「トランスポーター3 アンリミテッド」のネタバレあらすじ結末

トランスポーター3 アンリミテッドの紹介:2008年制作のフランス映画。『トランスポーター』シリーズの第3弾にあたる。秘密厳守の運び屋・フランクが、またもやトラブルに巻き込まれ奔走する作品。

予告動画

トランスポーター3 アンリミテッドの主な出演者

フランク・マーティン(ジェイソン・ステイサム)、ジョナス・ジョンソン(ロバート・ネッパー)、ヴァレンティーナ(ナタリア・ルダコーワ)、タルコーニ警部(フランソワ・ベルレアン)、レオニード・ヴァシーレブ(ジェローン・クラッベ)、アイス(エリック・エブアニー)

トランスポーター3 アンリミテッドのネタバレあらすじ

【起】- トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ1

フランクはたとえそれが犯罪絡みのものであろうが、依頼を受けたものは確実に運ぶプロの運び屋(トランスポーター)です。
ある日フランクのところにボディガード請負人・ジョンソンから依頼が舞い込みますが、フランクは断って友人のマルコムを紹介しました。マルコムは仕事を受けます。
ところがある夜、マルコムが銃撃されてフランクの家に車ごと突っ込みました。マルコムを乗せた救急車は、20m先で爆発します。
マルコムの車には女性・ヴァレンティーナがおり、救出しようとしたフランクは後頭部を殴られ気絶しました。
フランクが意識を取り戻すと、腕に謎のブレスレットが嵌められていました。車から離れると爆発する起爆装置です。

【承】- トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ2

国際廃棄物の管理会社・エココープ社は、ウクライナで廃棄物施設の操業権利を得て土地も購入しました。有毒廃棄物を持ち込むには、ウクライナの環境大臣・レオニード・ヴァシレフのサインが必要です。
しかしレオニードは環境保護派で署名しそうにないと判断したエココープ社は、ジョンソンを雇いレオニードの娘・ヴァレンティーナを誘拐しました。
エココープ社はレオニードを脅迫し、サインをもらうまでバレンティーナを常に移動させておくことにします。それが今回最初にフランクに依頼された仕事でした。
マルコムが死んだので、ジョンソンは気絶したフランクにブレスレットを嵌め、代行せざるをえない状況を作り出します。

【転】- トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ3

かくて、フランクはまたもやトラブルに巻き込まれました。
フランクとバレンティーナ両者ともに、車から20m以上離れると爆発するブレスレットを嵌めています。仕事はひたすら都市から都市へと移動するものですが、道中、娘を救出するためにレオニードが送り込んだ捜査官から追われました。またフランクたちにはジョンソンの監視の目もあります。
フランクはジョンソンの指示通りに車を走らせました。マルセイユ、シュトゥットガルト(ドイツの都市ミュンヘン)、ブタペスト、オデッサ…。
最初は反発していたフランクとヴァレンティーナですが、次第にお互い惹かれ合うようになります。またフランクは逃げ出す方法を画策していました。

【結】- トランスポーター3 アンリミテッドのあらすじ4

フランクはタルコーニ警部に連絡を取り、移動の間にエココープ社の陰謀を知ります。
契約の確約をしたジョンソンはフランクからヴァレンティーナを取り戻し、フランクを車ごと湖に沈めました。しかしフランクは機転を利かせて車ごと湖から脱出します。
そしてジョンソンとヴァレンティーナを乗せた列車に車ごと突っ込みました。車から離れるとブレスレットが爆破するためです。
ジョンソンにブレスレットを外させて、逆に相手に嵌めさせました。
ヴァレンティーナは無事にフランクによって保護され、レオニードは契約書にサインせずにすみました。
仕事完了後も、ヴァレンティーナはフランクといっしょに、釣りに行きました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「トランスポーター3 アンリミテッド」の商品はこちら