「スパイダーマン3」のネタバレあらすじ結末

スパイダーマン3の紹介:2007年公開のアメリカ映画。世界的にヒットとなった三部作の三作目にあたる。スケールアップしたブラック・スパイダーマンが新たな敵ニュー・ゴブリンやサンドマン、ヴェノムたちと戦う。

予告動画

スパイダーマン3の主な出演者

ピーター・パーカー〔スパイダーマン〕(トビー・マグワイア)、メリー・ジェーン・ワトソン(キルスティン・ダンスト)、ハリー・オズボーン(ジェームズ・フランコ)、フリント・マルコ〔サンドマン〕(トーマス・ヘイデン・チャーチ)、エディ・ブロック〔ヴェノム〕(トファー・グレイス)

スパイダーマン3のネタバレあらすじ

【起】- スパイダーマン3のあらすじ1

ピーターは遺伝子操作されたクモ「スーパースパイダー」に刺されて、特殊な能力を持つスパイダーマンとなり、日夜正義の味方として活動しています。
ドック・オクとの戦い(『スパイダーマン2』参照)で、スパイダーマンの正体がピーターだと市民に露見しました。しかし市民は皆好意的に見てくれ、最愛の人・メリーもピーターのそばで見守ってくれます。
力が弱まったこととメリーと結婚する決意をしたピーターは、スパイダーマンをやめようと思い始めていました。
ある夜、ピーターは襲撃を受けます。相手はなんとハリーが変身したニュー・ゴブリンでした。ハリーは父・ノーマンがスパイダーマンに殺されたと思い、復讐を誓っていたのです。

【承】- スパイダーマン3のあらすじ2

スパイダーマンはニュー・ゴブリンを倒し、その際に頭部を強打したハリーは、ノーマンが亡くなる直前からの記憶を失いました。これによりハリーはピーターへの憎悪も忘れます。
同じ頃、ピーターの伯父・ベンを殺したマルコが脱獄し、警察に追われていました。マルコは隠れた研究所で分子分解され、砂の体を持つ〝サンドマン〟になります。
ベンを殺した犯人がマルコと知ったピーターは憎悪に燃えました。するとピーターの体は謎の黒い液体「シンビオート」に包まれ、今までの力よりも桁外れの能力を持つ〝ブラック・スパイダーマン〟になりました。
その力を使い、ブラック・スパイダーマンはサンドマンを倒し、ピーターは復讐を果たします。

【転】- スパイダーマン3のあらすじ3

ピーターの活躍は順調で、新聞でもほめちぎられます。しかし一方で女優になったメリーのほうは、出演した舞台が不評で、役を降ろされてしまいました。ピーターとメリーにすれちがいが生じます。
その頃、ハリーが記憶を取り戻しました。ハリーはメリーをそそのかし、メリーはピーターに別れを告げます。
謎の黒い液体「シンビオート」は、宿主の攻撃性を増幅させる性質を持つことが判明しました。怒りっぽくなった自覚を持つピーターは、今度こそ引退を決意し、スパイダーマンのスーツを破ります。
宿主を失ったシンビオートは、ピーターに捏造写真を見破られて解雇されたカメラマン・エディにとり憑き、エディは〝ヴェノム〟になりました。

【結】- スパイダーマン3のあらすじ4

シンビオートはスパイダーマンに寄生していたので、ヴェノムはスパイダーマンの特性や弱点を知ります。
生きていたサンドマンと手を組んだヴェノムは、メリーを人質にとってスパイダーマンをおびきよせます。
力も自分の能力も知られたスパイダーマンは、絶体絶命のピンチに陥りました。
そんなスパイダーマンを救ったのは、ニュー・ゴブリンでした。ハリーは執事にノーマンの死の真相を聞かされ、今まで誤解していたと知り、ニュー・ゴブリンとなってスパイダーマンを救います。
ハリーは命を犠牲にしてピーターを助けました。
ハリーの葬儀の後、ピーターはメリーの勤務先のジャズクラブを訪れます。ピーターとメリーは再び結ばれました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「スパイダーマン3」の商品はこちら