「ダークナイトライジング」のネタバレあらすじ結末

ダークナイト ライジングの紹介:2012年公開のアメリカ&イギリス共同制作映画。ボブ・ケインのコミック『バットマン』を原作とし、クリストファー・ノーランが監督を務めた新生バットマンシリーズの第3作であり、完結編。キャットウーマンが登場する。

予告動画

ダークナイトライジングの主な出演者

ブルース・ウェイン〔バットマン〕(クリスチャン・ベール)、ベイン(トム・ハーディ)、セリーナ・カイル〔キャットウーマン〕(アン・ハサウェイ)、アルフレッド・ペニーワース(マイケル・ケイン)、ジェームズ・ゴードン〔ジム〕(ゲイリー・オールドマン)

ダークナイトライジングのネタバレあらすじ

簡単なあらすじ

①8年後デント法施行によりゴッサム・シティに平和が訪れた。ブルースはバットマンを引退。しかしベインという影の同盟の元信者が現れてブルースを破産に追いやり、ウェイン産業の核爆弾を起動させる。 ②真の黒幕はベインが愛するミランダ・テイト。ベインとミランダを倒すも爆弾は解除できずバットマンは海上で爆発させる。ブルースは死んだものと思われたが、ごく親しい者のところへブルースは姿を現した。

【起】- ダークナイトライジングのあらすじ1

ブルース・ウェインは幼少期に枯れ井戸に落ちて大量のコウモリに遭遇し、コウモリがトラウマになります。
ブルースの住むゴッサム・シティは、悪がはびこる街でした。警官や判事たちも悪党に買収されています。
両親を強盗に殺されたブルースは世界を放浪し、ラーズ・アル・グール率いる『影の同盟』の下でコウモリの恐怖を克服する方法を教わりました。
肉体的にも精神的にも鍛えられたブルースは、故郷のゴッサム・シティに戻り、正体を隠して悪の立場「バットマン(コウモリの男)」として、悪を叩こうと決めました(『バットマン ビギンズ』参照)。
最強の犯罪者〝ジョーカー〟と戦ったバットマンは、苦戦した後にジョーカーを逮捕に追いやりました。しかしその時に最愛の女性レイチェル・ドーズと、その恋人であり正義の検事だったハービー・デントを失います。
ハービー検事はジョーカーへの憎悪から、殺人を犯していました。バットマンことブルースはその罪をかぶり、悪の立場を貫くことにします(『ダークナイト』参照)…。

ジョーカーとの死闘から8年後…。
〝光の騎士〟と呼ばれていたハービー・デントが、ジョーカーの悪影響でツゥー・フェイスという怪人となり、恋人・レイチェルの死に関わった人たち5人を殺害した罪は、バットマンの希望によってすべてバットマンが行なった犯行ということになりました。
ハービー・デント検事は正義の味方のまま死に、死後もゴッサム・シティでは英雄扱いになります。バットマンは「正義のハービーが悪に屈したと思われるよりも、正義のまま死んだと市民に思わせて希望の星であらせよう」と考えたのです。
ゴッサム・シティでは「デント法」が成立され、ブラックゲート刑務所に1000人の囚人が収容されました。
一方、バットマンは悪の存在として、追われる身となっています。
バットマンことブルース・ウェインは、ジョーカーとの戦いで左足に障害が残りました。なによりも愛する女性・レイチェルが死んだことに落胆したブルースは、バットマンとしての活動をやめ、本業であるウェイン産業の仕事からも身を引いて、ほぼ隠居生活を送っています。

物理学者レオニード・パヴェル博士を乗せた飛行機を、ある集団が襲いました。ベインと呼ばれる、マスクをつけた男の傭兵が率いる軍団です。
ベインはパヴェル博士を拉致すると、飛行機を墜落させました。これにより、パヴェル博士は世間的には死んだものと思われます。

ハービーの死に立ち会ったジェームズ・ゴードン市警本部長は、バットマンが悪者ではないことを知っています。ですからハービー・デントを称えるスピーチを求められても、内心は複雑でした。

【承】- ダークナイトライジングのあらすじ2

それでもバットマンの言う通りでした。ハービーを英雄扱いすることで、ゴッサム・シティには平和が訪れていました。デント法で取り締まりを強化することで、犯罪率は低下しています。

