「バッドボーイズ2バッド」のネタバレあらすじ結末

アクション映画

バッドボーイズ2バッドの紹介:2003年公開。麻薬密輸ルート撲滅に乗り出した刑事マーカスとマイクのバッドボーイズの活躍を描いた作品。1995年公開の「バッドボーイズ」の続編。監督は前作同様「アルマゲドン」「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ、制作はジェリー・ブラッカイマー。主演の二人のバッドボーイズも前作同様、ウィル・スミスとマーティン・ローレンス。

この映画を無料で観る

予告動画

バッドボーイズ2バッドの主な出演者

マーカス・バーネット(マーティン・ローレンス)、マイク・ラーリー(ウィル・スミス)、シド(ガブリエル・ユニオン)、ハワード警部(ジョー・パントリアーノ)、ジョニー・タピア(ジョルディ・モリャ)、アレクセイ(ピーター・ストーメア)、テレサ・バーネット(テレサ・ランドル)

バッドボーイズ2バッドのネタバレあらすじ

【起】- バッドボーイズ2バッドのあらすじ1

エクスタシーと呼ばれる麻薬の売買をしているジョニー・タピアは、沿岸警備隊の隙をついて今日も麻薬売買を勤しみます。
マイアミ市警の戦術麻薬捜査部隊「TNT」のマーカスとマイクは、麻薬取引が行われる集会場所へ潜入していました。KKKと名乗る集団が麻薬を手に入れた瞬間、正体を現して待機している応援を呼びます。
しかし、無線がつながらなくて二人は慌てます。KKKのメンバー達と銃撃戦になって、応援が駆け付けます。マーカスは危ない場面をマイクに救ってもらいますが、お尻を撃たれてしまいます。
命に別状はありませんが、男性機能が衰えて落ち込むマーカスです。押収した麻薬が二袋と少なく、狙っていた獲物とは違ってマイクは怒ります。
マーカスはセラピストから教えてもらったウ~サーという掛け声でストレスを取り除こうとします。
マイクはニューヨークで再会したマーカスの妹・シドと付き合っていました。しかし、マーカスには真実を話すことができないでいました。
シドは連邦麻薬取締局(DEA)の捜査官で、ロシアマフィアのアレクセイに接近していました。現金を輸送中にハイチのギャング団に襲われて激しいカーチェイスが起こります。 この映画を無料で観る

【承】- バッドボーイズ2バッドのあらすじ2

マーカスとマイクはハイチのギャング団を尾行していて、カーチェイスに参加します。シドを救うことに成功しますが、マーカスは彼女が任務のためとは言え捜査を秘密にしていたことを怒ります。
上司のハワード警部はマーカスとマイクに何してもいいから捕まえろと指示します。
アイスピックからの情報でKKKの集団を取り締まって、痛手を負ったマーカスとマイクは更なる情報を求めます。
潜入したピンクハウスからビデオカメラを手に入れます。そこに映ってたのは葬儀社でした。
葬儀社の持ち主を調べるとタピアの名前が浮上します。ネズミ駆除屋に変装したマーカスとマイクはタピアの家に潜入して、盗聴器を仕掛けます。
タピアの家ではアレクセイが取引にきていました。しかし、助手のジョセフがバラバラに殺され、アレクセイは経営しているクラブを全てタピアに奪われます。
マイクはジョセフの指を手に入れます。監視カメラを切っていると潜入しているのがバレて、盗聴器をセットしたマーカスと逃げ出します。
マイクはゴミ箱からシュレッダーにかけられた紙を手に入れていました。それを復元すると高速ボート「デキシー7」の写真である事が分かります。

