「ザヘラクレス」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ザ・ヘラクレスの紹介:2014年公開のアメリカ映画。全知全能の神ゼウスを父に持つヘラクレスが、愛する姫を奪った兄や暴君である父に挑む姿を描いている。監督はレニー・ハーリンが務め、主演はケラン・ラッツで贈る作品。原題はThe Legend Of  Hercules。

予告動画

ザヘラクレスの主な出演者

ヘラクレス&アルケイデス(ケラン・ラッツ)、ヘベ姫(ガイア・ワイス)、アンピトリュオン王(スコット・アドキンス)、アルクメネ王妃(ロクサンヌ・マッキー)、イピクレス(リアム・ギャリガン)、ソティリス(リアム・マッキンタイア)、ケイロン(ラデ・シェルベッジア)、タラク(ジョナサン・シェック)、アガメムノン(ルーク・ニューベリー)、カキア&女神ヘラ(マライア・ゲイル)、タラス王(ニコライ・ソティロフ)

ザヘラクレスのネタバレあらすじ

【起】- ザヘラクレスのあらすじ1

紀元前1200年、ギリシア南部のアルゴス。アンピトリュオンの軍勢は、アルゴス王ガレヌスの城に攻め入ります。内部にまで侵攻して、軍勢同士の睨み合いが続きます。
兵に下がるなと叫びながら馬に乗って現れたのは、ティリンスの暴君アンピトリュオンその人です。ガレヌスに出てくるように叫び、一騎打ちを申し出ます。
勝者が城と兵士、民を手に入れることができます。兜に甲冑を着込んだガレヌスが現れ、アンピトリュオンは兜を脱いで戦いが始まります。
序盤は拮抗していましたが、アンピトリュオンの剣技の前にガレヌスの剣は地に落ちます。剣を渡されたガレヌスでしたが、アンピトリュオンの一撃に屈してトドメを刺されます。ガレヌスの兜を剣に乗せて、勝利の雄叫びをあげるアンピトリュオンでした。
王妃アルクメネは、夫アンピトリュオンの暴君ぶりを制止させようとしますが、彼の野心は高まっていくばかりでした。賢者ケイロンと共に神殿に赴き、女神ヘラに願いを込めて祈ります。
アルクメネの前に現れた女神ヘラは願いを受け入れ、救世主となる息子を産むように言います。アルクメネは夫の子を産みたくないことから、神ゼウスの子を受け入れます。
アンピトリュオンはベッドの上で抱かれるアルクメネを発見し、侵入者がいると兵士に呼びかけます。しかし彼が見たのは落ちる雷でした。
月日が流れ、アルクメネは大きな男の子を出産します。アンピトリュオンはアルケイデスと名付け、兄と同様に扱うことはできないと告げます。アルクメネは、生まれたばかりの息子に女神ヘラから告げられたヘラクレス(ヘラからの贈り物)が本当の名であることを伝えます。
たくましく成長したアルケイデスは、クレタ島の姫君であるヘベと城を抜け出して馬を走らせていました。滝の崖をよじ登り、高度から飛び降りたアルケイデスをヘベは心配します。無事に水の中から出てきたアルケイデスとヘベはキスをします。
気を揉んだアンピトリュオンが捜索隊をだし、アンピトリュオンの兄イピクレスが二人を発見します。姫君を捜索隊に任し、イピクレスは王位継承者は自分にあることをアルケイデスに伝えます。
獰猛な鳴き声が聞こえ、アルケイデスは戻ることを提案しますが、イピクレスは強気で走り去ると言います。馬から降りて恐る恐る歩いて行くと、目の前に現れたのはネメアの獅子です。
ネメアの獅子に槍は効かず、イピクレスは見ているだけです。アルケイデスが獅子の首を絞めて倒します。
アンピトリュオンや姫君のいる会場に乗り込んできたのは、ネメアの獅子の毛皮を被ったイピクレスでした。アルケイデスは一目散に逃げ、自らが獅子を倒したと豪語します。

