「ダウンフォールNoSaintsForSinners」のネタバレあらすじ結末

ダウンフォール ~No Saints For Sinners~の紹介:2011年制作のアメリカ映画。人生の再起を図る元IRAのメンバーが、過酷な場へと引き戻され巻き込まれる様を描いている。マフィアのボス役にキース・デヴィッドが出演した作品。

予告動画

ダウンフォールNoSaintsForSinnersの主な出演者

ミッキー(リック・クロフォード)、ジミー(コリン・サットン)、マーサー(マーティ・マグワイア)、ニーナ(ケイト・トムリンソン)、ヴィクター(キース・デヴィッド)

ダウンフォールNoSaintsForSinnersのネタバレあらすじ

【起】- ダウンフォールNoSaintsForSinnersのあらすじ1

本日、元アイルランド共和軍員(IRA)の葬儀が行われました。ベルファストの自宅で、家族の前で射殺され、麻薬事件と考えられています。
最近麻薬事件が頻発しており、政治闘争の場を失ったIRAメンバーの関与が目立っています。IRAの停戦がさらに過剰な犯罪の引き金になることが懸念されています。戦いの場を失った軍隊は一体どこへ向かうのでしょうか。
元IRAのミッキーとマーサーは、今は取り立て屋をしています。今日は金を積んだフォルクスワーゲンを探しに来ていました。
フォルクスワーゲンを盗んだのはガキでした。積荷を取り返しに、彼を見張って家へと押し入ります。入る前、ミッキーは自らのネックレスにキスをします。罪人だからと、聖人である聖アントニーに祈りを捧げているのです。
家の中には女性がいて、マーサーがフォルクスワーゲンを盗んだガキについて脅していきます。酔っ払ってるマーサーとは違い、ミッキーが冷静にガキの名前を聞き出します。
彼の名前はパーキーと言い、喋ることができない青年でした。パーキーを呼び出し、フォルクスワーゲンの重要性をマーサーは話し出します。
あのフォルクスワーゲンは、大事な積荷を積んで、ベルファストからイギリスに渡る専用車だったのです。パーキーが車の鍵だけを渡すと、遊びでないとマーサーは切れ気味です。
このままでは殺しかねないので、ミッキーが車よりも積荷が大事であることを説明します。パーキーは積荷のバッグを取り出して渡します。
中には金が入っていましたが、1万5千ドル減っていました。金が足りないと怒るマーサーは、女性の発言が頭にきて蹴ります。お返しにと女性はマーサーの靴に血を吐きます。
それに我慢ができなくなったマーサーは女性を射殺します。パーキーは泣きわめき始めます。マーサーはパーキーをも殺そうとしたので、ミッキーが止めに入ります。
諦めかけたマーサーでしたが、振り向きざまにミッキーを撃とうとします。しかし気がついていたミッキーは、マーサーを撃ちます。
ミッキーはバーの店主のマーフィに事故だったと相談しに行きます。マーフィはベルファストを出て、どこでもいいから安全な場所に逃げろと言ってくれます。更に逃亡資金を渡してくれます。
そこへ組織のシェイマスが現れ、マーサーから連絡がないことを心配していました。パディからの電話がなり、車で送ってほしいと連絡が来ます。しかし、これはマーサーの仕事で、シェイマスはミッキーに銃を向けます。マーフィがシェイマスを射殺し、ミッキーは町を出ます。

