「スパイダーマンホームカミング」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン:ホームカミングの紹介:2017年のアメリカ映画。マーベル・コミックのスーパーヒーロー「スパイダーマン」の劇場用作品で、過去に制作された同名作品との関連のないリブート(再始動)シリーズの一作目である。配給は過去のスパイダーマン作品と同じくソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントだが、新たにマーベルスタジオとのパートナーシップを締結したことで、同社が展開するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズに属することとなり、同シリーズのキャラクターや世界観を共有することとなった。同シリーズ作品としては第16作目にあたり、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』から続く物語が描かれる。これにより、過去に製作されたスパイダーマン作品と違って主人公がヒーローとなるに至った理由などは一切描かれていない。監督は『クラウン Clown』『COP CAR/コップ・カー』の新鋭ジョン・ワッツ。本作は長編3作目にあたる。

予告動画

スパイダーマンホームカミングの主な出演者

ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)、エイドリアン・トゥーマス/バルチャー(マイケル・キートン)、ネッド・リーズ(ジェイコブ・バタロン)、 ハーマン・シュルツ/ショッカー(ボキーム・ウッドバイン)、トニー・スターク/アイアンマン(ロバート・ダウニーJr)、ハッピー・ホーガン(ジョン・ファバロー) メイ・パーカー(マリサ・トメイ)、リズ・アラン(ローラ・ハリアー)、ミシェル・ジョーンズ(ゼンデイア)

スパイダーマンホームカミングのネタバレあらすじ

【起】- スパイダーマンホームカミングのあらすじ1

『アベンジャーズ』第一作で描かれた、アベンジャーズと地球を侵略したエイリアン「チタウリ」のニューヨークでの戦いの直後から物語は始まります。破壊された跡地で、トゥーマスという回収業者が放棄されたチタウリのメカを解体していました。彼は娘が描いた絵を部下たちに見せ、家族のために仕事をしていると言いつつ、チタウリのハイテク装置を密かに回収していました。しかしそこに国防省の役人が現れ、トゥーマスたちの作業を取り上げてしまいます。役人たちはアベンジャーズの一員でもあるスターク社社長トニー・スタークの依頼を受けたのだと言い、トゥーマスたちにチタウリの残骸を置いて立ち去るよう命じました。
やむなくその場を後にしたトゥーマスたちでしたが、彼は密かにチタウリの機械の一部を持ち出していました。そして8年後、トゥーマスたちはチタウリの技術を応用したハイテク飛行装置ヴァルチャースーツを密かに造り出していました。
