「ダークナイト2」のネタバレあらすじ結末

ダークナイトの紹介:2008年公開のアメリカ&イギリス共作映画。ボブ・ケインのコミック『バットマン』を原作とし、クリストファー・ノーランが監督を務めた新生バットマンシリーズの第2作である。バットマンの最大の敵・ジョーカーとの死闘を描く。

この映画を無料で観る

ダークナイト2の主な出演者

ブルース・ウェイン〔バットマン〕(クリスチャン・ベール)、ジョーカー(ヒース・レジャー)、ハービー・デント〔トゥーフェイス〕(アーロン・エッカート)、レイチェル・ドーズ(ケイティ・ホームズ)、ジェームズ・ゴードン〔ジム〕(ゲイリー・オールドマン)

ダークナイト2のネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①ゴッサム・シティにジョーカーという犯罪者とハービーという正義の味方が現れる。ハービーが真に英雄たりうると考えたブルースは安堵する。ジョーカーがバットマン退治に乗り出し、名乗り出ないと市民を殺すと脅す。ハービーがバットマンだとうその告白を。 ②ジョーカーがハービーの恋人・レイチェルを殺したことでハービーは復讐の権化と化し、レイチェルの死に関わった人物を殺す。ジョーカーを逮捕したバットマンはハービーと戦い、死んだハービーの罪をかぶることを決意した。

【起】- ダークナイト2のあらすじ1

ブルース・ウェインは幼少期に枯れ井戸に落ちた時に、大量のコウモリに遭遇したことからコウモリが大の苦手でした。
ブルースの住むゴッサム・シティは、悪がはびこる街です。警官や判事たちも悪党に買収されています。
ある日オペラ鑑賞に行ったブルースは、帰り道に強盗に両親を殺されました。その強盗も証言の口止めのため、ブルースが大学生の時にマフィアのファルコーニに殺されます。
無力感に苛まれて世界を放浪したブルースは、そこでコウモリの恐怖を克服する方法を教わりました。
肉体的にも精神的にも鍛えられたブルースは、故郷のゴッサム・シティに戻ります。そして、正体を隠して悪の立場「バットマン(コウモリの男)」として、悪を叩こうと決めました。かつて自分が苦手だったコウモリをトレード・マークにしたのです。
バットマンの正体がブルースと知る者は殆どいません。ブルースは表向きはウェイン・エンタープライズ社の、プレイボーイの会長を装いつつ、夜はコウモリをかたどったスーツとマスクを着用して悪と戦います。
バットマンが義賊だと理解してくれる、数少ない協力者とともに、ブルースは悪と戦い続けます…。

…ゴッサム・シティに新たな悪党が現れました。それはジョーカーと呼ばれる怪人です。
ジョーカーは顔を白塗りにし、目の周囲を黒く縁取っています。口の両端には、裂けた口を縫った痕がありました(裂けた口の経緯については後述)。
ジョーカーは神出鬼没の怪人で、ピエロの仮面をつけた5人の手下と共に、マフィアが絡む銀行を襲撃します。
組織の銀行を襲った後、非情にも5人の手下をすべて殺しました。そして黄色いスクールバスを運転して立ち去ります。
幼馴染みで思いを寄せる女性・レイチェル検事、数少ない誠実な警察官・ゴードン警部補らと協力したバットマンは、紙幣に特殊な放射線で印をつけてマフィアのマネー・ロンダリングを摘発しました。
最近ではニセのバットマンも出没します。そのたびにブルースはバットマンになって出かけていき、捕まえます。

新任の検事の男性ハービー・デントが、レイチェルの恋人になりました。レイチェルはブルースに思いを寄せており、本当は両想いなのですが、一点のみ意見が食い違うところがあるのです。正々堂々と悪を叩きたいレイチェルにとっては、バットマンの存在は許しがたいのです(認めていないわけではない)。ですから「ゴッサム・シティが平和になったら」結ばれてもいいと思っていますが、それまではバットマンを許しがたいと思っていました。
上記のジョーカーという怪人もですが、ほかにサルヴァトーレ・マローニという人物がマフィアのファルコーニのあとを継いでおり、まだまだゴッサム・シティから悪を追い払うには時間がかかりそうです。

