掘り作業を行っていると、突然現地の男たちから襲撃を受けてしまいます。しかし、元特殊部隊のジムの腕はいまだに鈍っておらず、男たちを返り討ちにします。ジムはこの襲撃と8年前の事件との関連を直感的に確信、かつての特殊部隊の仲間がいるロンドンへと旅立つのでした。

【承】- ザガンマンのあらすじ2

ジムがまず会いに行ったのは、8年前の作戦に関わり、今では軍事企業の経営トップとなったコックスでした。フェリックスが作戦の依頼主と直接やり取りしていたことをコックスから知らされたジムは、フェリックスが住むバルセロナに向かうことを決めます。

その後、ジムは海兵隊時代の同僚のスタンリーを訪ね、バルセロナでの滞在先や銃器の手配を依頼しようと考えていました。ところが、ジムはスタンリーの前で激しいめまいに襲われ突然倒れてしまいます。精密検査の結果、ジムは脳震盪後症候群という絶対安静が必要な病気であることが判明します。しかし、ジムの決意は固く、スタンリーは渋々ジムのバルセロナ行きの準備を進めるのでした。

バルセロナに到着したジムは、フェリックスが慈善投資家となっていたことを知ります。さらに、恋人のアニーがフェリックスの妻となっていたことにジムは驚愕します。ジムはフェリックスに接触しますが、フェリックスは知らぬ存ぜぬを繰り返すばかり。一方で、旧友との再会を祝うためにフェリックスはアニーを含めた三人でのディナーを企画します。ジムが約束のレストランに行くと、アニーは思いがけないゲストの登場に言葉を失い、フェリックスの悪趣味なサプライズに激怒し始めました。ジムは必死に謝罪の言葉をアニーに伝えますが、アニーは走り去って行ってしまいました。ところが、その日の夜にアニーがジムのアパートを突然訪ねてきました。何も言葉を語ることなく、激しい情事に及ぶジムとアニー。情事が終わると、アニーは冷静さを取り戻しフェリックスとの関係を語り始めました。結婚したのは、ジムが去った後の世話をしてくれた借りを返すためだけ。クールにこう語ったアニーは、自宅にランチに来るようにというフェリックスの言葉を伝えると、アパートを出て行ってしまうのでした。

【転】- ザガンマンのあらすじ3

ジムはアニーの言葉通りに郊外にあるフェリックスの豪邸へと向かいました。話をはぐらかすばかりのフェリックスに業を煮やしたジムはハッタリをかけてフェリックスを脅迫、フェリックスが黒幕と思しき人物とメッセージのやり取りをしていたことが判明します。メッセージの相手は、ジムの持つ「物的証拠」を欲している様子でしたが、屋敷は突然謎の男たちに襲撃され、フェリックスは射殺されてしまいます。ジムはアニーを連れてなんとか脱出に成功しますが、アニーは突然の出来事に困惑していました。ジムはかつてコンゴで行っていたことすべてを打ち明け、アニーを捨てたことを心から謝罪しました。アニーは涙を流しながら、ジムと行動をともにすることを決断します。

ジムはアパートに戻り、黒幕が欲しているコンゴでの作戦の詳細を記した手帳を持ち出しますが、すでにそこには黒幕の配下の者たちが潜んでいました。しかし、ジムはアパートに仕掛けられた爆弾に細工をして、逆に襲撃者たちに爆弾を食らわせ撃退するのでした。

ジムとアニーはスタンリーの元に一時的に身を置くことを決めます。アニーが眠りにつくと、スタンリーは独自調査で突き止めた黒幕の正体をジムに語り始めました。黒幕は、ともに暗殺作戦に参加したコックスでした。軍事企業のトップを務めるコックスは現在国際警察に疑いの目を向けられており、過去の罪を隠すために昔の仲間を「大掃除」しているといいます。実際、コンゴでの作戦に携わったメンバーで生き残っているのは、ジムとコックスだけになっていました。真相を知ったジムはコックスのいるジブラルタルへの出発準備を始めました。そして、アニーが眠っているうちにジムは旅立って行くのでした。

【結】- ザガンマンのあらすじ4

ジムはコックスのすぐそばまで接近しますが、そこに国際警察の刑事が現れました。事情を理解している様子の刑事はコックスに近づかないようジムに忠告しますが、ジムはその言葉を聞かずコックスと水族館で密会を果たします。しかし、周辺には武装したコックスの部下たちが待機していることに気づいたジムは、コックスを倉庫に閉じ込め手荒な尋問を開始します。ところが、その直後ジムを激しいめまいが襲ってきました。形勢が有利になったと判断したコックスはジムを侮辱する言葉を口にし始めますが、アニーまでも貶める発言をすると、ジムは激怒し、コックスの手を撃ちぬいてしまいます。そこに、コックスの部下が現れ激しい銃撃戦が繰り広げられるも、ジムはなんとか逃亡に成功。ところが、ジムはその途中であの手帳を落としてしまい、さらにその場で気絶してしまうのでした。

目を覚ましたジムは急いでスタンリーに電話しますが、すでにスタンリーとアニーの潜伏先は手帳を入手したコックスたちの襲撃を受けた後でした。電話口でスタンリーが殺される銃撃音、そして怯えるアニーの声を聞き、悲痛な叫びをあげるジム。しかし、ジムには決定的な取引材料がありました。それは、コンゴでの作戦直前のコックスの様子を撮影した映像でした。この映像を餌にジムにアニー解放を迫られたコックスは渋々その取引に応じ、両者は取引場所である闘牛場へと向かうのでした。

しかし、あくまでも先にアニーの解放を望み、一向に姿を見せないジムにしびれを切らしたコックスは、部下にジムの殺害を命令します。ジムはことごとく部下の襲撃を撃退しますが、腹部に銃弾を受けてしまいます。ジムが残る部下の一人との激しいナイフ戦をしている間に、アニーはコックスから逃亡を図っていました。ナイフ戦を制したジムの元にアニーがちょうど現れましたが、その背後にはすぐコックスが迫っていました。ジムはコックスの死角にいることを利用し、コックスを狙撃。さらに、アニーを救出するときに闘牛の待機部屋が誤って開かれ、コックスは興奮した闘牛から突進され命を落としてしまうのでした。

その後、ジムは国際警察に身柄を拘束され、コンゴでの暗殺事件の真実を語り始めました。その結果、コックスの軍事企業、鉱山企業のトップは相次いで逮捕され、事件の真相が世界に発信されていきました。時は流れ、アニーはかつてと同じようにアフリカで医療スタッフとして働いていました。そこに、刑期を終えたジムが現れました。二人は再会を喜び、人目をはばからず熱い抱擁を交わすのでした。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

演技派で知られるショーン・ペンの筋肉隆々とした姿に驚かされる作品で、生々しいアクションシーンは大きな見所の一つです。また、ショーン・ペンの感情豊かな表情も魅力的で、さすがアカデミー賞俳優と思わせる場面も多数登場します。ショーン・ペンの新たな魅力を堪能できるスタイリッシュな作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ザガンマン」の商品はこちら