ある日、コソ泥の若い女性セリーナ・カイルがブルース邸に侍女として潜りこみ、食事を運ぶ時にブルースの指紋を盗み出しました。セリーナはブルースの私室の金庫も狙い、真珠を盗みます。
セリーナを雇ったのは、ウェイン産業の役員であり、会社の乗っ取りを企む男性ジョン・ダゲットでした。
セリーナが取引に応じたのは、自分の前科を消したいからでした。セリーナは女友だち・ジェーンと一緒に暮らしていますが、貧しい暮らしゆえに2人とも盗みをしており、前科持ちです。
犯罪歴を抹消するというソフト「クリーン・スレート」と交換することを条件に、セリーナはダゲットに指紋を渡します。ところがダゲットに裏切られました。
セリーナは警察に通報し、ゴードン本部長らが現れました。ダゲットもマスク男のベインに戦わせます。
ゴードン本部長はベインに捕まりました。この時に、ゴードン本部長は自分の背広の内側に隠し持っていた、ハービーとバットマンの真相について書いたスピーチ原稿を盗まれます。ゴードン本部長は隙をみて地下水道から脱出しますが、重傷でしばらく入院を余儀なくされました。
セリーナは警察とベインらが戦っている隙に逃げ出します。
入院して動けないゴードン本部長の元に、ゴードンを助けた警官ジョン・ブレイクが現れました。ブレイクは正義感の強い男で、ゴードン本部長に事態を報告しながらも、正義に向けて奔走します。
ブレイクは聖スウィジン孤児院育ちでした。孤児院に寄付をして慰問したブルースを見たことがありますが、ブルースの笑顔は作りものだと子ども心に看破し、ブルースがバットマンではないかとうすうす感づいていました。

執事のアルフレッドは、ブルースがもうこれ以上傷ついたり、亡くなったりするのを恐れていました。アルフレッドは三代前からウェイン家に勤める執事で、先代の死をみたアルフレッドは、大事なブルースまでもが命を落とすのを恐れ、バットマンとして活動することに反対でした。ですから、今のようにブルースが半隠居生活であることは、アルフレッドにとっては心安らかなことです。
しかし再びゴッサム・シティに嵐が到来しそうな気配が漂います。
アルフレッドは毎年休暇でフィレンツェに訪れることを引き合いに出して、本当はブルースにゴッサム・シティに戻ってほしくなかったこと、フィレンツェあたりで、妻子と一緒にいるブルースを目撃したかったと言います(この発言がラストシーンに関連)。

【転】- ダークナイトライジングのあらすじ3

ブレイク刑事に、ウェイン財団が孤児院への寄付を打ち切ったことを聞かされたブルースは、そのわけを聞きに会社へ行こうという気になりました。
病院で診察を受け、サポーターを膝につけます。膝の軟骨がなくなっているだけでなく、肘と肩の軟骨もすり減っており、腎臓にも損傷があるといわれました。全身がぼろぼろの状態です。

久しぶりに表舞台に出たブルースは、会社役員の女性ミランダ・テイトと会います。ミランダは信用に足る人物に思えました。
その席でセリーナと再び会ったブルースは、「嵐が来るわよ」と予告されます。その後セリーナはブルースの車を奪って去りました。
社長に就任しているフォックスに会いに行ったブルースは、寄付を打ち切った理由が研究開発費を投入しておきながら中断した、核融合炉の件で会社が赤字になったと聞かされます。フォックスは稼働を勧めます。
しかし核融合炉を稼働すると悪用されるおそれもあり、ブルースは踏み切れませんでした。
フォックスから新兵器の機動ビークル「バット」という飛行機を見せてもらいます。
ブルースはバットマンの復帰を決意しますが、それを嘆いたアルフレッドはブルースの元を去りました。

ベイン一味が証券取引所を襲い、ブルースが無謀な株取引で自己破産したように見せかけるソフトを取引所に入れました。このせいで、ブルースは会社を手放さないとならなくなります。
ブルースはミランダを呼び、核融合炉のことを話して起動しないよう約束させたうえで、ミランダを会長職に引き継がせます。
その核融合炉はブルースがクリーンなエネルギーを目指してウェイン産業で開発させていたのですが、3年前にロシア人の科学者・パヴェル博士が武力に転用できると論文で発表し、さらにその後に不具合が発見されたため、放置しているのです。パヴェル博士は半年前に飛行機事故で死んだことも告げました。
ダゲットは会社の乗っ取りが失敗したため、手下であったはずのベインに首の骨を折られて死にます。ダゲットはベインを利用しているつもりでしたが、本当は利用されていたのでした。
ブルースと会ったセリーヌは、自分が指紋を盗んだせいで破産に追いやってしまったことを謝ります。
ところがその後、セリーヌは「クリーン・スレート」が欲しいためにバットマンを裏切り、ベインへ引き渡しました。ベインはバットマンの正体がブルースと知った上で攻撃を仕掛けており、自己破産に追いやったのもベインです。
ベインは〝影の同盟(『バットマン ビギンズ』参照)〟のラーズ・アル・グールたちの使命を継ぐ者でした。ブルースを叩きのめした後、二度と這いあがれない地下牢獄〝奈落〟へ追いやります。