【承】- ザヘラクレスのあらすじ2

話しを聞いたアンピトリュオンは、クレタ島の王勇者タラスに話しを始めます。自由貿易協定に加え、両家の安泰のために、今日から4ヶ月後の収穫の満月の日にイピクレスとヘベとの契りを結ぶことを要求します。
ヘベは馬に乗って飛び出し、アルケイデスが後を追います。結婚するぐらいなら死を選ぶと言い、アルケイデスに一緒に逃げようと提案します。
追手が迫る中、アルケイデスはヘベを先に行かせます。引きつけて兵士を数名落馬させ、ヘベの後を追いますが、彼女は落馬して急流に流されます。
飛び込んで助け出したアルケイデスでしたが、イピクレスと兵士たちに囲まれて城へと戻されます。ソティリス隊長はアンピトリュオンから、160名の半分の数で行くように命令されます。
婚姻に不満の様子のアルケイデスに、ヘリオポリスで反乱が起こっていることから、アンピトリュオンはエジプトに行くように言います。落ち込むアルケイデスに、アルクメネはあなたが神ゼウスの子であることを打ち明けます。
出立するアルケイデスは、3ヶ月で戻ってそしたら結婚しようとヘベに意気揚々に伝えます。船旅の途中、ソティリスは敵勢力が不明なのに、王が兵士を半分に減らしたことを不安視していました。
砂漠を横断していると、アルケイデスは迂回したほうがよいと道順の変更を提案します。しかし道順さえも王に変えられていて、近道を使って向かうことになります。
斥候2名に周辺の捜索にあたらせ、今夜野営する場所へと到着します。ソティリスは20名の志願者を集め、再度捜索にあたらせます。
洞窟内を歩いていると、斥候2名の死体が吊るされていて戻ることにします。しかし戻った先には20名の死体が横たわっていました。
待ち伏せていた大勢の敵兵士に囲まれて、密集隊形をとります。亀甲隊形に変形し、敵の矢から身を守ります。突撃してきた敵兵士と接近戦になり、多くの仲間達が倒れていきます。
アルケイデスの力は凄まじく、敵兵士を次々と倒していきますが、弓矢が1本2本と次々と刺さっていきます。ソティリスとアルケイデス以外は全滅し、敵司令官タラクは生け捕りにするように兵士たちに命じます。
捕まったソティリスに、王子の兜があったことから、タラクは誰が王子か聞いてきます。ソティリスは死んだ兵士の一人が王子だと嘘をつきます。
タラクはアルケイデスの力が優秀な部下の2倍以上であることから、奴隷として売ってやるぞと言ってきます。売ってくれるように頼むと、アルケイデスは名前を聞かれ、ヘラクレスと答えます。
王子の死体をタレクは部下に届けさせ、王都では葬儀が執り行われます。火葬される棺にヘベが泣き崩れ、アラクメネが抱きしめます。
女神ヘラの像の前にアンピトリュオンを呼び出し、アルクメネはアルケイデスがゼウスの子である真実を話します。アンピトリュオンをナイフで殺そうとしますが、逆に手を掴まれてアルクメネの胸にナイフが突き刺さります。
神の子を殺した罪で破滅することを最期に言い遺し、アルクメネは亡くなります。様子を見ていたケイロンに、アンピトリュオンは悲しみの余り自殺したのだと言い聞かせます。

【転】- ザヘラクレスのあらすじ3

シケリアには手枷をつけられた奴隷たちが、命を賭けて戦う闘技場がありました。下は泥になっており、買われたヘラクレスとソティリスは連れてこられます。
闘技場で負け知らずとなった二人は、金に欲知らずのオーナーにギリシアの決闘の話しを持ちかけます。決闘の場では大金が賭けられ、特に最後の2対6による決闘の大金は凄い額だと持ちかけます。
6名の方は負け知らずの強者であり、2名は勝てば自由の身を手に入れることができます。オーナーは、シケリアで強者であるハーフフェイスとフンババと勝負をし、勝った方をギリシアに連れていくと約束します。
彼らとの戦いは、岩で作られた足場の悪い舞台で、下に落ちれば刃物に突き刺さって死にます。登場するハーフフェイスとフンババには歓声が上がり、ヘラクレスとソティリスにはブーイングが起こります。
舞台の縁には武器が取り付けられていて、それらを手にとってデスマッチが始まります。フンババの攻撃でソティリスが落ちかけ、ヘラクレスが助けに行きます。
復帰したソティリスは足に槍が刺さり、ヘラクレスが助けてハーフフェイスを落とします。しゃがみながら、フンババの足を切り、下へ落とします。
勝者となった二人でしたが、ソティリスは歩くのも厳しい様子です。ギリシア行きは中止になりかけますが、ヘラクレスは一人でも戦うと言い放ちます。
ヘラクレスの願いが届けられ、オーナーから自由の身にしてもらったソティリスは、ケイロンに生きていることを知らせます。ギリシアの決闘が始まり、ヘラクレスは6名のギリシアチャンピオンに立ち向かいます。
盾で足を潰し、剣を突き刺し、時には投げ飛ばし、たった一人の身で6名を叩きのめしたヘラクレスの姿に、観客から湧き上がる歓声は止まりません。
アンピトリュオンは略奪の限りを尽くし、実行しているのはイピクレスと部下たちでした。ソティリスは兵士を集め、反乱を起こす準備を整えて、自由の身となったヘラクレスに伝えます。
その場にはケイロンもいて、深刻な様子でアルクメネの話しを始めます。命を奪われたナイフを見せて、抜き取ったのは自分であり、王は逃げ出したと話します。
ソティリスの用意した家へとやってきたヘラクレスの前に、アルゴスから逃げてきた女性が紹介されます。彼女は女神ヘラにそっくりであり、ヘラクレスの先に待つ大義について説明をします。絶大的な力を秘めていることを告げ、その力を悪用せずに使って欲しいと言います。
ヘラクレスはフードを被り、村の様子を見に行きます。略奪している兵士4名を見つけ、フードをおろして近寄ります。抜刀してきた4名を素手でひれ伏させ、王の伝令代わりにと馬にくくりつけて届けます。
アンピトリュオンは反乱に怒りを覚え、諸外国からの傭兵がくれば何とでもなると強気です。イピクレスは我こそがヘラクレスを捕らえると進言します。
いつまでも心を開かないヘベに、イピクレスは死んでしまえとまで言います。疲れ心を病んだヘベが飛び降りようとした時、ケイトンが戻って一筋の希望を知らせます。