レイチェルの恋人・ハービーは〝光の騎士〟と呼ばれていました。バットマンが「ならず者の自警市民」と呼ばれているのと正反対です。

【承】- ダークナイト2のあらすじ2

ブルースは表の顔であるウェイン社の会長の立場を利用して、レイチェルの恋人・ハービーの真意を探ります。
ボリショイ・バレエ団のプリマと一緒にレストランを訪れた振りをし、ブルースはレイチェルとハービーの席につきました。ハービーと話をしたブルースは、ハービーを信用に足る人物と思い、ハービーこそが真の英雄たりうるという結論を下します。
そしてできるかぎりハービーのバックアップをしようと考えました。

その頃、ファルコーニの後釜のサルヴァトーレ・マローニ、ギャンボル、チェチェン人ボス、会計士ラウが裏資金の話をテレビ電話でしました。
悪事が露見したくないラウは保身に回り、手を引くといって香港に帰国します。
その話し合いにジョーカーが割りこんでくると「1年前は警察も検事もあんたらに手を出せなかった。バットマンが出て来てからこうなった」と言います。これは事実です。
バットマンは、報酬をマフィアの資金半分と言い、その金を寄越せばバットマンを始末してやると言いました。
ギャンボルは不快感をあらわにし、ジョーカーの首に懸賞金をかけますが、返り討ちにされます。結局マフィアたちはジョーカーの言い分を聞き入れて、資金の半分を報酬にするかわりにバットマン退治を依頼しました。

ブルースはラウから証言を得ようと考えます。表向きはバレエ団たちとバカンスを楽しんでいる風を装います。
香港へウェイン社の右腕でブルースのよき理解者・フォックスを派遣し、進めていた取引の中止を伝えました。フォックスは携帯をひそかに持ち込み、ラウの会社を探ります。
その情報を元にバットマンになったブルースはラウの会社に侵入し、ラウを連行しました。ゴードン警部補宛にのしをつけて、警察の前に放置します。
ラウの証言で、マフィアの関係者549人が芋づる式に逮捕されました。
荒っぽい手段を見た市長は、マフィア側の報復を恐れます。

マフィア側からの依頼を受けたジョーカーが、動き始めました。
ジョーカーはブライアン・アダムスという男性を拷問にかけて殺した後、バットマンの格好をさせて首吊り状態にして晒します。
そして「バットマンが名乗り出ないかぎり、今夜から毎日、人を殺していく」と宣言しました。
そして手始めに市警本部長ジリアン・ローブ、サリロ判事、ハービー・デント検事を殺すと宣言します。
バットマンであるブルースは、どんな時でも人は殺したくない主義です。
自分が名乗り出ないと人が殺されると聞いたブルースは、悩みました。

【転】- ダークナイト2のあらすじ3

ハービーさえいればゴッサムは平和で希望が持てると思ったブルースは、思い切って名乗り出て、ついでに引退しようと考えます。
ジリアン本部長は酒に入った毒で死に、サリロ判事も自動車に仕掛けられた爆弾で死にました。ジョーカーはハービーを狙いますが、バットマンが助けます。

ジョーカーは、幼少期に酒びたりの父を母が包丁で刺そうとした時に、父が母を返り討ちにし、息子である自分に「笑え。笑顔にしてやる」と言って口に刃を当てて、笑顔の形に口を切り裂いたと、黒人マフィアの男性には語りました。
しかしハービーを狙った時、レイチェルには、ギャンブルに明け暮れて借金まみれの妻が、自傷行為で顔に傷をつけて嘆いたのを見て、自ら口にカミソリを入れて笑顔の形を作ったと言いました。
どちらの話もジョーカーの自己申告なので、真偽のほどは分かりません。

ジョーカーの過去の行動を調べた執事・アルフレッドは、ジョーカーのことを「金が目的ではない。何が起きても何とも思わない。すべてゲーム感覚で行なっている人間だ」と評します。そういう人間こそが最も恐ろしいとも告げました。