一方、ミッドタウン高校に通う15歳の少年ピーター・パーカーは、トニー・スタークの部下ハッピーに連れられてヨーロッパを訪れていました。生まれて初めての海外旅行に舞い上がるピーターは、さらにスタークから新しいスパイダーマン・スーツを貰い、キャプテン・アメリカ率いる一行と対決したのです。
スタークは戦いが終わった後も興奮さめやらぬ彼を自宅まで送ります。ピーターは次の任務にも参加する気まんまんでしたが、スタークは必要になったら呼ぶから、当面はご近所のヒーローとして頑張れと指示し、立ち去りました。
それから2ヶ月後、ピーターは以前のように学校生活を送りながらも、次の任務のことばかり考えていました。科学の実験中に密かにクモ糸を製作しつつ、オタク仲間のネッドの誘いも断り、所属している学力コンテスト・チームも辞めてしまいます。そして放課後となると学校を飛び出し、スタークからもらったスーツを着てヒーロー活動に励むピーターでした。しかし街に大きなトラブルはなく、せいぜい自転車泥棒を捕まえたり、お婆さんに道を聞かれる程度。時には自動車泥棒と間違えて自分の車のドアをこじ開けようとする男を捕まえてしまうことも。ハッピーに何度も電話しては留守電に次の任務のことを聞くピーターでした。
そんなある日、ピーターは街で銀行のATMを襲う一団を見つけ、捕まえようとしました。相手はアベンジャーズのマスクをつけた見るからにチンピラ然とした連中で、最初は余裕で相手できるかと思われましたが、彼らは見たこともないハテイク兵器を用意していました。なんとか強盗は阻止したものの武器が暴発し、近くにあったサンドイッチ店が破壊されてしまいます。慌ててピーターは店の主人を助けにいきましたが、その間に強盗には逃げられてしまいました。
ピーターはそのことをハッピーに報告しましたが、ご近所のトラブルと思われ相手にして貰えません。しかも路地裏に隠しておいたバッグと着替えがいつの間にかなくなり、ピーターはやむなくスパイダーマンスーツのまま自宅に戻り、密かに自室の窓から室内に入りました。ところがそこに遊びに来たネッドがいたのです。
スパイダーマンであることを知られたピーターは、そのことを秘密にするようネッドに頼みました。ネッドはメイ叔母さんにも秘密なのかと訊ねました。ピーターの育ての親で、唯一の肉親であるメイ叔母さんですが、ピーターは心配をかけたくないからと答えます。
ネッドを追い返した後、ピーターはメイ叔母さんと一緒に食事に出ます。美人のメイ叔母さんはウエイターからサービスされていましたが、ピーターはレストランのテレビに映った強盗のニュースに表情を曇らせます。メイ叔母さんはこの近所で起きた大事件を案じ、ピーターにも用心するように言いました。
翌日からさっそくピーターはネッドにあれこれ訊かれるようになりました。ネッドはヒーローの相棒役を志願しましたが、ピーターは「僕は一人で大丈夫」と断ります。
体育の時間もネッドはしつこくピーターにすがっていましたが、その途中、同じ授業を受けていた学園の人気者の女子生徒リズが友達とヒーローの話をしているのを耳にします。リズがスパイダーマンを好きだと言うのを聞いたネッドは、思わず「ピーターがスパイダーマンの友達」と言ってしまいました。そしてピーターはリズのホームパーティに招待され、スパイダーマンを連れてくると約束してしまいます。

