「ジャンゴ繋がれざる者」のネタバレあらすじ結末

ジャンゴ 繋がれざる者の紹介:2012年公開。解放された奴隷と賞金稼ぎが手を組み、生き別れになった妻を取り戻す姿を描いた作品。アカデミー賞では脚本賞、クリストフ・ヴァルツが助演男優賞を受賞した。興行収入は4億ドルを超える大ヒットとなった作品。監督・脚本は「イングロリアス・バスターズ」のクエンティン・タランティーノ。出演は、「Ray/レイ」のジェイミー・フォックス、「レヴェナント:蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオ、「ジャッキー・ブラウン」のサミュエル・L・ジャクソンなど。

予告動画

ジャンゴ繋がれざる者の主な出演者

ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)、カルビン・キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)、キング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)、ブルームヒルダ(ケリー・ワシントン)、スティーヴン(サミュエル・L・ジャクソン)、ビッグ・ダディ(ドン・ジョンソン)、アメリゴ・バセッピィ(フランコ・ネロ)

ジャンゴ繋がれざる者のネタバレあらすじ

【起】- ジャンゴ繋がれざる者のあらすじ1

時は1859年、奴隷として売られていくジャンゴや黒人達。道中、現れたのは歯医者のキング・シュルツと名乗る男です。
シュルツは賞金首のブリトル兄弟を探していました。彼等のいた農園から逃げ出したジャンゴはブリトル兄弟の顔を知っていたのです。
ジャンゴを譲ってほしいと言うシュルツに、奴隷商のスペック兄弟は話に乗りません。逆に殺すと脅してきたので、シュルツが撃ちます。
兄は死亡し、弟は馬に挟まり骨が折れて身動きが取れません。代金を払ってジャンゴと共に街へと向かいます。他の奴隷達に足鎖の鍵を渡して、奴隷商の後始末を任せます。
街に到着すると酒場に入ります。オープン前に乗り込んで保安官を呼ばれます。脅してきた保安官を撃ち殺すシュルツ。
酒場の主人に今度は連邦保安官を呼べと言います。酒場を囲まれたシュルツとジャンゴ。逃げ場はありません。
手を挙げて出てきたシュルツは事情を説明します。保安官は実は賞金首だったのです。連邦保安官から賞金をもらいます。
ジャンゴは妻のブルームヒルダと別々に売られていました。自由になってブルームヒルダを探し出すことを目的としていました。

【承】- ジャンゴ繋がれざる者のあらすじ2

ブリトル兄弟の顔が分からないシュルツに協力してくれるジャンゴ。変わりにシュルツは賞金をいくらかあげることにします。
従者の衣装を着たジャンゴと、シュルツは大農園に向かいます。シュルツが農園主と大金の取引を持ち掛けます。
二人が話し合いをしている間、ジャンゴは周りを案内してもらいます。偽名を使っていたブリトル兄弟を見つけます。
黒人達に暴力をふるっている姿を見たジャンゴは兄弟の二人を始末します。シュルツが駆け付け、最後の一人を狙撃します。
事情を説明して出て行きます。その夜、農園主達はシュルツの馬車を大勢で襲いに来ます。爆薬を仕掛けて罠を張って返り討ちにしてやります。
シュルツは冬が終わるまで、一緒に賞金稼ぎの仕事をしないかとジャンゴを誘います。金を貯めた後、ブルームヒルダを助けに行こうと言います。シュルツはジャンゴに自由を与えたことに責任を感じていたのです。
賞金首のバコールを見つけて、シュルツはジャンゴに銃を撃たせます。その時にバコールと一味の指名手配書をジャンゴに読ませます。
賞金をもらったシュルツとジャンゴ。冬が終わってブルームヒルダを探しに行きます。グリーンヒルの市場で調べると、彼女はカルビン・キャンディに買われたことが分かります。

