「ジェイソンボーン5」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ジェイソン・ボーンの紹介:2016年10月7日公開のアメリカ映画。マット・デイモンが最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンを演じたシリーズ前3作の流れを継ぐサスペンスアクション。すべての記憶を取り戻したはずのボーンが、自身の家族を巡る謎や、新たな敵に挑む姿を描く。トミー・リー・ジョーンズらが新たに加わり、シリーズ2作を手がけたポール・グリーングラスが監督を務める。

この映画を無料で観る

予告動画

ジェイソンボーン5の主な出演者

ジェイソン・ボーン(マット・デイモン)、ニッキー・パーソンズ(ジュリア・スタイルズ)、ヘザー・リー(アリシア・ヴィキャンデル)、アセット作戦員(ヴァンサン・カッセル)、ロバート・デューイCIA長官(トミー・リー・ジョーンズ)、リチャード・ウェッブ(グレッグ・ヘンリー)、アーロン・カルーア(リズ・アーメッド)、クレイグ・ジェファーズ(アトー・エッサンドー)、エドウィン・ラッセル情報長官(スコット・シェパード)、ジョン・バロウズ(ロバート・スタントン)、マルコム・スミス(ビル・キャンプ)、クリスチャン・ディソルト(ヴィツェンツ・キーファー)

ジェイソンボーン5のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①元CIA仲間の女性ニッキーがCIAのハッキングをし、トレッドストーンとアイアンハンドの2つの作戦を入手し、ボーンに託して死んだ。父を殺されたと聞いたボーンは事実だと知る。 ②アメリカではデューイCIA長官がアイアンハンド作戦を実行しようとしていた。女性捜査官リーと協力して長官を殺したボーンは、リーの誘いを断って去る。

【起】- ジェイソンボーン5のあらすじ1

若い男ジェイソン・ボーンは地中海マルセイユ沖で漁船に助けられました。ところが自分に記憶がないことに気づきます。
自分の体内に埋め込まれたチップが原因で追われる身となったボーンは、マリーという女性と出会い、パリまで車に乗せてもらいました。
マリーと愛し合うようになったボーンですが、マリーは殺されます。
ボーンは自分の正体がCIA(アメリカ中央情報局)の捜査官で、「トレッドストーン(踏み石)作戦」に参加していた最強の暗殺者と知りました(『ボーン・アイデンティティ』など参照)…。
…あれから数年の時間が経過しました。
中年となったボーンは現在、ストリート・ファイターをしています。ボーンは賭けの対象となって、相手の男と1対1の素手の勝負をするのです。
ギリシャとアルバニアの国境。
ファイト・クラブで、ボーンは開始直後、相手の男をたったパンチ一発で倒しました。
同じ頃。
アイスランド・レイキャビク。
ボーンと同じトレッドストーン作戦に参加していた元CIAの捜査員の女性ニッキー・パーソンズは、ハッカーがつどう基地でCIA本部のデータをハッキングします。
ニッキーが得たのは、過去に行なわれた「トレッドストーン作戦」と、これから行なわる予定の「アイアンハンド作戦」のデータでした。ダウンロードを開始します。
アメリカ合衆国・ヴァージニア州、CIA本部。
ハッキングがなされたことはすぐに判明しました。若い女性の捜査官ヘザー・リーはすぐにシャットダウンと逆探知を開始します。
逆探知によってアイスランドからハッキングされたと気づき、その基地の送電停止の措置を取りましたが、機密作戦2つはUSBメモリーにダウンロードされました。リーはかろうじて追尾ソフトをつけることに成功します。
アイスランドでは送電が停止されて、居合わせたハッカーたちは動揺しますが、ニッキーはアクセスしたパソコンに油を撒いて火をつけ、早々に逃げました。
初老の男性ロバート・デューイCIA長官は、スノーデン級のハッキングがあった報告を受けます。ディープドリーム社にも影響があったと聞かされました。ディープドリーム社は、シリコンバレーにあるIT企業です。
その後、リーはハッキングの履歴を閲覧し、ハッカーが30代前半の元CIA女性局員ニッキー・パーソンズだと突き止めます。
それをデューイ長官に報告し、ニッキーが現在レイキャビクからアテネへ移動中だと告げると、デューイ長官は暗殺命令を出しました。追尾装置を付けたリーが現場責任者に志願しますが、デューイ長官は「情報長官の前で自分を売り込むな」とたしなめた後、リーに現場を任せると言います。
その一方で、デューイ長官はイタリア・ローマにいる作戦員・アセットに連絡を取り、ローマの仕事を早々に片付けて、アテネに行けと命令しました。ボーンが絡む事件だと言うと、アセット作戦員は行くと答え、暗殺を完了させて移動します。
アセット作戦員はボーンに恨みがありました。アセットがブラックブライアー作戦に就いていた時にボーンが暴走させたせいで、アセットは2年もの間、シリアに監禁され拷問を受けていたのです。そのため、なんとしてもボーンに復讐したいと思っており、デューイ長官はアセット作戦員の復讐心を利用します。 この映画を無料で観る