【承】- スパイダーマンホームカミングのあらすじ2

パーティーの当日、ピーターはメイ叔母さんに送ってもらって、ネッドとともにリズの家を訪れます。既に招待された同級生たちで一杯で、リズは二人を歓迎してくれましたが、意地悪なクラスメートのフラッシュはDJをやりながらピーターを馬鹿にする言葉を投げつけ、早くスパイダーマンを呼べとからかいます。ネッドにも急かされ、ピーターはいったん家の外に出てスパイダーマンとして登場する用意をしましたが、ふと我に返って自分の愚かさに気づいてしまいます。
と、その時、遠くで怪しい光が起きました。ピーターは様子を見るためそちらに向かいます。そこでは、トゥーマスの手下の男がチタウリの技術で作られた武器を地元のギャングに売りつけようとしている所でした。物陰から隠れて見守っていたピーターでしたが、なかなかパーティ会場に現れないことに不審をいだいたネッドが電話をかけてきます。その着信音に、トゥーマスの手下たちは罠だと勘違いして地元のギャングに銃をつきつけました。ピーターは慌ててその場に飛び出し、「撃つなら僕を撃て」と言ってしまいます。そして隙を見てスパイダーウェブを発射し、相手の銃を封じました。
トゥーマスの手下たちは車で逃走しましたが、ピーターはスパイダーウェブで相手の車に縋りつき、必死に追撃します。その攻防で敵の武器が破壊され、部品が路上に落ちました。
さらにピーターが車を追跡しようとしたところに、ヴァルチャースーツを装備したトゥーマスが現れ、ピーターを上空へと運んでしまいます。するとピーターのスーツからパラシュートが開き、ヴァルチャーのもとから脱出に成功、ピーターはそのまま湖に落下してしまいました。
パラシュートが絡んで危うく溺れかけたピーターでしたが、飛来してきたアイアンマンが湖に飛び込み、ピーターを助けました。
アイアンマンことトニー・スタークはピーターを岸に運ぶと、スパイダーマンスーツには様々な特殊装備があることや、追跡装置によって発見することができたと説明しました。そしてこのような危険な任務は自重するようお説教をします。
アイアンマンが飛びさった後、ピーターはパーティ会場に戻ろうとしましたが、途中で敵が落とした武器のパーツを発見します。ピーターはスタークに認められるためにも、自分だけで事件を解決しようと考えました。
一方、トゥーマスのアジトに戻った手下たちでしたが、勝手に武器の密売をしてヒーローに目を付けられてしまったことでトゥーマスの叱責を受けました。トゥーマスは反抗的な手下に出て行くよう命じましたが、その男は逆に秘密をバラしてきます。するとトゥーマスはハイテク兵器でその男を殺してしまいました。そしてその男が使用していたハイテク兵器を信頼できる部下のハーマンに与え、この武器を使って「ショッカー」と名乗るよう言いました。
翌日、学校の工作室でネッドとともに武器の部品を解体していたピーターでしたが、そのエネルギーコアの発する信号を受け、ハーマンたちが学校へと現れます。
ピーターは物陰に隠れてそれをやり過ごすと、逆に追跡装置をハーマンに取り付けました。自宅に戻ったピーターはネッドとともに敵の行方を調べましたが、彼らの向かった先は遠く離れたメリーランドでした。
どうやってそこまで行くか考えたピーターとネッドですが、学力コンテスト・チームが全国大会に出場することを思い出します。その全国大会はメリーランド近くのワシントンDCで行われるのです。ピーターとネッドは全国大会に向かおうとする学力コンテスト・チームに急いで参加しました。成績優秀なピーターの飛び入り参加に、部のリーダーであるリズも歓迎し、ピーターとネッドは部の仲間たちとともにワシントンに向かいました。
その夜、ホテルの部屋でピーターはネッドに協力してもらい、スーツの解析から発信機を取り外しました。その途中、ネッドはスーツが「補助輪モード」であることに気づきます。まだヒーロー初心者であるピーターのために、スタークはすべての機能を解放していなかったのです。ピーターはネッドに頼んで補助輪モードを解除してもらいました。
さっそくヴァルチャーたちのアジトに向かおうとするピーターでしたが、ホテルの部屋を出たところでプールに向かうリズや部の仲間たちと遭遇します。明日の決勝を前にリラックスするため、リズたちはホテルのプールで泳ごうとしていたのです。リズはピーターも誘いましたが、任務を前にしたピーターは断ります。リズは「真面目なのね」と言ってプールに向かいました。
天窓からリズたちが泳いでいるのを見守ったピーターは、そのまま信号の場所へと向かいました。すべての機能が解放されたスーツはAIによる女性の声でアドバイスまでしてくれます。