【結】- ダークナイトライジングのあらすじ4

〝奈落〟は巨大な井戸のような形状をしていました。そこにはおおぜいの人がいます。
這いあがれない〝奈落〟で、たった1人だけ子どもが成功したと聞いたブルースは、医学の心得のある老人に背中を治療してもらった後、這いあがりました。2人めの成功者が出たことで、〝奈落〟にいた者たちは興奮します。

その間、ベインはゴッサムの警察官を地下水道におびきよせ、プラスティック爆弾で地上への入り口を爆破して閉じ込めました。警察官は身動きが取れなくなります。
さらにウェイン産業の核融合炉を強奪したベインは、生かしていた(冒頭のシーン)パヴェル博士を使って中性子爆弾にさせ、その直後に博士を殺しました。
テレビの前でゴードン市警本部長が書いていたスピーチ原稿を読んで、8年前のハービー・デントの真相を聞かせたベインは、貧困層の市民たちの怒りをあおります。
さらにブラックゲート刑務所の囚人1000人を解放しました。これにより、ゴッサム・シティは再び悪で混乱します。
中性子爆弾が起動され、爆発までのカウントダウンが23日からはじまりますが、ベインはシティから出てはならないと言います。1人でも出ると、すぐ爆弾を起動させると言ったので、誰も出られなくなりました。

〝奈落〟から抜け出したブルースはゴッサムに戻りました。セリーヌに自分のバイク・バットポッドを渡し、「キャノン砲でトンネルを破壊しろ」と言います。
セリーヌはバットポッドを使って逃げようかと考えますが、言われたとおりキャノン砲を撃ちました。トンネルが破壊されて警官たちは解放されます。
警官隊とベインの軍隊が街で戦い始めました。中性子爆弾の爆発の日です。
バットマンはベインと戦って叩きのめしましたが、その時、背後からナイフで脇腹を刺されました。
実は本当の黒幕はベインではなく、バットマンことブルースを刺したミランダでした。
ミランダはラーズの娘であり、〝奈落〟から脱出した唯一の子どもでした。ベインはそのミランダの守護者でした。
ベインは乱入したセリーナに殺されます。
ミランダは中性子爆弾を乗せて車で逃げようとしますが、その際に地下に落ちて死にます。
起爆が止められない中性子爆弾を、ブルースは機動ビークル・バットで海上に運び、爆発させました。それはバットマンことブルースの死を意味していました。

助かった人々は、ゴッサム・シティにバットマンの像を建てます。
ブルースの墓が作られ、アルフレッドが戻ってきて泣きました。ブレイク刑事やゴードン市警本部長もブルースの死を悲しみます。
ブルースは死んだものとされました。
しかしある日ゴードン市警本部長は、自分の車にバットマンのマークが描かれているのを見て、ブルースが生きているのを知ります。
ブルースは自動操縦でバットの飛行機を操縦し、爆発させていたのです。
ブレイクは警察の枠内におさまっていると、できることが限られると思い、刑事を辞めました。ロビンと名乗ったブレイクは、バットマンが作ったアジトを発見し、それを利用しようと思います(新たなバットマンになるつもり)。
執事のアルフレッドはフィレンツェのカフェで、セリーナと談笑するブルースの姿を見て感激しました。

みんなの感想

ライターの感想

バットマン新三部作のラストを飾る作品として描かれたこの映画ですが、爆弾を飛行マシン・バットに抱えたまま遠方で爆発してバットマン、そしてブルース・ウェインが最期を迎えたかに見えました。
ですがベインとの最後の決戦を迎える以前に、バットの調整していたこと、ラストのカフェでアルフレッドと視線を合わせるシーンなど、本当は生きているのではと思わせる伏線も非常に多く、また監督のクリストファー・ノーランはそういった仕掛けを散りばめるのに長けた監督です。
数々の伏線を探りながら見返すのもまた楽しみのひとつとなる映画です。

ライターの感想

『バットマン ビギンズ』が141分、『ダークナイト』が152分、そして今作品『ダークナイト ライジング』が165分…。シリーズを重ねるごとに、徐々に分数が長くなるという…。
気合いを入れたんだろうけど、正直今作品の165分は長い。
そして哀しいかな、これだけ力を入れたにも関わらず、3作品を振り返るといちばんインパクトがあるのは『ダークナイト』。ジョーカーの存在のいかに大きかったことよ。
本当はたぶん、今作品もジョーカーと戦わせたかったんじゃないかな。あるいは絡めたかったとか。
それ思うと、ジョーカー役のヒース・レジャーの急逝がほんとに悔やまれる。

映画の感想を投稿する

映画「ダークナイトライジング」の商品はこちら