【転】- バッドボーイズ2バッドのあらすじ3

シドはタピアを逮捕する証拠を集めるために接近していました。マーカスとマイクが現れて、数日中に証拠を手に入れることを話します。シドも同行することになります。
二人は、KKKのメンバーでデキシー7の所有者フロイトを釈放させます。そして取引が行われる水上まで案内させます。
取引が開始されるまでの間、マイクはマーカスにシドと付き合っていることを告白します。マーカスは怒ってストレスがたまります。
取引を尾行すると、葬儀社に死体が運ばれて行きます。タピアの部下達にはマーカスとマイクが警察であることがバレていました。
カーチェイスが始まって、銃撃戦になります。タピアの部下の一人を追うマーカスとマイクは、電車で格闘戦になります。
マイクは格闘戦の末に殺してしまいます。証言できる人間がいなくなって、ハワード警部に怒られます。マーカスはマイクに秘密にしていた転属願いの話しをし始めます。タピアを捕まえたら相棒解消です。
マーカスとマイクは葬儀社の令状をとるため、潜入して証拠を集めに行きます。棺の中には金があり、死体の体の中にはエクスタシーが詰まっていました。
あまりの気持ち悪さにマーカスは吐いてしまい、水を飲みます。誤ってコップに入ったエクスタシーを飲んでしまいます。
職員がやってきて、隠れたマーカスがそのまま連れていかれます。ピンチと思ったマイクは外の警官に、車両ごと突っ込むよう指示します。何とかマーカスとマイクは逃げ出します。

【結】- バッドボーイズ2バッドのあらすじ4

証拠をカメラに収めたマイクはマーカスを連れてハワード警部の家に行きます。捜査令状を頼みに行きますが、エクスタシーが効いたマーカスが可笑しな行動をしてしまいます。
大部隊を編成して葬儀社に突入します。死体や金は運ばれた後で、高速ボートをヘリで追いかけて捕まえます。
その頃、シドはタピアの家に潜入していました。マーカスとマイク達がやってきて突入を開始します。恨みを晴らしにきていたアレクセイは警官に殺されます。
シドを人質にとったタピアはキューバに逃げます。身動きがとれなくなったマーカスとマイク達は助けに行くことを決心します。
元デルタ隊員やCIAなどが参加してくれます。キューバに家族がいる隊員が潜入の準備を整えてくれます。
タピアの屋敷は軍隊が配備されていました。潜入して銃撃戦が始まり、シドを救うことに成功します。しかし、軍隊が次々とやってきて手に負えなくなります。
マーカスとマイク、シドは作戦を変更して車で逃げます。タピア達が追撃してきます。
アメリカ軍基地に逃げ込みますが、地雷原に入ってしまってマイクはタピアに銃を頭に突き付けられます。シドが投げた銃が地雷を作動させて、マーカスが隙をついてタピアを射殺します。
任務は成功し、マーカスは相棒解消をやめます。購入したプールでくつろいでいると、またもや壊れてしまって、マイクとマーカスは海へと投げ出されてエンディングです。

みんなの感想

ライターの感想

この映画の見所は大迫力の爆発や銃撃シーン、壮絶なカーチェイスといった場面の数々です。シドが追いかけられるカーチェイスでは車両が道路にどんどん転げ落ちて来て、ボートまでも転げ落ちてきます。それを回避するマイクとマーカスの大変な状況と、ぶつかってしまった車両の爆発が迫力満点で息をついている暇がありません。
終盤、タピア達に追いかけられるマイク達の場面では、キューバの村が爆発し続けてえらいことになります。どれだけの製作費をかけて作ったんだろうと思ってしまうほどで興奮すること間違いなしです。
銃撃シーンでは、ピンクハウスに行ってマイクが壁の穴を利用して相手を倒していくのはかっこ良かったです。他にも、終盤のマイク達とキューバの軍隊との銃撃シーンは凄まじくて見応えバッチリです。
面白い場面は、エクスタシーを飲んでしまったマーカスのラリっている姿です。服を脱ぎ始めて、飾ってある女性の像のポーズを真似したり、花瓶の水を飲み始めます。そして衰えていた男性機能が復活して喜ぶ姿には笑います。
グロい場面には驚きました。葬儀社で死体を調べていて、頭が割れて脳みそがでてきたり、肝臓がでてきたりします。最後のタピアが地雷で吹っ飛ぶ場面では、上半身が無くなるのには驚きました。
最後まで見終わって、前作よりコメディ要素よりアクション要素を高めている作品だと思いました。さすがマイケル・ベイ監督と思わせる迫力ある場面の数々に楽しめました。
ちなみにマイケル・ベイは、マーカス達がフロイトを連れてタピアの部下達を追いかけるシーンの前に出てきます。車を借りる場面に出演していて、ぜひ見て欲しいと思います。

映画の感想を投稿する

映画「バッドボーイズ2バッド」の商品はこちら