【転】- スパイダーマンホームカミングのあらすじ3

トゥーマスの手下が乗るトラックを発見したピーターは、ひそかに近づいて捕らえようとしますが、スーツの多彩すぎる機能を使いこなせずに近づくことも出来ません。そうこうしているうちに目前を国防省のトラックが通りがかりました。しかもヴァルチャーが降下してきて、トラックの荷台に侵入しました。
ピーターは密かにその後をつけ、ヴァルチャーの後を追ってトラックの中に侵入します。そしてトゥーマスがトラックが運んでいた荷物を強奪するのを阻止しましたが、ヴァルチャーが逃走した時、トラックの天井に頭をぶつけて気絶してしまいます。
目が覚めたピーターは、AIの声によって自分が国防省の格納庫に入れられてしまったことを教えられます。しかも扉は朝まで開かないのです。仕方なくピーターはそのAIにカレンと名前をつけ、彼女のアドバイスに従って新装備の練習をはじめました。
そんな練習にも飽きたころ、カレンはヴァルチャーが奪おうとしたトラックの荷物がチタウリのエネルギーコアで、光を受けると爆発することを知らされます。ピーターは自分たちが拾った部品の中にあったものも同じコアで、それをネッドが持っていることを思い出しました。一刻も早くネッドに知らせて爆発を防がなければなりません。
ピーターはカレンに協力してもらい、格納庫の扉の警備装置を解除してなんとかこじあけ、全国大会の会場へと向かいました。
すでに大会は始まっていて、ピーターは参加できませんでしたが、それでもミッドタウン高校は女子部員ミシェルの活躍によって優勝を決めました。部員一同は優勝祝いでワシントン記念塔へと観光に向かいます。
その間にもピーターはネッドに電話しようとしますが、電話は繋がりません。スパイダースーツを着たまま記念塔に到着したピーターですが、すでにリズとネッドを含む部員一同は記念塔に入った後でした。彼らがエレベーターで上昇する途中、ネッドの背負っていたリュックの中でコアが発動してしまい、強烈なエネルギービームを発生させてエレベーターが破壊されてしまいました。
カレンの報告によってその状況を知ったピーターは、記念塔を外からよじ登り、仲間たちの元へと向かいます。これだけの高い塔に登るのはスパイダーマンの彼にとっても初めての体験でした。既にパラシュートは使用してしまったため、落ちたら即死です。
しかも天窓を破って入ろうとしてもなかなか壊せず四苦八苦しているところに警察のヘリがやってきました。ピーターはヘリの上を飛び越えると、ウェブを使って反転し、反動で天窓を破って記念塔の中へと侵入しました。そして危機一髪のところで、ネッドやリズたちを救ったのでした。
生徒たちの窮地を救ったことでスパイダーマンはさらに人気となり、ミッドタウン高校の学内放送で感謝されました。
一方、ピーターはカレンからスーツが映像を記録していることを知らされていました。その記録によってヴァルチャー一味の顔が判明します。調子にのっていたピーターは、大事な学力テストもさぼって、一味の彼らの手がかりを追い、武器取引をしようとしていた地元のギャングを探すことにしました。
スーツの尋問モードを使い、そのアーロンという男を脅そうとしたピーターでしたが、素人のピーターの拙い恫喝は通用しませんでた。しかしアーロンはピーターに命を救われたことを憶えていて、ヴァルチャー一味が今日の午後にスターテン島のフェリーで武器取引をしようとしていることを教えてくれました。
急ぎ出航するフェリーに飛び乗ったピーターは、スーツの機能のひとつであるドローンによって、トゥーマスがマック・ガーデンという男と取引しようとしているのを知ります。そのまま隠れて彼らを一網打尽にしようとするピーターでしたが、そこに彼の身を案じたスタークから通信が入ります。ピーターはウソをついて誤魔化しながら敵を追い、マックを捕らえましたが、その時潜んでいたFBIが現れてピーターたちを包囲しました。この取引はFBIによって監視されていたのです。
その混乱の中、トゥーマスはフェリーに乗せていた車の中からヴァルチャースーツを出し、ハーマンとともに脱出しようとします。ピーターは彼を逃がすまいとウェブで攻撃し、トゥーマスの持っていたチタウリの武器を奪い取りました。しかしそのせいでチタウリの武器が暴発し、強力なビームが乱射されてフェリーが真っ二つに切断されてしまいました。
ヴァルチャーは逃走しましたが、ピーターはそれどころではなく大慌てで両断されたフェリーをクモ糸で貼り合わせようとしましたが、巨大なフェリーを元に戻すには強度が足りず、みるみるフェリーは沈んでいきます。
するとそこにアイアンマンが飛来し、多数のロケットブースターで船を支えて元の状態にしました。乗客たちはアイアンマンに喝采を送ります。
他の船も助けも来て無事に乗客たちが生還したのを、ピーターが近くのビルの上で見守っているところに、アイアンマンがやってきました。スーツを脱いだスタークはピーターの勝手な行動を叱責します。今回の件はすでにスタークが動いていて、ピーターはただ事態を混乱させただけだったのです。スタークは失望したと言い「君にそのスーツを着る資格はない」「資格があるのは強い男だけだ」と告げます。そして普通の学生に戻るよう言いました。
スーツを取り上げられ、落胆して帰宅したピーターをメイ叔母さんが迎えました。最初は心配をかけたことを叱責した叔母さんでしたが、ピーターの落ち込みぶりに気づくと彼を慰めました。

