「ドクターストレンジ」のネタバレあらすじ結末

ドクター・ストレンジの紹介:2016年公開のアメリカ映画。同名のアメリカンコミックスの映画化作品でもある。マーベル・コミックのさまざまなヒーローを同じ世界で共演させる「マーベル・シネマティック・ユニバース」シリーズのひとつで、「フェイズ3」の作品群に該当する。この後には『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス』、『スパイダーマン:ホームカミング』、『マイティ・ソー/ラグナロク』とシリーズが続けられ、本作内にもそれに繋がる伏線が用意されている。主演のストレンジ役に日本でも人気の高いベネディクト・カンバーバッチが起用され、全世界で大ヒットを記録した。

予告動画

ドクターストレンジの主な出演者

スティーヴン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)、モルド(キウェテル・イジョフォー)、クリスティーン・パーマー(レイチェル・マクアダムス)、エンシェント・ワン(ティルダ・スウィントン)、カエシリウス(マッツ・ミケルセン)、ウォン(ベネディクト・ウォン)、

ドクターストレンジのネタバレあらすじ

【起】- ドクターストレンジのあらすじ1

邪悪な魔術師カエシリウスが手下たちを引き連れ、魔術師の書庫で殺人を犯し、禁断の書の一ページを破って強奪しました。しかしその行為は即座にフードを被った謎の人物によって察知され、カエシリウスは追いつめられます。フードの人物が作り出した魔術の結界により、手下たちは次々と倒されていきますが、カエシリウスは数人の手下を引き連れて魔術による空間移動で脱出したのでした。
一方、ニューヨークにスティーブン・ストレンジという天才医師がいました。彼は手術中に音楽クイズをして楽しむほどの天才でした。また彼は、頭に弾丸を撃ちこまれた脳死寸前の患者を同僚から奪って難なく手術をこなし、同僚医師のメンツを潰すという傲慢な性格でもありました。友人以上恋人未満の女医クリスティーン・パーマーは、そんなストレンジの性格を案じつつ、ER(救急救命室)に誘いますが、自分の実力を鼻にかけたストレンジは応じようとしません。
そんなある日、ストレンジは晩餐会に向かう途中、運転していた車で事故を起こしてしまいます。命は助かったものの、両手に障害が残ってしまい、外科医としては再起不能となってしまいました。
諦めきれずにさまざまな治療法を模索したストレンジでしたが、どこの病院にも断れて自暴自棄になってしまいます。心配してきてくれたクリスティーンは医者の道を閉ざされても他に道はあると慰めましたが、ストレンジは暴言を浴びせてしまいます。しかし失望した彼女が帰った後、リハビリの担当医がある患者の治療記録を届けてくれました。それは半身不随の状態から奇跡的に回復したパングボーンという男の記録でした。
バングボーンのもとを訪れたストレンジは、彼がネパールはカトマンズのカマー・タージという場所で神秘的な治療を受けたという話を聞きました。半信半疑ながらも、藁にもすがる思いでストレンジはカトマンズを訪れました。
当てもなくカマー・タージを探してまわっていたストレンジは、裏通りで強盗たちに襲われそうになりましたが、それを助けたのがモルドという修行僧でした。モルドは強盗に壊れされた腕時計を拾ってストレンジに渡すと、彼をカマー・タージに連れていきます。
そこは何の変哲もない建物の一つでしたが、内部の空間が山奥の寺院へと繋がっているのです。そしてそこにいた一人の年齢不詳の女性が、モルドの魔術の師エンシェント・ワンでした。彼女こそ冒頭の場面でカエシリウスたちを追いつめたフードの人物でした。
さっそくバングボーンを治療した方法を尋ねたストレンジでしたが、彼女の答えは「魂を癒した」というものでした。肉体と魂はつながっているので、魂を癒せば体も癒されるという原理です。そんなオカルトは信じられないというストレンジでしたが、エンシェント・ワンは彼の魂を時空の彼方に飛ばし、内面にある恐怖を見せるという神秘体験をさせます。考えを変えたストレンジは即座に弟子入りを志願しましたが、あっさり断られて建物の外へと叩き出されます。
それでも諦めきれず、ストレンジはドアの前で懇願していました。一方、中ではモルドがエンシェント・ワンに助言し、闇の力と戦うためにも戦力が必要だと説得して、ストレンジの弟子入りを許可させたのでした
宿舎に案内されたストレンジは、強盗に壊された腕時計を取り出して眺めました。それは彼がクリスティーンから贈られたものでした。

