「バウンド」のネタバレあらすじ結末

バウンドの紹介:アメリカのフィルムノワール。のちに「マトリックス」シリーズなどで知られる、ウォシャウスキー兄弟の初監督作品。主演はジーナ・ガーションとジェニファー・ティリー。日本公開は1997年。

予告動画

バウンドの主な出演者

コーキー(ジーナ・ガーション)、ヴァイオレット(ジェニファー・ティリー)、シーザー(ジョー・パントリアーノ)、ミッキー(ジョン・P・ライアン)、ジョニー(クリストファー・メローニ)、ジーノ(リチャード・C・サラフィアン)、ロウ(ピーター・スペロス)、シェリー(バリー・キヴェル)

バウンドのネタバレあらすじ

【起】- バウンドのあらすじ1

クローゼットの中に横たわり、瞳を閉じる女が、男と女が会話する声に耳を傾けています。そこから過去に飛び、事の真相が解き明かされていきます。
腕利きの泥棒でレズビアンのコーキーは、5年の刑期を終えて出所しました。彼女はマフィアであるビアンキーニから、彼が所有するシカゴのアパートの一室の内装と配管工事を任されていました。
隣の部屋には、マフィアのマネーロンダリングを担当するシーザーと、その情婦であるヴァイオレットが住んでいました。コーキーはアパートの赤いエレベーターの中で、ヴァイオレットに出会います。中性的なコーキーと妖艶なヴァイオレットは、お互い一目で恋に落ちてしまうのでした。
その後、コーキーが配管の修理をしていると、そこへヴァイオレットがブラックコーヒーを持って現れます。さらに翌日、コーキーの仕事場にヴァイオレットから電話がかかってきます。キッチンの排水溝にイヤリングを落としたので、取ってもらいたいという依頼でした。
コーキーはイヤリングを発見し、2人はソファで談笑します。そしてヴァイオレットは、コーキーに胸のタトゥーを見せて誘惑します。しかし情事を始めようとしたところ、シーザーが帰ってきてしまいます。シーザーはコーキーを男と勘違いをして怒鳴りますが、女であることに気付くと、気さくに自己紹介をします。
その後、ヴァイオレットは再びコーキーを誘い、2人は激しく求め合うのでした。

【承】- バウンドのあらすじ2

数日後、マフィアの会計士であるシェリーが、200万ドルを横領したことが発覚します。
シーザーの部屋で、ボスの息子であるジョニーたちが、シェリーを拷問にかけていました。その最中、逆上したジョニーがシェリーを撃ち殺してしまいます。現金は血まみれになり、シーザーは金を洗ってアイロンがけして、乾かす羽目になるのでした。
ヴァイオレットはシーザーとの生活に限界を感じていました。彼の情婦という立場から逃れるため、コーキーに200万ドルを強奪する話を持ちかけます。ヴァイオレットを愛しかけているコーキーでしたが、マフィアのマルゾーニ一家から金を奪い、敵に回すことをためらいます。
コーキーはセックスなら初対面の相手ともできるが、盗みはよほどの信頼関係がない限りできないと言います。ヴァイオレットは「私はどっち?」と尋ねます。コーキーは金を分け合うために相棒と盗みに走るも裏切られ、5年の実刑を受けていた苦い経験を、ヴァイオレットに打ち明けます。
しかし、コーキーはヴァイオレットの話を聞き、シーザーとジョニーのいさかいに目を付けます。そしてボスのジーノが200万ドルを受け取りに来る日に金を奪い、シーザーにはジョニーが犯人だと思わせる作戦をひらめくのでした。それから2人は周到な準備を進めていきます。

