「バイオハザードIV アフターライフ」のネタバレあらすじ結末

バイオハザードIV アフターライフの紹介:2010年公開のアメリカ映画。人気ゲームを映画化したホラーアクション映画で、シリーズ第4弾である。アンブレラ社と戦うアリスに新たな敵が立ち向かい、さらに人気キャラ・クリスが登場する注目の作品。

予告動画

バイオハザードIV アフターライフの主な出演者

アリス・アバーナシー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)、クレア・レッドフィールド(アリ・ラーター)、クリス・レッドフィールド(ウェントワース・ミラー)、Kマート(スペンサー・ロック)、ベネット(キム・コーツ)、アルバート・ウェスカー(ショーン・ロバーツ)

バイオハザードIV アフターライフのネタバレあらすじ

【起】- バイオハザードIV アフターライフのあらすじ1

前作より1年後…。アンブレラ社は本部を東京・渋谷の地下に移し、ウェスカー議長の命令のもと研究を続けていました。
世界ではT-ウイルスに感染した人々がアンデッド(ゾンビ)となりますが、アリスはT-ウイルスを取りこんで強力なパワーや能力を身につけます。
渋谷アンブレラ本社を、クローンアリス集団を率いたアリスが急襲しました。ウェスカーはヘリで逃走し、本部を爆破します。クローンアリスは爆破で全滅しますが、アリスはウェスカーのヘリに乗っていました。
ウェスカーと揉み合ったアリスはT-ウイルスを中和する注射を打たれ特殊能力を失い、ヘリは墜落します。
半年後、アリスはプロペラ機でアラスカに向かっていました。 この映画を無料で観る

【承】- バイオハザードIV アフターライフのあらすじ2

クレアとKマートたちがいる、生存者が集まる安息の地「アルカディア」があるからです(前作参照)。
しかしアラスカにそれらしき土地はなく、クレアたちが脱出用に使ったヘリだけが残っていました。
着陸したアリスに襲いかかったのはクレアでした。クレアの胸には虫の形をした機械がついていて、自分の名すら覚えていません。
クレアを連れたアリスがロサンゼルスに向かうと、アンデッドに囲まれた建物を見つけました。生存者が残る刑務所でした。元バスケ選手・ルーサー、ハリウッド女優・クリスタル、大物プロデューサー・ベネットたちがいます。
アリスはルーサーから、アルカディアは土地ではなく大型タンカーだと知らされました。

【転】- バイオハザードIV アフターライフのあらすじ3

刑務所の独房には元軍人・クリスもいます。クレアを見たクリスは驚きました。クリスはクレアの兄だったのです。
特大ゾンビ・マジニが斧を持って刑務所の扉を破壊し始め、アリスは彼らと共に脱出を図ります。
一同は浸水した武器庫に入り込んで武器を調達しようとしますが、その頃アリスの乗って来た飛行機でベネットがひとりで脱出します。
アリスたちは地下トンネルで脱出しました。追ってくるマジニとアンデッドの犠牲となり、海まで到達したのはアリスとクレアとクリスだけです。
アルカディアは罠で、アンブレラ社はアルカディアに到達した人間を拿捕し、虫型の機械を取りつけたり実験台にしたりしています。 この映画を無料で観る

【結】- バイオハザードIV アフターライフのあらすじ4

奥の部屋にはウェスカーがいました。ヘリの事故後、T-ウイルス投与により復活を遂げたウェスカーは強すぎるウイルスに支配され、アリスの血(血清)を手に入れればもっと強くなれると考えています。
アリスと戦ったウェスカーはショットガンで撃たれ瀕死状態になりますが、ベネットを「摂取」して復活しました。
ヘリで逃げたウェスカーは、東京本社を爆破した時同様タンカーに搭載した爆弾の起動スイッチを入れます。しかし爆弾はアリスによってヘリに移されていました。ヘリは空中爆発します。
アリスとクレア、クリスに危機は去ったかに見えましたが、アンブレラ社のヘリが多数アルカディアに飛来していました…。

みんなの感想

映画の感想を投稿する

映画「バイオハザードIV アフターライフ」の商品はこちら