【承】- ドクターストレンジのあらすじ2

ストレンジはエンシェント・ワンから魔術も医学と同じ、学習によって学ぶものだと言われ、カマー・タージにある図書館で勉強を開始しました。図書館の番人であるウォンという男は、堅物でストレンジがジョークを言ってもまるで笑いませんでしたが、読むべき魔法書を教えくれました。しかし、壁に設置されているエンシェント・ワン専用の本は禁止されていると警告します。そのうちの一冊「カリオストロの書」は、カエシリウスによってページが破られていました。
そうやって少しずつ魔術を身につけていったストレンジですが、空間に瞬間移動のための輪を描く術がなかなかできません。エンシェント・ワンはストレンジをヒマラヤの山頂に転移させ、置き去りにしてしまいました。モルドはストレンジを心配しましたが、ストレンジはなんとか自力で空間転移の魔法を使い、戻ってくることに成功します。
さらにストレンジは書物によって「アストラル投射」の幽体離脱を覚え、エンシェント・ワンからはミラー次元の活用法についても教えられ、着実に魔法の実力を身につけていきました。ストレンジは見たものをそのまま記憶できる能力を生まれつき持っていて、本の内容を写真のように記憶できるのです。
しかしさらなる知識を身につけようと図書館を訪れたストレンジに対し、ウォンは必要な本を順番通りに読むように言いましたが、ストレンジは転移の魔法によってウォンの目を盗んでは本を持ち出していきました。
またストレンジは、モルドから古代から伝わる「レリック」という道具に魔法を込めて戦う戦闘術についても学びます。
そんな日々の間も、ストレンジはクリスティーンにメールを送ったりしていましたが、彼女からの返事はありませんでした。
ある夜、図書館を訪れたストレンジはウォンがいないことに気づき、閲覧を禁じられている「カリオストロの書」を開きました。ストレンジは時間を操ることのできる魔法具「アガモットの眼」を使い、時間を巻き戻してカエシリウスが破りとったページを復元することに成功します。
するとそこへウォンとモルドがやってきました。ストレンジがしていることに気づいた彼らは、時間を操作する行為は自然の摂理に背くものだと叱責します。そもそもこのカマー・タージはこの世界を守るための場所なのです。「アベンジャーズが物理的な脅威から世界を守る一方で、我々は魔法の脅威から世界を守らなければならない」とモルドは説明しました。
さらにモルドとウォンは、ストレンジにこの世界を守る「サンクタム」と呼ばれる時空間のゲートについて説明します。ニューヨーク、ロンドン、香港という3つ「サンクタム」が、それぞれ魔術師のマスター達によって守られ、暗黒次元(ダーク・ディメンション)に住む魔神ドーマムゥの侵入を阻止しているのです。