【転】- バウンドのあらすじ3

作戦決行の当日、ヴァイオレットはジーノが好きなスコッチの酒瓶をわざと落とします。そして、替えの酒を買いに行くと言って、ヴァイオレットは部屋を出ます。それと入れ替わりに、コーキーは部屋に忍び込み、スーツケースに入った200万ドルを新聞紙とすり替えます。コーキーは自室のペンキ缶の中に金を隠します。
戻ってきたヴァイオレットは、アパートの下でジョニーを見たと嘘を言います。まだ約束の時間ではないことを怪しんだシーザーは、スーツケースの中身を確認して、金が盗まれたことを知ります。そして、ジョニーの仕業だと確信するのでした。
コーキーは、ジョニーがジーノの息子であることから、シーザーは手出しができないと予想していました。このまま逃亡するかと思いきや、シーザーは反撃の手を考えて、盗まれた200万ドルを奪い返すことを決意します。それを聞いたヴァイオレットは、付き合いきれないと言って逃げようとしますが、シーザーは銃を突き付けて一緒にいるように命じるのでした。
そして、シーザーは到着したジーノたちを迎え入れます。シーザーはスーツケースを見せながら、ジョニーに金を盗んだことを問い詰め、言い争いになります。やがて怒り狂ったシーザーはジョニーを射殺し、その場にいた人間を全て殺害します。
銃声を聞いて警官がやってきますが、ヴァイオレットの協力もありうまくやり過ごします。シーザーは死体をバスルームに隠して、200万ドルを見つけるためにジョニーの自宅へと向かいます。当然金は出てこず、シーザーはパニックに陥ります。
シーザーはマフィアの番頭であるミッキーに、帳尻合わせの電話をかけます。一方、不安を覚えたヴァイオレットは、コーキーに電話をかけます。2人は壁に手を当てて、互いの存在を確かめ合います。そこへシーザーがやってきて、全て2人の仕業であったことに気付くのでした。

【結】- バウンドのあらすじ4

コーキーは壁越しに、シーザーから殴られるヴァイオレットの悲鳴を聞きます。コーキーは部屋に侵入してきますが、背後からシーザーに殴られて、縛り上げられます。
シーザーはコーキーから金を隠した場所を聞き出すために、シェリーを拷問にかけたときと同様に、ヴァイオレットの指を切断しようとします。そこへミッキーと彼の相棒のルーから電話がかかってきます(この辺りで冒頭の場面とリンクします)。
現れたミッキーたちは、ジーノたちがいないことと、どこか挙動不審なシーザーを怪しみます。そして、ミッキーが新聞紙の入ったスーツケースを開けようとした途端、電話が鳴ります。電話の主は、バスルームからシーザー宛に電話をかけるヴァイオレットでした。彼女はジーノたちが交通事故に遭って病院にいると思わせろと、シーザーに指示を出します。
その頃、シーザーがミッキーたちに気をとられている間に、コーキーはクローゼットから脱出していました。ミッキーたちが病院へ向かった後、シーザーは200万ドルを隠してあるペンキ缶を取りに行きます。
コーキーはシーザーに襲いかかりますが、またもや倒され、そこへヴァイオレットが拳銃を持って現れます。シーザーは「お前は撃てない」と彼女を挑発します。ところがヴァイオレットは、シーザーの身体に銃弾を何発も撃ち込みます。彼は血を流しながら白いペンキの上に倒れ込み、息絶えます。
その後、ヴァイオレットは心配してやってきたミッキーを送り出します。そしてコーキーは逃亡用に新しく車を購入し、ヴァイオレットを迎えに来ます。こうして2人がキスを交わして、新天地を目指す場面で物語は幕を閉じます。

みんなの感想

ライターの感想

クールで男勝りなコーキーと、妖艶でしたたかなヴァイオレット。対照的な2人ですが、どちらもとても魅力的でした。2人は危ない状況に追い込まれるたびに強くなり、なかでも物語が後半へ進むにつれて、ヴァイオレットの男前度がどんどん上がっていくところが素敵でした。サスペンスとしても一級品で、息をつくヒマがないほどテンポが良かったです。ラストもハッピーエンドなので、鑑賞後も清々しい気持ちに浸ることができました。

映画の感想を投稿する

映画「バウンド」の商品はこちら