「トランザム7000」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

トランザム7000の紹介:1977年公開のアクション・コメディ。ビール密輸を先導するトランザムと、それを追う保安官とのドタバタ劇を描いた作品。トランザム7000シリーズの一作目。監督は「キャノンボール」のハル・ニーダム。主演は「ブギーナイツ」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに名が刻まれているバート・レイノルズ。「プレイス・イン・ザ・ハート」でアカデミー賞主演女優賞を受賞したサリー・フィールドや、「ハスラー」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたジャッキー・グリーソンも出演。

この映画を無料で観る

予告動画

トランザム7000の主な出演者

バンディッド(バート・レイノルズ)、キャリー(サリー・フィールド)、スノーマン(ジェリー・リード)、ジャスティス・ジュニア(マイク・ヘンリー)、ビッグ・イーノス(パット・マコーミック)、リトル・イーノス(ポール・ウィリアムズ)、ジャスティス保安官(ジャッキー・グリーソン)

トランザム7000のネタバレあらすじ

【起】- トランザム7000のあらすじ1

イーノス親子は、伝説と呼ばれているバンディッドに仕事を持ちかけます。テキサスからジョージアまでビールを密輸してくれたら、報酬の8万ドルを払うというものでした。
バンディッドは受けることにして、元相棒のスノーマンに手伝いを頼みます。嫌がるスノーマンでしたが、報酬を聞いて行くことにします。愛犬のフレッドも連れて行きます。
バンディッドは、ただ運ぶのでは捕まってしまうと考えます。なので、イーノス親子に金をもらって、黒のトランザムを購入します。
ビールを運ぶトラックには、スノーマンに運転してもらいます。そして自分はというと、トランザムで先導してパトカーの注意を引く魂胆です。
予定よりも早くに、ビールを取りに行ってしまいます。ドアをぶち破って、ビールをトラックに詰め込みます。
早速向かっていると、スピードを出していることもあってパトカーが追いかけてきます。うまくバンディッドがまいて、にやりです。
バンディッドは道の先で、ウェディングドレスの女性を見つけます。乗り込んだ彼女は、ドレスを脱いで着替え始めます。
彼女の名前はキャリーで、ダンサーをしていて結婚式から逃げ出してきたようです。彼女を追ってくるのは、結婚相手とその父親のジャスティス保安官です。面目を丸つぶれにされて、連れ戻す気まんまんです。
またもやパトカーが追いかけてきて、バンディッドは砂埃をたてます。パトカーは池に突っ込んでしまいます。 この映画を無料で観る

【承】- トランザム7000のあらすじ2

してやったりと思ってると無線が入ってきて、後ろにぴったりとジャスティス保安官がついてきます。キャリーは知らないふりをしています。
バンディッドはうまくスノーマンのトラックを追い越します。対向車がくるので、ジャスティス保安官のパトカーは遅れてしまいます。
ジャスティス保安官は、自分こそがトランザムを捕まえると無線を入れます。それを聞いた管轄のブランフォード保安官が、あなたは管轄外だと言い返します。
ブランフォード保安官は、トラック運転手を買収して、バンディッドに嘘の情報を無線で知らせます。バンディッドは、パトカーによって封鎖された道に来てしまいます。
しかし、横道にそれて、ブランフォード保安官のパトカーを川に突っ込ませます。バンディッドは、橋が無かったのでジャンプして渡りました。ブランフォード保安官のパトカー達は川に落っこちます。
近くのレストランで、バンディッドはキャリーを降ろすことにします。バス停に送ってあげます。
しかし、そこにジャスティス保安官が現れます。彼はバンディッドの顔を知りませんでした。バンディッドは、ジャスティス保安官にトイレを案内した後、慌てて外に出ます。
すると、同じくして慌てて逃げたキャリーがトランザムを運転していました。バンディッドが乗り込みます。