【転】- ドクターストレンジのあらすじ3

その時、カエシリウスがサンクタムからいきなり侵入してきました。その衝撃で、ストレンジはロンドンのサンクタムへと弾き飛ばされてしまいます。カエシリウスが2人の部下とともにロンドン・サンクタムのマスターを殺害するのを見たストレンジは彼らに戦いを挑みました。未熟ながら必死に戦うストレンジは、サンクタムの転移魔法によって部下の一人を遠く離れた砂漠に置き去りにすることに成功します。さらにサンクタムに展示されていた魔法のマントの助けを借りて、カエシリウスを魔法拘束具で捕縛しました。
囚われたカエシリウスは、自分の目的について語りました。人間の限りある寿命にとって本当の敵は「時間」そのものであり、その「時間」を超越する暗黒次元こそ、人間を真の幸福にみちびく存在だというのです。彼は「時間」を超越する暗黒次元の魔神ドラマムゥと取引し、その力を得ようとしていました。さらにカエシリウスはエンシェント・ワンもまた暗黒次元と取引して、不老長寿の力を得ている偽善者だと語りました。
師の秘密を聞かされ動揺していたストレンジを、背後からカエシリウスの部下が斬りつけます。マントがその男を攻撃し、なんとか致命傷を避けたストレンジは、とっさにニューヨークへの空間ゲートを開き、自分が勤務していた病院を訪れるとクリスティーンの前に駆け込んで彼女に手術を頼みました。
行方不明だったストレンジの突然の出現に動揺しながらも、手術をはじめたクリスティーンでしたが、ストレンジはアストラル体となって彼女にアドバイスします。
ところがその最中、アストラル体となって追ってきたカエシリウスの部下がストレンジに襲いかかりました。ストレンジもアストラル体のまま迎え撃ち、心臓マッサージ用の電気ショックで敵のアストラル体を弾き飛ばすことに成功しました。
もとの体にもどったストレンジは目を白黒させているクリスティーンを残して、再びロンドン・サンクタムへと向かいます。カエシリウスの姿はなく、アストラル次元で倒したカエシリウスの部下が死体となって転がっていました。
そこに、モルドとエンシェント・ワンがやってきました。エンシェント・ワンは、ストレンジから事情を聞くと彼に「マスター」の称号を与え、カエシリウスの次の襲撃に備え、ロンドンと香港のサンクタムを守るように命じました。しかしそのためには相手の命を奪うことになると、ストレンジは渋ります。それは医師としての信念に反する行為なのです。さらにストレンジは、エンシェント・ワンが暗黒次元から力を得ているのかと問いつめましたが、彼女はその質問をはぐらかし、暗黒次元には手を出さないよう警告してその場を後にしました。
モルドが師に反抗的なストレンジを非難し、二人が口論になった時、カエシリウスが再び部下をともなって出現しました。ストレンジとモルドはカエシウス一味に追われ、ニューヨークの街中へと駆け出します。カエシウスは魔術によってニューヨークの街に結界を張って二人を追いつめましたが、そこにエンシェント・ワンが現れました。
エンシェント・ワンはカエシウス一味を次々と倒していきますが、部下を犠牲にしたカエシリウスの攻撃を受けて負傷し、現実の世界に落下して重傷を負ってしまいます。しかもその最中、モルドはエンシェント・ワンが暗黒次元のパワーを身につけていたことに気づいてしまいました。