【承】- ジェイソンボーン5のあらすじ2

ギリシャ・アテネ。
地下室でファイト・クラブをしていたボーンは、客の中に見知った顔を確認し、相手の男を倒すと、その女性・ニッキーの姿を探しました。ニッキーは会場には既になく、ボーンの荷物に「1時間後 シンタグマ広場のキオスクで」というメモが残されていました。
シンタグマ広場では機動隊とデモ隊が衝突し、大々的な騒ぎとなっています。その騒動の最中にニッキーに接触したボーンは、「ディソルトの指令でCIAの機密指令ファイルを手に入れた」と聞かされました。
CIAではアイアンハンドという新たな作戦を始動させるつもりだとニッキーはボーンに告げますが、ボーンは食い付きません。
ニッキーはボーンを参加させるため、ある事実を釣り餌にしました。ジェイソン・ボーンことデビッド・ウェッブ(これがボーンの本名)の父・リチャード分析員がトレッドストーン作戦に関与していたこと、そしてそれが元で殺されたこと、デビッド・ウェッブがトレッドストーン作戦の以前から監視されていたこと…「ファイルを読めば、何をされたかが分かる」と言われ、ボーンは動揺します。というのも、今まで父・リチャードはテロに巻き込まれて死んだと思っていたからです。
CIA本部ではリーが監視カメラを総動員してニッキーとボーンが接触したことを知り、実行部隊を派遣しました。追っ手がかかったと知ったボーンとニッキーは、アテネ像の前で合流することを約束し、二手に分かれます。
ボーンはデモ隊と警官隊の騒動を利用して、まずA班を倒しました。その際に地元警官隊に見られ、ギリシャの警官にも追われることになります。
ボーンは警官の白バイを奪って逃走し、放水車(デモを鎮圧するために出動していた)をかいくぐって逃げました。白バイに積んであった銃を使い、B班も倒します。
ニッキーを拾って白バイに乗せたボーンですが、そこへローマから駆け付けたアセット作戦員が到着し、追跡を開始しました。逃走ルートはギリシャ政府が非常事態宣言を出したためにあちこちで道路が封鎖されており、追いつめられたボーンとニッキーは、アセット作戦員の車が通行できない階段を使います(白バイならのぼれる)。
アセット作戦員の車は石段に追突して大破しました。アセット作戦員は2人がオモニア広場に行くと踏み、狙撃の構えを取ります。
目星をつけた地点に2人が到達した時に狙撃し、ニッキーが銃弾に倒れました。重態のニッキーはボーンに「行け」と言ってコインロッカーのキーを放り、再び狙撃されてボーンの目の前で死にました。ニッキーを救えなかったボーンは落胆します。
ボーンがコインロッカーを開けに行くと、中には拳銃と暗号化されたデータ、ニッキーが地道に調査した手帳がありました。手帳を見たボーンは、ドイツ・ベルリンのコルヴィッツプラッツに住むニッキーの仲間のところへ行き、スキンヘッドの男・ディソルトにパソコンを開くのを頼みます。
ディソルトはデータを開くと、アップロードして悪事を暴くので残しておくようボーンに頼みますが、ボーンは断りました。
トレッドストーン計画の資料を見たボーンは、計画の新規候補者は監視下に置かれていたことや、自分の父・リチャードが発案者であったこと、自分の監視員はマルコム・スミスだったと知ります。

