「ドラゴンヘッド」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ドラゴンヘッドの紹介:望月峯太郎による日本の同名漫画を実写化。ウズベキスタンで行われた長期ロケ、神田沙也加(当時は「SAYAKA」名義)の映画初出演などで注目を集めた。2003年公開。

この映画を無料で観る

ドラゴンヘッドの主な出演者

青木テル(妻夫木聡)、瀬戸アコ(SAYAKA)、高橋ノブオ(山田孝之)、仁村(藤木直人)、岩田(近藤芳正)、松尾(根津甚八)、ジュン(吉岡祥仁)、佐伯(松重豊)

ドラゴンヘッドのネタバレあらすじ

【起】- ドラゴンヘッドのあらすじ1

修学旅行の帰途、突如大地震が発生し、青木テル(以下:テル)の乗車していた新幹線はトンネルで脱線事故を起こします。生存したのはテル、いじめられっ子の高橋ノブオ(以下:ノブオ)、瀬戸アコ(以下:アコ)の3名のみでした。
外界と完全に遮断された絶望的な状況下で、発狂したノブオは自分の顔に奇妙なメイクを施し、換気ダクトから脱出を試みるテルとアコに襲いかかります。その直後トンネルが崩落し、テルとアコはノブオを残してダクトに飛び移り、外の世界を目指します。

【承】- ドラゴンヘッドのあらすじ2

トンネルから脱出したテルとアコは、白い灰が降り積もる世界を何日もかけて歩き通し、小田原まで辿り着きます。廃墟となった建物で謎めいた発言をする老人たちに囲まれ、テルは斬首されそうになります。
そこへ、ベンツに乗った自衛官・仁村と岩田が現れ、テルらを救出し大災害の原因を「龍脈が乱れた」などと怒りながら説明します。大量の血が滴るビルに到着すると、地下室で双子の少年と遭遇します。少年らは父親の手でロボトミー手術を施され、感情機能を失い自殺した両親を前にしても平然とピアノを演奏していました。
その際、瀕死の母親に止めを刺すか刺さないかで、テルと仁村の間で一悶着があります。

【転】- ドラゴンヘッドのあらすじ3

ビルを後にした4名は、食料の配給を開始した東京を目指して車を走らせます。仁村はおもむろに車を止め、テルを車の外に出すと銃を突きつけてアコをよこせと脅迫します。仁村は仲裁に入った岩田を躊躇なく射殺し、さらにテルに向かって発砲します。
そこで噴火が発生し、車に乗りそびれたテルをアコが救出し、逃れる途中で車が横転します。テルが目覚めると仁村は死亡しており、テルとアコは再び歩いて東京を目指します。
極限状態の2人の前に自衛隊のヘリコプターが現れ、低空飛行で目的地へと向かいます。ところが自衛隊員同士のトラブルでドアが開き、テルはヘリコプターから落下します。 この映画を無料で観る

【結】- ドラゴンヘッドのあらすじ4

生還したテルは1人で東京に向かい、自宅マンションに到着します。そこでショッキングなものを見たテルは、渋谷駅の地下構内の集落でアコを探します。自衛隊員たちをはじめとする避難民たちは、ロボトミー手術と同じ効力を持つ食料を口にしたことで抜け殻と化していました。テルは1人で眠り込むアコを発見し、自分との再会を信じて食料を口にしなかったことを聞かされます。
再び噴火が発生し、地下街に火山岩塊が降り注ぎます。逃げる気力のない避難民たちは次々と命を落とし、テルとアコは高台まで逃げます。
2人は都心部がみるみる隆起して噴火するさまを目の当たりにし、テルが「生きてやる」と絶叫する場面で、物語は幕を閉じます。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ドラゴンヘッド」の商品はこちら