【結】- スパイダーマンホームカミングのあらすじ4

普通の学生に戻ったピーターでしたが、折しもミッドタウン高校では卒業生を送るイベントである「ホームカミング」のパーティの開催が迫っていました。リズはその実行委員の一人なのです。
ピーターは廊下でリズと会い、大会に参加できなかったことを謝ります。そして思い切ってホームカミングのパーティに一緒に行くよう誘いました。まだ相手が決まってなかったリズはピーターの誘いをOKします。落ち込んでいたピーターは、ようやく元気を取り戻しました。
ホームカミングの当日、メイ叔母さんに手伝ってもらっておめかししたピーターは、勇んでリズを迎えに彼女の自宅を訪れます。玄関のドアを中から開けたのは、なんとトゥーマスでした。彼こそがリズの父親だったのです。
カレンが警察のネットから入手した情報によりトゥーマスの顔を知っていたピーターは驚愕しました。おめかししたリズを前に、なんとか動揺を隠していると、トゥースはパーティ会場まで二人を送っていくと言い出しました。
車で送ってもらう最中、トゥーマスは娘のボーイフレンドであるピーターに色々と質問しましたが、その声に聞き覚えがあると言います。そしてパーティ会場に到着すると、男同士の会話があるといって先にリズだけを行かせました。
トゥーマスはピーターがスパイダーマンと気づいていました。そしてリズを救ってくれたことには感謝しつつ、これ以上は自分の計画を邪魔するなと警告しました。「ダンスを楽しめ」と言って立ち去ったトゥーマスを見送ったピーターは、彼がスターク社の移転のためスタークタワーから飛び立つ輸送機を襲撃し、スターク社所有のアベンジャーズの装備やチタウリのコアを強奪しようと企んでいることに気づきました。
パーティ会場に入ってリズのもとを訪れたピーターは、彼女に謝ってその場を後にしました。そして校内に隠していたスパイダーウェブ発射装置と見るからに粗末な手製のスーツに着替え、学校を飛び出していきます。
しかし、そこにトゥーマスから連絡を受けていたハーマンこと「ショッカー」が現れ、衝撃波を放つガントレットで攻撃してきました。ウェブ発射装置を取り落としたピーターは危うくやられてしまうところでしたが、駆けつけてきたネッドがウェブ発射装置でショッカーの攻撃を防いだため、なんとか反撃に成功、ショッカーをウェブで拘束しました。
ピーターはネッドに協力してもらい、トゥーマスの車に置いてきた自分のスマホのGPS信号を追跡します。ネッドは学校のパソコンでハッピーに連絡しつつ、ピーターに指示を送って、夢にまで見ていた「ヒーローの相棒」として活躍する自分に浮かれていました。
信号をもとにピーターはトゥーマスがアジトとして使用している工場に到着しました。トゥーマスはピーターの追跡を予想していて、隠していたヴァルチャースーツによって工場の柱を破壊します。ピーターは崩れてきた瓦礫の中に埋もれてしまいました。
トゥーマスが立ち去った後、ピーターは瓦礫の中からなんとか逃れようとしましたが、重い瓦礫を押しのけられず泣き言を漏らしてしまいます。思わず手製のマスクを脱ごうとしたピーターでしたが、目の前の水たまりに映った自分のマスクを見て、スタークの言葉を思い出します。「スーツを着る資格があるのは強い男だけだ」
勇気を取り戻したピーターは、力をふりしぼって瓦礫を押しのけ無事に脱出しました。そしてヴァルチャースーツで飛び立とうとするトゥーマスにクモ糸をつけてぶら下がり、後をつけます。
スタークタワーから輸送機が発進し、トゥーマスはその後を追跡しました。ぶら下がったピーターごと、どんどん高度が上がっていきます。輸送機に接近したトゥーマスは、ヴァルチャースーツで輸送機に貼りつき、チタウリの装備によって機内に侵入しました。糸を辿って輸送機にたどりついたピーターも、なんとかヴァルチャースーツを破壊しようと悪戦苦闘していましたが、機内のトゥーマスに察知されてしまいます。ヴァルチャースーツに戻ったトゥーマスは、輸送機の周囲を飛びながらピーターを攻撃します。必死にそれを除けるピーター。
二人の激しい戦いによって輸送機が破壊され、機体はコニーアイランドに墜落しました。
