「シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

シャーク・プリズン 鮫地獄女囚大脱獄の紹介:2015年製作のアメリカ映画で、女性囚人が謎の鮫から逃れる異色の冒険アクション。アーカンソー州の湿地帯を舞台に、海底から目覚めた太古の鮫が人間たちを次々と襲う。

この映画を無料で観る

シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄の主な出演者

ハニー(ドミニク・スウェイン)、パターソン捜査官(トレイシー・ローズ)、ミシェル(クリスティーン・ヌエン)、アニタ(シンディ・ルーカス)、アダム捜査官(コーリー・ランディス)、カール(ジョン・キャラハン)

シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄のネタバレあらすじ

【起】- シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄のあらすじ1

舞台はアーカンソー州の湿地帯。矯正局のカールとマイクの監視の下、アニタ、シャノン、ミシェル、サラ、サマンサのセクシーな女性囚人たちは穴掘り作業に精を出していました。しかし、その作業中に川に手を洗いに行ったサマンサが謎の巨大鮫に襲われてしまいます。湿地帯で行われた油井爆破の影響で、巨大鮫が海底から目覚め地上に現れていたのです。カールたちがサマンサを捜索しに行くと、そこには大量の血痕があるだけ。日没が近づいていたためにカールはサマンサ捜索を断念、一行は帰途につくことになりました。ところがその道中、カールとマイクはアニタのレズビアンの恋人ハニーに護送車を襲撃されてしまいます。

それと同じ頃、近くの湿地帯では女性刑事のパターソンとその部下のアダムが謎のバラバラ死体を発見していました。死体の近くにいた生存者は油井爆破を行った業者で死体の男性は同僚だといいます。男性は鮫に襲われたと訴えますが、パターソンたちは沼地に鮫が出るはずがないと相手にしようとしませんでした。

矯正局のカールとマイクを人質にしたハニーとアニタは護送車から別の車に乗り換えようとしますが、ミシェルとシャノンから反発を受けてしまいます。特にミシェルは半年後の釈放と我が子との再会を心待ちにしており、今回の逃亡で刑期が延びることを恐れていたのです。マイクはミシェルたちが揉めている間に逃亡し、湿地帯の地底に辿り着きます。マイクは沼で水分補給しますが、その直後に巨大鮫に襲われ命を落としてしまうのでした。 この映画を無料で観る

【承】- シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄のあらすじ2

ハニーたちは沼地の奥にある隠れ家に到着します。そこはハニーが老人から略奪した家で、中には食料や家具が完備されていました。カールは一夜中椅子に縛りつけられてしまいますが、女囚たちはそれぞれ思い思いの時間を過ごしていました。サラ、ミシェル、シャノンはホットタブにつかり、ハニーとアニタはお互いの愛を確認し合っていました。

翌朝、サラはひとり外に出て沼地でのんびりと過ごしていました。しかし、サラは突然何者かの気配を感じ逃げようと試みますが、沼だけでなく地表すら自由に移動する巨大鮫に命を奪われてしまうのでした。女囚たちは片足を失い絶命したサラの死体を発見し、恐怖に怯え始めていました。遺体から出てきた鮫の歯を見て混乱する女囚の前に、地質学の教授と助手を名乗る男二人組が現れました。ハニーは男たちを拉致し尋問を開始。男たちの話によれば、油井爆破により地表と海底の間にヒビが生じ、そこから太古の鮫が目覚めたというのです。

女囚たちは隠れ家から逃げようとしますが、すでに家の周りには鮫が迫っていました。逃げ場がなくなり意気消沈するシャノンに、教授の助手のジョンが励ましの言葉をかけます。絶体絶命の状況下で二人は静かに愛し合い始めるのでした。

【転】- シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄のあらすじ3

ミシェルとカールは隠れ家の中で大量の銃器を発見します。女囚たちとカール、そして地質学者二人組はこの武器を持って裏の洞穴に逃げ込むことを考えつきます。家の周辺には複数の鮫が待ち構えており、脱出は困難に思われました。しかし、一行は鮫が人間の血に集まる習性を利用することを考えます。人間の形を模った爆弾にカールの体から採取した血を塗りつけ、それを鮫が集まったところで爆発させたのです。しかし、洞穴に向かう途中で教授が転倒してしまいます。鮫に襲われそうになっている教授を助けるためにジョンは鮫をおびき寄せ、自らの命を犠牲にします。シャノンは愛するジョンを失い泣き崩れるのでした。

一行が洞穴に脱出して間もなく、パターソンらが矯正局からの通報を受けて隠れ家に到着しました。しかし、パターソンらの車は巨大鮫からの体当たりを受け、すぐにその場から退却します。鮫の姿をこの目で見た二人は、昨日のバラバラ死体の証言を思い出し巨大鮫の存在を確信します。そして、パターソンらはGPSを用いてハニーたちが洞穴に入ったと推測し、その出口へと車を走らせるのでした。

【結】- シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄のあらすじ4

一行は洞穴の中をさまよい歩き続け、やっと出口を見つけ出します。しかし、出口に向かうには腰の高さほどの水位の沼が広がっていました。この沼を渡るためにカールたちは途中にあった打ち捨てられた小型ボートの回収に向かいますが、その途中で教授が鮫に襲われ殺されてしまいます。それでもカールたちはくじけずボートを使って出口へと向かい始めました。まず、カール、そしてミシェル、シャノンと次々と出口に到着していきます。残ったのはハニーとアニタの二人組でしたが、出口を直前にしてアニタが突然カールたちに発砲を開始。アニタはカールが自分を見下しリーダーシップを取っていることが気に入らなかったのです。ところが、その拍子にアニタとハニーは沼に落ち、アニタは鮫に襲われてしまいます。

カールとミシェルは無事でしたが、シャノンがアニタの発砲で命を落としていました。洞穴から出たカールとミシェルはもはや監視人と女囚という関係ではなく、戦友のような関係になっていました。カールはシャノンたちの死を悼みつつ、ミシェルに子どもの元へ帰るよう告げます。ミシェルはその言葉通り、カールの前から姿を消し我が子が待つ家へと向かうべく走り去って行きました。間もなく、カールはパターソンらに保護され、自分以外すべて死んだと伝えるのでした。しかし、洞穴の中には生存者がまだいました。「ふざけんな!」と叫びながら、ハニーが洞穴の沼から生還したのです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

女囚たちの無駄なセクシーさ、刑事同士の的を射ない会話、極限状態の中生まれたロマンスが簡単に終焉してしまうなど、どこか笑いを誘うストーリー展開です。死体や舞台のつくりもいまいちの完成度で、それによってさらに映画のB級感が良い意味で増しています。アクション映画というジャンルではありますが、観る人によってはとても楽しいコメディ映画になると思います。

映画の感想を投稿する

映画「シャークプリズン鮫地獄女囚大脱獄」の商品はこちら