「バッドボーイズ」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

バッドボーイズ(1995年)の紹介:1995年公開。警察署から盗まれた大量のヘロインを追う二人の刑事の活躍を描いた作品。監督は「アルマゲドン」などビックヒットを連発したマイケル・ベイで、彼の監督デビュー作品になる。出演は「ブーメラン」のマーティン・ローレンス、「幸せのちから」のウィル・スミス、「ディープ・インパクト」のティア・レオーニ。

この映画を無料で観る

予告動画

バッドボーイズの主な出演者

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)、マイク・ラーリー(ウィル・スミス)、ジュリー・モット(ティア・レオーニ)、フーシェ(チェッキー・カリョ)、ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)、アリソン・シンクレア(マーグ・ヘルゲンバーガー)、サンチェス刑事(ネストール・セラノ)

バッドボーイズのネタバレあらすじ

【起】- バッドボーイズのあらすじ1

マイアミ市警の刑事のマーカスとマイクは口論が絶えませんが、相性は抜群で今日も事件を解決しています。
ある日、フーシェ率いる窃盗団が、警察署にある1億ドル相当の大量のヘロインを盗み出します。
翌日、マイクはマーカスの家で彼の家族と陽気に話していると、上司のハワード警部から呼び出されます。
マーカスとマイクが押収した大量のヘロインが跡形もなく奪われていたのです。内部の犯行を疑って調査を開始します。
二人はマリファナ小僧のジョジョに話しを聞いた後、ボクシングジムに行ってマックスに金のはぶりが良い人間を聞きます。何か分かったら連絡を頼みます。
警察署の通気口を担当していた人間の居場所を突き止めます。家に向かうと殺されていました。
マックスはロイスに金のはぶりの良い人間を聞きます。すると元刑事のエディから仕事がきていると紹介されます。
マックスは同居人の友達であるジュリーを一緒にエディの所に連れて行きます。エディがヘロインをしているのを見て、ジュリーは早く帰りたくなってトイレに行きます。 この映画を無料で観る

【承】- バッドボーイズのあらすじ2

フーシェ達がエディの元へやってきます。エディは一緒にヘロイン強奪に協力していて、いくらか盗んでいました。
更に女を呼んで遊んでいることから、フーシェは激怒してマックスを殺します。そしてエディも殺します。
トイレから出てきたジュリーが現場を目撃してしまいます。気づいたフーシェ達がジュリーを殺しに追ってきます。
屋根からプールに飛び込んでジュリーは逃げることに成功します。
エディの家に警察がやってきて現場を調べます。マーカスとマイクもやってきて、マックスの死を悲しみます。現場にもう一人女性がいたことが分かります。
マイクは一人でロイスに話しを聞きに行きます。しかし、ロイスは殺されていて、潜んでいたフーシェの部下に攻撃されてマイクは気絶します。
警察署に帰ったマーカスは、ハワード警部から電話を渡されます。ジュリーがマイクでないと事件の事を話さないというので、警部はマーカスに出払ってるマイクを演じるように命じます。
住所を聞いたマーカスはマイクのフリをしてジュリーの家に向かいます。そこへフーシェの部下達がやってきて銃撃戦になります。
逃げ出すことに成功したマーカスとジュリーは、マイクの家に隠れることにします。