【承】- ダウンフォールNoSaintsForSinnersのあらすじ2

6ヶ月後、ミッキーはロサンゼルスでバーテンダーをしていました。一緒に働くニーナと恋人関係で、ソニーからは真面目に働いていることを褒められています。
ニーナの弟のジミーが職場にやってきて、ビジネスの話しがしたいと明日会うことになります。ジミーにはニーナとのことを黙っていました。明日話すことにしようと考えていました。
ミッキーはマーフィからもらった金を返していました。その電話で、奴らがミッキーを探し回っていて、ニューヨークかオーストラリアにいると賭けているという話しを聞きます。
翌日、ミッキーはジミーの家に行きます。トイレに行ってる間に、ジミーが二人組に脅されているのに気づきます。
ラバーカップを持ったミッキーは、1人をそれで叩きます。怯んだ隙に彼の銃を使って、もう一人を撃ち抜きます。殺されずに済んだ1人はヴィクターの元へと帰っていきます。
ジミーはマフィアのボス、ヴィクターからヤクを買っていました。2~3キロのヤクを残し、利益などを自分のものとしていたので、金を払えと脅されていたのです。
部下を殺してしまったので、大変なことになってしまいます。このまま金を払わなければ、ニーナのとこにマフィアが行ってしまいます。
ミッキーは残りのヤクを持って、ジミーと外見が花屋のヴィクターのアジトに行きます。誤解を解こうとしますが、残りのヤクは返品不可能だと言われます。
ヴィクターは売上金である10万ドルを出せと言ってきます。ミッキーは自分の責任で、一週間待ってくれとと頼みます。しかし、それは通用せずに夜明けまでに持って来いと言われます。
ミッキーはベルファストの時に逆戻りだと、怒りを露わにします。ジミーは残りのヤクを中国人に売れば、6万5千になると言いますが、10万ドルには足りませんでした。
ジミーには大量にヤクを持っている知り合いのリッターがいました。彼のヤクをさばいて、残りの金を手に入れようとします。ミッキーは警察かもしれないと悪い予感がします。
荷物をまとめて、ホテル泊まりにすることにします。リッターと会うことになりますが、彼はミッキーのことが信用できませんでした。ジミーが保証すると言って、取り分を50%で交渉が完了します。リッターは保険にと、2人の写真を撮っておきます。

【転】- ダウンフォールNoSaintsForSinnersのあらすじ3

ミッキーは残りのヤクの入ったバッグを持って、ニーナの元に行きます。ニーナがシャワーを浴びてる間に、ミッキーはつい寝てしまいます。
ヤクの入ってるバッグを洗濯物と聞いていて、ニーナが片付けておこうとファスナーを開けます。中からヤクが出てきて、ミッキーが目を覚まします。
ミッキーはジミーを助けるためだと誤解を解き、朝までに捌かなければならないと説明します。終わったら、2人で遠くに行こうと約束します。
自宅に帰ったミッキーの前に、なぜかリッターが来ていました。しかも自分の銃を向けてきています。リッターはDEA(麻薬取締局)の捜査官だったのです。
ミッキーの悪い予感が当たり、リッターはヤクを捌くことに協力すれば、強制送還を免れると交渉してきます。仕方なく、ミッキーは応じることにし、相棒となったので銃を返すようにと言います。
弾は入ってないとリッターが説明して返すと、ミッキーは銃でぶん殴って気絶させます。弾など必要ないのです。リッターの車のトランクからヤクを手に入れます。そしてトランクの中にリッターを突っ込んでおきます。
ミッキーは自分が動いているのに、ジミーが女遊びをしていて怒ります。更に、ジミーは取引相手を知りませんでした。中国人のリトル・ジンという名前で、気軽に電話できないのだと言い訳します。
そんなこと言ってる場合ではないので、電話して会いに行きます。今日は閉店だと受付の女性に言われ、ミッキーは銃で脅して交渉に向かいます。
交渉相手の中国人の2人と、中華料理屋の席にミッキーとジミーは座ります。ヤクの一部を見せると、交渉相手の中国人はシールを少し剥がし、中にマークがあるのを見つけます。
そしてコックの格好をした男性に金を持ってこさせます。残りのヤクの居場所を聞かれ、トランクの中にありますが、ミッキーは2時間後に用意できると言います。
するとコックが再び戻ってきて、ミッキーは小突かれて気絶します。ジミーは車のキーを出させられて、気絶させられます。
ミッキーとジミー、トランクの中にいたリッターは、パンツ一丁で縛られて小部屋に入れられています。リッターは売る相手が間違えてると指摘してきます。
そこへコックが現れて、リッターが連れて行かれます。何かが高速で回転する音が聞こえてきます。殺されると思い、ミッキーは尖ったものを探すようにジミーに指示します。
血まみれのコックが帰ってきて、ジミーが連れて行かれそうになります。ミッキーは自分に注意を引かせ、連れて行かれることになります。
すると尖った刃物を持ったミッキーが、ジミーの元に戻ってきます。ミッキーは護衛を気絶させ、銃を奪って料理の席に戻ります。10万ドルを出させて、ジミーと車でホテルに戻ります。
しかし、ヴィクターの部下に待ち伏せされていて、ドアを開けた途端、ジミーは射殺されます。ミッキーは対象外で、ヴィクターの部下は帰っていきます。1人座り込んだミッキーは頭を抱えて悲しみます。