【結】- ドクターストレンジのあらすじ4

エンシェント・ワンのもとに駆けつけたストレンジは、彼女を緊急救命室へ搬送します。自ら手術をしようとしましたが、まだメスを握る手は回復していません。やむなくストレンジは、かつて自分が患者をとりあげた同僚医師に手術を託しました。その時、エンシェント・ワンはアストラル体となって、手術室を出て行きました。ストレンジもアストラル体となってそれを追います。
エンシェント・ワンはニューヨークの夜景を見ながら、自分のことについて語りました。彼女が暗黒次元から力を得ていたのは、破滅的な未来を救うためだったのです。そしてストレンジこそが自分の後継者であると言い、傲慢さと恐怖心を克服して、暗黒次元の支配者ドルマムゥを食い止めることを託したのでした。
エンシェント・ワンの死を確認したストレンジは、改めてクリスティーンに過去の暴言について謝罪し、別れを告げました。彼は人類のために戦うことを決意したのです。そしてストレンジは魔術で病院から立ち去りました。
その頃、香港サンクタムでは、カエシリウスの襲来に備えてウォンと部下たちが守りを固めていました。そこに手下を伴ったカエシリウスが現れ、ウォンたちに襲いかかっていきました。
ストレンジはカトマンズに戻って落ち込んでいるモルドを説得し、彼とともに香港サンクトラムへ向かいました。しかし彼らが到着した時はすでに遅く、香港サンクタムは破壊され、暗黒次元がこの世界に出現しかけていました。カエシリウスはもう遅いと勝ち誇りましたが、ストレンジは禁断の術である時間の巻き戻しの秘法を使い、街を元の姿に戻していきました。周囲の町並みが復元されていく中、ストレンジとモルドはカエシウス一味と戦い、彼らを次々と封じ込めていきました。
香港の市街地はほとんど元通りになりましたが、破壊された香港サンクタムのあたりから暗黒次元が侵攻してくるのを止められません。ストレンジは自ら暗黒次元に突入すると、時間を巻き戻す呪文を唱えて自分とドルマムゥを時間のループの中に閉じ込めました。ドルマムゥは易々とストレンジを殺しましたが、時間のループに取り込まれているため、何度殺しても時間が巻き戻されては同じことを繰り返してしまいます。ついに根を上げたドルマムゥは、カエシウス一味たちを連れて地球から手を引くことを約束します。
ストレンジが脱出した後、暗黒次元は完全に閉じて、香港サンクタムはもとの姿に戻りました。ようやく危機が去り、ウォンたちは安堵しましたが、師に裏切られたことをまだ根に持っていたモルドはストレンジに対しても反発しました。彼は時間を操る自然の摂理に反した魔法は必ず副作用があると言い、自分は別の道を行くと告げてストレンジたちのもとから立ち去るのでした。
カマー・タージに戻ったストレンジは、「アガモットの眼」を図書館の元の場所に戻します。ウォンは「アガモットの眼」は人間の手に負えない存在だと言いました。それを自ら返却したストレンジは、サンクタムの守護者となったのです。
自宅にもどったストレンジは、クリスティーンからもらった動かない時計を腕にはめると、自分の使命の重さに思いを馳せたのでした。
その後、ストレンジはニューヨークにやってきた「雷神」ソーと出会います。ソーは弟のロキとともに父である主神オーディンを探しに来たのだと言いました。ストレンジはソーが父親を捜すのを手伝うと約束します。
一方、モルドはバングドールのもとを訪れ、彼から魔法の力を奪い取っていました。バングドールは身につけた魔術によって不随となった半身を動かしていたのです。モルドは、この世界には魔法使いが多すぎると言い、その不自然さを正すため魔法使いたちを探していくと言って立ち去るのでした。

みんなの感想

ライターの感想

マーベルコミックの異色ヒーロー、初の映画化ということで話題のこの作品。とにかく映像が素晴らしく、今までなかったパターンの魔術合戦を見るだけでも入場料を払う価値があります。
特にクライマックスの香港戦は絶妙で、時間が巻き戻され、崩壊していた町並みが復旧していく中での戦いという斬新さで、この場面だけでも十分に見応えがありました。
ストーリーはいささか微妙で、単純な話にもかかわらず、キャラクターの心理描写がいまいち弱いのが難点。特にストレンジの心境の変化がわかりづらいのが困りものでして、自分の治療のことしか考えてなかった男が、世界の守護者となることを決断するあたりの変化がよくわかりません。エンシェント・ワンの死がきっかけになったということなんでしょうが、そこまで彼女の心情にストレンジが思いを馳せてる部分がないので、すごく唐突感があるんですよね。逆に師匠に裏切られたモルドの離反のあたりはわかりやすいんですが。
あとラスボスであるドルマムゥが鳴り物入りで登場したわりに、意外に情けない悪役っぷりなのは良くも悪くもアメコミだなーという感じでした。特にマーベル映画の場合、悪役が妙に小物なことがやたら多いんですよね。アベンジャーズのロキといいウルトロンといい。この調子ではサノスも安っぽい小物化されそうで心配です。まあそうなったらそうなったで、ネタとして楽しめるとは思いますが。

映画の感想を投稿する

映画「ドクターストレンジ」の商品はこちら