「ニードフォースピード」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

ニード・フォー・スピードの紹介:2014年公開。極限までカスタムされた超高額スポーツカーで、自らの車を賭けてレースをする男達の姿を描いた作品。原作はレースゲームの「ニード・フォー・スピード」。出演は、テレビシリーズ「ブレイキング・バッド」のアーロン・ポール、「恋人まで1%」のイモージェン・プーツ、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」のダコタ・ジョンソン。

この映画を無料で観る

予告動画

ニードフォースピードの主な出演者

トビー・マーシャル(アーロン・ポール)、ディーノ・ブルースター(ドミニク・クーパー)、ジュリア・マッドン(イモージェン・プーツ)、ベニー(スコット・メスカディ)、フィン(ラミ・マレック)、ジョー・ペック(ラモン・ロドリゲス)、モナーク(マイケル・キートン)、アニータ(ダコタ・ジョンソン)

ニードフォースピードのネタバレあらすじ

【起】- ニードフォースピードのあらすじ1

トビー・マーシャルは父親の遺した自動車工場で、スタッフのベニー、フィン、ジョー、ピートと仲良く働いていました。夜はストリートレースで賞金稼ぎに出かけます。
トビーの運転技術は素晴らしく、今日もレースで賞金を頂きます。ピートの姉のアニータが、プロのレーサーで憎きディーノとやってきていました。
ディーノはモナークが主催する超高額の車を賭けて戦うデレオンにも参加していました。
レースが終わってトビー達は工場でお祝いをしていました。そこにディーノが仕事を持ってきます。
未完成のシェルビーマスタングを仕上げて欲しいという依頼でした。200万ドルで売り、その4分の1を分け前としてやると言われます。
ディーノの依頼なんて、お断りだというスタッフ達でしたが、トビーは依頼を受けることにします。今日も銀行員が来ていて、支払いが遅れているのです。
トビーのためにも仕事を受けることにします。翌日やってきたマスタングに皆は大興奮します。
完成したマスタングをお金持ちの集まる会場で売りに出します。そこに現れたジュリアという女性に、ピートが車について説明します。
ジュリアは実は車通で驚きます。時速370kmが出れば購入すると言います。明日、レース場で試走することになります。 この映画を無料で観る

【承】- ニードフォースピードのあらすじ2

ディーノでは速度が出せないと、トビーが運転します。すると376km出て、270万ドルで購入してもらえます。
ディーノはトビーとプライドをかけて勝負することにします。3種類のフェラーリのカスタム車、アゲーラでストリート勝負が始まります。
ピートも参加して、彼は白色、トビーはグレー、ディーノは赤色に乗ります。公道でのレースのため、猛スピードで走るフェラーリに普通車を運転する人達は驚きます。
トビーはトラックを回避するため、逆走することになります。元の車道に戻って、先頭に立ちます。
ゴール間近になってピートはディーノをブロックします。トビーの勝利と思いきや、ディーノがピートの車にぶつけます。
クラッシュしたピートの車は横転、炎上して彼は亡くなります。トビーは助けるため戻って、ディーノが勝利します。
警察に事情聴取されたトビーは、ディーノがぶつけた事を説明します。しかし、ディーノはその場にいなかったと証人を立てて卑怯にも逃げます。
刑務所に入って2年が経って、トビーが出所します。ベニーが迎えに来てくれて、復讐をかねてデレオンに参戦することを決めます。