【結】- ダウンフォールNoSaintsForSinnersのあらすじ4

ニーナから電話がきて、ミッキーは彼女の元に行きます。彼女の姿を離れた場所から見た後、ヴィクターの花屋に行きます。その時に見知らぬ車が後をつけて、ニーナのいる場所で停まります。
ミッキーはヴィクターの花屋に入り、入り口の護衛をドアで気絶させ、中にいた護衛を銃で殺します。一気にヴィクターに詰め寄ると、仕事をしただけだと言われます。
ミッキーは自分のは仕事じゃないと言い放ち、銃の弾を抜いて指紋を拭い、ヴィクターに始末するように指図します。そしてジミーが稼いだと金を置いていきます。
ソニーに会いに行ったミッキーでしたが、バーには誰もいませんでした。1人飲んでいると、携帯の音が鳴ってきます。近寄っていくと殺されているソニーがいました。
ソニーの口にある携帯電話をとると、マーサーが久しぶりだと言ってきます。マーサーは死んでおらず、6ヶ月隠れ家に潜み、復讐するために回復を待っていたのです。
マーフィを殺して、ミッキーの居場所を突き止めていました。そしてニーナも彼によって捕まっています。マーサーは今夜、スタジオ・シティのコールド・ウォーター、キャニオン1045番地に来いと言ってきます。
ミッキーが一軒家に向かうと、パディが銃で脅しながらマーサーのいる裏まで案内します。マーサーはバーベキューをしていて、近くには家主が殺されていました。
ニーナはぐるぐるに拘束されていて、そのまま池に落とされます。ミッキーはパディが足につけてる隠し銃を使って、彼を撃ち殺します。
そしてマーサーに殴りかかり、バーベキューのホットプレートを顔で焼いてやります。そして池に飛び込んで、ニーナを救い出しますが、意識がない状態です。
マーサーがパディの持っていたショットガンを手に取り、ミッキーに向けてきます。ミッキーは持っていた銃でマーサーを射殺します。
ミッキーはジミーのお墓参りにきます。ネックレスにキスをして、彼のお墓にかけます。歩いていったベンチにはニーナがいました。彼女をそっと抱きしめるミッキーでした。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、聖人と罪人の言い回しを取り入れている点が映画の世界観を高めています。罪人である主人公ミッキーが聖人へ祈りを捧げる姿、そして最後にジミーのお墓にネックレスをかけるといった演出が格好良いです。
また、断続的ではなく、瞬間的なアクション場面の数々に迫力がある作品です。振り向きざまの銃撃には驚かされ、ミッキーの一瞬の隙を突いた攻撃は見所です。パディの足にある銃を使った時は、ミッキーの洞察力の凄さを感じました。
ミッキー演じるリック・クロフォードの演技も素晴らしい映画です。迫力のアクションシーンだけでなく、どこか寂しそうな視線やニーナへの愛情を向ける演技に才能を感じます。
劇中曲が格好良いのも魅力で、エンディングで流れた曲が特に良かったです。映画の雰囲気を出している曲で、最後の最後まで楽しめた作品です。

映画の感想を投稿する

映画「ダウンフォールNoSaintsForSinners」の商品はこちら