【転】- トランザム7000のあらすじ3

ジャスティス保安官が気づいて追ってきます。運転を代わろうとしますが、うまくできませんでした。
大型のトラックが横切っていて、バンディッド達は回避します。しかし、ジャスティス保安官のパトカーは窓から上が無くなります。
まだまだ追いかけてくるジャスティス保安官に、バンディッドはフットボール場を横切って逃げます。ジャスティス保安官は、どこに行ったか分からなくて、元の道に戻ります。
海沿いの道で、バンディッド達とスノーマンはおちあいます。レストランで買ったチーズバーガーをスノーマンに渡します。フレッドがしばらく遊びだして、スノーマンは置いてけぼりです。
ガソリンを入れに向かったバンディッドに、ジャスティス保安官が無線で挑戦状を叩きつけてきます。
ジャスティス保安官の横を横切ったバンディッドは、またもや道路封鎖に出くわします。川を渡って、パトカーをまきます。
追ってきたジャスティス保安官は、トラックの運ちゃんにドアを壊されます。証拠として持ち帰ることにします。
バンディッドは、車を止めてキャリーと共通点を話します。そして二人は盛り上がってキスをします。
遅れてガソリンを入れにやってきたスノーマンは、なじみの店に寄ります。フレッドと共に入っていると、いちゃもんをつけてくる輩が出てきます。
5~6人相手に喧嘩をしたスノーマンはやられてしまいます。しかし、お返しにとばかりに、奴らのバイクをトラックで轢いてぶっ壊していきます。

【結】- トランザム7000のあらすじ4

ボコボコのパトカーのジャスティス保安官は、管轄の警官から運転するなと言われます。怒ってるジャスティス保安官は、自分が先輩であることやバンディッドを追っている理由を大声で語りだします。
すると、警官は謝罪をして、ジャスティス保安官はボコボコのパトカーで走り出します。
バンディッドは、仲間から無線が入ってきて、ジャスティス保安官をワザとその場所に向かわせます。彼がバンディッドだと思って捕まえた男性は、ここの警察の署長でした。
再びパトカーに追われだしたバンディッドは、仲間のトラックの運ちゃんに協力してもらいます。うまくトラック同士に挟まれて、身を隠すことに成功します。
スノーマンが、スピードの出し過ぎで白バイに聴取されます。そこにバンディッド達が現れて喧嘩を売ります。白バイは、バンディッドを追いかけるあまり、池に突っ込んでしまいます。
まだまだパトカーが追っかけてくるので、バンディッドは無線で仲間に協力を頼みます。彼らが時間稼ぎをしてくれます。
しかし、ヘリが出動してパトカーの数が増えていきます。諦めようとした時、今までノーマークだったスノーマンが参加します。
大量のパトカーが封鎖する中を突っ切ったのです。そして、ビールをイーノス親子に届けることに成功します。
お金を受け取ろうとすると、更にボストンまでの仕事を賭けられます。その話しに乗ったバンディッド達は、イーノス親子のキャデラックを借りて逃げます。
丁度ジャスティス保安官がいたので、バンディッドは自分がすぐそこにいるのを知らせてあげます。ジャスティス保安官が慌てて追いかけてきて、エンディングです。

関連する映画

アクション映画

みんなの感想

ライターの感想

この映画の面白い所はたくさんあります。まずはバンディッドとスノーマンの息の合ったコンビネーションです。台詞と台詞がテンポよくて、とても自然で聞いていると楽しくなってきます。
次に最初のほうの場面で、トランザムに乗るバンディッドが家の横に停めて、パトカーが行くのをやり過ごすシーンがあります。その時のバンディッドのニカッとしたニヤリ顔が面白くて、とても印象的でした。
後は、やはりジャスティス保安官のダメダメ感が最高です。ぶりぶり怒ってばかりの姿や、バンディッドに振り回される場面が面白くてたまりません。何度でも見たくなって、彼のファンになってしまいます。
この作品では、音楽がとても記憶に残ります。コミカルな音楽だったり、カントリー調の曲が素晴らしくて、それに合わせて映し出される映像をずっと覚えてしまうほどです。
今作の魅力として、この年代の車が多数登場する点があります。トランザムや、スノーマンの乗るトラックのケンワース、様々な州のパトカーが登場して、車好きな方にはたまらないと思います。
最後まで見終わって、続編が見たくてたまらなくなりました。登場人物達の愉快で楽しい様子が、見ていて元気づけてくれました。大満足の作品で、多くの人に見て欲しい映画になります。

映画の感想を投稿する

映画「トランザム7000」の商品はこちら