「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」のネタバレあらすじ結末

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルの紹介:2003年制作のアメリカ映画。映画版『チャーリーズ・エンジェル』の続編で3人のエンジェル達は前作と同じだが、ボスレー役のビル・マーレイが降板しコメディアンのバーニー・マックが抜擢された。

予告動画

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルの主な出演者

ナタリー・クック(キャメロン・ディアス)、ディラン・サンダース[ヘレン・ノケツ](ドリュー・バリモア)、アレックス・マンディ(ルーシー・リュー)、マディソン・リー(デミ・ムーア)、ジミー・ボスレー(バーニー・マック)、レイ・カーター(ロバート・パトリック)

チャーリーズ・エンジェル フルスロットルのネタバレあらすじ

【起】- チャーリーズ・エンジェル フルスロットルのあらすじ1

ナタリーとディラン、アレックスはチャーリーズ・エンジェルです。チャーリーズ・エンジェルとは、謎の大富豪チャーリーの探偵事務所で働く女探偵のことで、チャーリーはいつも姿を見せず、電話で声のみで指示をします。今回のエンジェルたちのミッションは、テロリストによってモンゴルとシベリアの国境近くに拉致されたアメリカ警察機構の要人・カーターを救出することでした。カーターは救出時に肋骨を痛めましたが、エンジェルたちは彼を無事に救い出します。ところがテロリストたちの真の目的は別のところにありました。カーターが持っていた指輪です。

【承】- チャーリーズ・エンジェル フルスロットルのあらすじ2

指輪は2つ存在し、2つの指輪を揃えると米国政府がかくまっている対組織犯罪の最重要証人リストにアクセスすることができるのです。カーターは指輪の1つを盗まれたのでした。そしてもう1つ持っていた政府の要人も殺され、指輪が盗まれます。エンジェルたちは指輪を奪還すべく、動き始めました。捜査の途中で証人たちの写真の中に、ディランの顔を見つけます。ディランは昔の恋人・シーマスが犯した殺人の証人となっていました。シーマスが事件に絡んでいると知った3人は、彼に近づき指輪を取り戻します。ところがこれは偽物でした。

【転】- チャーリーズ・エンジェル フルスロットルのあらすじ3

そんな折、事務所をアメリカ警察機構の要人カーターが訪問します。彼は自分を救出してくれたお礼を3人に言いますが、退出の際、ジミーが放った鍵をいとも簡単に手で受け止めます。肋骨を痛めているはずなのにそんなそぶりがないことを不審に思った3人は、カーターが今回の作戦に一枚噛んでいると睨みます。彼のあとを尾けると、カーターは英雄的存在となった元エンジェル・マディソンに指輪を渡しました。本当の黒幕はマディソンです。マディソンはカーターを殺し、更に3人に銃を発砲すると逃げました。マディソンは世界中の「裏の世界の住人たち」に、持ち出した指輪を競売にかけるつもりです。

【結】- チャーリーズ・エンジェル フルスロットルのあらすじ4

カーターが残した言葉を手がかりにハリウッドのイベントで取引がおこなわれることを推理した3人は、現場に向かいました。裏の世界の住人たちは、エンジェルたちが通報した警察によって、一斉に逮捕されます。マディソンはエンジェル時代「命令される側」に甘んじていたことに不満を抱き、「命令する側」になりたいと思っていました。そのために大金を手に入れようと野望を燃やしていたのです。マディソンは再び3人と対峙しますが、今度は戦いに負け、自らが爆破した建物の炎の中に落ちていきました。エンジェルたちは本物の指輪を取り戻せました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」の商品はこちら

チャーリーズ・エンジェル フルスロットル [Blu-ray]