「ハンガーゲームFINAL:レジスタンス」のネタバレあらすじ結末

ハンガー・ゲーム FINAL:レジスタンスの紹介:2014年制作のアメリカ映画。スーザン・コリンズの小説『ハンガー・ゲーム』三部作の最終作『ハンガー・ゲーム3 マネシカケスの少女』を原作とした、2部作映画の1本目にあたる。

この映画を無料で観る

予告動画

ハンガーゲームFINAL:レジスタンスの主な出演者

カットニス・エバディーン(ジェニファー・ローレンス)、ピーター・メラーク(ジョシュ・ハッチャーソン)、ゲイル・ホーソーン(リアム・ヘムズワース)、ヘイミッチ・アバナシー(ウディ・ハレルソン)、アルマ・コイン(ジュリアン・ムーア)、コリオラヌス・スノー(ドナルド・サザーランド)

ハンガーゲームFINAL:レジスタンスのネタバレあらすじ

【起】- ハンガーゲームFINAL:レジスタンスのあらすじ1

近未来…。
アメリカはパネムという独裁国家で、政治の中心で貴族的特権を得た人が住むキャピトルと、その他の12地区で構成されます。
反乱の抑止目的で、12の各地区で12歳~18歳の男女各1名が選出され、男女24人が殺し合う「ハンガー・ゲーム」が開催されます。
第12地区に住む少女・カットニスは妹の代わりに立候補して出場し、同地区の少年・ピータと協力して恋人を演じ、生き残りました。第74回ゲームは、開始以来初の「2名の勝者」を出します。
ピータと恋人を演じながら、カットニスの心は幼馴染・ゲイルにありました。
パネムの権力者・スノー大統領は、カットニスらが英雄化するのを快く思わず抹殺を計画します。 この映画を無料で観る

【承】- ハンガーゲームFINAL:レジスタンスのあらすじ2

第75回ハンガー・ゲームでは歴代の優勝者を集めて戦わせることで、カットニスを抹殺する目的がありました。
ゲーム中、カットニスは他の者の協力を得ます。彼らは、滅亡されたとされる第13地区へ行く計画を立てました。
ピータの負傷で動転するカットニスですが、自分の故郷・第12地区が壊滅状態に追いやられたことを聞き、復讐に燃えました…(『ハンガー・ゲーム』『ハンガー・ゲーム2』参照)。
…第13地区の地下反乱軍基地に収容されたカットニスは、無事だった妹・プリムと再会を喜びますが、ピータと第7地区の女性・ジョアンナはキャピトルに人質にされました。
第13地区には反乱軍を率いる女性・コイン首相がいました。

【転】- ハンガーゲームFINAL:レジスタンスのあらすじ3

スノー大統領が統率するパネム独裁国家を倒し、自由で平等な新国家を作ろうとコイン首相は考えています。
政府軍に破壊されて瓦礫と化した故郷・第12地区を見たカットニスは、当初は拒否したものの、革命のシンボルとなってパネムに立ち向かうことを決意しました。
人質のピータがテレビ番組に出演し、反乱を鎮めるような演説をします。第13地区にいる人らはピータが裏切ったと騒ぎ、カットニスはピータやジョアンナらを救出しようと思いました。
第8地区で反乱を鼓舞するPVを作り始めたことを知ったスノー大統領は地区を空撃し、爆弾矢で応戦したカットニスらの様子を、キャピトルの放送局を乗っ取った反乱軍は放送します。

【結】- ハンガーゲームFINAL:レジスタンスのあらすじ4

各地区住民のキャピトルへの不満が高まります。
放送でカットニス生存を知ったピータが、第13地区への攻撃が始まると放送で告げます。ピータの言うとおり、政府の第13地区への攻撃が開始しました。
コイン首相はボッグズ率いる精鋭部隊をキャピトルに派遣し、人質救出作戦を決行します。
ピータやジョアンナらは救出されましたが、ピータはカットニスを殺すよう洗脳されていました。ピータは隔離され、洗脳を解く治療が始まります。
コイン首相は人質救出を宣言し、軍事拠点がある第2地区へ民衆を扇動しました。カットニスは苦しむピータの姿を目撃します…。
(エンド後)『ハンガー・ゲーム FINAL:レボリューション』の予告

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「ハンガーゲームFINAL:レジスタンス」の商品はこちら