「ドラゴン危機一発」のネタバレあらすじ結末

ドラゴン危機一発の紹介:1971年制作の香港映画。『燃えよドラゴン』で一躍大スターになった、故ブルース・リーの四本ある主演作の第一作目。レイモンド・チョウ製作、ロー・ウェイ監督・脚本、チェン・チン・チェー撮影。

ドラゴン危機一発の主な出演者

チェン・チャオアン(ブルース・リー)、チャオ・メイ(マリア・イー)、シュウ・シェン(ジェームズ・ティエン)、クオン(リー・クン)、チェンの従兄弟(ラム・チェンイン)、マイ(ハン・インチェ)、マイの息子(トニー・リュウ)、工場長(チェン・チャオ)、ウー・マン(マラリン)

ドラゴン危機一発のネタバレあらすじ

【起】- ドラゴン危機一発のあらすじ1

チェンは中国の田舎に住む青年です。
自分の住む村で洪水による農作物の被害が発生したので、チェンはお金を稼ぐために、タイの都会で仕事をしようと思いました。タイには従兄弟のシュウがいるのです。
故郷の村で、もめごとばかり起こしたチェンを心配し、旅立つ時にチェンの母は、ヒスイのペンダントを渡しました。そして「絶対に喧嘩をしないこと」と約束させます。
チェンはそのペンダントを常に首からさげ、母の誓いを守ろうと決意しています。
シュウの家には可愛らしい妹チャオ・メイのほかに、チェン同様に都会に働きに出てきた青年が集まっていました。チェンも彼ら同様、町の南にある製氷工場で働く予定です。

【承】- ドラゴン危機一発のあらすじ2

製氷工場の社長・マイは若い働き手を歓迎しました。
実はマイ社長は、表向きは製氷工場を経営していますが、氷の塊に隠して麻薬を密売する裏の顔を持っています。
働き始めたチェンが誤って氷をラインから落として割り、仲間のチンとウォンが麻薬を目撃しました。チンとウォンはマイ社長に呼び出され、行方不明になります。
帰宅しない2人を心配したシュウがマイ社長を訪ね、息子に殺されました。
チェンとチャオ・メイ、仲間のクオンらはマイ社長のことを疑って、仲間に呼びかけてストライキをします。
マイ社長は若者たちを働かせるため、手下に命令して若者たちに暴力を振るい、労働を強制しました。

【転】- ドラゴン危機一発のあらすじ3

チェンは母との約束を守り戦わないよう自制しますが、ヒスイのペンダントを壊されて怒り、暴れまくります。チェンの強さを見たマイ社長は手下にしようと考え、チェンを酔わせて、売春宿のウーという女性に介抱させました。
ウーのベッドで目覚めたチェンは、びっくりして部屋を飛び出し、チャオ・メイと出食わします。チェンとチャオ・メイは互いを意識する仲だったので、チャオ・メイは怒りました。仲間も誤解し、チェンは疎外されます。
マイ社長が麻薬の密売人だと女性・ウーに教わったチェンは、工場で麻薬とチンとウォン、シュウらのバラバラ死体を見つけました。さらにシュウの家に戻るとクオンたちが惨殺されていました。

【結】- ドラゴン危機一発のあらすじ4

怒りが頂点に達したチェンはマイ社長の屋敷に乗り込みます。
マイ社長の屋敷の庭で、手下とチェンの戦いが始まりました。すっかり怒ったチェンに手下たちはかないません。
チェンは知りませんが、チャオ・メイはマイ社長に拉致され、屋敷に監禁されていました。女中がチャオ・メイをこっそり逃がします。
死闘はチェンとマイ社長の一騎打ちとなり、チェンはナイフ2本を持った社長を素手で倒しました。チェンはそのまま血まみれで倒れます。
その時、逃げたチャオ・メイが警官隊を引き連れて帰ってきました。警官に抵抗するチェンにチャオ・メイが声をかけ、チェンは警官に投降します。
チェンは警官隊に連れて行かれました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ドラゴン危機一発」の商品はこちら