続いてジョーカーは、次の標的としてアンソニー・ガルシア市長を狙うと宣言します。
そしてジリアン本部長の葬儀の最中に、儀杖兵の制服を盗んで忍び込み、ガルシア市長を狙撃しました。ガルシア市長は衆人環視の中、殺されます。そしてゴードン警部補も犠牲になりました。
さらにジョーカーは次の予告として、ハービーの恋人・レイチェルを指名しました。
ゴードン警部補の妻が「バットマンが名乗り出たら、夫は死ななかったのに」と嘆くのを聞いたブルースは、今度こそ名乗り出ようかと考えます。
ハービーはレイチェルに市長が殺されたことを告げ、安全なところへ避難しろと電話で言いました。レイチェルはブルースの名をあげ、そこへ避難すると言います。
ジョーカーの手下を捕まえたバットマンは脅しますが、手下は屈服しませんでした。
「バットマンはルールを守るが、ジョーカーにはルールが通用しない。だから裏切ると怖い。ジョーカーは妄想型の患者だ」と手下は言います。
いよいよ正体を明かす時が来たと思ったブルースは、覚悟を決めました。
レイチェルたちに繋がる資料を全て処分します。

ハービーが演説中に、市民たちに「ジョーカーの要求を受け入れるのか? 本当にそれでいいのか?」と訴えます。
「夜明け前は最も暗い(「闇夜」=「ダークナイト」)」とみんなに力説しますが、それでもバットマンが名乗り出ればいいのだという声はやみませんでした。
ハービーは「自分がバットマンだ」と宣言します。そしてカメラの前で逮捕されました。 この映画を無料で観る

【結】- ダークナイト2のあらすじ4

ブルースは、ハービーが本物のバットマンをかばうための嘘をついたことと(ハービーはバットマンの正体を知らない)、ジョーカーを誘いだすために仕掛けたと気づきます。

ハービーを移送する車がジョーカーに狙われます。
ブルースはバットマンになって救いに行きました。さらに、死んだふりをして味方をもあざむいていたゴードン警部補の機転によって、ジョーカーは捕まりました。
作戦が成功し、ゴードンは市警本部長に昇進します。
バットマンはジョーカーと会いました。ジョーカーは「お前がいるから殺人を犯す。お前がいなきゃ、殺人なんかしないのに」と言い「ルールを破れ」とバットマンをそそのかします。
そこでバットマンことブルースは、ハービーとレイチェルが捕まって別々の場所に拘束され、時間がくれば爆弾が作動すると聞かされました。どちらかを選べという二択の選択を迫られます。
ゴードンとブルースはそれぞれ建物に向かいますが、両方ともに爆破が起きました。
レイチェルは死に、ハービーも顔の左半分を失う大火傷を負います。
レイチェルが死んだと知ったハービーは、内務調査部時代のあだな〝トゥー・フェイス(2つの顔)〟になろうとします。皮膚移植を拒否したハービーは、火傷を負った左半分は顔の筋肉がむきだしになっています。
正義の味方から一転して正義を憎むようになったハービーは、病院を抜け出しました。そしてレイチェルが死ぬきっかけになった人物を、次々に血祭りにあげていきます。

ジョーカーは新たなゲームを開始していました。
2つのフェリーに爆弾を積んだことを告げ、互いのフェリーの起爆装置を船に積み込んだことも告げます。先にスイッチを押したほうが助かり、もう片方が犠牲になるというものです。
片方は一般人のみのフェリーですが、もう片方は囚人が乗っていました。2つのフェリーは互いに疑心暗鬼に陥ります。
しかしこれこそがジョーカーの狙いでした。人間には身勝手なところがあり、自分が助かるためには他者を犠牲にするのが人間の本質なのだというのを、ジョーカーはテレビの前で示したいのです。
フェリーの乗客はぎりぎりまで迷いますが、お互い、最後の最後まで「スイッチを押さない」という選択をしました。フェリーは両方とも助かります。
バットマンはジョーカーを逮捕しますが、ジョーカーは「ハービーが悪の道に落ちている」と告げました。バットマンはハービーを探します。
ハービーはゴードン刑事を殺そうとしていました。自暴自棄になっているハービーは、バットマンの登場にも臆せず、また自分の命をも軽んじていました。
バットマンとハービーは取っ組み合いになってビルの屋上から落下し、ハービーは死にます。
バットマンはゴードン刑事に「ゴッサムのために、光の騎士のままハービーを殺してくれ」と言います。つまり、ハービーが犯した殺人の罪は、自分が被るというのです。
ゴードンは反対しますが、バットマンの意志は変わりませんでした。そうでもしないとゴッサム・シティにいつまでも平和が訪れないと、ブルースは思っていました。
悪くないのに追われる身となったバットマンを見ながら、ゴードン刑事は息子・ジミーに「彼は沈黙の守護者で、監視者で、闇の騎士(ダークナイト)なのだ」と言います…。