【転】- ジェイソンボーン5のあらすじ3

父・リチャードはベイルートでテロに巻き込まれて死んだと思っていたのですが、違う可能性も出てきました。データを奪おうと襲ってきたディソルトを倒し、マルコム・スミスの居場所を検索すると、在ロンドンと表示されます。
ところでUSBのファイルが開いた瞬間から、追尾ソフトでCIAのリーに察知されていました。デューイ長官は周辺の監視カメラを作動させ、ボーンを確認します。
リーは部屋のディソルトの携帯電話を使って電波を飛ばし、パソコンのファイルを削除しました。
そしてボーンの携帯に電話したリーは、真の目的をボーンに問いただそうとします。しかしボーンは答えず、電話がリーからデューイ長官に代わると無言で切りました。デューイ長官はボーン殺害を地元チームに命じます。
リーはボーンの目的が、CIAの妨害とはどうしても思えませんでした。またデューイ長官がボーン殺害に固執するのを見て、不審に思います。
そこでボーンの携帯に「現地チームが2分でそこへ」と送信しました。ボーンは逃亡します。
ハーシュ博士の、ボーンの分析データを読んだリーは、ボーンがCIAに復帰する可能性が高いとデューイ長官に指摘しますが、それでも長官は殺害を命じました。
…少し時間を戻します。
シリコンバレーにあるディープドリーム社は、このたび全く新しいSNSを開発しました。CEOのアーロン・カルーアは市場調査などに反映されない、全く監視されない理想のSNSだと発表しますが、これは表向きの話です。アーロン・カルーアはCIA技術専門家なのは内実で、デューイ長官に圧力をかけられていました。ディープドリーム社のSNSを提出させて、より強固な監視システムを作るのがCIAの狙いでした。ディープドリーム社のSNSデータを利用して世界的な監視システムを作ることが、アイアンハンド計画です。
ところがカルーアはそうしたCIAの体質に辟易しており、デューイ長官の計画に首を縦に振りませんでした。そこでデューイ長官はカルーアを独占禁止法違反で逮捕させ、圧力をかけます。
イギリス・ロンドン。
さて、ボーンは自分を監視していたという男性マルコム・スミスと接触しました。マルコムは現在、民間企業に勤めています。
パディントン広場を指定したボーンは、周囲のビルに携帯電話式の小型爆弾を仕掛け、火災報知機を作動させました。周辺一帯の混乱に乗じてマルコムと会い、ボーンをトレッドストーン作戦から切り離そうとした父・リチャードが殺されたと知ります。
リーはボーンを捕獲しようとして捜査員を導入しますが、デューイ長官の派遣したアセット作戦員が全滅させ、さらにボーン殺害も狙いました。マルコムは殺害され、ボーンは建物の5階から転落します。電線を使って衝撃を和らげたものの石畳に落ちてダメージを受けたボーンは、事前に資料を盗み見て顔を知るCIAのリーの車に乗り込みました。そこで、リーもデューイ長官を疑っており、長官がカルーナと会うためにベガスへ向かっていると聞き出します。

