「ドライヴ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ドライヴの紹介:ジェイムズ・サリスの同名小説を基にしたアメリカ映画。日本中に監督ニコラス・ウィンディング・レフンの名を知らしめた作品となった。日本公開は2012年。

この映画を無料で観る

予告動画

ドライヴの主な出演者

ドライバー(ライアン・ゴズリング)、アイリーン(キャリー・マリガン)、シャノン(ブライアン・クランストン)、バーニー・ローズ(アルバート・ブルックス)、スタンダード・ガブリエル(オスカー・アイザック)、ブランチ(クリスティーナ・ヘンドリックス)、ニーノ(ロン・パールマン)、ベニシオ(カーデン・レオシュ)

ドライヴのネタバレあらすじ

【起】- ドライヴのあらすじ1

天才的なドライビングテクニックを持つ寡黙なドライバーは、昼は映画のカースタントマン、夜は強盗の逃走を手伝う運転手という2つの顔を持っていました。
ある夜運び屋の仕事を終えてアパートに戻ったドライバーは、エレベーターでアイリーンという女性と一緒になります。ドライバーは同じ階に住む彼女に一目で恋に落ちました。
後日スタントマンの仕事を終えたドライバーがスーパーに立ち寄ると、息子のベニシオを連れたアイリーンと遭遇します。車が故障して困っているアイリーンの手助けをし、家に招かれたドライバーは、彼女が服役中の夫の帰りを待つ身であることを知ります。 この映画を無料で観る

【承】- ドライヴのあらすじ2

ドライバーはバーニー・ローズという男から、レースに出場してほしいと頼まれます。サーキット場で運転技術を見せたドライバーは、才能を見込まれバーニーの出資が決まります。
あるときドライバーは、アイリーンからあと1週間で夫が出所すると教えられます。夫のスタンダードと顔を合わせたドライバーは、家族に親切にしてくれたことの礼を言われます。
ある夜ドライバーが地下の駐車場を歩いていると、スタンダードが血を流して座り込んでいるのを見つけます。彼は服役中の用心棒代としてある男から多額の借金を負い、妻子の命を盾に強盗を強要されていました。
彼らを見殺しにできないドライバーは、スタンダードを助けることにします。

【転】- ドライヴのあらすじ3

ドライバーはスタンダードとブランチというマフィアの女と共に、質屋強盗を目論みます。店を出たスタンダードは何者かに発砲されて死亡し、ドライバーはブランチを乗せて逃走します。
部屋に戻ったドライバーは、ブランチを脅して真相を話すように迫るも彼女も射殺され、一旦アパートに戻ります。アイリーンに経緯を説明してエレベーターに乗り込むと、そこにはマフィアの追手がいました。ドライバーが圧倒的に相手を痛めつける姿を目の当たりにしたアイリーンは、彼を拒絶してエレベーターを下ります。
その後ドライバーは追手の車を追い詰め、バーニーが一連の騒動の黒幕であることを知ります。

【結】- ドライヴのあらすじ4

翌日、バーニーが待つレストランに向かったドライバーは、金を渡せば女は殺さないと告げられます。ドライバーが金の入った車のトランクを開けると、バーニーはナイフでドライバーの腹部を刺します。ドライバーはバーニーを殺害し、血まみれの状態で車に乗り込みます。
その頃、ドライバーの部屋の前にアイリーンが立っていました。彼女がドアをノックし、ドライバーが夜道を走り去る場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ドライヴ」の商品はこちら