「デトネーター」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

デトネーターの紹介:2006年公開。元CIA捜査官で国土安全保障省の男が、ルーマニアで諜報戦に巻き込まれる姿を描いた作品。主演は「ブレイド」シリーズのウェズリー・スナイプス。「ヴァン・ヘルシング」のシルヴィア・コロカや「エイリアン2」のウィリアム・ホープも出演。

予告動画

デトネーターの主な出演者

サニー・グリフィス(ウェズリー・スナイプス)、ナディア・カミンスキー(シルヴィア・コロカ)、ジョゼフ・ボスタネスク(ティム・ダットン)、マイケル・シェパード(ウィリアム・ホープ)、フリント支局長(マイケル・ブランドン)、ディミトル・イリンカ(マシュー・リーチ)、ミッチェル(ウォーレン・デローサ)

デトネーターのネタバレあらすじ

【起】- デトネーターのあらすじ1

生化学兵器デトネーターがユーリ達によって強奪されます。
国土安全保障省のグリフィスは、ルーマニアのブカレストにやってきます。
彼は、武器を密売している組織を壊滅するために潜入捜査にやってきていました。取引中にバレてしまって銃撃戦となります。
あらかた始末して、組織のディミトルに拷問をします。しかし、地元警察がやってきてグリフィスは連れて行かれます。
友人のシェパード捜査官が現れて助けてくれます。捜査について、二人は話し始めます。そこにCIA支局長のフリントがやってきて、どういうことかと怒ってきます。
ディミトルは、ギャングのボスのボスタネスクの甥でした。ボスタネスクはグリフィスを殺すことを考えます。
フリントは、ディミトルを釈放して見張ることにします。同時にグリフィスにナディアの護送を依頼します。
グリフィスは、別の事件で出廷しなければいけなくて、アメリカに帰る予定です。
シェパードの頼みもあって、グリフィスは依頼を引き受けることにします。隠れ家にいくと、3名がナディアを守っていました。
彼女はニューヨークで夫を殺されて、大金を持っていて保護されていました。それから口を閉ざしています。

【承】- デトネーターのあらすじ2

サッカーボールが転がってくると同時に、ナディアを狙った刺客が襲ってきます。護衛の3名は死亡します。
グリフィスは、刺客を倒しながらナディアを連れて逃げ出します。事情を聞くと、ナディアの夫がボスタネスクの金を横領したのが原因のようです。
その金の入った口座番号は、ナディアの頭の中にあるのです。二人はモーテルに隠れることにします。
シェパードに連絡するも、隠れ家がバレた理由は分かりません。グリフィスは自分流で行うことにします。
シェパードはCIAのシステムの再確認と局員の情報を調べるように、部下のミッチェルに頼みます。
翌日、グリフィスはシェパードとだけ会うことにします。ディミトルが後をつけていました。
グリフィスは気づいていて、二部屋とっていたモーテルの一室にディミトル達を誘い込みます。
置き土産として、グリフィスは爆弾をセットしていました。大爆発が起こって、ディミトルの手下達は吹っ飛びます。
ディミトル達との激しい銃撃戦が始まります。そして追手との激しいカーチェイスの末、グリフィス達は逃げ切ります。

【転】- デトネーターのあらすじ3

その様子はニュースで放送されます。シェパードは、ミッチェルにフリントを調べるように指示します。フリントに言うと、グリフィスの居場所がバレるからです。
立て続けに失敗したディミトルを、ボスタネスクは処分することにします。
グリフィスとナディアは売家に隠れることにします。そこでナディアは、グリフィスにバレないように携帯を手に入れます。
ミッチェルがフリントを調べているのがバレてしまいます。フリントは、ボスタネスクから金をもらっていたのです。シェパードにその事を伝えます。
ミッチェルは証拠のディスクをシェパードに渡して、帰宅しようとします。すると、ボスタネスクの部下が襲ってきます。
返り討ちにして、電車に轢き殺せたとミッチェルは思います。しかし、ボスタネスクの部下は線路に隠れて生きていました。
ナディアとグリフィスは、衣装を着替えた後に結ばれます。ナディアは一緒に金を持って逃げようと言います。
何があっても信じて欲しいとも言います。しかし、ナディアは携帯電話で居場所をボスタネスクに言ってしまいます。

【結】- デトネーターのあらすじ4

ボスタネスクの部下に捕まったグリフィスは、ナディアが夫を殺して金を着服したと言われます。彼女には息子がいて、金と交換条件に解放される予定です。
ボスタネスクは、ユーリからデトネーターを買う予定なのです。その資金が、ナディアの頭の中にある口座番号の金なのです。
捕まっていたグリフィスは、車内で暴れてナディア達の元に向かいます。
その頃、ボスタネスクはユーリに作動するか確かめていました。そしてナディアに口座番号を言うように脅しをかけます。
グリフィスが到着して、ブレーカーを落とします。ギャング同士が銃を撃ちあい始めます。
その隙に、ナディアと彼女の息子のアレックスを助け出します。現場は騒然として、訪れていたサッカー場の観客は逃げ出します。
ボスタネスクが生きていて、ナディアを取り返しにやってきます。格闘戦の末、グリフィスはボスタネスクを殺します。
そこでボスタネスクの携帯電話を手に入れていました。電話帳の修理人という名前の人物は、シェパードだった事が分かります。
彼はフリントを悪者に仕立てようと情報操作していたのです。シェパードとグリフィスが撃ち合って、シェパードは死亡します。
グリフィスの葬儀が開かれますが、彼は死亡扱いにされただけで生きていました。グリフィスとナディア、アレックスが幸せに過ごす旅に向かってエンディングです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、グリフィス演じるウェズリー・スナイプスのかっこ良いアクションシーンの数々です。とにかくスピード感が突出しているのが特徴的です。
ナディアを匿っていた隠れ家での銃撃戦では、グリフィスの早撃ちがすごいです。何か特殊な撮影方法でも使ってるのかなと思ってくるほどです。
モーテルでの爆発と銃撃戦もすごいです。火薬量が多いのか画面いっぱいに広がります。時代を感じさせない素晴らしい出来だと思います。
一番良かったのは、最後のボスタネスクとの格闘戦です。グリフィスの攻撃がかなり素早いです。また、戦うスタイルがアウトボクサーみたいでカッコ良いの一言です。
驚いた場面は、ミッチェルを電車内から襲ってきたボスタネスクの部下のシーンです。窓から急に飛び出してきたのでビクッとなりました。
アクションだけでなく、二転三転の共謀者が変わるサスペンス要素もあります。フリントではなく、シェパードが共謀者だとは最後にびっくりしました。
また、シルヴィア・コロカのくびれが見えて幸せでした。素晴らしいスタイルで鼻の下が伸びてしまいました。
最後まで見終わって、よく作り込まれている作品だと感じました。内容も濃くて楽しめました。

映画の感想を投稿する

映画「デトネーター」の商品はこちら