【転】- ジャンゴ繋がれざる者のあらすじ3

シュルツはただ単に買いに行っては売ってもらえないと考えます。なので奴隷デスマッチに興味があって、強い黒人を買いたい人間を装います。
ジャンゴはデスマッチに詳しい奴隷商のフリをします。シュルツはキャンディの弁護士を通して、会いに行くことにします。
そこでは生死をかけた黒人奴隷同士の戦いが繰り広げられていました。キャンディは、強い奴隷はキャンディランドにいると案内します。
移動中、シュルツはキャンディランドにブルームヒルダがいることに気づきます。そして、逃亡をはかった黒人が犬に食われて殺されます。
屋敷に到着して、スティーヴンが自由人のジャンゴを見て怒り出します。奴隷である黒人に部屋を用意してくれと言われて、更に怒ります。
シュルツはドイツ語の話せるブルームヒルダを部屋に連れてきてほしいと頼みます。事情を説明して、ジャンゴを見たブルームヒルダは気絶してしまいます。
晩餐会が開かれて、シュルツは3番手の強い黒人を買うことを決めます。弁護士に契約書を書いてもらうのに5日はかかると知らせます。
気分を良くしたキャンディに、ブルームヒルダも買いたいと話します。しかし、スティーヴンはジャンゴとブルームヒルダが知り合いであることに気づきます。キャンディを書斎へ呼びます。

【結】- ジャンゴ繋がれざる者のあらすじ4

スティーヴンはジャンゴとブルームヒルダが夫婦であることに感づきます。そして、本当の目的はブルームヒルダであると話します。まだお金をもらってないことから、彼らが騙そうとしていると言います。
時間を無駄にされたキャンディは激怒します。シュルツとジャンゴは銃を突き付けられ、強い黒人の男性を買う金額の1万2000ドルをブルームヒルダの金額として払わされます。
売買証明書を弁護士に書いてもらって、シュルツは帰ろうとします。プライドがぶつかり合って、キャンディは握手しないと取引は成立しないと言い出します。
我慢のできなくなったシュルツはキャンディをぶっ殺します。そこからは銃撃戦の嵐で、シュルツは死に、キャンディの部下達がジャンゴを取り囲んできます。
ブルームヒルダを人質に取られてジャンゴは降伏します。世にも恐ろしい奴隷商に売られて、毎日休まず岩を砕く仕事に就かされることになります。
道中、ジャンゴは奴隷商にバコール一味の手配書を呼んで、屋敷にいることを説明します。大金を稼げるぞと持ち掛けて、話しにのった奴隷商達。銃を渡されて裏切ったジャンゴは彼等を皆殺しにします。
屋敷に戻って、キャンディの手下を撃ち殺します。シュルツの死体から売買証明書を受け取ります。
ブルームヒルダを救い出して、黒人達を逃がします。キャンディの姉と手下を殺し、スティーヴンの足を撃ちます。
身動きできないスティーヴンを残して、屋敷をダイナマイトで爆破します。ジャンゴとブルームヒルダが旅立ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は迫力のある銃撃シーンです。ジャンゴを救う時のシュルツの銃撃の速さには驚きます。
また、ジャンゴは早撃ちの名人となり、キャンディの手下達を瞬く間に倒していく場面が圧巻の一言です。
面白かったのは、シュルツの馬車の歯のオブジェです。馬車を動かしているとバネで動く姿が可愛らしかったです。しかも、中が開けれる仕組みになっていて最後は爆薬を仕掛けていました。便利で可愛らしいオブジェで欲しくなりました。
ストーリー展開で驚いたのは、いきなり保安官を撃ったシュルツの場面です。後から賞金首だったことが分かって納得しましたが、いきなり保安官撃った時はかなり驚いてしまいました。
他にも、スティーヴンが騙してるのに気づいた時はシュルツ達は終わりだと思いました。売買証明書が書かれて、これで終わりだと安心したと思ったら、シュルツとキャンディのプライドがぶつかり合います。
我慢できなかったというシュルツのセリフの後、スローモーションになってからの銃撃戦。緩急をつけた驚きの場面に圧倒されました。
黒人の奴隷制度に関わる問題が描かれている作品でもあります。この映画で描かれている全てが歴史上と同じでないにしろ、同じ人間がこれほど差別していいものなのかと憤りを感じました。
最後まで見終わって、シュルツには生き残って欲しかった気持ちがありましたが、ジャンゴとブルームヒルダが一緒になれて良かったです。タランティーノ監督の作品の中で大ヒットしたこともあって、面白くて多くの人に勧めたい映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ジャンゴ繋がれざる者」の商品はこちら