【結】- ジェイソンボーン5のあらすじ4

アメリカ合衆国・ネバダ州ラスベガス。
リーの手配で、ボーンはクリストファー・マイケルズという名で無事に入国できました。
イベント会場には、ボーン、デューイ長官、リー、アセット作戦員が一堂に会します。
ディープドリーム社のイベントは、大勢のマスコミが押し寄せていました。今度発表されるSNSのことが話題性を呼んでいます。
ボーンは会場に展示されているダート追尾装置や隠しカメラを盗み、追尾装置を擦れ違ったリーのポケットに入れると「左ポケットの追尾装置をデューイへと」と指示しました。リーは長官に会います。
記者会見を始めたCEOカルーアは、その席上でCIAの企みを発表しようと考えます。「ディープドリーム社の癌」という話を始めたカルーアを見て様子がおかしいと気づいたデューイ長官は、リーとカルーアの殺害を指示しました。
会場の左上に位置する通風孔からアセット作戦員は狙撃しようとし、カルーアを狙って銃を撃ちます。それとほぼ同時にボーンが壇上に現れ、通風孔に狙いをつけました。現場は大混乱に陥ります。
デューイ長官は自室に避難しました。リーから聞き、ボーンは58階の長官の部屋に向かいます。
ボーンと対峙したデューイ長官はCIAへの復帰を促しますが、ボーンは拒否しました。
突入してきたアセット作戦員をボーンが撃ち、その隙にボーンを撃とうとしたデューイ長官をリーが撃ちました。ボーンはアセット作戦員に腹部を撃たれており、リーから銃を受け取ってアセット作戦員を追跡します。
ボーン殺害に失敗したアセット作戦員は、SWATの装甲車を奪って逃げ始めました。一旦退散して、再度ボーン殺害のチャンスを狙うつもりです。ボーンも普通乗用車で追跡し、繁華街でカーチェイスが展開されました。
装甲車は一般車両を次々に薙ぎ払いながら突進します。ボーンは一度は装甲車の前に回りこんで止めますが、装甲車の威力が強く、止められません。
アセット作戦員の乗る装甲車をヘリが狙い始めたので、作戦員は地下道へもぐりました。地上へ出た瞬間に、ボーンの乗る車が上から降ってきて、ボンネットに覆いかぶさります。
ボーンの車は横転しますが、装甲車もカジノ『リヴィエラ』に突っ込んでしまいました。アセット作戦員は車を捨てて、走って逃げます。
カジノの地下で肉弾戦に突入したボーンは、首を絞められて窮地に追いやられますが、体制を反転させて上になり、アセット作戦員の首を折って殺しました。
これで、ボーンの敵のデューイ長官もアセット作戦員もいなくなりました。
…後日。
ディープドリーム社のCEOカルーアはヴァレー病院に運ばれて、回復しました。マスコミに「ディープドリーム社の癌」の内容を聞かれ、誤魔化します。
リーはエドウィン・ラッセル情報長官に会い、次のCIA長官の任命は情報長官に一任すると告げた後、自分は今回の件でボーンに信頼を得たので、ボーンを呼び戻す自信があると主張しました。もし呼び戻せない場合には、ボーンを始末するとも言いました。
情報長官の乗る車から降りたリーのところへ、ボーンが現れます。
リーは「渡すものが」と言って、ボーンの父・リチャードの殉職者の星の勲章のレプリカを渡しました。
CIAの体質は変化したと指摘したリーは、愛国者のボーンこそがこれから求められると言って、CIAに戻るよう説得します。
ボーンは「考えてみる」とだけ言って立ち去りました。「連絡方法は?」とリーが尋ねても答えません。
車に戻ったリーは、助手席にハンドカメラが置かれているのに気づきました。そこには先ほど情報長官とやりとりした会話と、車の後部が映っていました。ボーンはリーの企みに気づいたことを、ハンドカメラで示しており、それを知ったリーは唇を噛みしめました。

みんなの感想

ライターの感想

無駄なものは一切そぎ落とし、アクションやカーチェイスなど『ボーン』シリーズの見どころは残したまま、ぎゅっと凝縮した123分。すばらしい。
マット・デイモン…シリーズの第1弾『ボーン・アイデンティティ』のときと較べると…やっぱり老けたよねえ。顔がアップになるとそう感じた。
でもまだまだアクション映画はやれそう。というわけで、続編、作ろうと思えばまだまだ作れる感じ。
過去の確執がもろ影響してくるので、いままでの作品(『ボーン・レガシー』を除く)はすべて見て復習しておいたほうが判りやすいかも。
ラストのカーチェイス、装甲車がぼこぼこと一般車両を追突してどけていくシーンは、すごかった! 装甲車あんなに頑丈なのか!

映画の感想を投稿する

映画「ジェイソンボーン5」の商品はこちら