「シン・シティ 復讐の女神」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

シン・シティ 復讐の女神の紹介:2014年制作のアメリカ映画。2005年の映画『シン・シティ』の続編にあたる。4つのエピソードを描く。2015年1月10日、日本公開。

この映画を無料で観る

予告動画

シン・シティ 復讐の女神の主な出演者

エヴァ・ロード(エヴァ・グリーン)、ナンシー(ジェシカ・アルバ)、マーヴ(ミッキー・ローク)、ドワイト(ジョシュ・ブローリン)、ジョニー(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)、ハーティガン(ブルース・ウィリス)、ゲイル(ロザリオ・ドーソン)、ロアーク上院議員(パワーズ・ブース)

シン・シティ 復讐の女神のネタバレあらすじ

【起】- シン・シティ 復讐の女神のあらすじ1

(本編放映前に、簡単な前回のおさらいがあります)
ベイ「シン(罪)」・シティは悪が横行する都市です(『シン・シティ』参照)。
【ザ ロング バッド ナイト】
自尊心の強いギャンブラー・ジョニーがシン・シティに来ました。元手をスロットで増やしたジョニーは、ストリッパー・マーシーを同行させ、シン・シティ最大の権力者・ロアーク上院議員にポーカーを挑みます。
ゲームには勝ちますが生意気な態度でロアークを怒らせたジョニーは、右手の指の骨を折られ、右太ももに銃弾を撃ち込まれました。
闇医者・クローニグに簡易処置をして貰ったジョニーが帰宅すると、マーシーが殺されてバラバラになっていました。

【承】- シン・シティ 復讐の女神のあらすじ2

ジョニーは復讐で再びロアークにポーカーを挑み2度目の勝利を得ますが、頭に銃弾を撃ち込まれ死亡しました。
【ジャスト アナザー サタディ ナイト】
後に自殺した刑事・ハーティガンが、魅力的な女性に成長したかつての被害者・ナンシーをつけ狙うイエロー・バスタードというロアークの息子と対決した夜のこと…。
マーヴは刑務所から脱走し、夜の高速道路を愛車で疾走していました。マーヴはこれからは善行に生きると決意し、早速弱い者苛めをする若者を懲らしめます。
【ア デイム トゥ キル フォー】
今は探偵業をするドワイトに、資産家・ダミアンと結婚した元恋人・エヴァから電話がありました。4年振りの再会です。

【転】- シン・シティ 復讐の女神のあらすじ3

エヴァは残忍な執事・マヌートの暴力を受け、ダミアンはそれを見物する不幸な結婚生活を送っていると訴えました。
ドワイトはマーヴの手助けを得てダミアンの邸宅に乗り込み、ダミアンを殺します。しかしこれは罠で、エヴァはダミアンの遺産が目当てでした。
エヴァは刑事をも誑しこみ、ドワイトを殺そうとします。瀕死の重傷を負ったドワイトは、警察が介入できない娼婦街オールド・タウンに逃げ込み、かつての仲間の娼婦・ゲイルと殺人兵器ミホに助けられました。
エヴァはマフィアのボス・ウォレンクイストに近寄り、更に権力を得ようとします。
傷が癒えたドワイトは、ゲイルやミホと共に再び乗り込み、今度はエヴァを殺しました。 この映画を無料で観る

【結】- シン・シティ 復讐の女神のあらすじ4

【(無題オリジナルストーリー)】
街一番のストリップダンサー・ナンシーは無為な生活を送りました。愛した刑事・ハーティガンを思い「一緒にいると言ったのに」と、ナンシーは悲嘆に暮れつつ酒を呷ります。
ナンシーの傍には、死んでもなおハーティガンの霊が寄り添いました。しかし皮肉なことに、ナンシーはそれを知りません。
ナンシーは事の発端であるロアークへの復讐を誓い、自分の顔に傷をつけマーヴに訴えます。マーヴはナンシーに銃の技術を教えました。
ロアーク邸に乗り込んだナンシーはピンチに陥りますが、とどめを刺そうとしたロアークは鏡に映るハーティガンの姿に動揺し、その隙にナンシーはロアークに復讐を果たしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「シン・シティ 復讐の女神」の商品はこちら