「デスレース」のネタバレあらすじ結末

デス・レース(2008年)の紹介:2008年公開。民営化された刑務所で、改造マシンによる命がけのレースと陰謀を描いた作品。ロジャー・コーマンが1975年に制作した「デスレース2000年」を「エイリアンVS.プレデター」「バイオハザード」のポール・W・S・アンダーソンがリメイク。「トランスポーター」シリーズのジェイソン・ステイタムが主演。

予告動画

デスレースの主な出演者

ジェンセン・エイムズ(ジェイソン・ステイサム)、ウォーデン・ヘネシー(ジョアン・アレン)、コーチ(イアン・マクシェーン)、マシンガン・ジョー・メイソン(タイリース・ギブソン)、エリザベス・ケース(ナタリー・マルティネス)、パチェンコ(マックス・ライアン)、ウーリック(ジェイソン・クラーク)

デスレースのネタバレあらすじ

【起】- デスレースのあらすじ1

2012年、アメリカ経済は破綻をして刑務所は民営化されていました。犯罪者は増加していく一方でした。
民営化された刑務所で孤島にあるターミナル・アイランドでは、犯罪者同士を戦わせる現代版グラディエーターが行われていました。それを放送して利益を得ていました。
視聴者の欲望はエスカレートして、改造した車で殺し合う「デス・レース」が行われるようになります。レースは3日間を戦って最初にゴールした者が勝者となります。
デス・レースで5回優勝すると自由の身になれます。4度の優勝を誇ったフランクは、5回目のレースのゴール間近で攻撃されて亡くなります。刑務所の所長のヘネシーはフランクを死んでないと皆に嘘をつきます。
工場で働いていた元レーサーのエイムズは、突然工場が閉鎖されて無職になります。明日から職探しになりますが、愛する妻と娘がいるので頑張れます。
晩御飯ができたと思ってエイムズが1階に降りると、何者かの襲撃で妻が倒れていました。駆けつけたエイムズも気絶させられます。

【承】- デスレースのあらすじ2

目を覚ましたエイムズの目に入ってきたのは、ナイフで刺された妻の遺体と警察の姿でした。そして凶器をエイムズは持たされていました。エイムズはターミナル・アイランドに収容されます。
元レーサーで好成績を残したエイムズにヘネシーは目をつけます。エイムズにフランクの代わりをさせようとしたのです。フランクの復帰を願うファンが多く、ヘネシーは視聴率を上げて利益を得たかったのです。
フランクは覆面を被っていて、フランケンシュタインと呼ばれていました。覆面を被れば背格好も似ていたのでばれません。後1回優勝すれば自由の身になれることを教えて、エイムズは娘に会うためにも承諾します。
整備を担当してくれるのはコーチとガナー、リストです。車に攻撃用の武器は機関銃があり、防御用にはスモーク、ナパーム等が積んでありました。
レースに出場するのは、3度の優勝を誇るジョー、パチェンコ、14K、グリムなど凶悪な犯罪者ばかりでした。
ナビゲートを助手席でするために、女子刑務所から車にそれぞれ女性が乗り込みます。エイムズの助手席に乗るのはフランクのナビゲートでもあったケースです。

【転】- デスレースのあらすじ3

1日目のレースがスタートします。レースの地面には攻撃、防御、髑髏のマークがあります。それらを踏むと、それに対応した装備が使えます。しかし、髑髏を踏むと串刺しになります。
レースはエイムズを狙って皆攻撃をしかけてきます。防御の装備が作動しません。出遅れるエイムズでした。出場者の一人が髑髏を踏んで串刺しになります。次にグリムが攻撃を受けて死亡します。
エイムズは近道を使ったりしてだいぶ追い上げます。1日目が終了して、エイムズはヘネシーに出場を辞退すると言います。娘が養子にだされるよと脅すヘネシーでした。エイムズは2日目も出場します。
パチェンコがエイムズに指である仕草をします。それは妻を殺した犯人がしていたのと同じでした。エイムズはフランクの代わりに刑務所に連れてこられたことに気づきます。ヘネシーの陰謀だったのです。
エイムズはパチェンコをレース前に殺そうとしますが、看守に止められてしまいます。そして2日目のレースが始まります。
エイムズはスタートをゆっくりして、ケースを脅します。防御の装備が作動しないようにヘネシーに指示されていたのです。見返りに釈放の契約書をもらっていたのです。フランクの時も同じように指示されていました。
理由が分かってエイムズは一気に加速します。防御の装備も使用できるようになりました。そしてパチェンコの前につけて、前を走っているのに攻撃の地面を踏みます。

【結】- デスレースのあらすじ4

エイムズはパチェンコの車の前をバックで走りながら正面を向いて攻撃します。そして反転をして防御の地面を踏んで、パチェンコを転ばします。車から降りてパチェンコに止めを刺します。
ヘネシーは戦艦と呼ばれる重戦車を作っていました。それがレースに解き放られて次々と出場者は死亡します。エイムズとジョーだけが残って無線で連絡を取り合います。
二人は協力して戦艦に髑髏を踏ませてやっつけます。二日目が終わって、エイムズは1.9Lの予備タンクを積むことと、ロケット弾を装備させることをコーチ達に頼みます。そしてジョーに作戦を伝えに行きます。
3日目がスタートして、ジョーはわざとエイムズを追い詰める攻撃をします。そしてコーチと相談して見つけたコースの壁をロケット弾で破壊して刑務所から逃げます。
ヘネシーはエイムズの車に爆弾を仕掛けていました。しかし、コーチが外していて起爆しませんでした。
エイムズは車から降りて、フランクの覆面をケースに渡して運転を頼みます。看守達にケースは捕まりますが、釈放の契約書があるので大丈夫でした。コーチがヘネシーに爆弾を送り返して、ヘネシーは爆死します。
エイムズとジョーは無事に逃げて車の整備の仕事をしていました。そこに釈放されたケースがやってきて、エイムズの娘を紹介されます。
この映画のカーアクションを絶対に真似しないでくださいとテロップが流れてエンディングとなります。

みんなの感想

ライターの感想

最後のテロップにも驚かされましたが、どうやってこのカーアクションを撮ったのか想像ができません。エイリアンVS.プレデター、バイオハザードシリーズのポール・W・S・アンダーソンが監督した作品なので、とても面白くて楽しめました。
印象に残ったシーンはエイムズがパチェンコを倒しに行った時です。一気に他の出場者を抜いて、反転して猛スピードでバックしながら攻撃します。その後更に反転してと、一番興奮しました。
エイムズ役のジェイソン・ステイタムがかっこ良くて、いつかこんな男になりたいと思いました。なので筋トレを始めてみました。
何度も見た作品なのですが、しばらくすると再度見たくなる作品です。何度でも楽しめる映画です。

映画の感想を投稿する

映画「デスレース」の商品はこちら