「トランスポーター」のネタバレあらすじ結末

トランスポーターの紹介:2002年制作のフランス&アメリカ映画。『TAXi』シリーズ等で有名なリュック・ベッソンが制作と脚本を手掛け、ジェイソン・ステイサムが主演を務める。プロの運び屋が自分のルールを破り、騒動に巻き込まれるカーアクション。

この映画を無料で観る

予告動画

トランスポーターの主な出演者

フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)、ライ・クワイ(スー・チー)、ウォール・ストリート(マット・シュルツ)、タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)、ミスター・クワイ(リック・ヤング)、ボス(ディディエ・サン・ムラン)、パイロット(ヴァンサン・ネメス)

トランスポーターのネタバレあらすじ

【起】- トランスポーターのあらすじ1

1.契約厳守
2.名前は聞かない
3.依頼品を開けない
フランクは犯罪絡みだろうが、依頼されたものは何でも運ぶプロの運び屋(トランスポーター)です。仕事でフランクが自分に課しているルールが、上記3つでした。
ある日フランクは組織所属のウォールから、50kgの大きなバッグを運ぶ依頼を受けます。依頼品を後部トランクに入れ、目的地まで輸送する道中で車がパンクしました。
修理をしようと後部トランクを開いたフランクは、バッグが動くことに気づきます。最初は「見なかったこと」にしたフランクですが、気になってルールを破りバッグを開きました。中身は手足を縛られ口をガムテープで塞がれた中国人女性・ライでした。 この映画を無料で観る

【承】- トランスポーターのあらすじ2

生き物だから動くのは納得…とフランクは再びバッグを閉めます。
ライは慌てて必死でフランクに目で訴え口のテープを剥がしてもらい、喉が渇いた、トイレに行きたいと告げました。
依頼品(この場合はライ)が脱水症状を起こして死ぬと、たとえ輸送完了しても契約違反に該当すると判断したフランクは、ライの要求を呑みます。
ライはトイレに行く振りをして逃走を図りますが、あっけなくフランクに捕まりバッグに入れられました。そのまま輸送先に届け契約完了です。
フランクは再び荷物運びの依頼をウォールから受けますが、輸送の休憩中に愛車が爆発しました。
口封じで殺されかけたフランクは怒り、組織に乗り込み壊滅的打撃を与えます。

【転】- トランスポーターのあらすじ3

フランクは実は特殊部隊に所属した過去があり、すごく強いのです。しかし肝心のウォールは不在でした。
フランクはベンツで組織から逃げますが、車中にライがいました。一旦は車外に放置したものの置き去りにできず、フランクはライを連れて帰ります。
フランクの愛車爆破事件でタルコーニ警部が事情聴取に来ました。タルコーニは以前からフランクに目をつけています。
翌朝フランクの家に組織がロケット弾を撃ち込みますが、フランクとライは助かりました。こうなったのもルールを破ったからだとフランクは悔います。
組織が人身売買を行い、現在もライの家族を含む人間がコンテナに隠されていると聞いたフランクは、組織に乗り込みます。

【結】- トランスポーターのあらすじ4

ライの話には一部嘘がありました。家族が被害者というわけではなく、ライの父ミスター・クワイこそが組織の黒幕でした。
フランクは組織に捕らえられますが、警察が組織に介入し助かります。
フランクはタルコーニ警部に人身売買の話をしました。タルコーニはフランクを信じて見逃し、フランクは警察を脱走しました。
フランクはコンテナがある現場に向かい、敵を倒しウォールからコンテナを運ぶトラックを強奪します。
しかしライの父が現れてライを人質にフランクを脅しました。フランクはライの父に撃たれそうになります。
しかしライが自らの手で父を撃って倒しました。コンテナからは、400人の子どもたちが救出されました。

みんなの感想

ライターの感想

スタイリッシュで完璧主義な運び屋の主人公が、ぶっ飛ばすカーアクション映画日本でもよくテレビで放送され、4シリーズも公開されてます。
主人公は、ジェイソン・ステイサム。いい体だなーという印象ですが、この人は水泳の飛込競技だったんですね。しかし、この映画、どこかで見たことあるなーという印象を受けました。監督:ルイ レテリエ、コリー・ユンですが、実はこの映画一部のシーンと脚本を、リュック・ベッソンが監督してるんです。リュック・ベッソンといえば、タクシー。そういえば似てるかも。

映画の感想を投稿する

映画「トランスポーター」の商品はこちら