【結】- ザヘラクレスのあらすじ4

滝の下に向かった先でヘベが見たのは、泳いでいるヘラクレスの姿でした。気づいて向かってくる彼に、周りの花々が散り、淡い雪のように舞っています。どこにも行かず、祖国で暮らすことを約束し、二人は野原のベッドの上で愛し合います。
タラクはアンピトリュオンに呼び出され、報酬を支払ったにも関わらず、二人の生還者がいることに文句を言われます。もしもそれが本当ならば埋め合わせをすることを伝えます。
ソティリスが家族の待つ家に帰ると、死んでいる妻の姿がありました。タラクやイピクレスたちに囲まれ、息子を人質に取られます。
ヘラクレスの居場所を話すしか救う道がないことから、隠れ家の居場所をソティリスは喋ります。ヘラクレスや仲間たちは捕まり、ヘベも連れて行かれます。
民衆や兵士から信頼を得ていたヘラクレスでしたが、彼らの前で処刑をされることになります。両手は鎖で縛られていて、アンピトリュオンがやってきます。
ケイロンとソティリスを連れてきて、次期王であるイピクレスに処刑させようとします。イピクレスがケイロンに刃を刺した時、怒るヘラクレスは父ゼウスに我に力をと叫びます。
雨雲が現れて雷が鳴る中、ヘラクレスに絶対的な力が沸き始めます。鎖を止めていた岩ごと取り出し、兵士たちが取り押さえにやってきます。
鎖に繋がった岩を鞭のようにしならせ、ヘラクレスは兵士たちを倒していきます。幼少からの恩人であるケイロンの遺体に、泣き崩れるヘラクレスでした。
兵士や民衆を集めたヘラクレスは、父ゼウスに誓いを立てて城へと攻め入ります。門を守る弓隊に向けて、暴政を許すなら弓を射るが良いと言います。
城内からタラクの部隊が出てきて、ヘラクレス達の軍隊と戦闘になります。弓隊が協力してくれることになり、城内へとなだれ込みます。
雨が降り続いている中、城内に兵士の気配は見当たりません。ヘラクレスはアンピトリュオンを呼び出し、一騎打ちを望むことを要求します。
自分の真似をしているのかとアンピトリュオンは聞き入れず、部下の兵士に火を投げ入れさせます。地面に燃え移り、ヘラクレスの周りを大勢のタラクの兵士たちが取り囲みます。
ヘラクレスはゼウスの力を信じて、天に剣を振りかざします。雷が剣に落ち、鞭のような電撃が敵兵士たちをなぎ払います。
アンピトリュオンは城内へと逃げていき、追いかけたヘラクレスと一騎打ちになります。剣と剣がぶつかり合う中、ついにヘラクレスはアンピトリュオンの首を後ろから締め上げます。
するとやってきたのは、ヘベを人質にとったイピクレスです。ナイフを突きつけていて、父を離さなければ命はないと脅してきます。
構わないでというヘベは、自ら胸にナイフを突き刺します。怒るヘラクレスはアンピトリュオンを投げ飛ばし、母の命を奪ったナイフでトドメを刺します。
ヘラクレスは辛うじて喋るヘベを抱きしめ、ずっとそばにいることを約束します。二人がベッドの上にいて、赤ちゃんと幸せに過ごす映像が映し出されます。
城内から満月を見るヘラクレスがいました。終わりです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、主演のケラン・ラッツの鍛え上げられた逞しい体が見所です。その体から繰り出される剣技や格闘技が迫力のあることこの上ないです。スローモーションになる演出もあったりとアクションシーンは楽しめます。特にゼウスの力を信じて雷が落ちてきた時、雷が鞭のようにしなる場面は圧巻です。
ヘラクレスの戦いだけでなく、兵士たちが戦う陣形や隊形の切り替わりも面白いです。亀甲隊形など密集しながら行う戦闘に当時の戦い方を学ぶことができます。
また、姫君のヘベとの恋愛面も色濃く描いている作品になります。滝の下で出会う二人の映像が美しくて目が離せなくなります。
ストーリーは小難しくなく、シンプルに進んでいくので見やすくなっています。人質と脱出、恋愛と戦争とスペクタクル映画特有の醍醐味が詰まっている作品でオススメです。

映画の感想を投稿する

映画「ザヘラクレス」の商品はこちら