【転】- バッドボーイズのあらすじ3

エディが刑事だったことから、ジュリーは警察署で保護されるのを嫌がります。翌日マーカスは出勤して、頭を怪我しているマイクに愚痴ります。
ハワード警部から二人にマーカスはマイクをうまく演じて、ヘロインの取引の4日後までに犯人を逮捕するように言われます。
マーカスはしばらくマイクの家に住むことになります。遠くに出張だと嘘を言うと妻のテレサから怒られます。代わりにマイクが家の手伝いをします。
マーカスはジュリーに犯人が誰か顔写真をパソコンで見てもらいます。そこで犯人の一人を見つけて、彼らがいるクラブへと潜入します。
置いてけぼりをくらったジュリーは、マックスの敵を取るため銃を持ってクラブに行きます。
マーカスがフーシェの部下達にバレてしまい、何とか倒します。ジュリーが銃を撃ってしまって、クラブは大騒ぎになります。
ジュリーを見つけたフーシェ達が追ってきて、マイクとマーカス、ジュリーはバンに乗り込んで逃げます。バンに積んであったエーテル燃料を、追手にぶつけて爆発させて退けます。
帰ってきて、ジュリーはマイクとテレサがどうかなってるかもと吹き込みます。慌てたマーカスが自宅に潜入しようとします。
そこへフーシェに雇われた殺し屋達が来ていて、見張っていた警官が捕まえます。マーカスはマイクに説得されて帰ります。
エーテル燃料がバンに積まれていたことから、マイクはヘロインをそれで増やそうとしていた事に気づきます。ジョジョを脅して、科学者の居場所を吐かせます。

【結】- バッドボーイズのあらすじ4

フーシェ達のアジトを見つけたマイク達3人。ジュリーが双眼鏡で覗いているのをフーシェが気づきます。一旦、3人は準備を整えに家に戻ります。
クラブの帰り道で追手とのカーチェイスがテレビで放映されて、テレサが真実を確かめにマイクの家に向かいます。
ジュリーとテレサに嘘がバレてしまって、マンションの下に降りるとフーシェ達が来ていました。
銃撃戦となって、ジュリーが連れていかれます。マーカスとマイクが追いますが、逃げ切られてしまいます。
街が戦場になってクレームが殺到します。ヘロインを取り戻さないと、全員クビになります。フーシェが4時間後に取引があるから、何かしてきたらジュリーを殺すと電話で脅してきます。
後のないマイクとマーカスは、服役中のハッカーを連れて来てエディの情報を引き出させます。エディの恋人は署内にいて、裸の写真をばらまくと脅されて情報を売ったことが分かります。
エディの恋人からフーシェの電話は車に積んであることが分かり、そこから追跡装置で居場所を特定します。
2名の刑事を連れて、マーカスとマイクは現場に突っ込みます。銃撃戦と爆発のオンパレードで、二人は撃たれますが生きています。
フーシェが車で逃げたので、後を追って捕まえます。隠していた銃で攻撃してきたのを見たマイクがフーシェを射殺します。
ハワード警部が応援を呼んでいてくれて、マイクとマーカス、ジュリーは手当を受けます。マーカスがマイクとジュリーを手錠で繋ぎます。鍵が無くて二人が困ってエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は多すぎて困ります。一番面白かったのは、マーカスがジュリーに犯人の顔写真を見てもらう場面です。マーカスは死体などグロいのが苦手で、その場面でソーセージを食べています。
ジュリーは肉は食べない主義で、ソーセージがどのような部位がどのようにして作られるかを述べます。それを聞いた時のウッとなった表情のマーカスの顔が一番面白かったです。
一番迫力があったのは、最後の方で格納庫の戦闘の後の大爆発です。倉庫が全て木端微塵にぶっ飛ぶ映像は迫力があってすごいなと思いました。
印象的だったのは、マイクとマーカスの掛け合いや、マーカスとテレサの掛け合いです。ジュリーがマーカスに、マイクとテレサがどうにかなってるかもと吹き込みます。
マーカスが電話をかけると、タイミングが悪く、悪い意味にとらえれる台詞が電話越しに聞こえてきます。その時のマーカスの顔と、嫉妬して自宅に潜入していく場面は印象的です。その後にフーシェに雇われていた殺し屋が解説してるのが笑いをより一層引き立てました。
大ヒットを連発したマイケル・ベイ監督のデビュー作とあって、面白すぎる映画というのが正直な感想です。何年経っても色あせずに多くの人から愛される作品だと思います。

映画の感想を投稿する

映画「バッドボーイズ」の商品はこちら