「ニキータ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ニキータの紹介:1990年制作のフランス映画。パリを舞台に、生存本能だけで生きている不良少女が殺し屋に変貌させられていく姿を描いた作品。今作品『ニキータ』と2年前に発表した『グラン・ブルー』で、監督リュック・ベッソンの名は一躍有名になった。

ニキータの主な出演者

ニキータ(アンヌ・パリロー)、マルコ(ジャン=ユーグ・アングラード)、ボブ(チェッキー・カリョ)、アマンド(ジャンヌ・モロー)、掃除人ヴィクトル(ジャン・レノ)

ニキータのネタバレあらすじ

【起】- ニキータのあらすじ1

ニキータはパリで浮浪生活をする少女でした。
麻薬中毒のニキータは少年たちと共に深夜の薬局に忍び込みます。他の少年は到着した警官隊の銃弾に倒れ、生き残ったニキータは話しかけたきた警官はじめ3人の警察官を射殺しました。
警察署に連行されたニキータは取り調べにも反抗的な態度を見せます。名も「ニキータ」と名乗りますが、本来ニキータという名は男性名で、本名かどうかも定かではありませんでした。
ニキータは無期懲役を言い渡され、薬物を投与されて処刑されます。
…ニキータが目を覚ますと、殺風景な部屋にいました。

【承】- ニキータのあらすじ2

そこへ政府の秘密警察官・ボブが現れます。ニキータは表向き処刑されたことになっていますが、政府の秘密機関の工作員として働くのであれば救う、とボブは言いました。
ニキータは最初は反発して逃げようとしますが、かないません。選択肢はひとつしかないことを知ったニキータは、暗殺者としての訓練を受けました。
訓練は銃の扱いや格闘だけに留まらず、立ち居振る舞い、マナー、化粧の仕方までありとあらゆる教育です。ニキータは挫折しそうになりながらも、先輩でもあるマナーや化粧の教育係・アマンドの励ましを得てめきめきと腕を上げていきました。

【転】- ニキータのあらすじ3

3年後、誕生日に初めて外出を許されたニキータは、ボブに連れられたレストランで暗殺指令を受けます。それは卒業試験でもありました。ニキータは無事仕事をこなし、機密捜査員としてジョセフィーヌというコードネームを貰い、外での生活を許されます。
外での生活は快適でした。建築士の夢を持ちながらスーパーで働くレジ係・マルコと恋に落ちたニキータは、すぐに一緒に暮らし始め婚約します。
しかしニキータの幸せを翻弄するかのように、暗殺指令が入りました。ニキータはマルコに隠れて暗殺の仕事をします。
ニキータは愛するマルコに秘密を打ち明けられず、苦悩しました。

【結】- ニキータのあらすじ4

ニキータに、ソ連大使館から機密情報を奪取する仕事が入ります。指令通りニキータは大使館に潜入しますが、手違いの連続でミッションに失敗し、共に行動した掃除人・ヴィクトルは亡くなります。
作戦に失敗したニキータは身も心も疲れていました。そんなニキータに、マルコは仕事を辞めろと言います。マルコはニキータの仕事内容に気づいていました。
マルコの言葉に感激しながらも迷惑をかけてはならないと思ったニキータは、ひとり姿を消します。
マルコは、ニキータに託されたソ連大使館の機密情報のマイクロフィルムをボブに渡しました。「寂しくなるな」マルコとボブはお互いそう言い交わしました。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ニキータ」の商品はこちら