その寸前、地上に降り立ったピーターになおもトゥーマスが攻撃をしかけてきます。彼はピーターを叩きのめし、チタウリのコアが入ったコンテナを奪おうとしました。
しかし墜落に巻き込まれたことで、ヴァルチャースーツも大きなダメージを受けていました。さらにコアも墜落の衝撃でいつ爆発してもおかしくない状態です。ピーターはそう言って呼び止めようとしましたが、トゥーマスは無視して飛び立とうとしました。その瞬間、コアが爆発してトゥーマスは墜落してしまいます。
ピーターは燃えるヴァルチャースーツの残骸からトゥーマスを救出しました。
輸送機の墜落に気づいたハッピーが警察や消防とともに駆けつけた時、そこにはトゥーマスがクモ糸でコンテナに縛りつけられ、その側には「飛行機を壊してごめんなさい」と書かれたピーターのメモが残されていました。
数日後、父親であるトゥーマスが逮捕されたことで、リズは転校することになりました。ピーターは彼女に謝罪しましたが、彼女は「自分のやりたいことを最後までやり通して」と言い残して立ち去ったのでした。
ピーターは再び学力コンテスト・チームに復帰しました。チームはキャプテンだったリズが去ったことで、新たにミシェルがキャプテンとなりました。彼女はチームの仲間からMJのニックネームで呼ばれるようになりました。
その時ピーターのスマホにハッピー呼び出しのメールが入りました。ハッピーはピーターのおかげでアベンジャーズの装備を守れたことを感謝し、一緒に来て欲しいと言いました。
ハッピーが連れていったのは、アベンジャーズの新たな拠点でした。そこにはスタークもいて、「私が間違っていた」とピーターに謝りました。そして用意していた新たなスパイダーマンスーツを見せ、これを着て新たなアベンジャーズの一員として記者会見に出るよう言います。
ピーターはその計らいに感謝しつつも、自分は今までどおり町のヒーローであり続けたいと言いました。そして、これは自分を試すテストだったんですよね? と訊ねます。その通り、合格だと言うスタークに笑顔を残し、ピーターは立ち去るのでした。
彼が立ち去った後、隣室からスタークの秘書で恋人でもあるペッパーが現れ、記者たちが待っていると告げます。スタークはハッピーに預けておいた指輪を受けとると、記者たちを誤魔化すため急遽ペッパーとの結婚会見に変更することにしたのでした。
自宅に戻ったピーターは、自分の部屋に「これは君のものだ」と書かれた袋があることに気づきます。そこにはあのスパイダーマンスーツが入っていました。喜び勇んでスーツを着たピーターでしたが、その瞬間、背後にメイ叔母さんが現れたのでした。
その後、服役していたトゥーマスは刑務所でマックと再会します。マックは「スパイダーマンの顔を知ってるんだろう?」と訊ねましたが、トゥーマスは、だったらとっくに奴を殺していると答えました。
エンドロールの後、キャプテン・アメリカが高校生に向けたビデオメッセージを撮影する様子が描かれます。忍耐の大切さを語るキャプテンでしたが、何度も同じセリフを言うことにうんざりして、「あと何回言えばいいんだ?」と画面の外に向かって訊ねるのでした。

みんなの感想

ライターの感想

新たにリブートされたスパイダーマンの新シリーズ第一作ということですが、今回の作品は特に未熟なヒーローとしての側面が強く描かれています。ヒーローとしての活躍ぶりも半人前で失敗も多く、また高いところでは身が竦んでしまうヘタレぶり。
冒頭場面など、自撮り映像でエキサイトした顔を見せるあたりの子供っぽさも含め、今まであまりなかった半人前の親しみやすいヒーロー像は「愛すべき隣人」としてのスパイダーマンを忠実に描かれている反面、ヒーロー物としての爽快感に今ひとつ欠けるのが痛し痒しといったところ。まぁ過去のスパイダーマン映画との差別化はかなり図れているのではないでしょうか。
とりあえず、今回の映画でひとつ成長したわけですから、予定されている次回作や『アベンジャーズ』の新作での活躍に期待したいところです。

映画の感想を投稿する

映画「スパイダーマンホームカミング」の商品はこちら