【転】- ニードフォースピードのあらすじ3

コネも無ければ、車もなく、工場は閉鎖、仲間達もバラバラな状態です。トビーはジュリアにマスタングを借りることにして、見返りとして他のレーサーの車を差し出すと約束します。
マスタングに乗り込んだトビーは、ジュリアが助手として座り込みます。フィンの会社の前でエンジンを吹かしていると、警察がやってきます。
ベニーに飛行機で空から監視してもらいながら、公道をぶっ飛ばします。
ジョーは会社で働くフィンを呼びに行きます。フィンは入口に来ていたマスタングに興奮して全裸になります。
バスが目の前にきて叫び出すジュリアでした。パトカーもやってきて、ジャンプして逃げます。
途中、ガソリンが切れかかったのでジョーの車がやってきて、フィンが走行しながら給油してくれます。
夜になって、ベニーは帰投します。ガソリンスタンドに行くと警察がいて追いかけられますが、タイヤを外していてパトカーで追いかけられずに済みます。
ジョー達は公道での様子を撮影していて、モナークのサイトに投稿します。モナークはデレオンの参戦を認めます。
ディーノは自らの200万ドルする車を賞金にして、マスタングを止めた者にプレゼントすると言います。
賞金稼ぎに狙われたマスタングはジュリアが運転していました。谷底に落ちる瞬間に、ベニーが戦闘ヘリで吊り上げてくれて助かります。軍にバレたベニーは牢屋に行くことになります。

【結】- ニードフォースピードのあらすじ4

ジュリアは、トビーがピートを殺したのでは無いことをサイトを通して説明します。
アニータはディーノが席を離れた時を狙って、パソコンの中の赤のアゲーラの写真を見ます。犯人はトビーでないことが分かります。
デレオンの集合場所に遅れて行ったトビーはディーノに会ってにらみ合います。その後、ジュリアとホテルで休みに行こうと発進すると、トラックにあてられてマスタングは壊れます。
ジュリアを病院に運ぶと腕が折れていました。アニータに電話したトビーは、車が必要な事を説明します。
ディーノとは別れたというアニータは、結婚指輪をトビーに外して渡します。ディーノの車庫の暗証番号を教えて、トビーが隠されていた赤のアゲーラを発見してデレオンにそれで出場します。
翌日6台の超高額カーによるデレオンが開催されて、警察に見つかります。パトカーとのクラッシュで次々と離脱します。
トビーとディーノの一騎打ちになります。トビーはディーノがぶつけてくることを読んでいて、タイミングよく回避します。
するとディーノが事故して横転します。助けに行く気のなかったトビーでしたが、戻って車の中から引きずり出します。
アニータの指輪を渡して、トビーが一着でゴールインします。赤のアゲーラが見つかってディーノは長い獄中生活になります。
半年後、トビーは出所してジュリアが迎えに来ます。ジュリアの運転は怖いといって、トビーが運転してエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画は、猛スピードで走る迫力のカーアクションが見所です。ジュリアをビビらせるために、逆走しているとバスが目の前にやってきます。避ける場所が見当たらなくなって、ジュリアがバスバスバス!と連続で言うので面白かったです。
その後、ドリフトして一気に旋回したので事なきを得ます。安心したと思いきや、パトカーの追尾から逃れるために、違う道路にジャンプする場面は驚きました。何台もの車の上を飛んでいきます。撮影中に失敗したら、どえらいことになってたなと思う場面でした。
一番驚かされたのは、デレオンの集合場所に行った後、ジュリアとホテルに行く場面です。さあ、ホテルに行って休もうかという雰囲気にしといて、横からトラックがぶつかってきます。マスタングがぼっこぼこになります。200万ドルの車が大変なことになって驚きました。
デレオンでのレースも凄まじかったです。次々とパトカーが止めにやってくるのですが、それによってクラッシュが起きて横転しまくっていきます。
また、フィンが会社を辞める場面は面白かったです。スーツなど着ている服を次々と脱いで行って、好きな子にチューして出て行きます。あっぱれな映像でお尻丸出しで会社から出て行きます。
この映画に出てくる車はかっこ良いのばかりで、車好きの方にはたまらないかと思います。シェルビーマスタング、ランボルギーニ・エレメント、サリーン、マクラーレン、ヴェイロン、アゲーラなど素晴らしい車の数々が登場して走ります。その映像に興奮すること間違いなしです。
この作品はストーリーがシンプルで分かりやすかったです。カーアクションがド迫力で盛り上がりたい時にはぴったりの映画です。

映画の感想を投稿する

映画「ニードフォースピード」の商品はこちら