「ドラゴンロード」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ドラゴンロードの紹介:1982年公開。武道を修行中の若者が、悪の軍団を相手に活躍する姿を描いた作品。監督・主演は「ラッシュアワー」シリーズなど数々の代表作を世に輩出したジャッキー・チェン。制作総指揮には「キャノンボール」のレイモンド・チョウ。

この映画を無料で観る

予告動画

ドラゴンロードの主な出演者

ロン「ドラゴン」(ジャッキー・チェン)、ジム「阿牛」(マース)、秀麗「シャオリー」(シドニー・チャン)、ロンの父(ティエン・ファン)、キム長官(ウォン・インシク)、副長官(チャーリー・チャン)、ウォン(ポール・チャン)、キン(チアン・ユンウェン)、審判(フォン・ファン)

ドラゴンロードのネタバレあらすじ

【起】- ドラゴンロードのあらすじ1

ロン(ドラゴン)は、厳格な父から武道や学業を精進するように言われていました。家庭教師もついていますが、父の目を盗んではサボってばかりです。
今日はというと、親友のジム(ガウ)と遊んだり、女の子を追っかけたりしています。美人な秀麗を街で見かけた二人は、我こそはものにしようと意気揚々とします。
ガウは、ドラゴンの父を見かけて抜け駆けしようとします。ドラゴンは、父に女の子と会う事を伝えて、お叱りを回避します。
そして、ガウと合流して作戦を思いつきます。友人に悪役になってもらって、救う魂胆です。
友人達が悪役として絡んで行って、ガウが助けようとします。しかし、ドラゴンが現れて、ガウをも悪役にして秀麗をものにしようとします。
これに激怒したガウは、ドラゴンと喧嘩になります。秀麗はドラゴンもグルだと分かって、そっぽを向きます。
父に見つかって、ドラゴンは怒られます。どれだけ勉強ができたかテストされます。家庭教師や友人に協力してもらって何とか切り抜けます。 この映画を無料で観る

【承】- ドラゴンロードのあらすじ2

ドラゴンは、父に連れられてガウの家に謝罪しに行きます。そして、ガウと二人きりになって、いつもの調子に戻ります。
ガウの父の銃が珍しくて、二人は遊び半分で弾を込めます。真上に発射してしまって、大変な事になってしまいます。
その頃、国家の国宝を売りさばこうと考えているキム長官達は、売りたくない副長官と意見が対立していました。副長官はどこかに消えてしまい、長官達は探しに向かいます。
そこへキジを捕まえに来ていたドラゴンとガウが、ばったりと隠れている副長官と出会います。
長官達は、ドラゴン達を副長官と思って捕まえます。その間に副長官は逃げ出します。ドラゴン達は、文句を言って帰ります。
ドラゴン達は、ジェンズ(羽蹴りゲーム)の大会に出場して、決勝戦に駒を進めます。最初は3点リードされましたが、追いついて延長戦に持ち込みます。
ペナルティキックをガウが防いで、ドラゴンがシュートを決めて逆転勝利を収めます。しかし、羽根を秀麗達女の子に当ててしまって、謝りに追いかけます。

【転】- ドラゴンロードのあらすじ3

家まで行きますが、門前払いされてしまいます。ラブレターを書くのがよいということになって、空から届けることにします。
ラブレターをつけた凧をあげて、風を読んで家まで届ける魂胆です。しかし、風を読み間違えて、別の場所へと落ちていきます。
秀麗と同じ名前の子が村にいるため、勘違いされるかもしれません。ドラゴンは凧を取りに向かいます。
向かった先は、長官達が根城にしている屋敷でした。瓦の屋根をつたって侵入すると、様子を伺ってる副長官を見つけます。
しかし、ドラゴンだけは足音で見つかってしまって、槍で下から突かれ始めます。その間に、副長官は国宝の一部を盗み出します。
ドラゴンは捕まりますが、凧を取りに来ただけで帰されます。実は、長官と売買の交渉しているのは、ガウの父だったのです。
ドラゴンの父は、秀麗との縁談の話しをしていました。ドラゴンは喜んで飛びつきます。
秀麗がお寺で、おみくじをひいていました。そこにドラゴンがやってきて、様子を見に行きます。秀麗はドラゴンがどんな人か知らないのです。

【結】- ドラゴンロードのあらすじ4

そこには、副長官と追ってきた長官の部下が来ていました。副長官はボコボコにされてしまいます。
秀麗が副長官を助けようとして、ドラゴンが良い所を見せようと戦うことにします。2対1と不利な状況で戦っていると、ガウ達や村人達が助けに来てくれます。
村人には手を出したくないこともあって、長官の部下達は一時的に引き下がります。しかし、副長官が運ばれる場所を把握するため、隠れて様子を見ます。
ガウの家に匿うことにして、長官達はガウの父がグルだと思います。部下達を差し向けます。
ドラゴンとガウで長官の部下達を倒し、一部の部下は副長官の考えに賛同します。これで終わったと思いきや、長官自ら殴り込んできます。
ガウの父が痛めつけられていて、ガウは激怒して長官に立ち向かいます。しかし、やられてしまって、ドラゴンが戦いに行きます。
ガウに、自分の父が痛めつけられたと考えろとアドバイスされて、ドラゴンは本気を出します。徐々に逆転し始めて、ガウとの協力プレイで長官を倒します。
ガウの父は、政府の役人に国宝の事を知らせます。そして、ラグビーをアレンジした競技が開催されます。
激闘の末、ドラゴンのチームが勝利してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は、ドラゴンとキム長官の戦いの場面です。最初は押されっぱなしのドラゴンですが、ガウのアドバイスから押し返していきます。最後には、ガウと協力して、重い袋をのっけて倒します。
迫力の格闘シーンで、とても印象的でした。キム長官の義眼がカッコ良くて、ドラゴンも長官も応援してしまいました。
今作はジャッキー・チェンの意気込みが相当なもので、NGシーンが大量に出たそうです。その不採用フィルムの数は、ギネスブックに登録されるほどのものです。
格闘シーンだけでなく、今作ではジェンズやアレンジしたラグビーが出て来て、スポーツ的な要素も含まれています。
特にラグビーのシーンでは、ボールを取るために起こる選手同士の衝突が凄まじくて、怪我人は相当数に及んだのではと思うほどの衝撃的な映像です。
また、コメディ要素も取り入れられてる映画で、ドラゴンが父から暗記テストをされている場面が面白かったです。様々な方法で、カンニングするドラゴンの姿には笑いました。
笑いあり、格闘シーンあり、スポーツもみることのできる魅力的な映画でお勧めです。

映画の感想を投稿する

映画「ドラゴンロード」の商品はこちら