みんなの感想

ライターの感想

作中、トラックーが街中で一回転して大破するシーン、病院の大爆発のシーンがありますがCGではなく全て実写です。なんと実際に建物をまるまる1つ爆破しました。病院からジョーカーが出てくるシーンでは実際に破片が降り注ぐ中を歩いていますが、全く動じることなく悠然と演じ切った俳優に監督は感嘆したそうです。
ちなみに爆破が遅れて一度振り返るシーンは名アドリブとして有名ですが、撮影は一発勝負なので何度も打ち合わせを重ねており、実際は演出のひとつだったようです。(ディスク音声解説より)

ライターの感想

ダークナイトのエピソードとしてショッキングなのはジョーカー役のヒース・レジャー氏の突然の死去でしょう。睡眠薬による急性薬物中毒でした。
本作の公開の半年前に、たった28歳という若さでこの世を去りました。彼のジョーカーの役作りに懸ける情熱は熱く、ホテルで1人缶詰になりながら演技の研究をしていたそうです。映画の中のジョーカーがあまりにも不気味だったので、この事件はある種の怨念のようなものを感じてしまうのと同時に、物語に一層深みを増しました。

ライターの感想

クリストファー・ノラン監督のバットマン3部作の第二部にあたり、同シリーズの最高傑作のともいわれる作品です。主人公は一応バットマンなのですが、ヒース・レジャー演じる悪役ジョーカーの狂気とカリスマ性は完全にバットマンを食っています。
映画公開直前にジョーカー役のヒース・レジャーが突然亡くなり、それが図らずしもこの映画の宣伝効果に加担して、多くの人が亡きヒースの姿を見ようと映画館へ駆けつけました。映画ではジョーカーの強烈なドロドロに崩れたメイキャップが印象的ですが、これはヒース・レジャー自身がコンビニで買うような安物のメイクアップを使って考案しました。
またこの役作りにあってヒースレジャーは6週間ホテルの一室に一人でこもりきり、ジョーカーの狂気あふれる人格と見る者を不安にさせるような彼の仕草を生み出しました。

ライターの感想

やはり一番最後のシーンは非常に印象的です。
バットマンは基本的に人間であり、怪我もするという点でスーパーマンなどのヒーローとは違った面があります。同時にラストシーンでもありますが、多くの方が助かるのであれば自分は悪者でいても構わないという覚悟が非常に人間的だと思うのです。
仕事や現実の社会でも、このようなことは結構あったりしますし、大人でも共感できるヒーローだと思います。世界中の景色もたくさん観られていい映画でした。

ライターの感想

『バットマン ビギンズ』に続くシリーズ2作目。私は1作目よりも、こっちのほうが好きだった。
ジョーカーのような敵は、ルールが通用しないぶん、敵に回すと恐ろしい。それがよく判る。
まあとにかくジョーカーは、見た目からしてインパクトが大。一度見れば忘れられない風貌。
しかも2作目の中盤にして、ブルースの思い人であるレイチェルが死んでしまうという…。これには絶句。
トゥーフェイスになってしまったハービーもかわいそう。このビジュアルはかなりグロイのでご注意を。
それにしてもバットマンって、とことん不幸に生まれついてるよね。

映画の感想を投稿する

映画「ダークナイト2」の商品はこちら