「ソナチネ」のネタバレあらすじ結末

ソナチネの紹介:1993年公開の日本映画。監督・脚本・主演はビートたけし。沖縄を舞台に死へと向かう登場人物たちの姿を、ユーモアを交えながら淡々と描く。キャッチコピーは「凶暴な男、ここに眠る。」

この映画を無料で観る

予告動画

ソナチネの主な出演者

村川(ビートたけし)、ケン(寺島進)、片桐(大杉漣)、上地(渡辺哲)、良二(勝村政信)、幸(国舞亜矢)、北島(逗子とんぼ)、高橋(矢島健一)、殺し屋(南方英二)

ソナチネのネタバレあらすじ

【起】- ソナチネのあらすじ1

暴力団北島組の傘下である村川組の組長村川は、トラブルを起こした男をクレーンに吊り下げて、東京湾に沈めます。北島組からの扱いが悪く、ただ上からの指示に従うだけの毎日に徒労感を覚えている村川は、子分のケンに「ヤクザ疲れちゃったなあ」とこぼします。
あるとき、北島組の友好組の中松組が、沖縄で抗争を開始します。相手は腕の立つ阿南組で、村川は北島組から本格的な抗争にはならないので、援軍として行ってほしいと頼まれます。つい先日、北海道の抗争で若い組員を3人亡くしたばかりの村川はためらいますが、命令に逆らえず、渋々重い腰を上げます。
その後、村川は犬猿の仲である幹部の高橋をトイレに誘導し、気絶するまで殴りつけます。 この映画を無料で観る

【承】- ソナチネのあらすじ2

村川組が沖縄の中松組に着くや否や、事務所に銃弾が打ち込まれます。中松組の組員によると、村川組がやってきたことで阿南組の関係が悪化し、手打ちがあるという話も流れてしまいます。
さらに、事務所に爆弾を仕掛けられ、村川組と中松組の組員の多くが死亡します。2組は瞬く間に窮地に追い込まれ、村川は組の生き残りを東京に帰します。残った主要メンバーは、村川、村川組の片桐とケン、中松組の上地と良二の5名でした。彼らは海岸沿いの空き家に潜伏する準備を整え、改めて中松組の様子を見ることにします。
ある夜、浜辺を歩いていた村川は、強姦されている幸という女性に遭遇します。村川が男を銃殺して幸を救出すると、彼女は村川のことを気に入り、それ以来行動を共にするようになります。

【転】- ソナチネのあらすじ3

潜伏中の生活は、抗争中であることを忘れるほどのんびりしていました。村川以外全員アロハシャツを着用し、頭に乗せた空き缶を銃で撃つゲームや、砂浜の上での相撲、実弾を交えた花火大会、果ては落とし穴を掘ったりなどして遊びます。
村川と釣りにやってきた幸は、着ていたTシャツを脱ぎ捨てて村川を誘惑します。それを見て村川は、「おっぱい見せちゃうなんてすごいな」と感心し、幸は無邪気な笑顔を返します。
村川たちはもうすぐ東京に帰ろうと考えて、浜辺でフリスビーをして遊んでいました。すると、突然目の前に現れた釣り人風の男にケンが射殺されます。釣り人は村川組を抹殺するために雇われた殺し屋で、村川と幸は呆然とします。
村川は中松組の組長が手打ちにするのを待っていたのですが、組長はこの件から離れるために引退しており、その後殺害されます。

【結】- ソナチネのあらすじ4

村川は仲間を連れて復讐に向かいます。ホテルのエレベーター内で争った末、殺し屋を殺害しますが、片桐が射殺されます。村川は真相を確かめるために高橋を拉致し、拷問しながら話を聞き出します。
一連の出来事は村川組を疎ましく思っていた北島組による罠だったのです。友好組であった阿南組に、村川を殺したらシマを渡すという取り決めがなされていました。村川と良二は、車を爆発させて高橋を殺害します。
村川は襲撃に向かう前、「また帰ってくる?」と幸に尋ねられます。村川は「もしかして」と答え、幸は村川が持っていたマシンガンを手に取り、海に向かって発砲します。
村川はマシンガンを持って阿南組が集まるホテルにやってきます。良二が部屋を停電した隙に、村川は阿南組を皆殺しにします。
目的を遂行した村川が、幸の元へ帰ることもなく、車内で拳銃自殺を図る場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

ヤクザを主人公にした作品が多い北野映画ですが、本作に登場するヤクザは、バイオレンスでありながら一人の人間としての無垢な部分がたくさん描かれていました。大の大人たちが浜辺で無邪気に遊ぶ姿(特に人間紙相撲をとるシーンが頭から離れません)はほほえましく、沖縄の美しい映像からものどかさが感じられました。ラストで村川が自ら人生を終わらせる場面は、虚無感はありましたが不思議と悲しくなかったです。

映画の感想を投稿する

映画「ソナチネ」の商品はこちら